2017年08月02日

【速報&詳報】国際生物学オリンピック2017 日本は全員銀

国際生物学オリンピック2017 ベトナム大会が7月23日〜30日の8日間にわたってイギリスのコヴェントリーで行われました。
早速結果のほうも発表されており,日本代表(4名)は,全員銀メダルという成績をおさめました。

IBO2017 results
http://www.ibo-info.org/results/ResultsIBO2017Full.pdf

Gold 1 China   Haoyu Zhou 93.78 (前回17位)
Gold 2 USA   Alexander Tsao 89.78
Gold 3 Singapore Aditi Saayujya 86.59
Gold 4 China   Zihao Wang 86.44
Gold 5 Czech Republic  Kateřina Kubíková 83.17(前回45位)
Gold 6 Taiwan (Chinese Taipei)  Chun-Wei Liu 81.34
Gold 7 Singapore  Lucas Yeo 80.28
Gold 8 China    Jiale Fu 80.20
Gold 9 Republic of Korea  Seowoong Jun 79.97
Gold 10 USA     Edward Lee 78.70

Silver 28 Japan Shogo Tsushima(津島彰悟 武蔵高等学校2年) 71.85
Silver 41 Japan Genki Sato(佐藤源気 滋賀県立膳所高等学校2年) 67.96
Silver 43 Japan Ayaka Eguchi(江口彩花夏 桜蔭高等学校2年) 67.79
Silver 54 Japan Nobutaka Ikeda(池田亘孝 筑波大学附属駒場高等学校3年) 65.04

金メダル…1〜26位,銀メダル…27〜73位,銅メダル…74〜145位


日本勢最上位の津島さんは28位。金メダルまであと2人の順位でした。
※生物五輪の場合、1人でも多くの少年少女に国際大会を体験してほしいという方針から、日本代表は同じ人が出場できるのは1回までと決めています。

文部科学省プレスリリース「国際生物学オリンピック参加生徒の成績について」
http://www.jbo-info.jp/ibo/pdf_ibo/MEXT_Release_2017_0730.pdf

国別上位の主な成績は以下のようになります。
中国…1位,4位,8位,48位(金3個・銀1個)
アメリカ…2位,10位,13位,23位(全員金メダル)
シンガポール…3位,7位,14位,40位(金3個・銀1個)
台湾…6位,12位,17位,25位(全員金メダル)
韓国…9位,21位,44位,50位
ロシア…11位,18位,70位,75位



日本代表の成績
2020年 日本大会
2019年 ハンガリー大会
2018年 イラン大会
2017年 イギリス大会     銀4 ←今ココ
2016年 ベトナム大会    金1・銀3
2015年 デンマーク大会   金1・銀2・銅1 
2014年 インドネシア大会  金1・銀3  
2013年 スイス大会     金1・銀3  
2012年 シンガポール大会   銀4  
2011年 台北大会(台湾) 金3・銀1 
2010年 昌原大会(韓国) 金1・銀3
2009年 筑波大会(茨城) 金1・銀3 ※初の金メダル!
2008年 インド大会     銀3・銅1
2007年 カナダ大会     銀1・銅3 ※初の銀メダル!
2006年 アルゼンチン大会   銅3
2005年 北京大会       銅1   ※日本は第16回大会にして初参加



国際生物学オリンピック(IBO)サイト
過去の結果 http://www.ibo-info.org/ibo-results-and-awards

第26回国際生物学オリンピック(IBO2016)ベトナム・ハノイ大会公式サイト
http://ibo2016.org/

国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)公式HP
http://www.jbo-info.jp/index.html

◆関連記事
【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開 (2016年03月27日)
【2015/10/18】公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」やります&レポまんが2014  
『マンガ生物学に強くなる』採用校(補習で)・今治西高校に行ってきた(2015年10月01日)
【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!(2015年08月30日)
【詳報】 国際生物学オリンピック2015デンマーク 日本は「金・銀・銀・銅」(2015年07月21日)
【速報】国際生物学オリンピック2014インドネシア 日本は今年も「金1銀3」(2014年07月13日)
【詳報】国際生物学オリンピック2013スイス 日本は「金1銀3」(2013年07月24日)
【速報】国際生物学オリンピック2012香港 日本は全員銀メダル(2012年07月16日)
◇ちょっと詳報◇国際生物学オリンピック2011結果【順位】(2011年07月24日)
◇速報(7/17)国際生物学オリンピック2011結果(2011年07月19日)
【生物チャレンジ】2010 第二次試験結果()
◇速報(7/17)国際生物学オリンピック2010結果(2010年07月19日)
国際生物学オリンピック2010開催中です(2010年07月14日)
速報◇国際生物学オリンピック2009,大月亮太くんが日本勢初の金!(2009年07月18日)
波乱?!国際生物学五輪2009・日本代表決定(2008年12月06日)
news◇すげー!「生物版ロボコン」iGEM 2008(2008年11月15日)
国際生物学オリンピック2009二次予選通過者決定(2008年10月24日)
国際科学五輪日本開催シンポ・生物五輪2008メダリスト語る(2008年08月03日)
国際生物学五輪2008inインド結果速報!(2008年07月21日)



📝いっぽうで,前週の日曜(3連休の中日(;^^))7月16日には全国の会場で国際生物学オリンピックの国内予選を兼ねた日本生物学オリンピック(予選)が始まりました。参加者は3,849名(女性:2,099名、男性:1,750名)。女性のほうが多いんですね。
   問題(PDF 1.5MB)
   正解と解説(PDF 1.2MB)


本戦は2017年8月19日(土)〜22日(火)(於広島大学)。勝ち上がった人(約80名)は,暑い中大変ですが合宿試験頑張ってください!
※代表4名・次点2名を決定する代表選抜試験は来年3月21日(春分の日)東京で行われます。


当ブログ 生物五輪関係エントリ
http://goo.gl/EwKkw

IBO2017公式サイト(英語)
 http://ibo2017.org/


📖生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き/羊土社/JBO推薦

📖エッセンシャル・キャンベル生物学/丸善出版/JBO推薦

📖フローチャート標準生物学実験 (専門基礎ライブラリー)
実教出版/JBO推薦

📖マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
堂嶋大輔・渡邊雄一郎/講談社 ※これも一応生物学オリンピック対策本です(^_^)


◆関連記事
【速報】日本生物学オリンピック2016 3469名の頂点は(2016年08月29日)
【速報】国際生物学オリンピック2016 日本は金1・銀3(2016年07月25日)
【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開 (2016年03月27日)
『マンガ生物学に強くなる』採用校(補習で)・今治西高校に行ってきた(2015年10月01日)
【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!(2015年08月30日)
【生物チャレンジ】2010 第二次試験結果()
波乱?!国際生物学五輪2009・日本代表決定(2008年12月06日)
国際生物学オリンピック2009二次予選通過者決定(2008年10月24日)


本キャンベル生物学 原書9版
丸善出版
本生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き
羊土社
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

【行ってきた】オンデンがおんねん・ちきゅうも見どころ!科博特別展・深海2017

国立科学博物館ではこの春「大英自然史博物館展」で盛り上がりましたが、続いて夏の特別展「深海2017」が始まりましたので早速行ってきました。
科博深海2017_入口.JPG

科博で以前 深海の特別展が開催されたの、つい最近のことと思っていたら2013年で4年前のことかあ…あっという間だなあ。
その間にもいろいろなことがあって、ほとんどが新しい展示という印象でした。

音声ガイド(有料)はしょこたんこと中川翔子さん。
今回も1/2サイズレプリカの展示がある「しんかい6500」に乗船して水深5300mの深海まで潜り(2009年9月)ギネスにも載ったという、深海との縁の深さで右に出る者のいない方の起用ですね。
そのしんかい6500乗船のときの話も特別トラックで語られていたり、展示に関連したミニクイズが何問か出題されたりといった内容。
ちなみに続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

【行ってきた】 良個体揃ってます『キモい展』

東京墨田区はソラマチにて気持ち悪い生物を集めた『キモい展』なるものが開催されると知って前売券を買っていたのですが、先日行ってきました!

エスカレーターであらいぐまラスカルコーナーやアイカツコーナーができているのを目にしながら上がっていった5階にその会場が。
170620キモい展_入口.JPG

まあ、だいたいの生物は水族館やペットショップで目にしたことのある、言ってみればお金を出して飼いたい人がいるものですので、私としてはぞぞっとくるようなことは特になく(少なくともガラス越しでは)、むしろかわいい・イカす感覚で鑑賞してきました。
なかなか見映えの立派なコンディションのいい個体がそろっていて、(光沢やしわなどを際立たせることで気持ち悪さを引き立てる意味もあるのでしょうが)ライティングもしっかりされていたので写真も撮りやすくてありがたかったです。

入ってすぐが、ツヤケシオオゴミムシダマシの幼虫(ジャイアントミルワーム)のトンネル(嫌な人は横を通ることもできます)。
170620キモい展_ツヤケシオオゴミムシダマシ.JPG
爬虫類飼ってる人にとってはエサですし、釣りをやる人はミミズやゴカイ・イソメ相手にもっとぐっちょぐちょのものを普通に触るわけですから(以下略)ですが、でかい・活発(ところどころで跳ねてる個体が)・つやっつやという三拍子でこの先に期待が高まります。

序盤はマタマタやピパピパ、ハイギョ、そして大量のアフリカツメガエル水槽などの水槽ものが続き、開催初日にイメージキャラクターとして来場して盛況だったというアンガールズ田中さんの記念写真用パネルブースも。

この後は、爬虫類・両生類・哺乳小動物たちのコーナーが続き、最後に昆虫やクモ・サソリといった節足動物の無脊椎動物のコーナーで構成。軟体動物やKGB(コウガイビル)などの湿っている系生物の展示は特になかったのでそちらが苦手の方は

170620キモい展_ヌードラット.JPG
ヌードラット。マウスじゃなくてあえてラットということで、ボリューム感、インパクト大。

170620キモい展_コタケネズミ.JPG
コタケネズミ。めり込んだような目と前歯剥きだしの口がキモイという触れ込みなのですが、とにかく無防備な寝姿がかわいい。

170620キモい展_スキニーギニアピッグ.JPG
スキニーギニアピッグ。顔は普通のモルモットと同じぼさぼさのふさふさに対して毛のない体がキモイということですが、つぶらな瞳が普通にかわいい。
あと、ほとんど尾がなく膨らんだ股間に視線が集中してしまう淑女グループの会話が印象的でした。

爬虫類・両生類はアオジタトカゲやトッケイヤモリ、ヤドクガエルやコケガエルといった、知る人にとっては普通にかわいい面々。私的には、スマトラアカニシキヘビやミニコブラモドキ、テングキノボリヘビといったヘビ類が見応えありました。
170620キモい展_スマトラアカニシキヘビ.JPG
170620キモい展_ミズコブラモドキ.JPG

170620キモい展_イエアメガエル.JPG
水族館などカエルを展示する施設ではおなじみのイエアメガエル。
黄緑じゃないんだ…

蟲(むし)たちのコーナーは、タランチュラやサソリはいうに及ばず、ウデムシ、ヒヨケムシなどの「奇蟲」もレプタイルズワールドなどのペットイベントでは普通に出品されたりするので初見というものはそれほどはありませんでしたが、いずれもいいサイズの個体ぞろいでよかったです(クモとかは容器の奥のほうに隠れてしまっているものが多かったですが、これは水族館などでも同様ですしね)
170620キモい展_マダガスカルオオゴキブリ.JPG
170620キモい展_オオゲジ.JPG

平日の仕事帰りに行ったのでそこそこ空いている状態で写真撮影にいそしみましたが、説明表示を「マルメタ…ピオカガエル?」と読むような”一般”の来場者たちの反応、リアクションも面白ポイントのひとつとして楽しんできました。

この催しも、人間の目から見て変わった生き物たちをdisるのではなく、生き物として理解することを趣旨とする由、ちゃんと掲示されていますのでそのあたりも読んで、それぞれの生物の解説も読んで理解を深めて楽しみましょうノ
ラベル:キモイ展
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

【行ってきた】 今年も水族館・折り紙…東大五月祭2017

前回のエントリで書きました鑑賞メダカ展示会の翌週土曜に行ったのが、東京大学の五月祭。これもここ数年、ほぼ毎年行っています。
もう1つの町以上のレベルで多彩な催しが開かれ大勢の人々がつめかける巨大イベント。
※今年の来場者は2日間で15万8千人ですって!!

日程だけ確認して当日に出かけ、入口で配られる公式パンフレットを見て廻る催しを決めてますけど、そこそこ慣れてきたのと理系の催しはけっこう数が絞られることもあって土日開催の土曜1日間でけっこう行きたいところを一通り回れました。

いつも上野のほうから歩いて行く私、最初に行くのは必ず農学部の水圏水族館から。
1705五月祭 水族館1.JPG
ここは毎年「うな丼」が超人気で今年も長蛇の列だったのですが私は水族館へ直行。

1705五月祭 水族館ニシキハゼ.JPGニシキハゼ
1705五月祭 水族館アヤアナハゼ.JPGアヤアナハゼ
1705五月祭 水族館トラザメ.JPG1705五月祭 水族館トラザメ卵.JPG

今ではメバルやウミタナゴも1種類じゃなくて何種類にも分かれているんですね(シロメバル・クロメバル・アカメバル、ウミタナゴ・マタナゴ・アオタナゴ・アカタナゴ)…などの新しい情報も込みの解説つきで、ゴンズイ、ハオコゼ、アイゴ、ムツ、キュウセン、イイダコ、アカオビシマハゼ、ニクハゼ、ヒメハゼ、キヌバリ、ゴクラクハゼ、カワヨシノボリ、ウナギ、アナゴ、ヌタウナギ、ドロメ、ホシササノハベラ、アミメハギ、アオサハギ、ミナミメダカ、ティラピア、ニッコウイワナなどなど

東京大学農学部 水圏生物科学 http://webpark1224.sakura.ne.jp/


1705五月祭 木質パビリオン.JPG農学部・木質パビリオン

1705五月祭 東大の農力ラボ_テナガショウジョウ.JPG東大の農力ラボ/テナガショウジョウバエ

農学部エリア(弥生キャンパス)をざざっと回って、道1本隔てた本郷キャンパスの工学部エリアに移動。

航空宇宙工学科(工学部7号館)は公式パンフでは企画1つ分のスペースに「最先端の研究を行う研究室や企業各社による、展示、体験型企画、宇宙食などのグッズ販売」とざっくりとしか書かれていない扱いなのですが、農学部エリアから移動してきて最初に通りがかる校舎なので入ってみると、ここだけでパンフ1冊設けるほどの多彩な先端研究を各研究室で紹介していました。
1705五月祭 航空宇宙工学科VR体験.JPG
今年は飛行体感がリアルなVRゲームを体験してきました。


今年は5月にしてはかなり暑いくらいの晴天に恵まれたせいか土曜日からかなりの混雑。
レゴ部に入るのに行列ができていたので思わず入るのを見送ったのですが
東京大学理学部生物学科の「へんないきもの展」前にも行列が。中の展示も四角い部屋の壁沿いぐるりと順番に見ていく形になり行列になっていたので、生きたクマムシの顕鏡では写真が撮れませんでした(去年は撮れたのでどんなのか見たい方は前回エントリを参照ください)
1705五月祭 生き物ゼノパスおたま.JPG
アフリカツメガエルは販売しているペットショップもありますが、幼生を見る機会はあまりないんじゃないでしょうか。(^^)
このほかキセルガイやボルボックス、シロイヌナズナなどを展示。

へんないきもの展 https://gogatsusai.jp/90/visitor/recm530.html


医学部は今年も多彩な催し。
ここの企画「プロジェクトH」では五月祭のパンフより厚い(118p)単独のパンフを用意する
高齢者体験に統合失調症VR体験、キネクト歩き方診断など回ってきました。
1705五月祭 医学部_高齢者体験.JPG
各種研究発表や手術体験(縫合結紮、腹腔鏡の練習器具など)や白衣試着(ブルーの手術着など)、タイ古式セラピー、映画「LA・BO・LAND」、医学部カフェなど、これだけで半日軽くつぶせますね。

統合失調症のVR体験はゴーグル型のケースに入れたスマホの映像とステレオ音声で幻聴などを疑似体験できるもので、その映像はこちらのURL↓から見ることができます
ヤンセンファーマ「統合失調症の幻覚疑似体験バーチャルハルシネーション」
  http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/for-around/virtual.html

プロジェクトH HP http://utmed-mayfes.umin.jp/
  Twitter:https://twitter.com/utmed_mayfes
  Facebook:https://www.facebook.com/utmed.mayfes/
  Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCwY0aefWz2Visk-lpUuYVlQ



昨年見に行ったときはテレビ取材でやって来た厚切りジェイソン氏と遭遇することになった折紙サークルOristの「折紙美術館’17 in本郷」、今年も充実の展示でした。
1705五月祭 折紙初音ミク.JPG
1705五月祭 折紙ラブカ.JPG
1705五月祭 折紙ウルトラヴァイオレット.JPG
1705五月祭 折紙ナズグール.JPG
各作品に製作者と作者(考案者)の名前、使用した紙の情報(大きさや、複数枚使用の場合はその旨)などの情報を記した紙が添えられていて、作品によっては展開図も添えられていて本当にこうなるんだということがわかりやすくなっていてよかったと思います。去年の展示を見て、2色に色が分かれている作品など本当に1枚の紙からできているのかわからないようなものも結構あったので、展開図も展示してくれたら凄さがもっと伝わるのになと思って、その旨メールを送った記憶があるのですが、伝わってて反映されたのならうれしいですね。

折り紙サークルOrist HP http://orist.tiyogami.com/
   twitter https://twitter.com/orist_since2008


本郷キャンパスをぐるっと回っていよいよ大詰め

サイエンスコミュニケーションサークルCASTの「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」は今年もお子様連れでぎっしり盛況。
1705五月祭 CAST_偏光.JPG

サイエンスコミュニケーションサークルCAST HP http://ut-cast.net/
   twitter https://twitter.com/ut_cast


ピタゴラスイッチのボール渡りにプロジェクションマッピングやボール目線で現在位置をCG表示するなどの技術を組み合わせた「せいみつスイッチ」やドローン操作体験、目線と声で操作するゲーム、投げた紙ごみをキャッチしに動くゴミ箱などの多彩な企画を取りそろえた「精密Lab」
1705五月祭 精密Labせいみつスイッチ.JPG

精密Labウェブサイト:http://www.pemayfes.t.u-tokyo.ac.jp/
  Twitter:https://twitter.com/pe_mayfes
  Facebook:https://m.facebook.com/ut.seimitsu/


1705五月祭 アミノ酸ゼリー.JPG
東大開発商品のショップ前では東大の推しているアミノ酸関連商品のひとつ「アミノ酸ゼリー」

1705五月祭 暗記パン.JPG
「東大あんきパン」


今年の五月祭では東大生も勉強ばかりしているんじゃなくてこれだけ弾けるんだと
コスプレ集団のダンス動画が拡散するなど話題になっていましたけど、
ステージ発表もすごく盛り上がってましたね。
1705五月祭 安田講堂ステージ_BiBiライブ.JPG
タイムテーブルを見てみると
合格通り広場では和太鼓や民族舞踊、競技ダンスやジャグリングなどのパフォーマンス、
安田講堂前グランドフェスティバルステージではバンドやアイドルステージ、
工学部前広場はその両方といったスケジュールになっていたようですが
アイドルサークル(AKBやハロプロ、ラブライブやアイマスのコピーユニット)の割合がかなり高い…

模擬店もつい最近まで牛串を出すところがすごく多かった記憶があるのですが
今年はかなり出す飲食物が多様化・分散していた印象。
各企画・イベントもそうですが、「文化」的な流行というか、世の中のある面での移り変わりをいろいろ感じられるお祭りでした。
来年以降もそうであり続けるでしょうね。

第90回五月祭 HP https://gogatsusai.jp/90/visitor/index.html
 公式twitter https://twitter.com/gogatsusai
 Facebook https://www.facebook.com/mayfestival.jp
 マスコットキャラクター「めいちゃん」twitter https://twitter.com/ut_maychan
 五月祭総選挙 結果発表 https://gogatsusai.jp/90/visitor/mfa_announce.html


■関連記事
【行ってきた】水族館・折り紙…東大五月祭2016(2016年05月21日)

東大五月祭2014行ってきました(2)いきもの博物館(2014年05月27日)

東大五月祭2014行ってきました(1)水圏水族館(2014年05月18日)

東大五月祭行きました(2)いきもの博物館(2013年05月26日)

東大五月祭行きました(1)水圏水族館&うな丼(2013年05月25日)

posted by ドージマ・ダイスケ at 03:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

【メダカ】鑑賞メダカ展示会2017行ってきました

5月に入り、恒例の行事にいくつか行ってきました。

その1つが5月14日に千葉県松戸市で行われた鑑賞メダカ愛好会による展示会。
1705メダカ品評会 0.JPG


年々盛んになって、品種の多彩さもさることながら展示水槽の見やすさも進化。特に横見用の水槽はすごく写真が撮りやすくてすごく嬉しい!
この日は天気もほどよく曇って暑くならず、メダカのコンディション的にもいい開催になりました。
1705メダカ品評会 1.JPG


今回見られたメダカは次のような品種たちでした。

トレンドとしては、やはりヒレ長と光る黒メダカの2つの流れが大きいですね。

まずはヒレ長体型の品種。

松井ヒレ長幹之
1705メダカ品評会 松井ヒレ長幹之.JPG
幹之(みゆき)…背中が青または白くメタリックに光る革命的な品種。
    今はポピュラーになりすぎて比較的安価に入手できます。

松井ヒレ長幹之光.
1705メダカ品評会 松井ヒレ長幹之光.JPG
光(ヒカリ体型)…腹部の遺伝子が背中に発現し、背中にパール光沢が生じて
     背びれが尻びれのように大きくなる品種。

松井ヒレ長全身体内光幹之
1705メダカ品評会 松井ヒレ長全身体内光幹之.JPG
体内光…体内が透けて見え、その体内が輝いて見える

松井ヒレ長黄金ラメ
1705メダカ品評会 松井ヒレ長黄金ラメ.JPG

松井ヒレ長ブラック
1705メダカ品評会 松井ヒレ長ブラック.JPG


そして、黒くて光る系統はこちら。

黒幹之
1705メダカ品評会 黒幹之.JPG

黒ラメ幹之
1705メダカ品評会 黒ラメ幹之.JPG


ヒレ長で黒く光る、両方兼ね備えた品種も。

松井ヒレ長黒幹之
1705メダカ品評会 松井ヒレ長黒幹之.JPG


ヒレ長はほかにもまだ色々な品種が。

松井ヒレ長オレンジ
1705メダカ品評会 松井ヒレ長オレンジ.JPG

松井ヒレ長アルビノ
1705メダカ品評会 松井ヒレ長アルビノ.JPG
アルビノ…色素を欠く形質。色の薄い形質と区別する特徴は、目が赤い。


次は、私が初めてこの展示会を見に来て衝撃を受けた、幹之のシリーズ。
この革命的な形質は今の鑑賞メダカの人気を築いた起爆剤といってもいいと思います。
2010年頃にはネオンテトラみたいな青いラインが出れば幹之と呼ばれ、体の半分以上出れば強光、四分の一出れば弱光、頭から尾びれまで出れば「スーパー光」と呼ばれていたのが、今では全身光るのが当たり前になってますもんね。


幹之ヒカリ
1705メダカ品評会 幹之ヒカリ.JPG

幹之体内光ヒカリ
1705メダカ品評会 幹之体内光ヒカリ.JPG

マリンブルー幹之
1705メダカ品評会 マリンブルー幹之.JPG
青体色でヒレや背中が光り、白い容器に入れると腹膜部分が真っ青になる

月虹(げっこう)
1705メダカ品評会 月虹.JPG
ヒカリ体型のメダカで幹之と螺鈿光の遺伝形質を発現、独特の輝きを見せます。

オーロラ幹之
1705メダカ品評会 オーロラ幹之.JPG
オーロラって、ちょっと調べてみても透明鱗のような特殊な体色というくらいの説明しか見つからなくて、自分としては謎です。雄が生まれにくいとも。

アルビノ幹之
1705メダカ品評会 アルビノ幹之.JPG

全身体内光幹之
1705メダカ品評会 全身体内光幹之.JPG


青ラメ幹之ダルマ
1705メダカ品評会 青ラメ幹之ダルマ.JPG
ダルマ…見ての通り体長が短く丸っこい体型の品種。

青ラメ幹之
1705メダカ品評会 青ラメ幹之.JPG

天花
1705メダカ品評会 天花.JPG
シルバー体色・ヒカリ体型。ヒレや背中が光る幹之・螺鈿光の形質が出て首元付近に螺鈿細工のような光が見られる。

深海
1705メダカ品評会 深海.JPG
マリンブルーとの違いは背中の光が現れないことのようです。


そして、2〜3年前頃には鑑賞メダカのひとつの極地と思わせる
盛り上がりを見せていた紅白、三色。
私が飼っているメダカは、数年前に自然発生したぶち柄(錦)が世代を重ねて生き残ってメイン勢力になっているんですけど、錦っていうだけだとここでは展示のステージに上がれない感じですね(;^ω^)

紅白
1705メダカ品評会 紅白.JPG

三色
1705メダカ品評会 三色.JPG

三色ラメ幹之
1705メダカ品評会 三色ラメ幹之.JPG

アルビノ紅白
1705メダカ品評会 アルビノ紅白.JPG

朱赤透明鱗アルビノ
1705メダカ品評会 朱赤透明鱗アルビノ.JPG

朱赤ブチスワロー
1705メダカ品評会 朱赤ブチスワロー.JPG
スワロー…ひれの一部が長く伸びた品種。


赤ブチラメ
1705メダカ品評会 赤ブチラメ.JPG


白ブチラメ幹之
1705メダカ品評会 白ブチラメ幹之.JPG



ちょっと目新しく目に留まったのがこちらの品種。

黒竜姫
1705メダカ品評会 黒竜姫.JPG
飴色の体色で鱗の縁が黒い(クリアブラウン透明鱗のブラックリム)品種。
なんかこんな感じのメダカ、どっかで見たような気もするけれど新しい、竜の名が似合う品種ですね。



ここ最近、あまり見なくなっていましたが
セルフィン(サムライ)が登場していました。
1705メダカ品評会 サムライ(セルフィン).JPG
セルフィン…背びれが前後2つに分かれ、前のほうはトゲウオのとげのようなとげ状になったもの。このとげは自由に動かせたりする。


幹之が登場する前には鑑賞メダカの品種で誰が見ても鑑賞用の特別な品種だと納得させる代表的な品種といえばこの楊貴妃でしょうね。金魚のような赤さがすばらしい。

楊貴妃
1705メダカ品評会 楊貴妃.JPG

楊貴妃ラメ
1705メダカ品評会 楊貴妃ラメ.JPG

楊貴妃ヒカリ
1705メダカ品評会 楊貴妃ヒカリ.JPG

楊貴妃光ラメ
1705メダカ品評会 楊貴妃光ラメ.JPG

楊貴妃錦.
1705メダカ品評会 楊貴妃錦.JPG

楊貴妃パンダ
1705メダカ品評会 楊貴妃パンダ.JPG

楊貴妃半ダルマ
1705メダカ品評会 楊貴妃半ダルマ.JPG

楊貴妃ダルマ
1705メダカ品評会 楊貴妃ダルマ.JPG

楊貴妃出目
1705メダカ品評会 楊貴妃出目.JPG

楊貴妃から、さらに赤いメダカとして「紅帝」というメダカも出ていました。



そしてそれ自体の体色を愛でるとともに、品種改良にて新たな体色を生み出す親としても重視される
ブラックメダカたち。

オロチ
1705メダカ品評会 オロチ.JPG
尾びれの芯まで黒く、周り(容器)が明るくても明るい色に体色変化しない新しいタイプのブラックメダカ。

ブラックスワロー
1705メダカ品評会 ブラックスワロー.JPG

黒出目
1705メダカ品評会 黒出目.JPG

オールブラックパンダ
1705メダカ品評会 オールブラックパンダ.JPG

黒蜂
1705メダカ品評会 黒蜂.JPG
強い黒体色でヒレが黄色い透明鱗メダカ。



先月下旬の江戸川区観賞魚フェアで金魚の「キラキラ」に対しても絶賛の感想を書きましたけど、黄金色に輝く魚体って惹かれるのですが、メダカの体色としての黄色は、楊貴妃の赤の陰であまり顧みられてこなかったんですよね…。
その黄色がメダカでも段々脚光を浴び始めてきたようで、私も注目です。

黄幹之
1705メダカ品評会 黄幹之.JPG

黄金
1705メダカ品評会 黄金.JPG

黄金透明鱗
1705メダカ品評会 黄金透明鱗.JPG




アルビノシースルー
1705メダカ品評会 アルビノシースルー.JPG
黒色素と虹色素の欠損により内臓が透けるほどの透明感の体色

出目パンダ
1705メダカ品評会 出目パンダ.JPG

若草ラメ
1705メダカ品評会 若草ラメ.JPG

全身体内光横体外光.
1705メダカ品評会 全身体内光横体外光.JPG



基本品種の中で根強く重視される体色のひとつが琥珀。
それでも誕生は2004年と今世紀のことなんですね。
琥珀色の体色とオレンジ色の尾びれが特徴。ほかの品種が入っていない純粋な琥珀は逆に貴重な存在とも。

琥珀ヒカリ
1705メダカ品評会 琥珀ヒカリ.JPG

琥珀透明鱗錦
1705メダカ品評会 琥珀透明鱗錦.JPG

琥珀スワロー
1705メダカ品評会 琥珀スワロー.JPG

琥珀ラメスワロー
1705メダカ品評会 琥珀ラメスワロー.JPG



■この展示会、参加者のブリーダーが出品する即売会も好評で、開場前から購入目当てで待ち構える愛好家もいるほど。展示会に出展されたメダカもいくらかは現物販売され、松井ヒレ長幹之や黒幹之など先端の品種も普通に買える状況。


また、1回300円(持ち帰りなしなら100円)のメダカすくいも毎年人気で、けっこう見事な色とりどりのメダカが泳ぐ水槽にポイを入れて追っていく遊びはわくわくするもの。私も久しぶりに挑戦してみましたが、本当にGETしたいメダカだけを選んで捕まえにいって戦果は9匹♪そこから上限の5匹を厳選してお持ち帰りしました。
1705メダカ品評会 90メダカすくい収穫0.JPG

1705メダカ品評会 90メダカすくい収穫1.JPG
1705メダカ品評会 90メダカすくい収穫2-1キラキラ.JPG1705メダカ品評会 90メダカすくい収穫2-2青幹之.JPG
1705メダカ品評会 90メダカすくい収穫3ヒレ長パンダ.JPG


透明鱗っぽい尾のほうの色が抜けたオレンジ錦
黒竜姫っぽい鱗の縁取りがくっきりしたオレンジメダカ
螺鈿のようにキラキラした光をもった幹之系のメダカ
小ぶりながらも真っ青にきれいな幹之
そして今流行の先端・ヒレ長のパンダメダカ(体色は地味だけどw)

ブリーダーとしては形質が中途半端だったり、親の血統がわからなくなって繁殖に使えないとか、普通に余ったとかでメダカすくい行きになったんでしょうけど、素人が飼って眺めたり、卵を産ませてそこそこの2世ができないか期待する分にはかなりお得なメダカだと思います(うちにはオレンジも錦も幹之もいますから形質を維持できる交配相手は大丈夫)。メダカは丈夫ですから、この5匹、2週間たつ今でも全員ぴんぴんしてますからね。


■こちらの愛好会、毎年秋にも展示会を行っていて、昨年は9月13日に開催されましたので、次回開催もその頃にはあると思います。実際の日程は同会Facebook等参照ください(他地域の日本メダカ協会支部品評会情報なども発信されています)

鑑賞メダカ愛好会
 Facebook 


■関連エントリ
【行ってきた】 2017日本観賞魚フェア(江戸川区)・メダカ・ベタ・グッピー編(2017年05月03日)

【メダカ】 卵の糸!そして孵り育つ様(2016年06月24日)

【8コマ】生産者表示?/メダカ卵回収グッズ計画(2)(2016年06月17日)

【4コマ】売りましょう/メダカ卵回収具(1)(2016年06月05日)

【4コマ】メダカ卵回収最強具とは(2016年05月30日)

メダカ展示会行ってきました【千葉県松戸2016】(2016年05月22日)


2017年度版最新メダカカタログ
大場 幸雄
めだかの館出版




posted by ドージマ・ダイスケ at 20:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

【行ってきた】 2017日本観賞魚フェア(江戸川区)・メダカ・ベタ・グッピー編

先日うpしました,
東京都江戸川区は船堀での観賞魚フェア,間に他記事を挟みましたが後編のほう上げたいと思います。
前編で金魚とディスカスの写真でしたが,後編の今回は私も飼っているメダカと,
グッピー,ベタです。

(04/23)【行ってきた】 2017日本観賞魚フェア(江戸川区)・金魚&ディスカス編

メダカは数が膨大なので,グッピー→ベタ→メダカの順で紹介します。
どうぞノ

◆グッピー

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_PREAモザイク.JPGPREAモザイク

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_ブルーグラス.JPGブルーグラス

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_PREAモザイクブルーテールラメ.JPGPREAモザイクブルーテールラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_PREAモザイクブルーテールラメ青.JPGPREAモザイクブルーテールラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_モスコグリーン.JPGモスコグリーン

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_ドイツイエロータキシード.JPGドイツイエロータキシード

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_オレンジグラス.JPGオレンジグラス

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_ジャパンブルーwソード.JPGジャパンブルーwソード

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_グリーンタキシード.JPGグリーンタキシード

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_ルチノーレーストップソード.JPGルチノーレーストップソード

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_メタルパープルグラス.JPGメタルパープルグラス

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_PREフルレッド.JPGPREフルレッド

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_サンセットドイツイエロータキシード.JPGサンセットドイツイエロータキシード

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_トパーズ.JPGトパーズ

1704 江戸川区観賞魚フェア_guppy_PREAネオンタキシード.JPGPREAネオンタキシード


◆ベタ

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_クラウンテールブルーギャラクシー.JPGクラウンテールブルーギャラクシー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンメタル.JPGハーフムーンメタル

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_プラカットコイカラー黒.JPGプラカットコイカラー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_クラウンテールマルチオレンジ.JPGクラウンテールマルチオレンジ

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンホワイト.JPGハーフムーンホワイト

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_プラカットダンボイヤー.JPGプラカットダンボイヤー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_クラウンテールホワイト.JPGクラウンテールホワイト

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_プラカットコイカラー.JPGプラカットコイカラー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンマルチカラー.JPGハーフムーンマルチカラー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_クラウンテールメタル.JPGクラウンテールメタル

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンコイカラー.JPGハーフムーンコイカラー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンコンノック青.JPGハーフムーンコンノック

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンコンノック.JPGハーフムーンコンノック

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ハーフムーンダブルテールフルムーン.JPGハーフムーンダブルテールフルムーン

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_ジャイアントプラカットコイカラー.JPGジャイアントプラカットコイカラー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_プラカットブルーファンタジー.JPGプラカットブルーファンタジー

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_プラカットファンシードラゴン.JPGプラカットファンシードラゴン

1704 江戸川区観賞魚フェア_beta_クラウンテールブルーバタフライ.JPGクラウンテールブルーバタフライ


◆メダカ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_オロチ.JPGオロチ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_かぐや.JPGかぐや

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_白写りラメ.JPG白写りラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ネオブラック.JPGネオブラック

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_藍メダカ.JPG藍メダカ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_アルビノ幹之.JPGアルビノ幹之

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_遠山レモン.JPG遠山レモン

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_幹之横光り.JPG幹之横光り

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_スーパーイエロー.JPGスーパーイエロー

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_かがやき.JPGかがやき

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_黒ラメ.JPG黒ラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ベビーピンク.JPGベビーピンク

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_かがやきダルマ.JPGかがやきダルマ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_光錦.JPG光錦

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_幹之ヒレ長メダカ.JPG幹之ヒレ長メダカ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_平和錦.JPG平和錦

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_黄幹之.JPG黄幹之

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_さぬき黒鱗.JPGさぬき黒鱗

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_星虹.JPG星虹

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ブラック黄金ラメ.JPGブラック黄金ラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_三色錦.JPG三色錦

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_アルビノ朱赤透明鱗錦.JPGアルビノ朱赤透明鱗錦

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_白ブチラメ.JPG白ブチラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_全身体内光ヒレ長.JPG全身体内光ヒレ長

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_白幹之.JPG白幹之

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ヒカリ体型幹之ヒレ長.JPGヒカリ体型幹之ヒレ長

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_全身体内光.JPG全身体内光

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_オーロララメ.JPGオーロララメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_東天紅.JPG東天紅

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_クリアブラウンダルマ.JPGクリアブラウンダルマ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_三色スワロー.JPG三色スワロー

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_紅光(くれないひかり).JPG紅光(くれないひかり)

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ブルースターダストNEW.JPGブルースターダストNEW

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_楊貴妃.JPG楊貴妃

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_赤頭黒透明鱗.JPG赤頭黒透明鱗

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_黒峰風雅.JPG黒峰風雅.

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_朱赤透明鱗.JPG朱赤透明鱗

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_魔王.JPG魔王

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ブラックヒカリ体内光.JPGブラックヒカリ体内光

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_紅ブラウン.JPG紅ブラウン

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_黒幹之.JPG黒幹之

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_紅白パンダ.JPG紅白パンダ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_楊貴妃光ダルマ.JPG楊貴妃光ダルマ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_琥珀ラメ.JPG琥珀ラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_赤斑ラメ.JPG赤斑ラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_銀河.JPG銀河

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ブラック体内光.JPGブラック体内光

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_松井ヒレ長幹之_上.JPG松井ヒレ長幹之
1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_松井ヒレ長幹之_.JPG松井ヒレ長幹之

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_鬼赤ダルマ.JPG鬼赤ダルマ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ダイヤモンドダスト風雅.JPGダイヤモンドダスト風雅

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_三色ラメ.JPG三色ラメ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_ブラック黄金.JPGブラック黄金

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_紅白楊貴妃非透明鱗.JPG紅白楊貴妃非透明鱗

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_三色透明鱗パンダ.JPG三色透明鱗パンダ

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_鳳凰.JPG鳳凰

1704 江戸川区観賞魚フェア_medaka_楊貴妃透明鱗光.JPG楊貴妃透明鱗光

1704 江戸川区観賞魚フェア_メダカ_さらさ透明鱗.JPGさらさ透明鱗


第35回日本観賞魚フェア(江戸川区HP)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/odekake/event/kanshofair.html


2017年度版最新メダカカタログ
大場 幸雄
めだかの館出版
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

【行ってきた】 2017日本観賞魚フェア(江戸川区)・金魚&ディスカス編

4月。中旬ど真ん中の頃にめっちゃ気温の高い日が続きましたね。関東では5日連続夏日の観測史上4月のタイ記録とか。
家の中はけっこうひんやりしてるんですけど,さすがにコタツは暑いですね…とりあえず,もこもこの毛布タイプ布団は外しました。

さて表題の件。
東京都江戸川区はタワーホール船堀(都営新宿線「船堀駅」下車すぐ)で行われました
観賞魚フェアに今年も行ってきました。
1704 江戸川区観賞魚フェア1.JPG

第35回日本観賞魚フェア(江戸川区HP)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/odekake/event/kanshofair.html

このイベント,入場料が1000円いるんですよね〜(※小学生以下無料)
区の農産係窓口やコミュニティ会館などで500円引き割引券を配っているとのことでしたので,
だめもとで会場裏約200mの所にある勤労福祉会館に行ってみたら土曜も空いており2階窓口で割引券ももらえました。


そんなこんなで続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

【生物オリンピック】 2017年イギリス大会 日本代表決定!

今年は3月下旬に天気が晴れず冷たい日が続いたせいもあり桜の開花が全国的に遅く,その分関東でも4月半ばまで花が続きましたね。

170416 桜松戸.JPG

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

【行ってきた】【科博】 モアが!始祖鳥が!お宝たくさん!大英自然史博物館展

『山田五郎・中川翔子のリミックスZ』(TOKYO FM系)にて,科博(国立科学博物館)で特別展「大英自然史博物館展」が始まると聞いて,行ってきました!

1703大英自然史博物館展_00記念写真看板.jpg

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

【速報】日本生物学オリンピック2016 3469名の頂点は

8月も終盤に入り,史上まれに見るルートを経て日本に接近する非常に強い台風10号(ライオンロック)とともに秋が近づいているかなーと思う今日この頃ですが,西日本は今年も強烈な猛暑,東北や北海道も台風の直撃を受けたりと,ハードな夏でしたね。

さて夏休みの一大イベントの1つである日本生物学オリンピック(兼国際生物学オリンピック予選。2010年までは「生物チャレンジ」)も7/17に全国各地で予選,8/19〜22に本戦が行われまして,その結果が公開されましたのでお知らせします。

ペン日本生物学オリンピック 2016 予選ひらめき
   http://www.jbo-info.jp/jbo/JBO2016/jbo2016-01.html
    ※問題と正解もダウンロードできます
  参加人数:3469名
  最高点:続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

【速報】国際生物学オリンピック2016 日本は金1・銀3

国際生物学オリンピック2016 ベトナム大会が7月17日〜24日の8日間にわたってベトナムのハノイで行われました。
早速結果のほうも発表されており,日本代表(4名)は,金メダル1名,銀メダル3名という成績をおさめました。

IBO2016 results
http://ibo2016.org/Portals/0/IBO2016%20result.pdf

Gold 1 Singapore Mr. Lim Yi Shen Justin
Gold 2 China Mr. Wang Yuanzhuo
Gold 3 Singapore Mr. Tang Fengjie
Gold 4 Chinese Taipei/Taiwan Mr. LIN MENG-HONG
Gold 5 South Korea Mr. YOO JONG WOO
Gold 6 China Mr. Mao Aoyue
Gold 7 United States of America Mr. Dun Boyang
Gold 8 Japan Mr. Toyama Tarou (外山太郎 宮崎県立宮崎西高等学校2年)
Gold 9 Hungary Mr. Marton Akos
Gold 10 United States of America Mr. Jing Bowen
Silver 30 Japan Mr. Horo Uzuki (保呂有珠暉 灘高等学校1年)
Silver 31 Japan Mr. Nakagiri Yuichiro (中桐悠一郎 立命館慶祥高等学校2年)
Silver 34 Japan Ms. Murakami Yurika (村上侑里夏 桜蔭高等学校3年)
金メダル…1〜26位,銀メダル…27〜77位,銅メダル…78〜151位

日本勢では続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 12:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

【行ってきた】日本観賞魚フェア2016 <4/20加筆>

もう一週間以上経ってしまいましたが,東京江戸川区で行われました日本観賞魚フェア,行ってきました。
下の方とか整ってないですけどとりあえずUpしておきますノシ

160410 日本観賞魚フェア_総合優勝地金.JPG
コンテスト総合優勝 地金(じきん)

アクアリウムコンテスト,今年も続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

4〜5月 今年も生き物イベントありますね

今年のゴールデンウィークは休暇を1,2日つけ足すと1週間以上の大型になると話題になっていますが,今から5月にかけて,私も過去に行ったものも含めいくつか生き物イベントが行われますね。
自分のメモも兼ねてとなるんで東京近郊中心になりますが,ここに挙げておきます。

今日4月8日(金)から3日間,
  第34回日本観賞魚フェア
  タワーホール船堀
  入場料 1000円 (江戸川区内で割引券配布あり)
  https://www.city.edogawa.tokyo.jp/odekake/event/kanshofair.html

5月1日(日) アクアリウム・バス
  東京都立産業貿易センター・台東館
  入場料1000円(当日会場にて発売)
  http://aquariumbus.com/


5月14日(土)・15日(日)の週末は今年も
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開

こんにちは!
3月も終盤に入り,全国各地で桜の開花宣言が発表されましたが
今年はその後冷え込みが続いて,本格的な花見シーズンはまだといった感じですね。

さて,今年の国際生物学オリンピック2016 ベトナム大会に向け
昨年の日本生物学オリンピックから続いていた出場権決定の戦いですが
先週の月曜日,3月21日(春分の日振休)に代表選抜試験が行われました。
その試験問題が公式サイトで公表されています。
http://www.jbo-info.jp/exam/pdf_exam/pdf_jbo_exam/JBO_2015/2015_3_Exam.pdf

第1問
問1
普通多くの動物の発生は卵と精子の受精によって発生が始まる。卵と
精子の違いを5つ述べなさい。
問2 受精後、卵は卵割をして細胞数を増やしていくが、これも一種の細胞
分裂とみることができる。一般に細胞分裂は細胞周期の一部とみること
ができる。細胞周期は大きく4つの期にわかれる。4つの期を図示し、
各期の特長を述べなさい。



拙著『マンガ生物学に強くなる』を読めば続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

【2015/10/18】公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」やります&レポまんが2014

今度の日曜日,2015年10月18日,東京理科大学神楽坂校舎で科学オリンピックのメダリストが各教科から1名ずつ、出場時の回想や、出場経験で得たもの、現在の視座から見たオリンピック出場の意義などを語る公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」が行われます。

p.2upしました

平成27年10月18日(日) 13:30〜17:20(受付 13:00〜)
●場 所: 東京理科大学 神楽坂校舎 1号館17階 記念講堂
東京都新宿区神楽坂1−3
JR総武線、東京メトロ有楽町線、東西線、南北線 『飯田橋』下車 徒歩3分
都営大江戸線 『飯田橋』 徒歩10分

国際科学オリンピック ─ メダリストの声
平成27年度公開シンポジウム
https://oae.tus.ac.jp/mse/event/

H27公開シンポジウムリーフレット(pdf)

私は昨年の同シンポジウムに行き,皆さんの話を聞いてきました。1年経った今,ようやく漫画にまとめましたのでupしたいと思います。(全3p予定)
科学五輪シンポ2014_p1g.png

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!

夏休みももうラスト2日,というか,一足先にあれだけ猛威を振るった暑さが去り,早くも秋モードの天候になっていますね。
最近のカリキュラム編成により地域によってはもう夏休み終わってる小中学校も多いと思います。

さて夏休みの一大イベントの1つである日本生物学オリンピック(兼国際生物学オリンピック予選。2010年までは「生物チャレンジ」)も7/19に全国予選,8/20〜23に本戦が滞りなく行われまして,その結果が公開されましたのでお知らせします。

ペン日本生物学オリンピック 2015 予選ひらめき
  http://www.jbo-info.jp/jbo/JBO2015/jbo2015-01.html
  最高点:94.4点  平均点:30.30点  標準偏差:14.52
  優秀賞は成績が上位5%(約59点以上)の 172名、
  優良賞はそれに続く 175名(約50点以上)に授与


続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

【8/29開催・事前登録制】 理工系女子! ワクワク夏の文化祭! 2015

6日連続猛暑日ですか…。晴れ
本当にこの夏は暑いですね。「クーラーはオフタイマーをかけずつけっぱなしにしないと危険」などということも聞かれたり,屋内でも熱中症の危険が今年はさらに一層(これまではお年寄りに対してだったのが年齢等に限らず)よく聞かれます。
こんな暑さでもメダカはブクブクなしで元気に泳いで食ってしてますね。強い。

今回は,8月の末にこんなイベントがあるそうなので貼っておきます。
理工系とありますけど内容を見ると”工”の要素がやや強いかな…
興味のある方はどうぞ。

理工系を目指す女子中・高校生と保護者の方向けイベント
「理工系女子! ワクワク夏の文化祭! 2015」

http://ac.nikkeibp.co.jp/rikoukei2015/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
有村治子大臣と経団連古賀信行副会長の続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

【詳報】 国際生物学オリンピック2015デンマーク 日本は「金・銀・銀・銅」

朝から超暑い日が続きますねえ…日本各地相次いで梅雨明けたと見られる宣言が発表され,各地で猛暑日記録。
皆さんお体にお気を付けください。
関東に越して以来去年まで7年,ほぼ冷暖房なしで暮らしてきましたが私も今年は扇風機を出して使っております。一度使い出すと使いまくりで酷使しそう…

さて,国際生物学オリンピック,今年も開催されましたね。日本勢は9年連続の全員メダル!おめでとうございます。
JBO http://www.jbo-info.jp/

デンマーク(オーフス)で 平成27 年7 月12 日(日)〜19 日(日)に開催された国際生物学オリンピック国際には 61 か国・地域から 239 名が参加しました。日本代表4名は 全員メダルを獲得しました。

受賞状況 : 金メダル1 名、銀メダル2 名、銅メダル1 名
受賞者詳細 :
末岡 陽太朗 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 3 年(17 歳) 金メダル (全体14位)
石田 晴輝  灘高等学校(兵庫県) 3 年       (17 歳) 銀メダル
宮田 一輝  愛知県立岡崎高等学校(愛知県) 2 年  (17 歳) 銀メダル
竹本 亮太  広島学院高等学校(広島県) 3 年    (18 歳)
 銅メダル
   (年齢は本大会終了時点のもの)


「全員銀以上」が6年連続でストップ。いずれの成績でも貴重な体験ですので皆これを活かして次のステージへ羽ばたいていってください!

今年の結果
http://www.ibo-info.org/results/IBO2015-official-ranking.pdf
239人参加で,金メダルは続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

【土曜限定・2015年限り開催】 錯覚美術館 行って来ました

熱いですね〜。暑いを通り越して暑い!
関東甲信越地方は19日に気象庁が「梅雨明けしたと見られる」宣言を出しましたねえ。例年・昨年(ともに7月21日ごろ)より2日早いって報じられていますけど,15日(水)〜18日(土)のぐずついた空模様は台風11号の影響が強いでしょうから,梅雨は7月10日(金)にぱきっと明けてたんじゃないかなあ。

さて,今回のエントリは,放送大学の「錯覚の科学」(全15回。錯視のほか経済や対人関係などさまざまな分野に関する心理学が解説されていてとても面白かったです)で知った錯覚美術館に行って来ました。明治大学先端数理科学インスティテュート錯覚と数理の融合研究拠点 JST,CREST 「数学」領域、「計算錯覚学の構築」プロジェクトの研究活動の一環という立ち位置の“美術館”でもあり,土曜日限定の開館,それも2015年内いっぱいの運営ということで,ブログで紹介する意味からいっても,これは早めに行っておかねばと行って来ました。


150720 錯覚00.JPG
150720 錯覚01.JPG
場所は東京都営新宿線小川町駅、または東京メトロ丸ノ内線淡路町駅A5番出口から,タリーズコーヒーの裏側に回ったビルの2階。JRからちょっと歩いても大丈夫という方は,神田・秋葉原・お茶の水の3駅からほぼ当距離で行けます。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

【8/16まで】 ウルトラ植物博覧会-西畠清順と愉快な植物たち 行って来ました

もうそろそろデンマークで開催中(〜/19)の国際生物学オリンピックも大詰め,そして明日は日本生物学オリンピックの全国予選ですね。出場者・参加者の皆さん,頑張って楽しんでください!
さて,今回のエントリは,プラントハンター・西畠清順さんの蒐集した植物を展示する博覧会。東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスでが行われているというので,行って来ました。西畠さんの仕事はテレビで見たことがあったのですが,さてどんな植物が見られたのでしょうか。

150718 ウルトラ植博00.JPG私はJR有楽町駅から行きました(東京側の出口:京橋口から約400m)が,東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 では銀座駅 A9番出口から中央通りを京橋方面へ徒歩6分,東京メトロ有楽町線では 銀座一丁目駅 7番出口すぐとなります。
みずほ銀行のビルが遠くからでもけっこう目印になります。

会場はポーラ銀座ビルの3階。150718 ウルトラ植博01.JPG


エレベータのドアが開くと,暗くて「あれ?やってない?」と思ってしまいそうですが,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人