2018年07月15日

【行ってきた】東大五月祭2018 水族館・医学フェスタなど

熱いですね。まじ暑いですね。三連休の中日,一日中自宅にいますが,室温計33℃を記録しております。扇風機の風を体に直撃させて普通の体調を維持しておりますが,エアコンなしの生活もそろそろ限界かもです(;^ω^)。

さて,もう2か月前のことになりましたが,今年も東京大学の五月祭に行ってきました。
報告というか忘備的にさらっと写真等うpしておきたいと思います。 

まずは恒例の水圏水族館
東大五月祭2018_20_水圏水族館_看板.JPG
今回は午前中に劇場版アニメ ゴジラ3部作の第2作(舞台挨拶つきの回)を見に行っていて,東大に来たのはその後なうえに順路的に農学部は後のほうに回ったので,名物の「うな丼」続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

【行ってきた】映画『皇帝ペンギン*ただいま*』ジャケ監督トークライブ

例年,7月に入っても梅雨はけっこう続いてくるものと思っていたら,今年は6月末に突然気象庁の梅雨明け報道があり,数日戻り梅雨の雨があったものの,7月は真夏の陽気が続いていますね。一方で西日本,瀬戸内を中心に大豪雨があり,被害に遭われた方々の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

さて,今月は8月25日公開の映画『皇帝ペンギン*ただいま*』のプロモーションで監督のリュック・ジャケ監督が来日され,サンシャイン水族館でトークイベントが行われましたのでその様子をお伝えしたいと思います。
1807サンシャイン水_皇帝ペンギン01看板.JPG
『皇帝ペンギン*ただいま*』は2005年の映画『皇帝ペンギン』を世に送り出したリュック・ジャケ監督が続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

ノーベル賞有力候補のモヒカ博士に会ってきた

本格的に梅雨ですね。5月末まで夏本番の暑さがやって来ていましたが,梅雨が来て一転,日中でもひんやりするような日が続いています。日本に梅雨がなかったら7月8月の暑さはどんなことになってしまうでしょうね。

さて今回は、前回うpしました手塚治虫文化賞贈呈式から約1週間遡りまして,6月1日(金)に行われました「セルバンテス アカデミックフォーラム:フランシス・モヒカ博士を迎えて」について簡単にレポしたいと思います。

1806 セルバンテスアカデミックフォーラム.jpeg

フランシス・モヒカ博士Francis Mojicaは,今,急速に研究・応用が進んでいるゲノム編集において続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

手塚治虫文化賞2018贈呈式行ってきました/(2)大家さんと僕の世界

6月7日(木)に都内某所で行われました『第22回手塚治虫文化賞贈呈式』 イベント。
前回エントリでは大賞受賞記念対談「この現場がスゴイッ!ゴールデンカムイ創作秘話ー野田サトルの仕事場からー」の様子までをお伝えしましたが,今回は残る特別賞の記念対談についてお送りしたいと思います。

手塚治虫生誕90周年記念対談「治虫さんと僕」
『大家さんと僕』作者・矢部太郎氏 × 手塚るみ子氏


手塚治虫文化賞2018_矢部るみ子対談.jpg

「るみ子さんには机にはりつける男性器の写真をツイートされてて
 これもむといいんですってって,いいね押したんですけど
 なんてことをしてしまったんだ会ったこともない人にって,それが最初でしたか」
「…あ,すみません,さっきの話ですが,ボールのほうです」

「僕,(受賞あいさつで)あんな1人で人前でしゃべったの初めてです」
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:34| 東京 ☔| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

手塚治虫文化賞2018贈呈式行ってきました/(1)ゴールデンカムイの世界


5月の大型連休中に八景島に行った報告をうpした後、この1か月余り、ペンギン4コマを描いたり(Twitterとpixivにはうpしましたがこちらには上げてなないです)各種イベントに出かけたりで、インプットはあるのですがアウトプットができていない状態が続いていました。

久々更新の今回は、6月7日(木)に浜離宮朝日ホールで開催されました第22回手塚治虫文化賞贈呈式・記念イベントに行ってきたレポートを上げたいと思います。
本イベントは、過去第14回(大賞:『へうげもの』)、第15回(大賞:『JIN-仁』、『竹光侍』)、第18回(大賞:『3月のライオン』),第19回(大賞:『逢沢りく』)と観覧してきて、今回は久々の参加。
17時開場18時開演ということで早めに会場に行ってみると、
これまでの会場フロアからエスカレーターで上の階に案内され。
一般客300人を招待できる広いホールに会場を移したんですね
(1階席の前3分の1のブロックは関係者招待席)。

絵はがきセット、クリアファイル、記念ピンバッジガチャが販売される物販の列に並んだ後、
全席指定で渡された番号の席で待機。時間がきてイベントは始まりました。
手塚治虫文化賞2018_冊子・グッズblg.jpg
(サイン入りイラストパネルとかアイヌ関連実物資料など
 いろいろいいものが展示されていたのですが
 スマホを忘れて写真が1枚も撮れないという大失策;><)


朝日新聞社長のあたりさわりのない
各賞受賞作品についての紹介、
来賓祝辞で手塚プロダクション松谷社長からのざっくばらんな激励
(いつも来られている手塚眞さんは映画撮影中とのことで欠席)
手塚治虫文化賞2018_朝日新聞社長.jpg

手塚治虫文化賞2018_手塚プロ社長.jpg
「ゴールデンカムイ、主人公と女の子のコンビということで、
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 14:26| 東京 🌁| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

【行ってきた】今回の八景島シーパラダイスは ふれあい・ヤバい・ペンギンの3本です

このGW,水族館のカリスマ中村元さんが国内「ふれあえる水族館」1位に推し,ペンギン飼育数7種を誇る,神奈川県の八景島シーパラダイスに行ってきました。

折しも4月25日にテレビ番組『ナカイの窓』で
「ナカイの窓×水族館」として横浜・八景島シーパラダイスにて
飼育スタッフや獣医さんが“水族館の裏話”を披露してくれる「出張円卓トーク」のコーナーや,ゲストMCのバカリズムさんやココリコ田中直樹さんがシロイルカとふれあい体験したりしていましたね。

最近イチロー選手が出演するCMで水族館をやってることをやたら主張してきているオリックスグループがスポンサーしてる番組なのに西武グループの横浜八景島をフィーチャーするとはやるなあと思ったり。

180505 八景島シーパラダイス01 25周年看板.JPG
実は先月までやっていた『よりもい』(アニメ『宇宙よりも遠い場所』)とのコラボ企画にも興味があったのですがタイミングを逸し,次いで始まった「ャバッ景島。はじめます。」25周年記念・五感超刺激島のほうを体験していこうと思った次第。

そして,去年から私の水族館・動物園巡りの一大テーマとなっているペンギン巡りも外せない。

というわけで,今回は
■1 ふれあい
■2 ヤバい刺激企画
■3 ペンギン

の3テーマについて体験紹介したいと思います。

ではまず
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

【行ってきた】GWのすみだ水族館はペンギン赤ちゃん・水の生き物企画

大形連休ですねえ。5月ですねえ。お元気ですか?
180503 すみだ水00_スカイツリー&こいのぼり.JPG

すみだ水族館では今年もマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生し
恒例となってきたペンギン赤ちゃん企画が4月の末から始まっているということで
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

【行ってきた】科博特別展 人体

今年3月から始まっておりました国立科学博物館の特別展「人体」。
チェックが遅くて来場が4月になってしまいましたが,なかなか興味深い展示でした。

180430科博_人体_(1)入口.JPG

この特別展は一部を除いて撮影禁止。
人の実物の内臓や骨の展示というデリケートなものを扱っているからなんでしょうか,標本ではない人体模型とか,動物の内臓標本もまとめて禁止。
その分集中して見ましたし,図録にきれいな写真がしっかり載っていたので無問題でした。
深海展とか標本展示のすごく多い特別展だと解説ページを確保するためか図録に収録漏れのものがあったりするのですが,今回は細かいものが大量に並ぶ催しではないのでレオナルド・ダ・ビンチやヴェサリウスの著作や精巧な人体模型などの展示品の写真がきっちり載っていて,解説も読みごたえありまくり。図録を先に買って熟読して,会場でこれが実物かと実感するという手順でもいいくらいですね。

企画の大筋は,人類が人体について調べて知ることを重ねてきた過程と,人体の各器官の役割やつながりについて。
NHKが
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人