2016年12月24日

【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(2)ムサシトミヨ

土曜のクリスマスイブですね。皆さんお元気ですか。

さて,今年も残り1週間ということで,昨日から,水族館で見た人が思わず声を出した魚を紹介していますが,今回はその第2回。

推し魚2016_2_ムサシトミヨ.png

ムサシトミヨ。
トミヨという名前が2,3世代前の女性の名前のようで,しかも前に”名字”がついてフルネームみたいなところにウケる人がけっこうな数います。トミヨにはただの「トミヨ」もいるんですけど,ムサシトミヨのほかエゾトミヨ,イバラトミヨ,ミナミトミヨといった”名字”つきの種類のほうが,水族館でよく見る気がします。

このトミヨのグループ,もちろん高校生物の教科書でも行動学の範囲で登場するイトヨと同じくトゲウオの仲間。このイトヨ(糸魚)のほか,トゲウオ科にはハリヨ(針魚)がいたりして,トミヨは漢字で書くと富魚,止水魚と書くようです。イトヨは降海型のものもいますがハリヨやトミヨは湧き水など冷たいきれいな水の中で住んでいて,絶滅危惧種や天然記念物に指定されているものが多いですね。

前回紹介した「ボロカサゴ」もそうですけど,具体的にウケる魚,思わず声が出る魚となると,魚の特徴そのものより名前でってのが多かったりするようですね。具体的なので。
形状でインパクトを与える魚となると,去年紹介したルックダウンが突出していてもう殿堂入りですね。「平たい!」「薄い!」「メタル(メタリック)!」って。目に止まった人は高確率でウケてますw

名前が面白ければいいかというと,「オジサン」なんかは名前の表示を見て興味を惹かれる人が多いのですが,大きめの水槽で他の魚と混泳展示されていることが多くて見つからないことが多いんですよね。体の形も,模様も,下あごにひげが生えているという特徴もはっきりしてて普通に泳いでいるのに,慣れてない人は写真と見比べても意外と見つけられないんですよね…
161224 推し魚2016_オジサンサンシャイン.JPG
オジサン(サンシャイン水族館にて)

このシリーズは全3回の予定。次回最終回で紹介されるのは…?

■昨年の「推し魚2015」!
●2015年推し魚5 (前半) 
  ※ファイアスパイニーイール,フライングガーナード
●2015年推し魚5 (後半)
  ※コンゴウフグ,オオホモラ,ルックダウン


トゲウオの自然史―多様性の謎とその保全
北海道大学図書刊行会(2003)

トゲウオ、出会いのエソロジー―行動学から社会学へ
地人書館(2002)
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(1)ボロカサゴ

冬至を迎え,明日はクリスマスイブという時期に,寒気ならぬ暖気に上空を覆われて温かい日が続く日本列島。
先月は観測史上初の11月都心積雪を記録したというのに
12月下旬に20℃とかどうかしちゃってますね。

さて,今年ももうあと1週間となったわけですが,
色々な水族館・動物園に行ってまいりました。
昨年は「推し魚2015」として世間的には知名度がほとんどないであろう魚介類5種類を紹介しましたが,今年は,見た人が思わず声を出した魚を,その言葉が印象に残ったものから3つほど紹介したいと思います。

ではまず今回はこちら。
推し魚2016_1_ボロカサゴ.png

ボロカサゴ。
見る人皆,名前を見て,ルックスを見て,名前を見て,同情していくというお魚。

水族館って,そんなにしっかり魚を観察する人ってあまりいなくて,いろいろな魚が泳いでいる水槽を見るときとかカクレクマノミ(ニモ)とかナンヨウハギ(ドリー)とかいった有名な魚以外は,写真付きの魚種名表示を見て探すことがあっても半分くらい見つからず次に行ってしまうってことが多いですよね。

ですが,この魚,パソコンのマウスくらいの大きさで,おとなしくてあまり動かないためけっこう見やすく,小さい水槽で単独展示されるんできっちり100%の人に認識される,隠れた水族館のタレントなんです。

飼育展示している水族館も多くて

東京スカイツリーのお膝元・ソラマチはすみだ水族館のボロカサゴは妖怪感を漂わせる貫禄の面持ち
161223 推し魚2016_ボロカサゴすみだ.JPG


特色ある個別展示が得意なヨコハマおもしろ水族館ではボロだとゴミも体につきやすい?ボロカサゴくん
161223 推し魚2016_ボロカサゴヨコハマ.JPG


アクアパーク品川に迫る西のシャレオツ系水族館・NIFREL(ニフレル)になると,ボロカサゴなのにアッパークラス感あふれるコントラディクショナルなディスプレイに
161223 推し魚2016_ボロカサゴNIFREL.JPG
「ぼろぼろ脱皮する魚」とキャッチフレーズがついていました。


京都水族館では,ひらがな表記でさらなる味わいが
161223 推し魚2016_ボロカサゴ京都.JPG


沼津港深海水族館では,透明標本を展示
161223 推し魚2016_ボロカサゴ透明沼津.JPG


愛知県の竹島水族館にもいたはず…と思って写真のストックを見てみたら,別種のエクスマイヤーズスコーピオンフィッシュでした。
161223 推し魚2016_エクスマイヤーズスコーピオンフィッシュ竹島水.JPG
生きるキン消し,あるいはメキシコみやげのオニキスの置物にありそうな質感です。


ご覧のように体色やボロさにも個体差があってさまざまで,水族館ごとに展示方針にあった個性のボロカサゴを展示していますので,水族館でボロカサゴを展示していたらぜひチェックしてみてください(^_^)。


■昨年の「推し魚2015」!
●2015年推し魚5 (前半) 
  ※ファイアスパイニーイール,フライングガーナード
●2015年推し魚5 (後半)
  ※コンゴウフグ,オオホモラ,ルックダウン

決定版 日本水族館紀行 (翼の王国books)

木楽舎
人魚姫の水族館 1 (ヤングアニマルコミックス)

伊藤正臣/白泉社

※竹島水族館が全面協力
posted by ドージマ・ダイスケ at 11:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

落とし文 OTOSHIBUMI

5月も中旬に入りましたが,晩朝はひんやり涼しい日が続いてますね。
釣りをされる方など,水温が上がらないと例年よりシーズンの移り変わりが遅めにずれてたりしてるのではないでしょうか。
日中は外に出て日なたを歩くと日差しはもうかなりきついですけどね…。

さて,毎週水曜更新の週アスcomic 『いきものずかん』第230回でオトシブミを扱っていたのですが
(ロクロクビオトシブミ,どんだけwww),ちょうど私も,京都に戻ったら,小学校の横を歩いてて
オトシブミのゆりかご作りを初めて本格的に目にしました。

140510 オトシブミ.JPG
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

開花!!

いやー,めっちゃ暖かくなりましたね。
先週あたりからコートを着ないで通勤しだしてきましたけど
今日はもうスーツの下にベストとか着なくてもかるく汗ばむほどの陽気。
なんたって,5月なみの陽気ってことでしたからね。

そして…

130319 桜開花.JPG

咲き始めましたか〜。

早っ!!!

と思いましたが,よくよく考えるともう3月も下旬ですものね〜。
とはいえ3月のお彼岸を待たずに桜が咲くって,
めったになかったような気もするのですが…

■関連記事

夜桜(2012年04月06日)

●葉桜サクラ葉桜もち(1ページ/全2ページ)(2009年04月12日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

【動画】超かわいいまんまる砂漠ガエル・ナマカフクラガエル

ネットでちょっと前から「まん丸でカエルらしからぬ声で鳴くカエルが超かわいい」
話題になっていて,ラジオやテレビでも紹介されているようですね。
よそ様のコンテンツをもってきてエントリをでっち上げるのって
いかがなことかと思ってたりするのですが
これは拡散・紹介したい,という思いはいかんともしがたく。

まだ知らない人はぜひ見てください。 どうぞ(^o^)/

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

無限ドリル

3月に入って,すごく暖かくなりましたね。
東京では観測史上最も早い夏日を記録したり
土埃で空中が黄土色に染まりすわ黄砂が襲ってきたかと思わせる「煙霧」が発生したり
1月の成人の日大雪など,今年も荒れに荒れまくっている感があります。

暖かくなるとすぐ葉物野菜が安くなったりして,
そんな数日の間で野菜が育つんだろうかと不思議に思ったりしますが
そんな今日この頃,野菜売り場で見かけた新顔。

130314_ロマネスコ.JPG
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

ツマグロに非ず

昨日,日中に駅までの道のりでツクツクボウシが鳴いていたの
びっくりしました。もう10月だよ!すごいなぁ…。

さておかげさまで,プロ野球のドラゴンズ,4年ぶりのセントラルリーグ優勝が
昨日決定しました!正直,今日のシーズン最終戦で勝って自力で決めてほしかった
(昨夜は大阪地検特捜部スキャンダルの逮捕報道と重なったこともあって
 ろくに報道されませんでしたし…)ですが,
監督や選手のみなさんのインタビューから,ほんとうに1日も早く決まってほしかったという
厳しいシーズンを戦い続けてきた切実な思いが伝わってきました。
ほんとうにおめでとう,ありがとうございました!
日本シリーズ出場をかけたクライマックスシリーズファイナルステージは
20日からですが,それまでじっくり体調・体勢を整えてテンションや勘を
研ぎ澄ましてください!待っています。

さて,今日は,先日ツマグロヒョウモン分布のニュースに関する
エントリでコメントした,チョウを見ましたという話について
その写真をUpしておこうと思います。
どうぞ!

100925 コアカタテハ.jpg

はい,ツマグロヒョウモンのオス

…あ,ちがう!

続きを読む
ラベル:
posted by ドージマ・ダイスケ at 15:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

私,害虫キラーです。

連続Upが26日でストップ!
まあ,6,7月のことを考えれば上出来ですかね。
メインコンテンツ(であるはず)の漫画の更新間隔が空いてしまう隙間を写真で埋めていたような感もありますし…。1日空いた今日も写真ネタです。

070917 アシダカグモ


アシダカグモです。
私が彼(彼女?)を初めて見たのは大人になってから,今住んでいる家に引っ越してからなんですけど,脚を広げた幅が6〜7cmもあるこのクモが,部屋の壁に忽然と現れ,動き出すやタッタカターーーーーと走って行く姿にはインパクトがありました。
今ではもう慣れているんで,壁に出現しようが床に現れようが驚きませんけどね。

最近,9月に入る頃になってアシダガグモ君がよくうちに現れるようになったんですけど,アシダカグモって,ゴキブリの捕食者なんですよね。そういえば,家の中のゴキブリの出現頻度とシンクロしているような気も。
7月頃に仕込んだ毒餌のコンバットが乾いて効かなくなったのかな…?
ゴキブリ対策はこまめにやらないといけないようです。





バッド(下向き矢印)ご存じの方,コメントいただけるとありがたいです。
 ついでにちょっとでも好感いただけましたら
 クリックをよろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



ごきぶり撲滅大作戦―役立つ!笑える!ゴキブリ退治マニュアル (単行本 (→Amazon)

ゴキブリだんごの秘密―なぜ売れるのか、なぜ高収益か (単行本 →Amazon)
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:57| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

跳べるけどここにいる

どこでも見られる平凡な生き物シリーズ〜♪


070831 クビキリギス

駅のガード下で発見したクビキリギス。
クサキリとよく似てますけど,クビキリのほうが大きい
(クサキリ25〜35mm,クビキリ35〜42mm)のと,
クビキリは目より前方が尖っている(クサキリは頭部の
より先端近くに目がある)といったところが主な違いですかね。
どちらも緑色と褐色型の体色2タイプがありますけどね。
あと,クサキリは成虫で越冬しないので冬〜初春に見かけたら
クビキリギスということになりますね。

…あれ?小学館NEOでは「10月〜6月」って書いてある。
となると,「8〜10月」と書いてあるクサキリのほうが
この虫くんには合致していることに…
姿を見る限り,クビキリだと思うんだけどなぁ…

ところで,君,前の日の朝もここにいたんだけど,
丸々24時間ほとんど動かなかったわけ?
まぁ,別に珍しいことじゃないけど。


バッド(下向き矢印)クリックしていただけると頑張って
 もっと面白いネタを探して更新するかもしれません。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



近所の虫の飼いかた〈2〉
スズムシ・バッタ・カマキリほか
(虫の飼いかた・観察のしかた)

海野 和男, 高嶋 清明, 筒井 学
偕成社

posted by ドージマ・ダイスケ at 03:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

チガヤ&イタドリ

生物の教科書には,生き物の名前が何の説明もなく出てきて
読んでもその生物名がピンとこない,
名前と姿が一致しないというケースはよくあります。

ですが,その生物というやつは
実際に身の回りにいたり生えているありふれた存在で
名前を知らないだけだったということが
往々にしてあります。

生物IIの「生物の集団」の章,「植物群落の遷移」のところで
裸地・荒原の後,地衣類やコケ類が進入して
その後に草原を形成する先駆的植物の代表例として扱われるのが
ススキチガヤイタドリ
ススキは昭和50〜60年代にセイタカアワダチソウに生える場となる
空き地を奪われたりしたものの(外来種であるセイタカアワダチソウは
土中に他の植物の生長を阻害するアレロパシー物質を分泌して
一気に勢力拡大したものの生えすぎて己の生長阻害物質によって自滅したとも言われ
ススキが勢力を取り戻しつつあります。東北以北ではもともとススキの草原が健在ですね),
ススキを知らない人はほとんどいないでしょう。
では,チガヤ,イタドリは?

チガヤとは,
要するにこれです。
070609チガヤ01

ケータイカメラゆえ画像が粗いですが,
「ああ,あれか」とわかっていただけるかな?

アップにするとこう。
070609チガヤ02

これがしばらくするとボワッと広がって
タンポポの綿毛よろしく風に散っていってしまいます。
(写真を撮るには写りづらくて難しいですね…)
070609チガヤ03

ちょうど今の季節がこんな感じで,
それこそ道端によく生えていますので
通学通勤の道すがらにでも道端に目をやってみると
目にすることができると思いますよ。

そして,イタドリとは,
要するにこれです。
070609イタドリ

北海道の北部を除く日本国中,よっぽどの都会砂漠に住んでいる人でもない限り
家の近所で1年中1度もこれを目にしない人なんて
いないのではないでしょうか?
教科書では「裸地→地衣類・コケ類→一年生草本」の順番で書かれているのに
溶岩が固まった火山の噴火口近くの裸地でいきなり生えていたりしますから
空き地という空き地には必ず生えてくると言って過言ではないでしょう。

イタドリと言われて「?」という状態でも,
スカンポという別名だと「そうだよ,これスカンポでしょ」と
ピンとくる人が多いかもしれません。
春先の,まだ枝や葉が分かれる前の太い茎をポッキと折り,
皮をむいて食べたことが…今どきの少年少女はないかな?
みずみずしくて酸味があって,道草や外での遊びのお供として一般的なものだったようですが…。
食べたことのある人,年代別に統計をとってみたいものです。
(ツツジの蜜を吸ったことのある人なんかはどの年代でも同じだと思いますが)

私も小学生の頃スカンポを食べたことがあります。
ふつうにお菓子のおやつがあるのにわざわざ好き好んで食べるもんじゃ
ないと正直思って,その後1,2度挑戦しましたが結局それっきりでした。
高知県では山菜として郷土料理にも使われるそうです。

↓ブログランキングへジャンプします。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


柳宗民の雑草ノオト
柳 宗民, 三品 隆司
毎日新聞社

花壇や畑では厄介者の雑草だけれど、よく見れば、それぞれ味わいがあって、意外に可愛らしいのに気づくはずである。そう、雑草は可愛いのだ。それだけではない。なかには食べて美味しいものや優れた薬効を発揮するものまである。知れば知るほど面白くなる雑草の話60編。
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ユキノシタ

あれ?何もしてないのに先週ぶりにマイページを見てみたら
seesaaブログランキングで1万位を切っている。
誰が見てくれてるんだろう?

メインの漫画のほう,
先週日曜に丸1日かけてなんとか後半3ページの下描きもこぎつけました。
この先しばらくは平日は時間がとりづらいので
今日明日のうちになんとかペン入れまで…。

ユキノシタ070526

出張先の四国某所で見かけたユキノシタ。
林や庭の日陰の湿ったところなどによく生えている/植わってますね。
ユキノシタ科ユキノシタ属。
ユキノシタ科というとアジサイなんかと近縁ですね
(アジサイ科として別科とする分類法も)。

まん丸い形が特徴的なユキノシタの葉は
裏側の表皮細胞が赤紫色の色素を含んでいるため
細胞外液の浸透圧と細胞の変化を観察する材料に使われますね。
(高張液に浸したときの原形質分離が観察しやすい)

葉は天ぷらなどにして食用にもされます。
ちょっと生で食べたことがありますが,ほのかに甘みがあって
えぐみがあまりないんで確かに食べられます。いけます。レストラン
ユキノシタというだけあって不凍液成分として糖類を
蓄えているんでしょうね。
同じ不凍液でも,自動車などに使う工業用のジエチレングリコールは
毒性が強く,最近でも薬品への混入などで問題になってますが…。ふらふら

参考…物理的な環境と生物の反応(岡山理科大植物生態研究室(波田研))
 http://had0.big.ous.ac.jp/gakunai/introduction_to_ecology/introecol2.htm

↓ブログランキングへジャンプします。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

posted by ドージマ・ダイスケ at 12:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ムラサキツユクサの季節ですね

メインの漫画のほう,先週日曜に丸1日かけてようやく前半3ページの下描きまで。
この先1か月ほど仕事の関係で平日は時間がとりづらいので
今日明日のうちになんとかいけるとこまで進めたいです…。

ムラサキツユクサ

出張先の大阪府某所で見かけたムラサキツユクサ。
おしべの毛の細胞が1列で紫色をしているため,
原形質流動や原形質分離の観察によく使われるため
高校生物の教科書等ではおなじみの存在ですね。
ヌマムラサキツユクサ(2n=12)は,
ちょうど今くらいからが,やくの細胞を減数分裂の観察に
使うのに適した季節。

↓ブログランキングへジャンプします。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー

posted by ドージマ・ダイスケ at 05:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人