2019年08月29日

【行ってきた】夏だ!流しアジだ!軽井沢だ!〜小諸市動物園

猛暑の5月→長い梅雨から,例年通りの酷暑の夏ときた2019年・令和元年ですが,この夏は,ふと「そうだ,軽井沢へ行こう」と思ったこともあり,twitterなどでコンスタントに情報を目にし存在感を感じていた長野県の小諸市動物園に行ってきました。

まずは軽井沢駅からしなの鉄道線で小諸駅へ(約24分)
190825 小諸市zoo01_しなの鉄道線0817 (9).JPG
軽井沢までは立川駅発の高速バス(約3時間)で行ったのですが
ご存じの通り,バスは基本的に渋滞等で時間が遅れます(;^ω^)
この日は予定より15分遅れで到着,速攻で改札までたどり着き,ICカードが使えないので切符を買って,後述の「流しアジ」に間に合う最後の電車にぎりぎりで乗り込めました。直後に,駆け込み防止のために改札を閉めるアナウンスが…6月に行った鳥取県のJRだったら逆に発車を待ってくれたりするそうですけど(それ以前に20分以上遅れてたw),1時間に2本なのに時計が違うなと感じました。


小諸駅に着くと,自由通路を通って駅の反対側へ。
小諸市動物園は小諸城址・懐古園という公園内につくられています。
和歌山や小田原などと同じいわれですね。
190825 小諸市zoo02_0817 (3)懐古園チケット売場.JPG
懐古園の散策券(大人300円)で続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

【本と考える】絵本『生きているのはなぜだろう。』(後)

前エントリで紹介しました
『海馬』などのベストセラーを世に送り出してきた脳科学者の池谷裕二先生が
生きているとはどういうことか,科学的回答を提示した絵本
『生きているのはなぜだろう』

  生きているのはなぜだろう。 (ほぼにちの絵本)
※ほぼ日の特設ページにリンクしています
池谷裕二,田島 光二/ほぼ日
楽天ブックス honto
セブンネット Amazon

この本を知って発売早々に購入したのは
私の描いた続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 14:01| 東京 🌁| Comment(0) | 【おすすめ本】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

【本と考える】絵本『生きているのはなぜだろう。』(前)


5月のことになりますが,東京は青山にある『ほぼ日』のリアル店舗「TOBICHI」に初めて行ってきました。
1907 生きているのは01_TOBICHI東京190519 (1).JPG

『海馬』などのベストセラーを世に送り出してきた脳科学者の池谷裕二先生が
生きているとはどういうことかをテーマにした絵本
『生きているのはなぜだろう。』を出され,
その出版キャンペーンで作画を担当された
田島光二さんの関連映像などが展示されるということで,直営の現地で購入。

1907 生きているのは03_TOBICHI東京190519 (5)3dモデル.JPG
制作の初期に主人公の少年のイメージを固めるために
作成されたという立体フィギュア。
映像は,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

【行ってきた】夏コミの後は夜かさりん

190812夏コミ&かさりん00_夜かさりん (88)ガラスドーム.JPG

7月の下旬まで長引いた梅雨が明けると,一気に熱くなった日本列島。夏本番の8月!となりましたね。

東京の夏,お盆連休序盤の風物詩といえばコミックマーケットですが,
私は今年,夏コミ初参戦してまいりました。

190812夏コミ&かさりん01_C96 (41)青海会場_企業ブース.JPG

といっても,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:57| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

【報】国際生物学オリンピック2019 日本は銀2・銅2

もう1週間以上経ってしまいましたが,国際生物学オリンピック2019 ハンガリー(セゲド)大会が7月14日〜20日の1週間にわたって行われました。
結果のほうも発表されており,日本代表(4名)は昨年に続いて銀メダル2名・銅メダル2名という成績をおさめました。

国際生物学オリンピック参加生徒の成績について 〜文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/07/1418180.htm


続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

【行ってきた】見どころは人それぞれ!恐竜博2019

猛暑の5月は今は昔,6月から長らく梅雨シーズンが続いていましたが天気予報ではもうすぐ梅雨明け・夏への突入とのことですね。
冷夏・冷害の言葉が頭に浮かぶ梅雨寒の日々,かつて平成5年(1993年)にコメの大凶作があって海外米を輸入する事態に陥った日本ですが,今は耐寒性の強いお米が増えていることと,当時と比べてコメの需要が15%も落ちていて,今年現在の気候状況では大きな問題は起こらないであろうとのこと。

さて,そんな夏休み前の7月中旬,「海の日」を含む3連休から開幕した
東京上野の国立科学博物館『恐竜博2019』
1907科博_恐竜博2019_00 o(1)恐竜博2019看板.JPG

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

【行ってきた】ようやく初めて・鴨川シーワールド! 

猛暑の5月が過ぎて6月の梅雨シーズンに入りましたね。
あまり激しい雨の日はさほど多くなく,さりとて晴れの日の日照は一番きつい時期なのですが晴れてもけっこう風の涼しい日が多くて,こんな感じで夏に移行していけばいいのになと思う今日この頃。

5月の末から6月上旬にはちょこちょこ水族館やらイベントやら(生き物に関連したりしなかったり)出かけ,これは書かねばというものが貯まっていく一方。
今年初訪問した水族館,1つupします!

千葉県在住なのに10年余り住んできてまだ行ったことがなかったという
鴨川シーワールド!
1903 鴨川シーワールド_01_正門.JPG
千葉県で唯一無二の水族テーマパーク,
全国でも名古屋港水族館以外では唯一となるシャチを飼育する水族館。
この3月に行ってきました!

東西(北東〜南西)方向に広がる海岸に沿った園の東端に位置する
メインゲートから入場すると,最初の建物は
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:44| 東京 🌁| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

【行ってきた】東大五月祭2019(2)人気爆発・東大水族館 

前回のエントリで,5月の中旬,この半月ほど日差しはきつくもなく風が涼しくて爽やかな日が続いていますね。と書いてから5月の下旬に北海道で39℃というおそろしい猛暑の日が数日続き,「令和ちゃんは五月は初めてだからまちがって暑くしちゃったんだね」などというネタが飛び交ったりして,また6月に入ってちょっと涼しい日になっているかなという今日この頃。

ということで2週間も開いてしまいましたが東京大学の五月祭,後半はそもそもがメインのお目当てである東大水族館の写真,うpしておきたいと思います。

例年,うなぎ丼(パックで販売。1200円くらいだったかな?)が人気で午前中は長蛇の列になるので,売り切れた後に行けばいいやと思って農学部エリアは後回し,午前〜お昼頃は道路1本隔てた赤門エリア・安田講堂エリア・工学部エリアを回っていたのですが,大詰めとなった15時台に行ってみると,これまでうなぎ目当てにできていた行列と同じくらい,校舎の1階入口まで伸びる行列が。(水族館は2階)
これはアカンと,前回紹介した巨大水槽実験場を先に見て,出直すことに。

16時前に並び直したときには若干列は短くなっていましたけれど
それでも50分ほど並ぶことに。
五月祭自体が世間一般に誰でも行ける楽しめる場所ということが認知されてきて
人気企画は長蛇の行列ができる事態になってきてしまいましたね…

さて,かつては「水圏うなぎ屋&水族館」だった東大水族館も
水族館単独で終日大人気を集める五月祭の看板企画となってきたわけですが
変化としてはっきりわかるのがこちらタッチプール。

190601 東大水族館0518 (170)_タッチプール.JPG

かつては,
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人