2017年08月19日

【行ってきた】ナイトズー今年も東山は凄かった

先週回ってきた帰省ついでの動物園ツアー、いしかわ動物園に始まり、『けものフレンズ』コラボ開催中の大阪府は和歌山県境にほど近いみさき公園にも行きまして、翌日京都の家族と過ごして、駆け足で名古屋の実家へ移動。その合間に東山動物園にも行きました!本当なら丸一日いても飽きないところなのですが、ナイトズーだけでも…と2時間弱、歩き回ってきました。

東山動物園のナイトZOO&GARDEN には2015年にも行っていたのですが、
そのときも今回もすごい人出!
http://ddaisuke.seesaa.net/article/424283105.html
170818東山動物園ナイト01.JPG

170818東山動物園ナイト02ゾウ.JPG
ゾウのところもサイのところも人だかり。食べ物飲み物のところはもれなく行列といった状態。170818東山動物園ナイト03インドサイ.JPG
ほんとうにすごい賑わいです。
170818東山動物園ナイト04タワーと人混み.JPG
アキシスジカの雄どうしの角を突き合わせるバトルとか、ソマリノロバの食事とかを見ながら、私は正門から入ってまっすぐ本園を奥へ奥へと進みます。

ペンギン舎を、暗くなりきる前に見ておかないと!
170818東山動物園ナイト05ペンギン舎.JPG
ミストに包まれるペンギン島。

とにかくここだけはしっかりチェックしておきたかった、というのは
以前、ペンギンに会える動物園・水族館を調べて一覧をupしましたが、
東山動物園、動物園の公式サイトによくある「動物図鑑」的ページがなくて、園内マップのpdfが公開されている程度なのですが、そこには「ペンギン」としか書かれていなくて、種類が示されていないんですよ。

このマップに載っている写真からフンボルトペンギンがいるのは確定していたのですが、実際にいましたいました。
170818東山動物園ナイト05フンボルトペンギン.JPG

そして、東山動物園にはキングペンギンがいるという情報は探すといろいろ見つかります。公式ブログを遡って見ると、キングもフンボルトもね。
170818東山動物園ナイト05キングペンギン.JPG
しかし、キングペンギンって、水族館で見る人見る人「コウテイペンギン」って言うんですよね。不憫すぎる(;^ω^)

そして、今回実際に現地で確認したかったイワトビペンギン。
検索すると昨年か一昨年に行った人のブログ写真とかがヒットするのですが、今年前半も鳥インフルエンザ問題で公開停止時期があったりしましたし、特に死亡したとかいうニュースは見ていないものの、東山動物園発の情報にはほとんどペンギンの種類について触れたものが見つからないので、とにかく自分の目で確認したかった。
170818東山動物園ナイト05イワトビペンギン.JPG
いました。もう遅い時間なのできれいな写真が撮れず残念ですが、またの機会に。

時間も限られているので、今回はこのへんで本園を切り上げて北園へ移動。

北園もすごい人混み。
170818東山動物園ナイト07北園も人混み.JPG


イケメンゴリラで有名なシャバーニで人気の類人猿舎も大の人混み。
170818東山動物園ナイト08チンパンジー.JPG
こちらはチンパンジーですが、ゴリラの前にはこの3〜4倍の厚みの人垣ができていました。

19時に閉館ということで駆け込みで到着したのですが、
「シャバーニは見られませーん」とのアナウンス(肉声)が。
170818東山動物園ナイト09ゴリラ.JPG
ゴリラは4頭ほど出ていたのですがシャバーニの子どもなどだそうです。
s170818東山動物園ナイト09ゴリラ小.JPG

北園というと本園のアジアゾウ・インドサイに対してカバ・クロサイ・アフリカゾウといったアフリカの巨大獣がいて、これらのスター動物の前にも、どんどん暗くなって見えにくい状況の中でも大勢の人だかりができていました。
あと、いしかわ動物園に続いて世界三大珍獣の1つコビトカバ(コユリとコウメ)も見ることができました。

そこをさらに北園をぐるりと回りながら奥へ進むと、アメリカ大陸の動物たちのゾーン。

s170818東山動物園ナイト10 アメリカバイソン.JPG
アメリカバイソンは、1頭が柵のかなり近くまで来ていて、ブルルっと呻ったときにはかすかに息が顔に届いたのを感じました^^
毛変わりが済んでどのバイソンも毛並みがきれいでしたね。

トナカイやカナダヤマアラシ、真っ暗なハクトウワシの檻などの前を進んで、目指したのはスカイタワー近くの自然動物館。一昨年に来たときは時間が足りなくて見られなかったんですよね。10年以上来てないよな…

って、おい!!!
s170818東山動物園ナイト15自然動物館閉館.JPG
落雷の影響で午後6時半に閉館って、逆にいうとそれまでは開けるってことだよね。意味わかんない(;^ω^)
s170818東山動物園ナイト15自然動物館閉館2.JPG
あーそういえば、最近、行方不明になったニシキヘビが元の場所で?元気に戻ってきてたってニュースになってましたね。

そんなこの日の東山動物園ナイトZOO&GARDEN(結局マッピングプロジェクションや特別なイルミネーションは見ることなく歩き回ってましたね)で一番の見ものだった動物は、このアメリカゾーンのビーバーでした。

明かりがだいぶ暗かったのではっきり把握はできていないのですが
少なくとも親2頭、中サイズ2頭、赤ちゃんサイズ1頭のビーバーがめいめい活発に活動していまして
s170818東山動物園ナイト10ビーバー泳.JPG
泳ぐビーバーあり(同じところを少しずつコースを変えながらぐるぐる回り、特定の所をターンするときにはしっぽで水面をパシャッと叩いて、明らかに遊んでいる様子だったり)
s170818東山動物園ナイト11ビーバー中.JPG
地上に上がるビーバーあり。

そんな中で、目撃した!とテンション上がったのが、立ち木をポリポリかじる赤ちゃんビーバー。
s170818東山動物園ナイト12ビーバー赤ちゃんポリポリ.JPG
やはりビーバーといえば、木を倒してダムや巣をつくる動物というのが一番の特徴ですからね。しかし動物園で実際にその様子を見られるというのは全く記憶にない(飼育スペースに切り倒せる木が生やしてある所自体ほとんどないのでは)。

太さ2センチくらいの枝は3分ほどで切り倒されました。すると、左手前の巣の中にいたビーバー(大)がいつの間にか水際まで出てきていて、赤ちゃんビーバーが運んできた枝を受け取って巣の中へ運んでいくのでした。
s170818東山動物園ナイト13ビーバー切った後.JPG
こういうの見られるといいよね〜。嬉しかったです!(⌒∇⌒)

あとは閉園時刻も近づいてきたので軽く食べ物など買って引き上げました。
短時間前提で駆け足来園でしたが十分元を取れ楽しめました。

s170818東山動物園ナイト30アメリカバイソンと観覧車.JPG



名古屋市東山動植物園
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/index.html

公式ツイッター @higashiyamapark

公式ブログ「ナイトZOO&GARDEN 2017 閉幕!」
https://blog.higashiyama-park.com/event/entry-3837.html

ZOOっといっしょ2
中日新聞社
※開園80周年の今年発売!
東山絶滅動物園
三恵社
※東山動植物園の絶滅危惧種の全動物を網羅




けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

*ニコニコ動画やあにてれ等各サイトの公式動画で計1千万再生を軽く突破した伝説の第1話と第2話を収録

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
KADOKAWA
*26日の発売日に購入すれば、週明けの再放送前にラスト2話を見られる絶妙のスケジュール^^



posted by ドージマ・ダイスケ at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

【行ってきた】動く、動くよ!!あの動物が◆みさき公園!ナイトズーも行ったよ♪

前回、大阪府は和歌山県境にほど近いみさき公園に行って見てきた動物たちについて紹介しましたが、当日はナイトズーにも行ってきました。

170816_みさき公園ナイトズー_コラボ看板.JPG

みさき公園のナイトズーは別料金。当日お昼以降に入場券が発売されます。
170816_みさき公園ナイトズー_00入場券.JPG
『けものフレンズ』コラボのアカカンガルー缶バッジがついてきます。

通常営業の閉園は17時。
ナイトズーの開始は18時50分。
その間を埋めるべく、ナイトズー開催日には、シャイニースタジアムで行われるイルカショーに17時15分からの回が追加されるので、この回を選んで見てきました。
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショー.JPG

みさき公園ではイルカショーも有料(大人500mipo=500円)。遊園地のアトラクションと同じシステムですね。

イルカショーのテーマは「夏祭り」。観客も一緒に両手を上げたふりつけで「バッシャーン!」と歌うと、
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショー背面ジャンプ.JPG
イルカがバッシャーン!と派手に水しぶきを飛ばしてくれます。前方3列目ほどまではまさに水かぶりの醍醐味。
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショー水しぶき.JPG

また、巨大ビーチボールを客席に向かって弾き飛ばす遊びも。
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショーボール.JPG
もちろんイルカのジャンプ力など芸を見せるショーでもあるのですが、まさに遊園地のアトラクションのような、遊び感覚で楽しめるイルカショーでした。


この後もナイトズーが始まるまで1時間ほど時間が空くのですが、一旦公園の外に出されるといったことは特にないので、園内のステージの客席で写真の整理などして時間を潰していると、いよいよナイトズースタートの時間。

早速賑わっています。
170816_みさき公園ナイトズー_03シマウマ.JPG
シマウマ・キリン・ヤマアラシ・ニホンジカ・トラ&ライオン・ビーバー&コツメカワウソ・カンガルー・南米の森では飼育員さんの動物ガイドがあり、大勢の人だかりが聞き入っていました。
170816_みさき公園ナイトズー_04キリン.JPG

間もなく日も沈み、あたりは真っ暗に。LEDライトのロープで示された順路に沿って進みます。
170816_みさき公園ナイトズー_05ラマ.JPG
右側に見える動物は、「アルパカじゃないよラマでんねん」ことラマです。

トラ・ライオンにはガイドと合わせて食事タイム。
小さく切った馬肉などが投げ与えられます。
170816_みさき公園ナイトズー_10ライオン台.JPG

170816_みさき公園ナイトズー_11ライオン.JPG
めっちゃ見てるよ!
ライトがまぶしいせいか、自分から遠くに投げられた肉に対しては反応できない様子でした。


昼間は1頭ずつしか表に登場しないビーバーもえさを手渡しするこの時間は2頭同時の登場。
170816_みさき公園ナイトズー_14ビーバー.JPG

昼見たときはタイミングが悪かったのか、よその動物園などより夜行性が強いのか、しっぽと足の裏しか見られなかったコツメカワウソも夜は2頭とも姿を現していました(また穴の中に引っ込んだりもしてましたけど)。
170816_みさき公園ナイトズー_15コツメカワウソ.JPG

170816_みさき公園ナイトズー_20 イルミ.JPG


そしてコースの大詰めには、ナイトズーのポスター等で主役を張っているアカカンガルー。
170816_みさき公園ナイトズー_25アカカンガルー看板.JPG

夜になったからといって特に活発という感じではありませんでした(;^ω^)。
170816_みさき公園ナイトズー_25アカカンガルー.JPG
担当のお姉さんの解説トークや、カンガルーの実物毛皮おさわり体験(短い体毛ですがふわふわに柔らかい♪)

そして、私が今回のナイトズーで一番テンションが上がったのが
こちら「南米の森」にて。
170816_みさき公園ナイトズー_30南米の森.JPG

前回のエントリでまるまるスルーしましたが、
カピバラ、リスザル、アルマジロとともにここのメイン住人であるフタユビナマケモノ。お昼はこんな感じでした。
170816_みさき公園ナイトズー_31ナマケモノ昼a.JPG

基本的に木にぶら下がるより寝そべるのがデフォルト。
170816_みさき公園ナイトズー_31ナマケモノ昼b.JPG

そして、夜のナマケモノがこちら。
170816_みさき公園ナイトズー_32ナマケモノ.JPG

ちなみに、体の各パートはこのようになっております。
170816_みさき公園ナイトズー_32ナマケモノ説明.JPG

ナマケモノも夜だからってそんな動かないのかと思っていたら

170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子.JPG
ふと1頭のお母さんナマケモノが移動を開始。
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子2.JPG

170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子3.JPG

おっと
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子4_あ.JPG

方向転換。
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子5_方向転換.JPG

さて
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子6_さて.JPG

あれ?
170816_みさき公園ナイトズー_34ナマケモノこっち来た.JPG
時刻も20時を回り、飼育員さんたちが「飼育小屋の窓を閉めまーす」と告げて回るその頃
その窓から外に出てきちゃった!
170816_みさき公園ナイトズー_35ナマケモノ出て来た.JPG

で、ナマケモノお母さんも戻りたいのはやまやまなのだけれど
170816_みさき公園ナイトズー_35ナマケモノ出て来た戻れない.JPG
雄のナマケモノがついてきて、それが嫌で戻れない。

170816_みさき公園ナイトズー_36ナマケモノ後足クロー.JPG
飼育小屋に戻そうと近づいてきた飼育員さんに後足ひっかき攻撃。
アクティブナマケモノ!

170816_みさき公園ナイトズー_38ナマケモノ確保.JPG
引き離そうとしても4本の足で渡り木に捕まるからどうしても引き離せない。
2人がかりで確保が完了したのでした。


ここを過ぎるとあとは入口(出口)へ向かって下り坂を下りていくだけ。

昼間は全然動かないアフリカタテガミヤマアラシも元気に歩き回っていました。
170816_みさき公園ナイトズー_40アフリカタテガミヤマアラシ.JPG
竹をくわえてカンカン床を叩いていたり。
夜になってもそんなに活発じゃないときもあったみたいで、えさの時間や量を調整されたそうですね。


みさき公園、京都に住んでいる頃も遠かったり、CMなどで見ることがほぼ皆無でどんな所かもよくわからなかったり(キリンの音羽ちゃんの話題はニュースで接した記憶はありますがどこにいるのかとか特に意識しなかった)で、今回の来園が初めてでしたが、親しみのもてるパークといった感じで楽しめました。


こちらのグッズショップ、プールがあるので実用的なものが揃っていたり、遊園地系のパークだからでしょうか、オリジナルグッズのセンスがけっこう好きです。
この3Dうちわ、キリンとイルカの2パターンあって、キリンのほう買いました(350円)けど、めっちゃ気に入ってますw
170816_みさき公園ナイトズー_グッズショップ.JPG
あとTシャツも買いました。(胸にマークが小さく入っているのが大人用)もともと水族館や動物園によく行くようになってTシャツとか積極的に買おうという気持ちはあったんですけど(美ら海水族館とか昨年の東大五月祭水族館などで買ってます)、『けものフレンズ』でBD付きオフィシャルガイドブックを全巻予約注文してまたひとつリミッターが外れたというか、買い物をすることの楽しさが増してきた気がします^^


みさき公園 HP
  http://www.nankai.co.jp/misaki.html
イルカショー
  http://www.nankai.co.jp/misaki/iruka.html
ナイトズー
  http://www.nankai.co.jp/misaki/eventAll/2017nightzoo.html
  来週以降は8/19・26(土)、9/2(土)・17(日)


けものフレンズと昭和感の共存!? 園長に聞くみさき公園人気の理由(THE PAGE大阪)
https://thepage.jp/osaka/detail/20170729-00000001-wordleafv



けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

*ニコニコ動画やあにてれ等各サイトの公式動画で計1千万再生を軽く突破した伝説の第1話と第2話を収録

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
KADOKAWA
*全国のフレンズを不安のどん底に突き落とした第11話と感動の第12話を収録

posted by ドージマ・ダイスケ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

【行ってきた】60周年&けもフレコラボ・みさき公園に行ったよ♪

このお盆休み、京都・名古屋への帰省ついでに金沢駅を経由する運賃格安裏技でいしかわ動物園に行ってきたわけですが、翌日にはさらについでで大阪に足を伸ばして、和歌山県境近くまで足を伸ばして、『けものフレンズ』とのコラボ企画を展開しているみさき公園にも行ってきました!

みさき公園は南海沿線の南海グループ施設なのですが、完全にファミリー層がターゲットのパークで、今の季節は入場者の大部分は併設されている遊園地とプールに向かって流れていく感じ。動物園はそれほど混むことなく、コラボがきっかけで来ている年齢が上の層の人たちを合わせてもゆったり回れました。

けものフレンズとのコラボ企画は、先行する東武動物公園と同様、動物の飼育スペースの近くにその動物のフレンズ(アニマルガール)のイラスト看板が掲示されるというもの。その他、コラボグッズ(現在は缶バッジ)やコラボドリンク(14日からの販売だったので私は飲めませんでした。残念)もありましたが、イラスト看板とその動物を紹介すれば園内の大部分がカバーできてしまうので、今回もその写真を上げて紹介していきたいと思います。

けものフレンズ×みさき公園 〜飛び出せみさきフレンズ〜
http://www.nankai.co.jp/misaki/eventAll/kemono_friends.html

それでは、どうぞノ

みさき公園のマップに記されている番号の順番で紹介していきますね。

(1)ホオジロカンムリヅル
みさき公園1708_01ホオジロカンムリヅル.JPG
今回のコラボを機に新しく描き下ろされたフレンズです。


みさき公園1708_02アライ&タヌキ.JPG
(2)アライグマ(アライさん)
みさき公園1708_02アライグマ.JPG

(3)タヌキ
みさき公園1708_03タヌキ.JPG

(4)アナグマ
みさき公園1708_04アナグマ看板.JPG
アナグマとタヌキは同じ穴に住み着くことがあり、姿もよく似ていることから「同じ穴の貉(ムジナ)」という言葉のもとになりました

みさき公園1708_04アナグマ.JPG


(5)キリン
みさき公園1708_05キリン&けもフレ看板.JPG
60年の歴史を誇るみさき公園は、柵のない展示を始めた元祖を自負する動物園でもあります。
みさき公園1708_05キリン&音羽看板.JPG
コラボを機に吉崎観音先生が描き下ろされた、みさき公園の人気者キリン「音羽」とサーバルのイラスト。音羽のチャームポイントでもある左後足のハート模様も描きこまれています。
みさき公園1708_05キリン_音羽ハート.JPG
このハートマーク、マスコミを通じてかなり有名になっていましたが、今は特にそれを知らずに来ている人も多く、園内掲示などで気づいた人も正しく見つけられないケースがかなり多かったです(つか、ちゃんと見つけられた人ほとんどいなかった)。イラストに描かれている位置、かなり本物に忠実だし、写真つきでハートマーク紹介の看板も出てたんですけどね…


(6)ロバ
みさき公園1708_06ロバ.JPG

(7)チャップマンシマウマ
みさき公園1708_07チャップマンシマウマ.JPG
縞模様が太いサバンナシマウマの亜種で、お尻の黒縞の間に薄い縞模様があるのが特徴です。

(8)アフリカタテガミヤマアラシ
みさき公園1708_08アフリカタテガミヤマアラシ.JPG
昼間はほとんど動きません(;^ω^)

(9)オグロプレーリードッグ   みさき公園1708_09オグロプレーリードッグ_けもフレ看板.JPG

みさき公園1708_09オグロプレーリードッグ.JPG


(10)シセンレッサーパンダ
みさき公園1708_10シセンレッサーパンダ.JPG

(11)ミーアキャット
みさき公園1708_11ミーアキャット&看板.JPG
プレーリードッグは北米産、レッサーパンダは中国産、ミーアキャットはアフリカ産ですから、生息分布に即して展示動物を集めて配置する動物園が多い中、逆に新鮮な気がしました。

(12)ニホンジカ
みさき公園1708_12ニホンジカ.JPG
ここの雄ジカ、ちょっと角の形がニホンジカのイメージと違います


(13)ニッポンツキノワグマ
みさき公園1708_13ニッポンツキノワグマ_けもフレ看板.JPGクマにえさ(もなかの皮)を買って与えることができます

みさき公園1708_13ニッポンツキノワグマ.JPG



(14)スマトラトラ
(15)ライオン
みさき公園1708_14スマトラトラ・ライオン_けもフレ看板.JPG
『けものフレンズ』プロジェクトでは、トラ(タイガーと名の付く動物)はベンガルトラ、ホワイトタイガー、マルタタイガー、ゴールデンタビータイガー、サーベルタイガーがフレンズ化されていましたが、今回掲示されているスマトラトラのフレンズは描き下ろしの新フレンズです。
みさき公園1708_14スマトラトラ.JPG
みさき公園のスマトラトラはブラン(雄4歳)とラン(雌20歳)の2頭を交代で屋外展示。ランのほうは国内に17頭いるスマトラトラのなかで最年長。
みさき公園1708_15ライオン雌.JPG
みさき公園1708_15ライオン雄.JPG


(16)アメリカビーバー
みさき公園1708_16アメリカビーバー_けもフレ看板.JPGみさき公園1708_16アメリカビーバー.JPG

2頭いるビーバー、性格が食いしん坊とおっとり型で一緒に出すとえさの取り合いで一方的になってしまうので、1頭ずつ交代で小屋から出す展示になっているそう

(17)コツメカワウソ
みさき公園1708_17コツメカワウソ舎.JPG


(18)シロクジャク(インドクジャクの白色個体)
みさき公園1708_18シロクジャク&けもフレ看板.JPG
ホオジロカンムリヅルはこのシロクジャクの飼育エリアにもいます。
ホオジロカンムリヅル、アフリカ産なんだけど生息地関係なしに一緒に飼育されていますね(^^)。

(19)ワシミミズク
みさき公園1708_19ワシミミズク.JPG
みさき公園1708_19ワシミミズク_けもフレ看板.JPGミミちゃん助手、けっこう広いスペースをもらってました。フクロウの仲間は動物園でも数m四方の檻に飼われていることが多いので珍しいかも。



(20)ショウジョウトキ
みさき公園1708_20ショウジョウトキ・ヒツジ・カピバラ.JPG
みさき公園1708_20ショウジョウトキ.JPG
ショウジョウトキはバードハウスのような大きな建物で放し飼いにされていることが多いのですが、ここみさき公園ではトラ・ライオンの近くで個別展示。オウムのキバタン・コバタンらとの並びで展示されていましたが、ここでの一番人気は一目見て口々に「かっけー!」と驚嘆されていたソウゲンワシ。

(21)ヒツジ
みさき公園1708_22ヒツジ.JPG
ヒツジは有料エリアのふれあい広場にて

(22)カピバラ
みさき公園1708_21カピバラ.JPG
カピバラは、ふれあい広場と、公園内で最も標高の高いエリア「南米の森」にて。


(23)アカカンガルー
みさき公園1708_23アカカンガルー_けもフレ看板.JPG雄と雌を分けて十数頭ずつのグループで飼育。日差しが強かったこともあり皆日陰で休んでいました

みさき公園1708_23アカカンガルー.JPG


残り3種は、少し離れたシャイニースタジアムまで足を運ぶと見ることができます。

(24)フンボルトペンギン
みさき公園1708_24 フンボルトペンギン&けもフレ看板.JPG

(25)カリフォルニアアシカ
みさき公園1708_25カリフォルニアアシカ&けもフレ看板.JPG
今年の6月5日に赤ちゃん「茶々丸」が誕生。


(26)バンドウイルカ   みさき公園1708_26バンドウイルカ看板.JPG


みさき公園1708_26バンドウイルカ.JPG


そして、看板だけになりますが、『けものフレンズ』主役のサーバルとフェネックも。

◆サーバル
みさき公園1708_27けもフレ看板_サーバル.JPG
よく気をつけて探すと、動物園に入って最初に見つけることができます。

◆フェネック
みさき公園1708_28フェネック.JPG
フェネックは園内の上のほう、フォトスポットがたくさん設けられたメモリアル広場に。顔はめ看板の立体版のようなオブジェで記念写真を撮ることができるのですが、そのフェネックバージョンもあるんですね。


ということで、個別フレンズ22種、ペアの看板3点(計6種)、合計28人のフレンズ
チェックでした。

みさき公園は今年8月に4回、9月に2回のナイトズーが開催されることになっており、私もこの日ナイトズーも見てきましたが、それはエントリーを改めて。

みさき公園 HP
http://www.nankai.co.jp/misaki.html

けものフレンズと昭和感の共存!? 園長に聞くみさき公園人気の理由(THE PAGE大阪)
https://thepage.jp/osaka/detail/20170729-00000001-wordleafv

「けもフレ」コラボ開催中のみさき公園、公式Twitterが“期間限定”の理由(関西ウォーカー)
https://news.walkerplus.com/article/117285/


けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

*ニコニコ動画やあにてれ等各サイトの公式動画で計1千万再生を軽く突破した伝説の第1話と第2話を収録

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
KADOKAWA
*全国のフレンズを不安のどん底に突き落とした第11話と感動の第12話を収録


posted by ドージマ・ダイスケ at 09:12| 東京 ☔| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

【行ってきた】わーたーしはートォォォォキ〜〜〜♪鉄道運賃割安の裏技でいしかわ動物園にトキを見に行ったよ♪

例年お盆休み頃の時期には、名古屋の実家と京都の家族のもとに"帰省”しているのですが、今年は、一昨年の北陸新幹線金沢延伸の頃に目にした鉄道運賃節約の裏ワザ「行き:北陸新幹線(+特急サンダーバード)→帰り:東海道新幹線の行程でぐるり一筆書きルートを作り、乗車券を割安にする」を、新幹線回数券を使えないお盆の時期にこそ挑戦しようと思い、やってみました!

※通常の帰省ルート 東京→京都→名古屋→東京
   13080円(14110円)+5070円(6000円)+10360円(11290円)※カッコ内は繫忙期指定席
   (乗車券 17060円 + 特急料金 11950〜14340円)
   合計 29010〜31400円
※今回のルート  上野→金沢→京都→名古屋→東京
   乗車券 14200円(13820円+380円)
   特急料金 14540円(6770円+1190円+2480円+4100円)
   合計 28740円   ※北陸新幹線は繁忙期指定席、それ以外は自由席

一筆書きが成立するのは京都の手前の山科駅までなので京都ー山科間往復の切符が必要ですが、それを含めても安い。合計キロ数が1000qを超えるため乗車券が割安になるのと、切符の有効期限が7日間になるので、その間途中下車が可能になるのです。そして金沢〜京都間は北陸新幹線との乗り継ぎ割引が適用されて特急料金も半額に。

もちろん東京→金沢→京都→名古屋→東京 の切符を個別に買うよりもはるかに割安の運賃になるので、これを機に、これまで行ったことのない日本海側の動物園もしくは水族館へ行こう!と、トキの見られる石川県のいしかわ動物園に行ってきました!

金沢駅からのアクセスはバス(片道70分)が1日3往復(平日は1往復)となっていて、北陸新幹線の始発がとれないと次のバスが12時過ぎ発になるところだったのですが、ネットでは前日までに既に満席の始発「かがやき」が、駅の窓口で切符を注文している間にキャンセルが出て拾うことができ、本当ラッキーでした。

そうして朝の10時過ぎに着きました。
いしかわ動物園1708_0正門.JPG
タイプとしては多摩動物公園やとべ動物園と同じように山の中を切り開いてつくられた、斜面がちな動物園ですね。国内では中規模の広さでしょうか、園内バスのような移動手段はありません。

いしかわ動物園って、動物のお食事タイムを積極的に見せるスタンスなんですね。スケジュールがこんなに細かく発表されてるのを見たのは初めてかもしれません。いしかわ動物園_動物お食事ガイド看板.JPG


マゼランペンギン
いしかわ動物園_ペンギン食事.JPG
ペンギン給餌ウォッチのポイント「ペンギンは(も)魚を必ず頭から食べる」。
横向きにキャッチして器用に向きを変えて飲み込んでいました。

カピバラ
いしかわ動物園_カピバラ_えさやり.JPG
先端にニンジンスティックを装着した棒でカピバラにえさやり体験ができます(無料)。

シロテテナガザル
いしかわ動物園_シロテテナガザル_えさやり.JPG
唯一体が黒いテナガザルはこの群れのお父さんだそうですが、雄だから黒いとかいうわけではないそうです。

レッサーパンダ
いしかわ動物園_レッサーパンダ_えさやり.JPG
笹の葉っぱで普通に事足りるのですが、ここではフルーツの豪華な食事を(納涼企画で氷と果物のサービスだったようです)。
お盆休み初日になる祝日ということもあって、家族客目当てのテレビの取材が来ていました。

キリン
いしかわ動物園_キリン_えさやり.JPG
現在の屋外エリアは観覧通路からかなり遠くて見づらいのですが、屋内では柵越しですが間近でキリンの姿とその高さを感じることができます。屋外でえさやりをするスポットも設けられているのですが現在は行われていません。

ミサゴ
いしかわ動物園_ミサゴ食事.JPG
猛禽類の食事タイムは、担当のお兄さんがノスリ、ミサゴ、フクロウなどを給餌して回りながら、1羽1羽性格に違いがあることや種ごとの食べ物の違いや習性などについてかなり詳しく解説されて、聴きごたえありました。


さて、いしかわ動物園来訪の第一のお目当てであるトキ!
いしかわ動物園1708_トキ里山館.JPG
トキ専用の立派な施設がつくられています。
いしかわ動物園1708_トキ里山館1.JPG
入ってみると、遠くに2羽います。

トキのいる側へぐるりと回ってみると…
いしかわ動物園1708_トキ里山館_裏窓.JPG

トキ、めっちゃ近い!
しかもネットや金網など見るのに邪魔なものが間に入らず、バッチリ見える!
いしかわ動物園1708_トキめっちゃ近い.JPG

まさに、トキ!
いしかわ動物園1708_トキthe.JPG
しかしよく見ると、ハゲワシみたいに頭部の皮膚が露出してそれが真っ赤で、後頭部の羽はロン毛状態というすごい顔をしていますね…。

いしかわ動物園1708_トキ里山館ひろびろ.JPG
トキが自然に近い状態で自由に小魚などのエサをとれるよう、明るい、広い、変化に富んでいるいい施設だなあと思いました。

いしかわ動物園1708_トキ手前で採餌.JPG
入ってすぐのところの水場で餌をとることもあります。

この「トキ里山館」、トキの飼育展示スペースを見終わった後は、情報資料展示のスペース。卵の色や大きさ、トキの体重、嘴の長さや形状などがわかる資料が展示され、羽の実物に触れたりできます。お子様連れにはトキのコスプレで写真が撮れるフォトスポットも人気でした。


さて、いしかわ動物園といえば、
世界三大珍獣の1つ、コビトカバがいるのも大きな特色。
いしかわ動物園_コビトカバ_母子.JPG
2016年12月23日に赤ちゃん「ミライ」が誕生、お母さんとすごく仲がよくて見ていて微笑ましいかぎりです。
いしかわ動物園_コビトカバ_母子プール.JPG
プールで水中歩行のトレーニングを促したり。
いしかわ動物園_コビトカバ_食事_母子.JPG
コビトカバもお食事タイムを公開。
いしかわ動物園_コビトカバ_食事_父ヒカル.JPG
お母さんのノゾミはオランダの動物園から来園、お父さんのヒカルはシンガポール動物園から来園。シンガポール動物園からはタヌキ6頭とのトレードで獲得したんですよね(園内にはそこまで書いた解説は見られませんでしたが)。
そのコビトカバの「世界三大珍獣」話については過去に話題にしたこともありましたが、描くために色々調べても、いまいちよくわからないことも残っていたんですよね。
カバ科はカバと大珍獣(2016年11月23日)

いしかわ動物園_動物学習センター.JPG
いしかわ動物園_看板_世界三大珍獣展.JPG
ちょうどいしかわ動物園内の動物学習センターで「世界三大珍獣展」が開催中で、その中の解説掲示で重要な知見を得ることができました。
世界三大珍獣を選定したのは動物学者の高島春雄氏で、そもそも世界三大珍獣という概念自体、日本でしか通じないんですって。




親子といえば、今年6月に生まれたグレービーシマウマの赤ちゃんの一般公開が始まったところで、現在愛称を募集中(5つの候補から選び投票。結果発表は9月9日を予定)です。
いしかわ動物園_グレービーシマウマ_親子.JPG
グレービーシマウマは縞がくっきりしていて本数が多いのでシャープな感じでかっこいいです。
いしかわ動物園_グレービーシマウマ_ハート.JPG
この赤ちゃん、胸元にハート形の模様があるところも動物園の推しポイント。



あと、印象的というか、存在感を感じたのはオランウータンでしたね。
いしかわ動物園_オランウータン1近い.JPG
我々がオランウータンを見るとき、オランウータンもまた我々を見ているのだ
と思わず感じてしまう距離の近さ。

いしかわ動物園_オランウータン1近い近い.JPG
近い近い!

いしかわ動物園_オランウータンカメラ目線.JPG
泰然とした態度。興奮したり暴れたりすることもなく悠然とした佇まい。

いしかわ動物園_オランウータン体毛は逆モヒカン.JPG
後ろから見ると、体毛は逆モヒカン。

いしかわ動物園_オランウータンブランコ.JPG
消防車のホースか何かで作られたブランコでパワフルに遊びも楽しむ。

いしかわ動物園_オランウータン舎.JPG
オランウータン舎にはオランウータンが登れる立派な鉄柱と、そこから渡れる第2、第3の鉄柱が立っていて多摩動物公園などを彷彿とさせるのですが、いつこの柱を使ってオランウータンが空中移動をするのかはわかりませんでした。

ほかにもホワイトタイガーやライオン(ずっと寝てましたが夕方になって雄が凛々しく大きな雄叫びを上げていました)・ユキヒョウなどのネコ科猛獣、アシカやゾウ、熱帯館など多くの見どころがありました。


いしかわ動物園 HP
http://www.ishikawazoo.jp/index.html


50とよばれたトキ
小野 智美 (著), がんも 大二 (イラスト)/羽鳥書店


posted by ドージマ・ダイスケ at 16:37| 東京 ☔| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

【2ページ】PPP予告!「ファーストペンギンとセミ」 #けもフレ

前回に続きまして、『けものフレンズ』のペンギンアイドルユニットPPP(ペパプ)出演の漫画です。

アニメ本編では最終話を除く各話の最後に次回初登場する動物を話題にしたアドリブ雑談をする「ペパプ予告」が設けられ、PPPが第8話で本編に登場する前から

ファーストペンギンとセミp1_550px.png


ファーストペンギンとセミp2_550px.png

→pixiv版 


5人の個性が見事に分かれていて、演じる皆さんもほとんど役そっくりといっていい楽しいキャラクターで、ニコ生やイベントなどで仲良くトークしている様子を聞くと本当におもしろくて。無茶振りなどで流れと違う方向に話が飛んだりするアドリブ感もたまらない、このペパプ予告のフォーマットに生き物雑学を盛り込んでいったら、けっこう読める漫画1本作れるんじゃないかと思い、描いてみました。
自分ではかなりすごくめちゃめちゃ気に入ってるんですが、けもフレについて周辺情報まで知らないとわからないネタとか、昔すぎるギャグとか、笑える人が限定されちゃいますかね…?

「セミファイナル」っていうのはここ数年の間によく目にするようになった言葉で、地面でひっくり返っているセミが、死んでいるかと思ったら突然鳴いたり暴れだしたりして驚かされる現象について名付けられた言葉ですよね。誰が考えたか、面白い言い回しです。

見返してみると、台本持って進行担当のジェンツーペンギン(ジェーン)をはさんで、コウテイペンギン・ロイヤルペンギン(プリンセス)と、イワトビペンギン(イワビー)・フンボルトペンギン(フルル)で知性にかなり差が…。他の話(下記リンク)ではイワビーもフルルもそれなりに喋ってるのでいいか(;^ω^)。


◆これまでupした漫画
【4コマ】卵大好きフルル #けもフレ(2017年08月10日)
【4コマ】ペンギンなんでもランキング(2017年06月25日)
【オリフレ4コマ+資料】トボガンとアデリー!!PPPのデザインと生息地の関係(2017年06月03日)
【4コマ+おまけ3】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)2
(05/11)
【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)(04/29)


はじめて見たよ!セミのなぞ
少年写真新聞社

もっと知りたいセミの羽化 (もっと知りたいシリーズ)
新樹社




けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5)
KADOKAWA

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
<完結>11・12話収録、2017/8/26発売 KADOKAWA

※第1話はニコニコ動画などで無料視聴可能。公開開始から約7か月で960万再生突破!

posted by ドージマ・ダイスケ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

【4コマ】卵大好きフルル #けもフレ

今年に入ってから『けものフレンズ』にはまって、アニメ終了後ももっぱら「けもフレ」2次ばかり描いて生物部マンガがご無沙汰になっている今日この頃。またさらに動物園・水族館等の話題ばかりupしている感が。

先日Twitterやpixivには上げましたが、まだこちらには上げていない漫画がありまして、まだ読まれていない方も大勢いらっしゃると思いますので、生物学関係のコメントも加えてupしたいと思います。どうぞノ

卵大好きフルル550px.png

→pixiv版 

ペンギンのフレンズ(アニマルガール)5人からなるアイドルユニット・PPP(ペパプ:Penguins Performance Project)、その一員であるフンボルトペンギンのフルルが今回の主役。

◆これまでupした漫画
【4コマ】ペンギンなんでもランキング(2017年06月25日)
【オリフレ4コマ+資料】トボガンとアデリー!!PPPのデザインと生息地の関係(2017年06月03日)
【4コマ+おまけ3】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)2
(05/11)
【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)(04/29)

アニメ本編でも「卵に似た石、かわいかったね」と唐突に口走るセリフがあったフルル、天然キャラを表す文脈で発せられていたのだと思いますが、生物としてのフンボルトペンギンについても語っているとも解釈できまして。日本で飼育されているフンボルトペンギンは非常に増えすぎていて(74施設以上、1600羽以上)、水族館では卵を産んでも偽卵にすり替えられているという状況から生まれたくだりなんですよね。単に卵を取り上げるだけだと次の卵を産んでしまうので偽物を抱かせているのです。

このフンボルトペンギンの増えすぎ問題は日本だけのことで、野生や海外の飼育個体は逆に繁殖させて増やすのに苦労しているんですよね。
野生繁殖地のチリと山口県の海響館(下関市立しものせき水族館)はチリの国立メトロポリタン公園と野生のフンボルトペンギン保護の協力協定を結んでいたりします。(2016年の視察旅行記… http://www.kaikyokan.com/category/introduction/chile/ )
絶滅危惧の分類は、PPP5種類のなかでイワトビペンギンと並んでフンボルトペンギンが最も高いのです。日本に1羽もいない、ニュージーランド南方のマッコーリー島固有種で厳重に保護されているロイヤルペンギンよりも絶滅危惧度は高いんですよね。
ロイヤルペンギン…準絶滅危惧◆◆◆◆◆◇◆
コウテイペンギン…準絶滅危惧◆◆◆◆◆◇◆
ジェンツーペンギン…軽度懸念◆◆◆◆◆◆◇
イワトビペンギン……危急◆◆◆◆◇◆◆
フンボルトペンギン…危急◆◆◆◆◇◆◆
(ジャイアントペンギン…絶滅◇◆◆◆◆◆◆)

ペンギンといえば、足の間に抱卵斑といって羽毛がぱかっと分かれ、断熱性のある羽毛をよけて卵を直に体温で温められるスポットができることは知る人ぞ知るところであり、そんなこともあって、ここでは卵(の形の石)を足の上に載せて温めてますけれど、南極にすむコウテイペンギンでもなければ、普通に地面の上につくった巣に卵を産んで、上から温める抱卵で孵すことができます。なので腹ばいに近い体勢で抱卵している姿もよく見られますよね。

最後のコマでイワトビペンギン(イワビー)が「卵抱くのに雌もオスもないんじゃない?」と言っていますけど、雌がエサを取りに行く間、オスが極寒の中3か月以上も卵を抱き続けるコウテイペンギンは別格で、大抵のペンギンは他の多くの鳥と同じように雄雌が交代で卵を抱いていますね。片方の番が10日くらい続くものもあったりするようですが。



けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5)
KADOKAWA

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
<完結>11・12話収録、2017/8/26発売 KADOKAWA

公式ガイドブック、3巻に収録されている内田彩さん(かばん役)と尾崎由香さん(サーバル役)の対談で内田さんが群馬県観光特使をしているので群馬サファリパークとコラボしたいと言っていたらほぼ発売のタイミングで同サファリパークとのコラボバスツアーが発表されたり、4巻のPPP座談会でイワトビペンギン役の相羽あいなさんが「馬のフレンズが登場してほしい」と言ってたらJRAとのコラボが実現していたり、5巻の「大図鑑」のテーマ「ふしぎ・めずらしいけもの」に合わせるかのようにシーサー等のグッズが登場する沖縄コラボ企画が始まったりと、出演者たちが夢レベルで語った企画が次々と実現。アニメ放映時にはグッズ展開などがほぼ皆無で難民”が大量発生したのが嘘のようです(^_^)。
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:27| 東京 ☁| Comment(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

【行ってきた】那須の動物パーク(3)那須サファリパーク

先日、『けものフレンズ』とのコラボ企画が始まった那須どうぶつ王国へ行った話と一泊して翌日那須ワールドモンキーパークに行った話をupしましたが、モンキーパークに続けて那須サファリパークに行ってきました。

巡回バス「きゅーびー号」に乗って約50分(終点での休憩約10分を含む)。
1707那須サファリ_0入口.JPG

1707那須サファリ_サファリバス.JPG
入場券は前売りで買ってありましたが
別にマイカー入場なら音声ガイド料金、サファリバス・レンタカーならその料金を払っての入場となります(また、草食動物用のおやつが1袋1000円)。

※7月28日から檻のようなバスで園内を回る「WILD RIDE」がスタート。
 1日2回、定員24名、大人2000円・子ども1500円という
 サファリバスより高めですがライオン用お肉込みという設定
 もしやってたら是非乗ってみたかったなあ。

サイトのトップにCM動画が上がっていて、こりゃすごい
http://www.nasusafari.com/

20〜30分間隔で出るサファリバス、私が入場して料金を払ってあまり待たされないいいタイミングで出発。
1707那須サファリ_1入口.JPG


バスは運転手さんの生ガイドつきでコースを約40分で巡回。

ムフロン。ヒツジの祖先といわれる動物
1707那須サファリ_ムフロン.JPG

ライオン。
1707那須サファリ_ライオン.JPG
ホワイトライオンもいます。ホワイトタイガーと違ってけっこううす茶色の体色をしているので普通のライオンと比べないと普通のライオンぽく感じちゃいますね(;^ω^)。


草食動物用のおやつはバス車内で購入できて、
キリンもこんなふうに食べに来ます。
1707那須サファリ_車内からキリン.JPG


おとなしい動物には直接おやつを与えて大丈夫ですが、
ロバとシマウマは、人の指を持っていくくらい気性が荒く力も強いので
餌を落とす形でしか与えてはいけないとのこと。
1707那須サファリ_ロバ.JPG


ニホンジカとファロージカがいっぱい。
1707那須サファリ_バス車内からニホンジカ.JPG
固い角が形成される前の、皮を被った袋角の状態ですが、これはこれで輪郭がきれいに出てフォトジェニックですね。ファロージカは見ると縁起のいい動物ということで、しっかり拝んでおきましょう(^_^)。


エランド。なかなか風格のある姿ですが普通にえさを求めてやってきます。
1707那須サファリ_erand.JPG

ヤク。けっこう珍しいですよね。角も立派ですし
1707那須サファリ_ヤク.JPG


ほかにもベンガルトラ、カバ、シロサイ、ヒトコブラクダ、チャップマンシマウマ、シロオリックス、アジアスイギュウ、ラマ、ブラックバック、エミュー、ダチョウ、そしてシマウマとロバの雑種であるジンキーとゼブロイドが見られました。

さすがサファリ、自分のほうが動物の住む場所に踏み込んでいく感覚。バスの窓にも金網というか柵というかあるんで、動物と自分を隔てるものの存在的には普通の動物園と同じって考え方もできますが、地続き感というか、特に草食動物がエサ食いに至近距離まで近づいてくる距離感は、シカ以外では他でなかなか体験できませんよね。

40分という長さも長すぎず短すぎずいい塩梅のコースだと思います。
ただ写真の腕が拙く、動物園や水族館で最低3時間〜半日以上かけて撮りまくる私としては、1周で撮りたい写真が十分撮れるかというとそれは難しい話でした。特にライオンなど肉食動物のエリアではバスが徐行までで止まってくれない(タイヤに噛みつかれてパンク等しないように)のでシャッターチャンスが限定され、動いている車の中から窓の鉄柵をよけて写真を撮るのはけっこう制約でした。
あと、安全面(人間側も動物側も)や、頭数の少ない動物を確実に見るため等でしょうか、金網越しに見なければいけない動物が何種類かあったのはちょっと残念でしたね。その場合普通の動物園より遠かったり見づらかったりというものもあるので…。

ツアーが終わった後も歩いて動物が見られるふれあいパーク(ウサギ、カピバラ、ラマ、ヒツジ、ヤギ、ポニー等)や、コースの入口側と出口側からそれぞれ数百mコースを見に行ける通路があって、ライオンやトラはかなり遠くになりますが、キリンやシカ、ラクダなどはすぐ近くで見ることができます。
1707那須サファリ_kirin.JPG

1707那須サファリ_キリン_雄.JPG
この通路の庇より頭が高いくらいでかいキリンです。

帰りの「きゅーびー号」の時間に合わせて徒歩スペースとグッズショップを見て過ごし、いい感じで帰途につきました。

この後、「きゅーびー号」→路線バス→JR黒磯駅→JR那須塩原駅→東北新幹線
で帰りましたが、那須塩原駅で1時間弱新幹線待ちする予定だったところ路線バスが想定より早く駅に着いて、本来なら乗れないタイミングの黒磯駅発の在来線の出発が遅れたことから乗り継ぎがうまくつながり、1本前の新幹線に乗ることができラッキーでした。自動車利用のほうがはるかに効率的に回れるでしょうがバスで「那須ワールドモンキーパーク」と「那須サファリパーク」の2か所(およびバスの乗り継ぎや休憩で「道の駅友愛の森」と「お菓子の城那須ハートランド」にも寄りました)を回る1日も満足の行程でした。




posted by ドージマ・ダイスケ at 03:16| 東京 🌁| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

【速報&詳報】国際生物学オリンピック2017 日本は全員銀

国際生物学オリンピック2017 ベトナム大会が7月23日〜30日の8日間にわたってイギリスのコヴェントリーで行われました。
早速結果のほうも発表されており,日本代表(4名)は,全員銀メダルという成績をおさめました。

IBO2017 results
http://www.ibo-info.org/results/ResultsIBO2017Full.pdf

Gold 1 China   Haoyu Zhou 93.78 (前回17位)
Gold 2 USA   Alexander Tsao 89.78
Gold 3 Singapore Aditi Saayujya 86.59
Gold 4 China   Zihao Wang 86.44
Gold 5 Czech Republic  Kateřina Kubíková 83.17(前回45位)
Gold 6 Taiwan (Chinese Taipei)  Chun-Wei Liu 81.34
Gold 7 Singapore  Lucas Yeo 80.28
Gold 8 China    Jiale Fu 80.20
Gold 9 Republic of Korea  Seowoong Jun 79.97
Gold 10 USA     Edward Lee 78.70

Silver 28 Japan Shogo Tsushima(津島彰悟 武蔵高等学校2年) 71.85
Silver 41 Japan Genki Sato(佐藤源気 滋賀県立膳所高等学校2年) 67.96
Silver 43 Japan Ayaka Eguchi(江口彩花夏 桜蔭高等学校2年) 67.79
Silver 54 Japan Nobutaka Ikeda(池田亘孝 筑波大学附属駒場高等学校3年) 65.04

金メダル…1〜26位,銀メダル…27〜73位,銅メダル…74〜145位


日本勢最上位の津島さんは28位。金メダルまであと2人の順位でした。
※生物五輪の場合、1人でも多くの少年少女に国際大会を体験してほしいという方針から、日本代表は同じ人が出場できるのは1回までと決めています。

文部科学省プレスリリース「国際生物学オリンピック参加生徒の成績について」
http://www.jbo-info.jp/ibo/pdf_ibo/MEXT_Release_2017_0730.pdf

国別上位の主な成績は以下のようになります。
中国…1位,4位,8位,48位(金3個・銀1個)
アメリカ…2位,10位,13位,23位(全員金メダル)
シンガポール…3位,7位,14位,40位(金3個・銀1個)
台湾…6位,12位,17位,25位(全員金メダル)
韓国…9位,21位,44位,50位
ロシア…11位,18位,70位,75位



日本代表の成績
2020年 日本大会
2019年 ハンガリー大会
2018年 イラン大会
2017年 イギリス大会     銀4 ←今ココ
2016年 ベトナム大会    金1・銀3
2015年 デンマーク大会   金1・銀2・銅1 
2014年 インドネシア大会  金1・銀3  
2013年 スイス大会     金1・銀3  
2012年 シンガポール大会   銀4  
2011年 台北大会(台湾) 金3・銀1 
2010年 昌原大会(韓国) 金1・銀3
2009年 筑波大会(茨城) 金1・銀3 ※初の金メダル!
2008年 インド大会     銀3・銅1
2007年 カナダ大会     銀1・銅3 ※初の銀メダル!
2006年 アルゼンチン大会   銅3
2005年 北京大会       銅1   ※日本は第16回大会にして初参加



国際生物学オリンピック(IBO)サイト
過去の結果 http://www.ibo-info.org/ibo-results-and-awards

第26回国際生物学オリンピック(IBO2016)ベトナム・ハノイ大会公式サイト
http://ibo2016.org/

国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)公式HP
http://www.jbo-info.jp/index.html

◆関連記事
【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開 (2016年03月27日)
【2015/10/18】公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」やります&レポまんが2014  
『マンガ生物学に強くなる』採用校(補習で)・今治西高校に行ってきた(2015年10月01日)
【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!(2015年08月30日)
【詳報】 国際生物学オリンピック2015デンマーク 日本は「金・銀・銀・銅」(2015年07月21日)
【速報】国際生物学オリンピック2014インドネシア 日本は今年も「金1銀3」(2014年07月13日)
【詳報】国際生物学オリンピック2013スイス 日本は「金1銀3」(2013年07月24日)
【速報】国際生物学オリンピック2012香港 日本は全員銀メダル(2012年07月16日)
◇ちょっと詳報◇国際生物学オリンピック2011結果【順位】(2011年07月24日)
◇速報(7/17)国際生物学オリンピック2011結果(2011年07月19日)
【生物チャレンジ】2010 第二次試験結果()
◇速報(7/17)国際生物学オリンピック2010結果(2010年07月19日)
国際生物学オリンピック2010開催中です(2010年07月14日)
速報◇国際生物学オリンピック2009,大月亮太くんが日本勢初の金!(2009年07月18日)
波乱?!国際生物学五輪2009・日本代表決定(2008年12月06日)
news◇すげー!「生物版ロボコン」iGEM 2008(2008年11月15日)
国際生物学オリンピック2009二次予選通過者決定(2008年10月24日)
国際科学五輪日本開催シンポ・生物五輪2008メダリスト語る(2008年08月03日)
国際生物学五輪2008inインド結果速報!(2008年07月21日)



📝いっぽうで,前週の日曜(3連休の中日(;^^))7月16日には全国の会場で国際生物学オリンピックの国内予選を兼ねた日本生物学オリンピック(予選)が始まりました。参加者は3,849名(女性:2,099名、男性:1,750名)。女性のほうが多いんですね。
   問題(PDF 1.5MB)
   正解と解説(PDF 1.2MB)


本戦は2017年8月19日(土)〜22日(火)(於広島大学)。勝ち上がった人(約80名)は,暑い中大変ですが合宿試験頑張ってください!
※代表4名・次点2名を決定する代表選抜試験は来年3月21日(春分の日)東京で行われます。


当ブログ 生物五輪関係エントリ
http://goo.gl/EwKkw

IBO2017公式サイト(英語)
 http://ibo2017.org/


📖生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き/羊土社/JBO推薦

📖エッセンシャル・キャンベル生物学/丸善出版/JBO推薦

📖フローチャート標準生物学実験 (専門基礎ライブラリー)
実教出版/JBO推薦

📖マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
堂嶋大輔・渡邊雄一郎/講談社 ※これも一応生物学オリンピック対策本です(^_^)


◆関連記事
【速報】日本生物学オリンピック2016 3469名の頂点は(2016年08月29日)
【速報】国際生物学オリンピック2016 日本は金1・銀3(2016年07月25日)
【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開 (2016年03月27日)
『マンガ生物学に強くなる』採用校(補習で)・今治西高校に行ってきた(2015年10月01日)
【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!(2015年08月30日)
【生物チャレンジ】2010 第二次試験結果()
波乱?!国際生物学五輪2009・日本代表決定(2008年12月06日)
国際生物学オリンピック2009二次予選通過者決定(2008年10月24日)


本キャンベル生物学 原書9版
丸善出版
本生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き
羊土社
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人