2017年09月16日

news◇雌にペニス!で日本勢11年連続受賞!イグノーベル賞2017

今年ももうそんな季節なんですねえ。
ふと気がつけば,今回も日本人受賞!(11年連続)ってことで
今回で第27回となるイグノーベル賞の結果が報じられてましたね。
賞金は今年も10兆ジンバブエドル(約4セント)だそうです。ベタか!伊集院光さんがよくネタで言っていたなあ。

演劇受賞研究一覧(公式hp/英語サイト)
http://www.improbable.com/ig/winners/#ig2017 

ニコ生で授賞式の模様を日本語同時通訳生中継されていたんですよね。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv305718854


それでは各賞の紹介−
↓訳は例によって適当です(;^_^)


物理学賞
PHYSICS PRIZE [FRANCE, SINGAPORE, USA]
「猫は固体であると同時に液体になれる」
− Marc-Antoine Fardin, for using fluid dynamics to probe the question "Can a Cat Be Both a Solid and a Liquid?"
REFERENCE: "On the Rheology of Cats," Marc-Antoine Fardin, Rheology Bulletin, vol. 83, 2, July 2014, pp. 16-17 and 30.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: Marc-Antoine Fardin

togetterまとめ
#イグノーベル賞 物理学賞「ネコは固体にも液体にもなれる?」記念、液体ネコ画像まとめ
https://togetter.com/li/1150880

生物学賞■ [JAPAN, BRAZIL, SWITZERLAND]
− Kazunori Yoshizawa吉澤和徳・北海道大准教授, Rodrigo Ferreira, Yoshitaka Kamimura上村佳孝・慶応大准教授, and Charles Lienhard, for their discovery of a female penis, and a male vagina, in a cave insect.
「洞窟の昆虫における雌のペニスと雄のヴァギナの発見」
REFERENCE: "Female Penis, Male Vagina and Their Correlated Evolution in a Cave Insect," Kazunori Yoshizawa, Rodrigo L. Ferreira, Yoshitaka Kamimura, Charles Lienhard, Current Biology, vol. 24, no. 9, 2014, pp. 1006-1010.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: They delivered a short video acceptance speech, filmed in a cave.(授賞式は欠席、洞窟で撮影したビデオメッセージで登場)

オスとメスが逆転した生物 “性器の大発見”にイグノーベル賞
驚異の昆虫「トリカヘチャタテ」とは?(ハフポスト日本版)
  http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/14/ig-nobel_a_23209921/

togetterまとめ
【イグノーベル賞2017】日本人が生物学賞受賞「雌雄の交尾器が逆転している昆虫」の研究について通訳が言葉に詰まる #IgNobel
  https://togetter.com/li/1150856

※3年前にその発見のニュースを当ブログでも紹介していました。
news◇メスがペニスを持つ昆虫発見/ブラジル(2014年04月20日)



平和賞■PEACE PRIZE [SWITZERLAND, CANADA, THE NETHERLANDS, USA]
「オーストラリア先住民の楽器<ディジェリドゥー>が睡眠時無呼吸症候群やいびきの治療に効果的」
− Milo Puhan, Alex Suarez, Christian Lo Cascio, Alfred Zahn, Markus Heitz, and Otto Braendli, for demonstrating that regular playing of a didgeridoo is an effective treatment for obstructive sleep apnoea and snoring.
REFERENCE: "Didgeridoo Playing as Alternative Treatment for Obstructive Sleep Apnoea Syndrome: Randomised Controlled Trial," Milo A. Puhan, Alex Suarez, Christian Lo Cascio, Alfred Zahn, Markus Heitz and Otto Braendli, BMJ, vol. 332 December 2006.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: Milo Puhan, Christian Lo Cascio, Markus Heitz, Alex Suarez. NOTE: Alex Suarez was the first patient, and was the inspiration for the study.


経済学賞■[AUSTRALIA, USA]
「生きたワニとの接触がギャンブル掛け金を激化させる」
− Matthew Rockloff and Nancy Greer, for their experiments to see how contact with a live crocodile affects a person's willingness to gamble.
REFERENCE: "Never Smile at a Crocodile: Betting on Electronic Gaming Machines is Intensified by Reptile-Induced Arousal," Matthew J. Rockloff and Nancy Greer, Journal of Gambling Studies, vol. 26, no. 4, December 2010, pp. 571-81.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: Matthew Rockloff and Nancy Greer


解剖学賞■ANATOMY PRIZE [UK]
「なぜ年を取ると耳が大きくなるのか」
− James Heathcote, for his medical research study "Why Do Old Men Have Big Ears?"
REFERENCE: "Why Do Old Men Have Big Ears?" James A. Heathcote, British Medical Journal, vol. 311, 1995, p. 1668.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: James Heathcote


流体力学賞■FLUID DYNAMICS PRIZE [SOUTH KOREA, USA]
「コーヒーの入ったカップを持って後ろ向きに歩くときに何が起きているか知るための液体スロッシング(ゆらぎ)の研究」
− Jiwon Han, for studying the dynamics of liquid-sloshing, to learn what happens when a person walks backwards while carrying a cup of coffee. REFERENCE: "A Study on the Coffee Spilling Phenomena in the Low Impulse Regime," Jiwon Han, Achievements in the Life Sciences, vol. 10, no. 1, 2016, pp. 87-101.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: Jiwon ("Jesse") Han
NOTE: Jiwon Han was a high school student when he wrote the paper, at Korean Minjok Leadership Academy, Gangwon-do, Republic of Korea.

栄養学賞■NUTRITION PRIZE [BRAZIL, CANADA, SPAIN]
「チスイコウモリの食物に人間の血液が含まれていた初の科学的報告」
− Fernanda Ito, Enrico Bernard, and Rodrigo Torres, for the first scientific report of human blood in the diet of the hairy-legged vampire bat
REFERENCE: "What is for Dinner? First Report of Human Blood in the Diet of the Hairy-Legged Vampire Bat Diphylla ecaudata," Fernanda Ito, Enrico Bernard, and Rodrigo A. Torres, Acta Chiropterologica, vol. 18, no. 2, December 2016, pp. 509-515.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: The winners delivered their acceptance speech via recorded video.

医学賞■MEDICINE PRIZE [FRANCE, UK]
「チーズにより吐き気を催す際の脳中枢の状態をMRIで測定」
− Jean-Pierre Royet, David Meunier, Nicolas Torquet, Anne-Marie Mouly and Tao Jiang, for using advanced brain-scanning technology to measure the extent to which some people are disgusted by cheese.
REFERENCE: "The Neural Bases of Disgust for Cheese: An fMRI Study," Jean-Pierre Royet, David Meunier, Nicolas Torquet, Anne-Marie Mouly and Tao Jiang, Frontiers in Human Neuroscience, vol. 10, October 2016, article 511.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: The winners delivered their acceptance speech via recorded video.

認知賞■COGNITION PRIZE [ITALY, SPAIN, UK]
「一卵性双生児は視覚的に互いの顔を見分けられない」
(顔写真を逆さにした場合)
− Matteo Martini, Ilaria Bufalari, Maria Antonietta Stazi, and Salvatore Maria Aglioti, for demonstrating that many identical twins cannot tell themselves apart visually.
REFERENCE: "Is That Me or My Twin? Lack of Self-Face Recognition Advantage in Identical Twins," Matteo Martini, Ilaria Bufalari, Maria Antonietta Stazi, Salvatore Maria Aglioti, PLoS ONE, vol. 10, no. 4, 2015: e0120900.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: Matteo Martini, Ilaria Bufalari

産科学賞■OBSTETRICS PRIZE − [SPAIN]
「妊婦の膣内から胎児に音楽を聞かせるほうが腹部からよりも反応が強まる」
− Marisa López-Teijón, Álex García-Faura, Alberto Prats-Galino, and Luis Pallarés Aniorte, for showing that a developing human fetus responds more strongly to music that is played electromechanically inside the mother's vagina than to music that is played electromechanically on the mother's belly.
REFERENCE: "Fetal Facial Expression in Response to Intravaginal Music Emission," Marisa López-Teijón, Álex García-Faura, and Alberto Prats-Galino, Ultrasound, November 2015, vol. 23, no. 4, pp. 216–223.
REFERENCE: "Fetal Acoustic Stimulation Device," patent ES2546919B1, granted September 29, 2015 to Luis y Pallarés Aniorte and Maria Luisa López-Teijón Pérez.
WHO ATTENDED THE CEREMONY: Marisa López-Teijón, Álex García-Faura, Alberto Prats-Galino, and Luis Pallarés Aniorte
NOTE: They also offer a product based on this research The product is named "Babypod".


イグ・ノーベル賞 雌雄逆の昆虫発見 日本人研究者に生物学賞(NHK)
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140461000.html
  「世界中の辞書には、男性の生殖器は男性のものと書かれていますが、私たちの発見によってすべて時代遅れになりました」
  「自分は、チャタテムシ研究の第一人者と思っているが、それは、日本で研究しているのは、私ぐらいしかいないためで世界的に見ても数人しかいないのでは」


ニコ生「誰でもわかる イグノーベル賞の世界【日本科学未来館×ニコ生】」
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv305847439
(9/16 18時〜)

ノーベル賞は10月2日(月)の生理学・医学賞から発表が始まります。


過去の関連記事
news◇股覗き!で日本勢10年連続受賞!イグノーベル賞2016(2016年09月23日)
わーい(嬉しい顔)news◇ズコー!バナナの皮で日本勢8年連続受賞!イグノーベル賞2014(2014-9-20)
わーい(嬉しい顔)news◇日本勢7年連続受賞!イグノーベル賞2013(2013-9-18)
わーい(嬉しい顔)news◇ピコココン!「スピーチジャマ〜♪」イグノーベル賞2012(2011-10-01)
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞2011(2011-10-01)
わさびの匂いを利用した警報機(聴覚に難のある人にも効果がある)で日本から受賞者が出ました。
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞3年連続日本勢受賞・パンダの糞でゴミ減量?!(2009-10-03)
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞,2008年もほんとバカ!w(2008-10-03)
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞,報じるマスコミはもっとバカ(2008-10-06)

ひらめきWinners of the Ig® Nobel Prize
Improbable Research http://improbable.com/ig/

本イグノーベル賞受賞者の一覧 - Wikipedia


ヘンな論文
サンキュータツオ/KADOKAWA/角川学芸出版
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:46| 東京 ☁| Comment(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

news◇股覗き!で日本勢10年連続受賞!イグノーベル賞2016

今年ももうそんな季節なんですねえ。
ふと気がつけば,今回も日本人受賞!(10年連続)ってことで
今回で25周年(第26回)となるイグノーベル賞の結果が報じられてましたね。
賞金は10兆ジンバブエドル(約4セント)だそうです。ベタか!虚構新聞か!

演劇受賞研究一覧(公式hp/英語サイト)
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

【12/12】「全国こども科学映像祭」 表彰式・上映会・講演会あります

全国こども科学映像祭 第14回受賞作品はもう決まって発表されています。
  http://www.javea.or.jp/kodomo/prize.html

■文部科学大臣賞(最優秀作品賞)■

小学生部門
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

news◇「ZAKO48」結成〜愛媛県八幡浜

ZAKO48…

愛媛県は八幡浜商工会議所の「八幡浜雑魚出世街道プロジェクト」が,八幡浜港で水揚げされる150種余りの低利用魚から48種を選び、人気アイドルグループにならった「ZAKO(ザコ)48」としてPRしていくそうです。

低利用魚48種で「ZAKO48」結成 八幡浜(愛媛新聞online 2015年11月11日)
  http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20151111/news20151111131.html

選抜された48種はこちら。
 続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

news◇ノーベル医学生理学賞に大村智先生。微生物から熱帯病特効薬開発

今年もノーベル賞のシーズンが来ましたね。理科年表もこの結果を年表に追加して発行にGO!すべく待機しているんでしょうね。(^_^)

その皮切りに発表されたノーベル医学・生理学賞でいきなり続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

news◇ISEF国際学生科学技術フェア(科学のオリンピック)で長高水族館ら4プロジェクトが優秀賞!

台風が接近するなど本格的に初夏の気候になってきましたね。そんな週末,日本の中高生がサイエンスの国際大会で4つの部門でベスト4に入る健闘を見せたとのこと。
そのうち動物科学部門では,当ブログでも2月に紹介した長浜高校水族館部のクマノミとイソギンチャクの関係にまつわる秘密の解明が受賞したんですね。

ペンIntel ISEF 2015 日本代表4プロジェクトが優秀賞! 史上初の快挙!
http://isef.jp/news/2015/05/intel-isef-2015-8.html

米国ペンシルベニア州ピッツバーグで開催されているIntel ISEF 2015 (International Science and Engineering Fair)は、最終日の現地時間15日午前,優秀賞(Grand Award)の表彰式が行なわれ、日本代表派遣団から4プロジェクトが優秀賞に入賞しました。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

news◇長浜高「水族館部」クマノミがイソギンチャクに刺されない謎解明!


いやー,祝日の今日,このブログでも書きたい楽しいことがあったのですが,
その前にちょっとこのニュースを。

ペンクマノミがイソギンチャクに刺されぬ謎、女子高生が解明(朝日新聞デジタル 2015年2月10日)
http://digital.asahi.com/articles/ASH1Z4JF6H1ZPFIB00N.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1Z4JF6H1ZPFIB00N

ペンイソギンチャクとクマノミ共生関係、長浜高生が解明 (愛媛新聞 2015年01月11日(日))
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150111/news20150111753.html

「水族館部」?そんな水産科みたいな,それにしてもすごく特化したコース,高校にあるんだろうかと一瞬思っちゃいましたが,愛媛県の長浜高校にある「長高水族館」でしたか。
以前続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

news◇生物研究関連のニュースいろいろ

このブログ,生物,サイエンスのニュースもときどき紹介していましたが,最近おもしろいなと思ったニュースを目にしつつ,紹介しようと思ううちにあっという間に何日も経って,なんかたまりまくって…(;^_^)。
とりあえずサイエンスポータルから遡って拾い直してみました。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

news◇第2回 科学の甲子園ジュニア 茨城県代表が優勝

冷えますね。こたつがあれば,(電気をつけなくてもこたつ布団だけで)暖房なしで過ごせるのですがまだ出していなくて…(;^_^)。すぐ出さなければ。お野菜は大根が安値安定,キャベツがときどき瞬間風速的に安くなるといったところでしょうか。

さて,この12月5日(金)〜7日(日),BumB東京スポーツ文化館にて「第2回 科学の甲子園ジュニア全国大会」が開催され,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

news◇ハネカクシの翅隠しの秘密解明

当ブログの更新が滞っている間も日々興味深いサイエンスのニュースが生まれているわけで
今年だけでも幾多のニュースをスルーしてきてしまったわけですが
とりあえず久々に1つ紹介しておきたいと思ったのがこちらのニュース。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 03:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

news◇ズコー!バナナの皮で日本勢8年連続受賞!イグノーベル賞2014

今年ももうそんな季節なんですねえ。
ふと気がつけば,今回も日本人受賞!(8年連続)ってことで
イグノーベル賞の結果が報じられてましたね。

演劇受賞研究一覧(公式hp/英語サイト)
http://www.improbable.com/ig/winners/#ig2013 

今年は,一昨年にスピーチジャマーで受賞された栗原一貴・津田塾大学准教授による授賞式実況ツイートが目下トップ水準の報道ですね。
晴れhttp://togetter.com/li/721044 ひらめき

ひらめき物理賞 [JAPAN]: 馬渕清資・北里大教授出席(Kiyoshi Mabuchi, Kensei Tanaka, Daichi Uchijima and Rina Sakai,)
「床の上のバナナの皮を踏んだときと床を直接踏んだときの摩擦係数の計測」
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

news◇メスがペニスを持つ昆虫発見/ブラジル

ここ半週間ほど,ひんやりした日が続きますね。
数字としては2か月前より7,8℃あったかくなってるのに,体が春の温度に
順応してきてるんですよね。今日は,室温は20℃を切る程度なのにフリースを着て
その上に着る毛布を着たりして過ごしました。

さて,先日,非常にユニークな発見のニュースが流れてきました。

ペンメスがペニスを持つ昆虫が見つかる 雌雄逆転(IT Mediaニュース 2014年04月18日)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1404/18/news102.html
メスがペニスのような交尾器を持ち、オスに乗りかかって交尾する昆虫が発見された。オスとメスで交尾に対する積極性が逆転しているという。
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 21:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

◇STAP細胞問題…これはないです

この週末には書いてupして,次の話題に進もうと思っていたのが例によって遅ればせながらになりましたが
当ブログでも当初は画期的な発見発明だと手放しで賞賛したSTAP細胞(STAP幹細胞)という万能細胞の樹立
1月29日の発表から1ヶ月も経たないうちにいろいろな疑惑が噴出し
私としては静観していたわけですが…

(関連で書いたエントリはこれくらいですね
 山中教授声明◇STAP細胞フィーバーとiPS細胞3つの誤解(2/15))

先日開かれた小保方晴子氏の記者会見,彼女の発言を聞いてぞっとしました。
これはないわ…。続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

news◇虫垂は無用の長物にあらず、免疫に重要〜大阪大・JST

4月に入り,すっかり春ですね。
しかし今年はなんか桜の咲いた期間がやけに短かったですね(東北や北海道の皆さんはこれからですね)。
この辺りでは,ここ数日はすごくいい晴天が続く一方で風がすごくひんやりして
爽やかだけど朝出勤前にメダカにエサをやるにはまだ水温が低くて食いがよくないなぁという今日この頃。

さて…,いつも色々な科学ニュースが報じられているのですが
今週見た発表で,ちょっと紹介しておこうと思いupしたいと思います。

ペン虫垂は無用の長物にあらず、免疫に重要(サイエンスポータル)
http://scienceportal.jp/news/daily/57803/20140411.html

続きを読む
ラベル:虫垂 免疫
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

北中米の黒人選手が強い理由−BS世界のドキュメンタリー『マイケル・ジョンソン 先人の道を辿る』

3月弥生に入りましたね。
2月末に4月なみの暖かさになった1日の後,かなり肌寒い天気の崩れが
やってきていますが,桜のつぼみも木によってはだいぶ立派になってきて
春は着実に近づいてきている気がします。

さて,先日放送されましたNHKBS1
『世界のドキュメンタリー』 シリーズ自由と平等を求めて
「マイケル・ジョンソン 先人の道を辿る」。
これが日本人には計り知れない重いテーマの話でした。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

シラスウナギの数回復?

3月弥生に入りましたね。
2月末に4月なみの暖かさになった1日の後,かなり肌寒い天気の崩れが
やってきていますが,桜のつぼみも木によってはだいぶ立派になってきて
春は着実に近づいてきている気がします。

さて,昨年,ウナギの稚魚で養殖になくてはならないシラスウナギが
極度に不漁続きで資源の枯渇が危ぶまれ,
ついにはニホンウナギが環境省レッドリスト入り(絶滅危惧IB類)に至るなど,
その危機がたびたびニュースになりました。

そのニホンウナギ,今年はシラスウナギの漁獲量が増えているそうです。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

news◇デンマークの動物園で健康なキリンを処分

ソチ冬季オリンピック,悲喜交々ですねぇ…。
日本の金メダル最有力候補3人のうち女性2人が本来の姿とほど遠い結果となり,金メダルは美しすぎる演技で文字通り世界を魅了した羽生結弦選手の1個に終わりそうですね。女子スノーボードパラレル大回転の竹内智香選手はW杯でも活躍して今大会でも強い格上の滑りを見せ金メダルまで本当あと一歩でした。

さて…,少し前の話になるのですが,本当にわからない
やるせない話です…


ペン殺処分のキリン解体を一般公開、死骸はライオンの餌に デンマーク
(CNN 2014.02.10 Mon)
http://www.cnn.co.jp/fringe/35043657.html

ペン世界の雑記帳:デンマークでまたキリン殺処分か、2頭目も「マリウス」(毎日新聞)
http://mainichi.jp/feature/news/20140213reu00m030010000c.html

ペンキリンの殺処分に見る動物園の現実(ナショナルジオグラフィックニュース February 13, 2014)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140213002

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

山中教授声明◇STAP細胞フィーバーとiPS細胞3つの誤解

ソチ冬季オリンピックの前半戦,スキージャンプ女子・高梨沙羅選手のまさかの不振とスノボハーフパイプ平野歩夢・平岡卓選手のWメダルという明暗,ノルディック複合NH・渡部暁斗選手銀メダルに,男子フィギュア・羽生結弦選手がSP歴代最高記録の得点を生かして待望の金メダル獲得と,盛り上がってきましたね。
冬季五輪が開催されているソチが町中の気温が17℃だとか18℃とかいう一方,日本は2週連続での週末の大雪(東京では先週に続く観測史上4位タイの積雪)となりました。私も今朝,いつも土曜に出かける買い物に行こうと思ったら,雪の後の雨でシャーベット状どころか,10cm以上積もった雪の下がじゃぶじゃぶの水たまり,車道を横切ろうとしたら足が完全に浸るほどの氷水状態で,「土曜は外出を断念するしかない!」(『プロレススーパースター列伝』のジャイアント馬場調で),ゴミ出しだけして家に篭ることになりました。ニュースで人々が長靴を買い求める様子を見ながら自分事に思えなかったのは愚かなことでした。これが昨日のことだったら会社に行けなかったですよ。

さて,本題。

先月末,新しい万能細胞STAP細胞(刺激惹起=じゃっき=性多能性獲得細胞)」の発表で世界が沸き立ちました。分化した細胞を遺伝子操作を経ずに初期化できるという,常識を覆す画期的な手法はまさに革新といえ,ある意味無茶ともいえる発想を支えた理研の体制も日本の面目躍如といえる明るいニュースでした。

これを続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

news◇-196℃にも耐える!日本のヒル

新聞やテレビのワイドショー見ないんでよくわからないですが,STAP細胞の小保方晴子理研ユニットリーダー,相当な報道フィーバーになっているんですかね。昨日のエントリでは「世間一般の人にわかりづらい
業績のことを知ってもらうきっかけとして,人物から入ってもらうのもひとつですし
キャラを広めるのもある程度必要かなと思います」って書きましたけど
マスコミって同じ人が科学の内容を取材したり人物のこと紹介するわけじゃなくて
有名人になっちゃうと研究の内容と全く関係ない,芸能人や
犯罪不祥事の関係者を追いかけるような取材者が
イナゴのように群がることになってしまうんですね…それは全然いらないから!

さて,STAP細胞のニュースを知る前,書こうと思っていたヌマエラビルの話というのはこちらです。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

news◇すごい!新“万能細胞”STAP細胞

いやー,驚きました!驚きました!驚きました!
「マイナス196℃にも耐える日本産ヌマエラビル」の紹介とか書こうと思いつつグダグダしてる間に,優先順位を吹っ飛ばすニュースが飛び込んできちゃいました。
あのiPS細胞を凌ぐ多様性をもった新しい培養細胞が,30歳という若い日本人女性科学者の手で樹立に成功したというとてつもないビッグニュース!
1月にして今年世界一番のサイエンスニュースが確定しちゃいました。これを覆そうと思ったら,地球外生命体の現物を押さえるとかレベルの発見発明でもないと無理でしょう…。

独立行政法人 理化学研究所 プレスリリース
体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
−細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導−

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人