2017年04月23日

【行ってきた】 2017日本観賞魚フェア(江戸川区)・金魚&ディスカス編

4月。中旬ど真ん中の頃にめっちゃ気温の高い日が続きましたね。関東では5日連続夏日の観測史上4月のタイ記録とか。
家の中はけっこうひんやりしてるんですけど,さすがにコタツは暑いですね…とりあえず,もこもこの毛布タイプ布団は外しました。

さて表題の件。
東京都江戸川区はタワーホール船堀(都営新宿線「船堀駅」下車すぐ)で行われました
観賞魚フェアに今年も行ってきました。
1704 江戸川区観賞魚フェア1.JPG

第35回日本観賞魚フェア(江戸川区HP)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/odekake/event/kanshofair.html

このイベント,入場料が1000円いるんですよね〜(※小学生以下無料)
区の農産係窓口やコミュニティ会館などで500円引き割引券を配っているとのことでしたので,
だめもとで会場裏約200mの所にある勤労福祉会館に行ってみたら土曜も空いており2階窓口で割引券ももらえました。


そんなこんなで入場しまして見てきましたお魚の数々。
関連業者さんたちのブースも数々出ていましたが,こちらでは主役の観賞魚のほう紹介したいと思います。
特に山なしオチなしで,金魚,そしてディスカスの写真が並んでいきます
(基本1品種1枚)

1704 江戸川区観賞魚フェア_琉金.JPGまずは金魚オブ金魚というか品種の基本,リュウキン(琉金)。日本に来たのは意外と歴史が新しく,江戸中期に明朝中国から琉球を経由してのこと


1704 江戸川区観賞魚フェア_キャリコショートテール.JPGキャリコST(ショートテール)

キャリコは三色モザイク体色のことを指しますが,単に「キャリコ」と言うとキャリコ琉金のこと。三色出目金と琉金をかけあわせて生まれた品種。明治後期に米国人F・パッカード氏の依頼で作出


1704 江戸川区観賞魚フェア_もみじ琉金.JPGもみじ琉金


【体色の種類】
更紗(さらさ)…紅白模様
キャリコ…赤・黒・浅葱(ブルー系)の三色モザイク模様
素赤(すあか)…基本が赤で尾やヒレの先端が白い
猩々(しょうじょう)…全身が赤
アルビノ…メラニン欠乏(目は赤い)

【鱗の種類と関連する品種名】
普通鱗…鱗の裏側に光を反射する虹細胞をもち,光に対してキラキラ光る
透明鱗…色素がなく鱗の輪郭が見えない鱗
モザイク透明鱗…普通鱗と透明鱗の両方をもつ個体。
網目透明鱗…1枚の鱗の中にキラキラする部分とそうではない部分が混在する鱗
桜…モザイク透明鱗で更紗(赤白)模様の個体
もみじ…全身に網目透明鱗をもつ個体
パール…うろこが丸く膨らんだ個体

金魚の体色と鱗の種類−ALL ABOUT
https://allabout.co.jp/gm/gc/408455/all/


1704 江戸川区観賞魚フェア_キャリコ和金.JPGキャリコ和金



1704 江戸川区観賞魚フェア_茶和金.JPG茶和金


1704 江戸川区観賞魚フェア_黒出目金ショートテール.JPG黒出目金ST(ショートテール)


1704 江戸川区観賞魚フェア_オランダ.JPGオランダシシガシラ

この観賞魚フェアもそうですけど,こういう品評会などで本当にメジャーな品種ですね。出品者と品種を示すラベルも単に「オランダ」と書かれることが多い。大きく立派に育つのと,愛好者が多いのでしょうね。


1704 江戸川区観賞魚フェア_ジャンボオランダシシガシラ.JPGジャンボオランダシシガシラ

普通にA4サイズくらいのやつをよく見ますからね(ひれを広げた大きさ)。本当,どんなスピードでこれだけ大きくなるのでしょう。



1704 江戸川区観賞魚フェア_ランチュウ.JPG
らんちゅう
日本では専門の愛好家も多く一ジャンルを築いているランチュウですが,ここでは本当に大きい品種の一つといった扱い。そもそもランチュウなど背びれのない金魚は上から見て背中やひれの広がりが美しいものですから,普通の水槽展示では特別な存在にはなりませんね。


1704 江戸川区観賞魚フェア_黒ランチュウ.JPG黒らんちゅう

1704 江戸川区観賞魚フェア_琥珀ランチュウ.JPG琥珀らんちゅう

1704 江戸川区観賞魚フェア_浜松ランチュウ.JPG浜松らんちゅう

金魚生産の盛んな静岡県浜松市近辺で飼育・普及されている日本らんちゅう協会系のらんちゅう





1704 江戸川区観賞魚フェア_コメット.JPG
コメット

長い尾びれがかわいくて,安くて丈夫で大きく育つ,初心者にも嬉しい,ポピュラーな金魚ですよね。こちらアメリカ生まれの品種


1704 江戸川区観賞魚フェア_もみじコメット.JPGもみじコメット


今回も私が最も目を引かれたのがこちら,
1704 江戸川区観賞魚フェア_キラキラ.JPG

その名もキラキラ
以前最初に見たのは業者さんのブースで小さいのを展示してたのだったでしょうか,そして昨年はもっとひれの長い別の個体が出展されていました。今回も,数がほとんどない珍しさもあって心惹かれるところもあるでしょうが,この黄色ぐあい,輝きぐあいがホントに見事でした!!マジ惚れる
テレビの某番組で「赤じゃない本当の金色の金魚を発見した」といって,赤くなる前の津軽錦を紹介していたのがほんの3,4年前だったと思うのですが,若い津軽錦の金色(金鱗)は先祖であるフナの色ですからね…。それが,こんなリアル黄金色の,ニシキゴイの黄金より輝きは上じゃないかというくらいのきれいな金魚が見られるなんて。いや〜眼福でした。

玉サバ
1704 江戸川区観賞魚フェア_玉サバ.JPG

この観賞魚フェアで例年けっこうなシェアを占める品種なのですが,一般にはあまり有名ではないのでは?
江戸後期(安政年間)に生まれた品種で,ざっくり言って,フナ尾をした琉金という形なのですが,琉金ってフナ尾は選別対象になっちゃうみたいなんですよね…。本種は新潟で作出・発展した品種で,琉金と庄内金魚を掛け合わせてつくられた,玉のような体形にサバ尾をもった品種ということで,琉金のフナ尾とは別物ということだそうです。


1704 江戸川区観賞魚フェア_もみじブロードテール.JPGもみじBT(ブロードテール)


朱文金(シュブンキン)
1704 江戸川区観賞魚フェア_朱文金.JPG

三色出目金とフナ尾の和金とヒブナを交配してできた,和金の体形に複雑な体色と長いひれを持つ美しい品種。明治25年誕生,明治33年(1900年)命名。フナの血をかけあわせているので丈夫といういいところづくしの金魚ですね。

ブリストル朱文金
1704 江戸川区観賞魚フェア_ブリストル朱文金.JPG

朱文金がイギリスに渡り改良されて生まれた有名な品種ですね。特徴は大きなハート形の尾びれ。日本でこの種を育てるとイギリスより温かいためひれの成長が速く,ひらひら崩れてしまわないよう育てるのが難しいそうですね

1704 江戸川区観賞魚フェア_メタリック朱文金.JPGメタリック朱文金

1704 江戸川区観賞魚フェア_白黒銀鱗朱文金.JPG白黒銀鱗朱文金



1704 江戸川区観賞魚フェア_ピンポンパール.JPGピンポンパール

金魚発祥の地・中国生まれのパールスケール(鱗が真珠のように膨らんでいる)から作出され,世界の一大産地となっているマレーシアから輸出されている最近の人気品種。既に1980年には誕生していた。



東錦
1704 江戸川区観賞魚フェア_東錦.JPG

ほんとに「アズマオウ」と呼ぶ人が必ずいる!w キャリコ柄のオランダシシガシラ(オランダシシガシラ×三色出目金)で昭和6年誕生

1704 江戸川区観賞魚フェア_五色東錦.JPG五色東錦

1704 江戸川区観賞魚フェア_江戸錦.JPG江戸錦

江戸という名前だけれど,生まれたのは昭和33年。東錦×らんちゅうの交配で生まれた三色ランチュウ


1704 江戸川区観賞魚フェア_桜錦.JPG桜錦

江戸錦のメラニン色素が抜けた個体とランチュウの戻し交配種で,要するに更紗のモザイク透明鱗ランチュウ


三色(キャリコ)のオランダ→東錦
三色(キャリコ)のランチュウ→江戸錦
桜(更紗のモザイク透明鱗)のランチュウ→桜錦


花房
1704 江戸川区観賞魚フェア_花房.JPG

鼻に房(→菊のような房)→花房。
英語では「pom pon」(チアリーダーが手に持つボンボン)と呼ばれています。


1704 江戸川区観賞魚フェア_丹頂.JPGタンチョウヅルのように頭の頂が赤い品種が丹頂。赤い部分,成長すると膨らんでくるんですね




1704 江戸川区観賞魚フェア_地金.JPG地金(ジキン)

地金という名は地元の金魚という意味からきていますが,江戸初期から名古屋を中心に飼育されてきた,琉金の日本上陸より古い歴史ある金魚。「シャチ」「孔雀」「六鱗」などの別名をもち愛知県の天然記念物


1704 江戸川区観賞魚フェア_東海錦.JPG東海錦

東海三県を代表する名を冠せられた,平成16年完成という21世紀生まれの品種。元が地金でこちらもその体色をキープするのが必要条件

1704 江戸川区観賞魚フェア_六鱗.JPG六鱗

地金(ジキン)の別名の1つでもあり,この体色のことでもあり。天然記念物にも指定されている愛知県の地金は口先とえらぶた,そしてひれを赤く,それ以外は白というこの体色をつくるために余分な鱗を除去したりするんですよね

1704 江戸川区観賞魚フェア_モザイク東海錦.JPGモザイク東海錦

1704 江戸川区観賞魚フェア_三州錦.JPG三州錦

三州といえば三河地方(愛知県東部)。



1704 江戸川区観賞魚フェア_青文魚.JPG青文魚

中国語で青文魚(チン・ウェン・ユウイ)。全身が濃く青みがかった唯一の金魚ということで海外でも人気の品種



1704 江戸川区観賞魚フェア_青網目透明鱗雅錦.JPG青網目透明鱗雅錦



1704 江戸川区観賞魚フェア_頂天眼.JPG頂天眼

目が上を向いていてスターゲイザーな金魚ということで,英語で言うと天体金魚(Celestial Gold fish)。


1704 江戸川区観賞魚フェア_水泡眼.JPG水泡眼

昭和30年代に中国から日本初上陸。もともと背中のラインがでこぼこした個体が多かったのが,現在日本ではランチュウっぽく丸みを帯び整った体形に改良されている


昭和30年頃に中国から渡来した品種…丹頂,花房,茶金,パールスケール,高頭パール,青文魚,水泡眼など


1704 江戸川区観賞魚フェア_蝶尾.JPG蝶尾

文字通り尾びれの形が特徴的な品種。最初に日本に入ってきたのは1980年頃,パンダ柄のものが中国から。



1704 江戸川区観賞魚フェア_出雲ナンキン.JPG出雲ナンキン

1704 江戸川区観賞魚フェア_庄内金魚.JPG庄内金魚(山形金魚)

江戸後期・安政年間に山形の地金魚として確立。



オーロラ
1704 江戸川区観賞魚フェア_オーロラ.JPG

朱文金と江戸地金(ジキン)の交配で生まれた品種ということで,ひれが長く美しく育つのと体色は朱文金,尾のあたりの体形などがジキンゆずりということですね。平成に入って生まれた品種ということでまだまだ希少種。


1704 江戸川区観賞魚フェア_萩茜.JPG萩茜

1704 江戸川区観賞魚フェア_萩雲青.JPG萩雲青



1704 江戸川区観賞魚フェア_津軽錦.JPGキラキラのところで若いとき金色をしている金魚(褪色が遅く,若い時期にフナの体色が黄色く見える)として出てきた津軽錦

三輪津軽錦保存会
http://www.tsugarunishiki.com/photo/photo.html


隼人錦
1704 江戸川区観賞魚フェア_隼人錦.JPG
ジャンボ東錦から生まれた尾が短く肉瘤の載らない和金タイプで体高体幅のある品種。三色柄のものが隼人錦,素赤や更紗(赤白)のものは隼人和錦といい区別されます
ジャンボ・隼人錦の巻木養魚場HP http://www5.synapse.ne.jp/makki/hayatonisiki/hayatinisiki.html

柳出目金
1704 江戸川区観賞魚フェア_柳出目金.JPG
出目金と和金の交配によって,出目できれいな体形の個体を選抜してつくられた品種。

1704 江戸川区観賞魚フェア_キラキラ柳出目金.JPGキラキラ柳出目金

竜眼
1704 江戸川区観賞魚フェア_竜眼.JPG
ざっくり言って出目性のオランダシシガシラ。
中国では出目を「龍晴」といい,そこから「竜眼」の名がつけられてそのまま日本にも導入。
日本には昭和の終わりに渡来して一旦衰退したものの日本での改良・安定化が成り(埼玉県鷲宮・平賀養魚場),人気に火が付き始めた状況ということです。


1704 江戸川区観賞魚フェア_浜錦.JPG浜錦

和風の名前なのに香港産の高頭パール(珍珠鱗。高頭=シシガシラのこと)を改良し,水泡眼もかけあわせた品種。


1704 江戸川区観賞魚フェア_アルビノ浜錦.JPGアルビノ浜錦



お次はディスカス。駆け足となりますが,ざざっと,どうぞノ

1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/ターコイズ.JPG1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/WB22×WB39.JPG


1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/ブルーベリープロト×リスペクトコバルト.JPG1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/アマナグリーン.JPG


1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/クリペアレッドヘッケル.JPG1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/アルビノアレンカー.JPG


1704 江戸川区観賞魚フェア_ディスカス/ラビリンスレッド×ロイヤルモルフォ.JPG


色々引用しました参考資料
金魚春秋 文化誌
金魚の吉田
※浮世絵の中の金魚とか昔の飼育道具など文化的な知識のページもありますが,品種とその歴史の解説や飼育法,病気などに関する記事も充実。写真が大きくて豊富で本自体も大きい図録的な本

posted by ドージマ・ダイスケ at 00:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

【生物オリンピック】 2017年イギリス大会 日本代表決定!

今年は3月下旬に天気が晴れず冷たい日が続いたせいもあり桜の開花が全国的に遅く,その分関東でも4月半ばまで花が続きましたね。

170416 桜松戸.JPG

170416 夜桜松戸.jpg
通勤途中の帰り道も,特にライトアップされていない街路灯の灯りでけっこう見事な夜桜が楽しめたり。

そんな今週,東京上野に行った際空き時間に足を伸ばした不忍池。
170416 桜ユリカモメ不忍池.JPG

ふと,桜の木に止まるスズメの姿が。

ちょっとあまり見ない図だったんで,ひさしぶりにスズメの写真撮りましたよ。
スズメをちゃんと撮れたのって生まれて初めてかも。

170416 桜スズメ不忍池.JPG
キツツキみたいに木の幹に止まるスズメって珍しくないですか?

ほかにも何羽もスズメが集まって,桜の幹をつついては立ち去って飛び去っていきましたけど
なにかスズメにしか見えないおいしいものがあるんですね。

さて本題。
そんな2017年の春,ちょっと前になりますが
今年7月にイギリスはコヴェントリーで開催される
国際生物学オリンピックの日本代表出場者が決まりました。

twitterでは既にツイートしましたけどブログではまだだったので遅ればせながら。

国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)HP
http://www.jbo-info.jp/

第28回国際生物学オリンピック 日本代表(五十音順)

池田 亘孝(イケダ ノブタカ) 筑波大学附属駒場高等学校(東京都)3年

江口 彩花(エグチ アヤカ) 桜蔭高等学校(東京都)2年

佐藤 源気(サトウ ゲンキ) 滋賀県立膳所高等学校(滋賀県)3年

津島 彰悟(ツシマ ショウゴ) 武蔵高等学校(東京都)2年
同 次点者(五十音順)
栗生 美怜(クリオ ミサト) 京都府立嵯峨野高等学校(京都府)2年
近藤 唯貴(コンドウ ユイキ) 山梨県立甲府南高等学校(山梨県)2年


筑駒と桜蔭,強いですね…本当に全国のトップ4人なのに,常連校というのがかなり集中している感。

※過去5年の日本代表所属校
2016年ベトナム大会 宮崎西・灘・立命館慶祥・桜蔭
2015年デンマーク大会 筑駒・灘・岡崎・広島学院
2014年インドネシア大会 浜松北・筑駒(2名)・広島学院
2013年スイス大会 広島学院・都立西・灘・県立大宮
2012年香港大会 宮崎西・筑駒・桜蔭・灘



最終選考は3月20日(春分の日)に行われ,代表と次点に選ばれた6人は
既に3月28日(火)〜3月30日(木)第1回特別講義を受けたそうです。
本大会までにさらに力をつけて,素晴らしい体験をしてほしいです。

そして来年のイラン大会代表選考を兼ねた今年の日本生物学オリンピックの募集はもう始まっています。
生物学に興味のあるという高校3年生までの方はぜひ参加を考えてみてください。
※国際大会の出場資格は来年の高校3年生までのため,日本代表選抜選考に進めるのは高校2年以下の人

日本生物学オリンピック2017日程
予選 2017年7月16日(日)(マークシート/全国の会場)
本戦 2017年8月19日〜8月22日(実技/広島大学)
日本代表選考 2018年3月21日

http://www.jbo-info.jp/jbo/jbo2017.html

応募〆切は2017年5月31日

2017募集要項(PDF)
http://www.jbo-info.jp/jbo/pdf_jbo/pdf_jbo_2017/JBO_Call_for_Entry_2017.pdf

日本生物学オリンピック2017年ポスター(PDF)
http://www.jbo-info.jp/jbo/pdf_jbo/pdf_jbo_2017/JBO_Call_for_Entry_Poster_2017_A3.pdf


生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き
羊土社

生物学オリンピック問題集“実験編”
みみずく舎


posted by ドージマ・ダイスケ at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

【行ってきた】【科博】 モアが!始祖鳥が!お宝たくさん!大英自然史博物館展

『山田五郎・中川翔子のリミックスZ』(TOKYO FM系)にて,科博(国立科学博物館)で特別展「大英自然史博物館展」が始まると聞いて,行ってきました!

1703大英自然史博物館展_00記念写真看板.jpg

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

【速報】日本生物学オリンピック2016 3469名の頂点は

8月も終盤に入り,史上まれに見るルートを経て日本に接近する非常に強い台風10号(ライオンロック)とともに秋が近づいているかなーと思う今日この頃ですが,西日本は今年も強烈な猛暑,東北や北海道も台風の直撃を受けたりと,ハードな夏でしたね。

さて夏休みの一大イベントの1つである日本生物学オリンピック(兼国際生物学オリンピック予選。2010年までは「生物チャレンジ」)も7/17に全国各地で予選,8/19〜22に本戦が行われまして,その結果が公開されましたのでお知らせします。

ペン日本生物学オリンピック 2016 予選ひらめき
   http://www.jbo-info.jp/jbo/JBO2016/jbo2016-01.html
    ※問題と正解もダウンロードできます
  参加人数:3469名
  最高点:続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

【速報】国際生物学オリンピック2016 日本は金1・銀3

国際生物学オリンピック2016 ベトナム大会が7月17日〜24日の8日間にわたってベトナムのハノイで行われました。
早速結果のほうも発表されており,日本代表(4名)は,金メダル1名,銀メダル3名という成績をおさめました。

IBO2016 results
http://ibo2016.org/Portals/0/IBO2016%20result.pdf

Gold 1 Singapore Mr. Lim Yi Shen Justin
Gold 2 China Mr. Wang Yuanzhuo
Gold 3 Singapore Mr. Tang Fengjie
Gold 4 Chinese Taipei/Taiwan Mr. LIN MENG-HONG
Gold 5 South Korea Mr. YOO JONG WOO
Gold 6 China Mr. Mao Aoyue
Gold 7 United States of America Mr. Dun Boyang
Gold 8 Japan Mr. Toyama Tarou (外山太郎 宮崎県立宮崎西高等学校2年)
Gold 9 Hungary Mr. Marton Akos
Gold 10 United States of America Mr. Jing Bowen
Silver 30 Japan Mr. Horo Uzuki (保呂有珠暉 灘高等学校1年)
Silver 31 Japan Mr. Nakagiri Yuichiro (中桐悠一郎 立命館慶祥高等学校2年)
Silver 34 Japan Ms. Murakami Yurika (村上侑里夏 桜蔭高等学校3年)
金メダル…1〜26位,銀メダル…27〜77位,銅メダル…78〜151位

日本勢では続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 12:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

【行ってきた】日本観賞魚フェア2016 <4/20加筆>

もう一週間以上経ってしまいましたが,東京江戸川区で行われました日本観賞魚フェア,行ってきました。
下の方とか整ってないですけどとりあえずUpしておきますノシ

160410 日本観賞魚フェア_総合優勝地金.JPG
コンテスト総合優勝 地金(じきん)

アクアリウムコンテスト,今年も続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

4〜5月 今年も生き物イベントありますね

今年のゴールデンウィークは休暇を1,2日つけ足すと1週間以上の大型になると話題になっていますが,今から5月にかけて,私も過去に行ったものも含めいくつか生き物イベントが行われますね。
自分のメモも兼ねてとなるんで東京近郊中心になりますが,ここに挙げておきます。

今日4月8日(金)から3日間,
  第34回日本観賞魚フェア
  タワーホール船堀
  入場料 1000円 (江戸川区内で割引券配布あり)
  https://www.city.edogawa.tokyo.jp/odekake/event/kanshofair.html

5月1日(日) アクアリウム・バス
  東京都立産業貿易センター・台東館
  入場料1000円(当日会場にて発売)
  http://aquariumbus.com/


5月14日(土)・15日(日)の週末は今年も
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開

こんにちは!
3月も終盤に入り,全国各地で桜の開花宣言が発表されましたが
今年はその後冷え込みが続いて,本格的な花見シーズンはまだといった感じですね。

さて,今年の国際生物学オリンピック2016 ベトナム大会に向け
昨年の日本生物学オリンピックから続いていた出場権決定の戦いですが
先週の月曜日,3月21日(春分の日振休)に代表選抜試験が行われました。
その試験問題が公式サイトで公表されています。
http://www.jbo-info.jp/exam/pdf_exam/pdf_jbo_exam/JBO_2015/2015_3_Exam.pdf

第1問
問1
普通多くの動物の発生は卵と精子の受精によって発生が始まる。卵と
精子の違いを5つ述べなさい。
問2 受精後、卵は卵割をして細胞数を増やしていくが、これも一種の細胞
分裂とみることができる。一般に細胞分裂は細胞周期の一部とみること
ができる。細胞周期は大きく4つの期にわかれる。4つの期を図示し、
各期の特長を述べなさい。



拙著『マンガ生物学に強くなる』を読めば続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

【2015/10/18】公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」やります&レポまんが2014

今度の日曜日,2015年10月18日,東京理科大学神楽坂校舎で科学オリンピックのメダリストが各教科から1名ずつ、出場時の回想や、出場経験で得たもの、現在の視座から見たオリンピック出場の意義などを語る公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」が行われます。

p.2upしました

平成27年10月18日(日) 13:30〜17:20(受付 13:00〜)
●場 所: 東京理科大学 神楽坂校舎 1号館17階 記念講堂
東京都新宿区神楽坂1−3
JR総武線、東京メトロ有楽町線、東西線、南北線 『飯田橋』下車 徒歩3分
都営大江戸線 『飯田橋』 徒歩10分

国際科学オリンピック ─ メダリストの声
平成27年度公開シンポジウム
https://oae.tus.ac.jp/mse/event/

H27公開シンポジウムリーフレット(pdf)

私は昨年の同シンポジウムに行き,皆さんの話を聞いてきました。1年経った今,ようやく漫画にまとめましたのでupしたいと思います。(全3p予定)
科学五輪シンポ2014_p1g.png

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!

夏休みももうラスト2日,というか,一足先にあれだけ猛威を振るった暑さが去り,早くも秋モードの天候になっていますね。
最近のカリキュラム編成により地域によってはもう夏休み終わってる小中学校も多いと思います。

さて夏休みの一大イベントの1つである日本生物学オリンピック(兼国際生物学オリンピック予選。2010年までは「生物チャレンジ」)も7/19に全国予選,8/20〜23に本戦が滞りなく行われまして,その結果が公開されましたのでお知らせします。

ペン日本生物学オリンピック 2015 予選ひらめき
  http://www.jbo-info.jp/jbo/JBO2015/jbo2015-01.html
  最高点:94.4点  平均点:30.30点  標準偏差:14.52
  優秀賞は成績が上位5%(約59点以上)の 172名、
  優良賞はそれに続く 175名(約50点以上)に授与


続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

【8/29開催・事前登録制】 理工系女子! ワクワク夏の文化祭! 2015

6日連続猛暑日ですか…。晴れ
本当にこの夏は暑いですね。「クーラーはオフタイマーをかけずつけっぱなしにしないと危険」などということも聞かれたり,屋内でも熱中症の危険が今年はさらに一層(これまではお年寄りに対してだったのが年齢等に限らず)よく聞かれます。
こんな暑さでもメダカはブクブクなしで元気に泳いで食ってしてますね。強い。

今回は,8月の末にこんなイベントがあるそうなので貼っておきます。
理工系とありますけど内容を見ると”工”の要素がやや強いかな…
興味のある方はどうぞ。

理工系を目指す女子中・高校生と保護者の方向けイベント
「理工系女子! ワクワク夏の文化祭! 2015」

http://ac.nikkeibp.co.jp/rikoukei2015/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
有村治子大臣と経団連古賀信行副会長の続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

【詳報】 国際生物学オリンピック2015デンマーク 日本は「金・銀・銀・銅」

朝から超暑い日が続きますねえ…日本各地相次いで梅雨明けたと見られる宣言が発表され,各地で猛暑日記録。
皆さんお体にお気を付けください。
関東に越して以来去年まで7年,ほぼ冷暖房なしで暮らしてきましたが私も今年は扇風機を出して使っております。一度使い出すと使いまくりで酷使しそう…

さて,国際生物学オリンピック,今年も開催されましたね。日本勢は9年連続の全員メダル!おめでとうございます。
JBO http://www.jbo-info.jp/

デンマーク(オーフス)で 平成27 年7 月12 日(日)〜19 日(日)に開催された国際生物学オリンピック国際には 61 か国・地域から 239 名が参加しました。日本代表4名は 全員メダルを獲得しました。

受賞状況 : 金メダル1 名、銀メダル2 名、銅メダル1 名
受賞者詳細 :
末岡 陽太朗 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 3 年(17 歳) 金メダル (全体14位)
石田 晴輝  灘高等学校(兵庫県) 3 年       (17 歳) 銀メダル
宮田 一輝  愛知県立岡崎高等学校(愛知県) 2 年  (17 歳) 銀メダル
竹本 亮太  広島学院高等学校(広島県) 3 年    (18 歳)
 銅メダル
   (年齢は本大会終了時点のもの)


「全員銀以上」が6年連続でストップ。いずれの成績でも貴重な体験ですので皆これを活かして次のステージへ羽ばたいていってください!

今年の結果
http://www.ibo-info.org/results/IBO2015-official-ranking.pdf
239人参加で,金メダルは続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

【土曜限定・2015年限り開催】 錯覚美術館 行って来ました

熱いですね〜。暑いを通り越して暑い!
関東甲信越地方は19日に気象庁が「梅雨明けしたと見られる」宣言を出しましたねえ。例年・昨年(ともに7月21日ごろ)より2日早いって報じられていますけど,15日(水)〜18日(土)のぐずついた空模様は台風11号の影響が強いでしょうから,梅雨は7月10日(金)にぱきっと明けてたんじゃないかなあ。

さて,今回のエントリは,放送大学の「錯覚の科学」(全15回。錯視のほか経済や対人関係などさまざまな分野に関する心理学が解説されていてとても面白かったです)で知った錯覚美術館に行って来ました。明治大学先端数理科学インスティテュート錯覚と数理の融合研究拠点 JST,CREST 「数学」領域、「計算錯覚学の構築」プロジェクトの研究活動の一環という立ち位置の“美術館”でもあり,土曜日限定の開館,それも2015年内いっぱいの運営ということで,ブログで紹介する意味からいっても,これは早めに行っておかねばと行って来ました。


150720 錯覚00.JPG
150720 錯覚01.JPG
場所は東京都営新宿線小川町駅、または東京メトロ丸ノ内線淡路町駅A5番出口から,タリーズコーヒーの裏側に回ったビルの2階。JRからちょっと歩いても大丈夫という方は,神田・秋葉原・お茶の水の3駅からほぼ当距離で行けます。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

【8/16まで】 ウルトラ植物博覧会-西畠清順と愉快な植物たち 行って来ました

もうそろそろデンマークで開催中(〜/19)の国際生物学オリンピックも大詰め,そして明日は日本生物学オリンピックの全国予選ですね。出場者・参加者の皆さん,頑張って楽しんでください!
さて,今回のエントリは,プラントハンター・西畠清順さんの蒐集した植物を展示する博覧会。東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスでが行われているというので,行って来ました。西畠さんの仕事はテレビで見たことがあったのですが,さてどんな植物が見られたのでしょうか。

150718 ウルトラ植博00.JPG私はJR有楽町駅から行きました(東京側の出口:京橋口から約400m)が,東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 では銀座駅 A9番出口から中央通りを京橋方面へ徒歩6分,東京メトロ有楽町線では 銀座一丁目駅 7番出口すぐとなります。
みずほ銀行のビルが遠くからでもけっこう目印になります。

会場はポーラ銀座ビルの3階。150718 ウルトラ植博01.JPG


エレベータのドアが開くと,暗くて「あれ?やってない?」と思ってしまいそうですが,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

【エントリー8/17まで】 Z会「超難問コロシアム」参加者募集中

東北と九州ではすごい大雨がいっときありましたが,5月から6月は梅雨時でも雨量がかなり少なかったのが,7月に入って梅雨らしいぐずついた空模様と降水が続いていますね。

さて,今回紹介するのは生物や理科限定ではないですが,高校生の学力コンテスト。
Z会 超難問コロシアム
http://www.zkai.co.jp/z1/

一,超難問コロシアムとは,Z会が主催する学力No.1を決めるコンテストである。
一,優れた高校生の知的好奇心を刺激し,更にその能力を伸ばす機会を提供するものである。
一,同じ高校に通う3名1組のチームで参加し,学力No.1高校生の座を競いあう。
一,問題は,英語・数学・国語・理科・地歴の5教科から,ランダムに出題される。
一,出題される問題はZ会が考える「良問」であり,極めて難度の高い問題ばかりである。
一,参加する高校生の皆さんが,チームの知力の全てを集め,健闘されることを祈る。


■参加資格
日本在住の現役高校生(2年生以下)であること。
会場予選(東京会場、大阪会場)、WEB予選、本選(Z会(静岡・三島)、決勝(ニコファーレ(東京・六本木))に参加可能であること。
同じ高校に通う3人ないしは2人1組のチームであること。
※ただし、特別枠は例外とする。
※原則3名1チームでの参加だが、やむをえない場合は2名参加も可能。 


予選…8月30日(日) ※東京会場,大阪会場,WEB で全国一斉開催
本選…9月27日(日) ※Z会ビル(静岡・三島)→決勝進出4校決定
決勝…10月12日(祝) ※ニコファーレ(東京・六本木) ニコ生で実況中継

*予選会場への交通費は自己負担



昨年は予選84チーム→本選12チーム(予選上位12チームが2ブロックに分かれて)
→東大寺学園高校(予選1位)・筑波大学附属駒場高校(予選3位),洛北高校(予選10位)の3校が決勝進出
→筑波大学附属駒場高校が優勝。


「天才問題集」無料送付(前年の出題問題をすべて収録)
  ※同時にZ会の通信教育の資料を申し込む必要あり
   https://www.zkai.co.jp/secure/zkai/siryou/c1_1.asp?crs=hi&cd=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

【大学生対象】 国立大学法人臨海・臨湖実験所公開実習2015

かなり暑くなってきました。
沖縄はもう梅雨明けしたとのことですが,本州・四国・九州はいつでしょうね。
関東は5月の降水量が例年の半分くらいだったとか。6月も今のところそれほど降っていないような…

さて,夏も近づいてきたということでイベント?情報。
国立大学法人の臨海・臨湖実験所で実施される公開実習の予定を紹介します。

臨海臨湖全国公開実習2015.jpg
http://www.research.kobe-u.ac.jp/rcis-kurcis/station/plan.html

公開実習ガイドPDFファイル
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

手塚治虫文化賞贈呈式行きました2015

150522 手塚治虫漫画賞.JPG
例年は5月の末の金曜に行われていたかと思うのですが,今年は22日に「手塚治虫文化賞」贈呈式が行われました。で,私,今年も入場ハガキが当たりましたので行ってまいりました。


今年も東京築地の朝日ホールで行われた手塚治虫文化賞贈呈式。受賞者・受賞作品については先だって発表されていましたが,朝日新聞社社長の主催者挨拶と,主賓・手塚眞さんの挨拶の後,中条省平選考委員より選考結果報告がありましたので贈呈式で配布された冊子の選考委員コメントからの引用と合わせて紹介します。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

【行ってきた】 無数のエキゾチックアニマルとムツゴロウさんトークも・東京レプタイルズワールド2015

先日の週末,行ってみたかった催し関係が3つあったんですがなんだかんだで行ったのは池袋サンシャインシティで開催された東京レプタイルズワールドの1つのみ。あれから1週間近く経ちましたが報告うpしたいと思います。

レプタイルズ2015_logo.png
このイベントを一言で言うと,エキゾチックアニマルの展示即売会なわけですが,わざわざ入場料大人1400円を払ってまで行く意味あるのかっていうと…なかなかすごいですね。今年は先月「アクアリウムバス」にも行ってきて,両方に出店していた業者さんがけっこうあったわけですけど,まあ,今のペット市場,多彩な生き物が取り扱われているんですね…

150517 東レプ_入口左.JPG150517 東レプ_入口右.JPG

通路をはさんで左右どちらも会場。合計59番までのブースがあって,1か所に複数社が出店しているブースもあったりしたので90団体以上の出店。その中には続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 02:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

【行ってきた】 アクアリウムバス2015初参戦(無料)

先日当ブログでも紹介しました東京浜松町「アクアリウムバス」,26日の日曜日に開催されまして,行って来ました。
予想通り人でぎっしりでした。

アクアリウムバス2015_01gyouretu.JPG
JR浜松町駅を下りて海側に約400mほど歩いたところが会場なのですが,開場10時のところ11時頃に到着すると,手前100mくらいで行列の最後尾。
アクアリウムバス2015_00.JPG

アクアリウムバス2015_02enter.JPG50分ほど並んで


アクアリウムバス2015_03kaijou.JPG先日行った日本観賞魚フェアと同じくらいの広さですかね。この写真で左の柱の外側にも1列分くらいあり,右側も手前に1ブロック分伸びた会場の形をしていたのでここに写っているのが面積的に6割くらいでしょうか。


◆このアクアリウムバス,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

【行ってきた】 リアル猫ヘッドかぶってきた2

4月18日(土)から23日(木)まで東京上野の東京都美術館で行われた「平泉会選抜展」,行かれましたか?
「リアル猫ヘッド」が誰でも被れると話題だったアレ。

ペンマイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2015/04/16/269/
ペンカラパイア「にゃんと!人間を猫化させる「リアル猫ヘッド」がハイパーリアルすぎて猫と人間の狭間で悶絶」 http://karapaia.livedoor.biz/archives/52189843.html
ペンブログ猫人形の部屋!とりあえず寝る… http://catdoll.jugem.jp/?eid=251

背広猫1.JPG私もこれだけのために上野に行ってきました。
前回のエントリでは撮ってきた体験写真をupしたり写真で展示物の紹介などしましたが,今回はちょっと現場の補足説明など。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人