2017年08月15日

【行ってきた】わーたーしはートォォォォキ〜〜〜♪鉄道運賃割安の裏技でいしかわ動物園にトキを見に行ったよ♪

例年お盆休み頃の時期には、名古屋の実家と京都の家族のもとに"帰省”しているのですが、今年は、一昨年の北陸新幹線金沢延伸の頃に目にした鉄道運賃節約の裏ワザ「行き:北陸新幹線(+特急サンダーバード)→帰り:東海道新幹線の行程でぐるり一筆書きルートを作り、乗車券を割安にする」を、新幹線回数券を使えないお盆の時期にこそ挑戦しようと思い、やってみました!

※通常の帰省ルート 東京→京都→名古屋→東京
   13080円(14110円)+5070円(6000円)+10360円(11290円)※カッコ内は繫忙期指定席
   (乗車券 17060円 + 特急料金 11950〜14340円)
   合計 29010〜31400円
※今回のルート  上野→金沢→京都→名古屋→東京
   乗車券 14200円(13820円+380円)
   特急料金 14540円(6770円+1190円+2480円+4100円)
   合計 28740円   ※北陸新幹線は繁忙期指定席、それ以外は自由席

一筆書きが成立するのは京都の手前の山科駅までなので京都ー山科間往復の切符が必要ですが、それを含めても安い。合計キロ数が1000qを超えるため乗車券が割安になるのと、切符の有効期限が7日間になるので、その間途中下車が可能になるのです。そして金沢〜京都間は北陸新幹線との乗り継ぎ割引が適用されて特急料金も半額に。

もちろん東京→金沢→京都→名古屋→東京 の切符を個別に買うよりもはるかに割安の運賃になるので、これを機に、これまで行ったことのない日本海側の動物園もしくは水族館へ行こう!と、トキの見られる石川県のいしかわ動物園に行ってきました!

金沢駅からのアクセスはバス(片道70分)が1日3往復(平日は1往復)となっていて、北陸新幹線の始発がとれないと次のバスが12時過ぎ発になるところだったのですが、ネットでは前日までに既に満席の始発「かがやき」が、駅の窓口で切符を注文している間にキャンセルが出て拾うことができ、本当ラッキーでした。

そうして朝の10時過ぎに着きました。
いしかわ動物園1708_0正門.JPG
タイプとしては多摩動物公園やとべ動物園と同じように山の中を切り開いてつくられた、斜面がちな動物園ですね。国内では中規模の広さでしょうか、園内バスのような移動手段はありません。

いしかわ動物園って、動物のお食事タイムを積極的に見せるスタンスなんですね。スケジュールがこんなに細かく発表されてるのを見たのは初めてかもしれません。いしかわ動物園_動物お食事ガイド看板.JPG


マゼランペンギン
いしかわ動物園_ペンギン食事.JPG
ペンギン給餌ウォッチのポイント「ペンギンは(も)魚を必ず頭から食べる」。
横向きにキャッチして器用に向きを変えて飲み込んでいました。

カピバラ
いしかわ動物園_カピバラ_えさやり.JPG
先端にニンジンスティックを装着した棒でカピバラにえさやり体験ができます(無料)。

シロテテナガザル
いしかわ動物園_シロテテナガザル_えさやり.JPG
唯一体が黒いテナガザルはこの群れのお父さんだそうですが、雄だから黒いとかいうわけではないそうです。

レッサーパンダ
いしかわ動物園_レッサーパンダ_えさやり.JPG
笹の葉っぱで普通に事足りるのですが、ここではフルーツの豪華な食事を(納涼企画で氷と果物のサービスだったようです)。
お盆休み初日になる祝日ということもあって、家族客目当てのテレビの取材が来ていました。

キリン
いしかわ動物園_キリン_えさやり.JPG
現在の屋外エリアは観覧通路からかなり遠くて見づらいのですが、屋内では柵越しですが間近でキリンの姿とその高さを感じることができます。屋外でえさやりをするスポットも設けられているのですが現在は行われていません。

ミサゴ
いしかわ動物園_ミサゴ食事.JPG
猛禽類の食事タイムは、担当のお兄さんがノスリ、ミサゴ、フクロウなどを給餌して回りながら、1羽1羽性格に違いがあることや種ごとの食べ物の違いや習性などについてかなり詳しく解説されて、聴きごたえありました。


さて、いしかわ動物園来訪の第一のお目当てであるトキ!
いしかわ動物園1708_トキ里山館.JPG
トキ専用の立派な施設がつくられています。
いしかわ動物園1708_トキ里山館1.JPG
入ってみると、遠くに2羽います。

トキのいる側へぐるりと回ってみると…
いしかわ動物園1708_トキ里山館_裏窓.JPG

トキ、めっちゃ近い!
しかもネットや金網など見るのに邪魔なものが間に入らず、バッチリ見える!
いしかわ動物園1708_トキめっちゃ近い.JPG

まさに、トキ!
いしかわ動物園1708_トキthe.JPG
しかしよく見ると、ハゲワシみたいに頭部の皮膚が露出してそれが真っ赤で、後頭部の羽はロン毛状態というすごい顔をしていますね…。

いしかわ動物園1708_トキ里山館ひろびろ.JPG
トキが自然に近い状態で自由に小魚などのエサをとれるよう、明るい、広い、変化に富んでいるいい施設だなあと思いました。

いしかわ動物園1708_トキ手前で採餌.JPG
入ってすぐのところの水場で餌をとることもあります。

この「トキ里山館」、トキの飼育展示スペースを見終わった後は、情報資料展示のスペース。卵の色や大きさ、トキの体重、嘴の長さや形状などがわかる資料が展示され、羽の実物に触れたりできます。お子様連れにはトキのコスプレで写真が撮れるフォトスポットも人気でした。


さて、いしかわ動物園といえば、
世界三大珍獣の1つ、コビトカバがいるのも大きな特色。
いしかわ動物園_コビトカバ_母子.JPG
2016年12月23日に赤ちゃん「ミライ」が誕生、お母さんとすごく仲がよくて見ていて微笑ましいかぎりです。
いしかわ動物園_コビトカバ_母子プール.JPG
プールで水中歩行のトレーニングを促したり。
いしかわ動物園_コビトカバ_食事_母子.JPG
コビトカバもお食事タイムを公開。
いしかわ動物園_コビトカバ_食事_父ヒカル.JPG
お母さんのノゾミはオランダの動物園から来園、お父さんのヒカルはシンガポール動物園から来園。シンガポール動物園からはタヌキ6頭とのトレードで獲得したんですよね(園内にはそこまで書いた解説は見られませんでしたが)。
そのコビトカバの「世界三大珍獣」話については過去に話題にしたこともありましたが、描くために色々調べても、いまいちよくわからないことも残っていたんですよね。
カバ科はカバと大珍獣(2016年11月23日)

いしかわ動物園_動物学習センター.JPG
いしかわ動物園_看板_世界三大珍獣展.JPG
ちょうどいしかわ動物園内の動物学習センターで「世界三大珍獣展」が開催中で、その中の解説掲示で重要な知見を得ることができました。
世界三大珍獣を選定したのは動物学者の高島春雄氏で、そもそも世界三大珍獣という概念自体、日本でしか通じないんですって。




親子といえば、今年6月に生まれたグレービーシマウマの赤ちゃんの一般公開が始まったところで、現在愛称を募集中(5つの候補から選び投票。結果発表は9月9日を予定)です。
いしかわ動物園_グレービーシマウマ_親子.JPG
グレービーシマウマは縞がくっきりしていて本数が多いのでシャープな感じでかっこいいです。
いしかわ動物園_グレービーシマウマ_ハート.JPG
この赤ちゃん、胸元にハート形の模様があるところも動物園の推しポイント。



あと、印象的というか、存在感を感じたのはオランウータンでしたね。
いしかわ動物園_オランウータン1近い.JPG
我々がオランウータンを見るとき、オランウータンもまた我々を見ているのだ
と思わず感じてしまう距離の近さ。

いしかわ動物園_オランウータン1近い近い.JPG
近い近い!

いしかわ動物園_オランウータンカメラ目線.JPG
泰然とした態度。興奮したり暴れたりすることもなく悠然とした佇まい。

いしかわ動物園_オランウータン体毛は逆モヒカン.JPG
後ろから見ると、体毛は逆モヒカン。

いしかわ動物園_オランウータンブランコ.JPG
消防車のホースか何かで作られたブランコでパワフルに遊びも楽しむ。

いしかわ動物園_オランウータン舎.JPG
オランウータン舎にはオランウータンが登れる立派な鉄柱と、そこから渡れる第2、第3の鉄柱が立っていて多摩動物公園などを彷彿とさせるのですが、いつこの柱を使ってオランウータンが空中移動をするのかはわかりませんでした。

ほかにもホワイトタイガーやライオン(ずっと寝てましたが夕方になって雄が凛々しく大きな雄叫びを上げていました)・ユキヒョウなどのネコ科猛獣、アシカやゾウ、熱帯館など多くの見どころがありました。


いしかわ動物園 HP
http://www.ishikawazoo.jp/index.html


50とよばれたトキ
小野 智美 (著), がんも 大二 (イラスト)/羽鳥書店


posted by ドージマ・ダイスケ at 16:37| 東京 ☔| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

【行ってきた】那須の動物パーク(3)那須サファリパーク

先日、『けものフレンズ』とのコラボ企画が始まった那須どうぶつ王国へ行った話と一泊して翌日那須ワールドモンキーパークに行った話をupしましたが、モンキーパークに続けて那須サファリパークに行ってきました。

巡回バス「きゅーびー号」に乗って約50分(終点での休憩約10分を含む)。
1707那須サファリ_0入口.JPG

1707那須サファリ_サファリバス.JPG
入場券は前売りで買ってありましたが
別にマイカー入場なら音声ガイド料金、サファリバス・レンタカーならその料金を払っての入場となります(また、草食動物用のおやつが1袋1000円)。

※7月28日から檻のようなバスで園内を回る「WILD RIDE」がスタート。
 1日2回、定員24名、大人2000円・子ども1500円という
 サファリバスより高めですがライオン用お肉込みという設定
 もしやってたら是非乗ってみたかったなあ。

サイトのトップにCM動画が上がっていて、こりゃすごい
http://www.nasusafari.com/

20〜30分間隔で出るサファリバス、私が入場して料金を払ってあまり待たされないいいタイミングで出発。
1707那須サファリ_1入口.JPG


バスは運転手さんの生ガイドつきでコースを約40分で巡回。

ムフロン。ヒツジの祖先といわれる動物
1707那須サファリ_ムフロン.JPG

ライオン。
1707那須サファリ_ライオン.JPG
ホワイトライオンもいます。ホワイトタイガーと違ってけっこううす茶色の体色をしているので普通のライオンと比べないと普通のライオンぽく感じちゃいますね(;^ω^)。


草食動物用のおやつはバス車内で購入できて、
キリンもこんなふうに食べに来ます。
1707那須サファリ_車内からキリン.JPG


おとなしい動物には直接おやつを与えて大丈夫ですが、
ロバとシマウマは、人の指を持っていくくらい気性が荒く力も強いので
餌を落とす形でしか与えてはいけないとのこと。
1707那須サファリ_ロバ.JPG


ニホンジカとファロージカがいっぱい。
1707那須サファリ_バス車内からニホンジカ.JPG
固い角が形成される前の、皮を被った袋角の状態ですが、これはこれで輪郭がきれいに出てフォトジェニックですね。ファロージカは見ると縁起のいい動物ということで、しっかり拝んでおきましょう(^_^)。


エランド。なかなか風格のある姿ですが普通にえさを求めてやってきます。
1707那須サファリ_erand.JPG

ヤク。けっこう珍しいですよね。角も立派ですし
1707那須サファリ_ヤク.JPG


ほかにもベンガルトラ、カバ、シロサイ、ヒトコブラクダ、チャップマンシマウマ、シロオリックス、アジアスイギュウ、ラマ、ブラックバック、エミュー、ダチョウ、そしてシマウマとロバの雑種であるジンキーとゼブロイドが見られました。

さすがサファリ、自分のほうが動物の住む場所に踏み込んでいく感覚。バスの窓にも金網というか柵というかあるんで、動物と自分を隔てるものの存在的には普通の動物園と同じって考え方もできますが、地続き感というか、特に草食動物がエサ食いに至近距離まで近づいてくる距離感は、シカ以外では他でなかなか体験できませんよね。

40分という長さも長すぎず短すぎずいい塩梅のコースだと思います。
ただ写真の腕が拙く、動物園や水族館で最低3時間〜半日以上かけて撮りまくる私としては、1周で撮りたい写真が十分撮れるかというとそれは難しい話でした。特にライオンなど肉食動物のエリアではバスが徐行までで止まってくれない(タイヤに噛みつかれてパンク等しないように)のでシャッターチャンスが限定され、動いている車の中から窓の鉄柵をよけて写真を撮るのはけっこう制約でした。
あと、安全面(人間側も動物側も)や、頭数の少ない動物を確実に見るため等でしょうか、金網越しに見なければいけない動物が何種類かあったのはちょっと残念でしたね。その場合普通の動物園より遠かったり見づらかったりというものもあるので…。

ツアーが終わった後も歩いて動物が見られるふれあいパーク(ウサギ、カピバラ、ラマ、ヒツジ、ヤギ、ポニー等)や、コースの入口側と出口側からそれぞれ数百mコースを見に行ける通路があって、ライオンやトラはかなり遠くになりますが、キリンやシカ、ラクダなどはすぐ近くで見ることができます。
1707那須サファリ_kirin.JPG

1707那須サファリ_キリン_雄.JPG
この通路の庇より頭が高いくらいでかいキリンです。

帰りの「きゅーびー号」の時間に合わせて徒歩スペースとグッズショップを見て過ごし、いい感じで帰途につきました。

この後、「きゅーびー号」→路線バス→JR黒磯駅→JR那須塩原駅→東北新幹線
で帰りましたが、那須塩原駅で1時間弱新幹線待ちする予定だったところ路線バスが想定より早く駅に着いて、本来なら乗れないタイミングの黒磯駅発の在来線の出発が遅れたことから乗り継ぎがうまくつながり、1本前の新幹線に乗ることができラッキーでした。自動車利用のほうがはるかに効率的に回れるでしょうがバスで「那須ワールドモンキーパーク」と「那須サファリパーク」の2か所(およびバスの乗り継ぎや休憩で「道の駅友愛の森」と「お菓子の城那須ハートランド」にも寄りました)を回る1日も満足の行程でした。




posted by ドージマ・ダイスケ at 03:16| 東京 🌁| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

【行ってきた】那須の動物パーク(2)ワールドモンキーパークはサルでワールドでパーク

前回、『けものフレンズ』とのコラボ企画が始まった那須どうぶつ王国へ行った話をupしましたが、せっかく新幹線を使って未経験ゾーンに足を伸ばすのなら土日両方使おうということで、那須塩原に一泊して動物パークのはしごをしてきました。

那須って、観光施設がおそろしく多いですよね…生き物関係だけでも動物園的なテーマパークや観光牧場がいくつもあり。
その中で、7月23日(日)に行ってきたのが那須ワールドモンキーパーク
那須どうぶつ王国のチケットが那須サファリパークとセットで買うと1300円引きになり、さらに那須ワールドモンキーパークの1000円割引券もついてくるチケットがある(asoviewより販売)ということでこれを購入。先に入場した那須どうぶつ王国でワールドモンキーパーク割引券つきサファリパークの入場券を受け取っておりました。
※おとな料金 那須どうぶつ王国(2000円)+那須サファリパーク(2800円)=4800円
 →前売セット券=3500円(1300円引き)
 ワールドモンキーパーク(2100円)の割引券も使用すると
 2000円+2800円+2100円=6900円 → 3500円+1100円=4600円(33%引)


サファリパークは1周する時間が決まってますからね。それだけで丸一日過ごすってのはないので、ワールドモンキーパークとのセットでちょうどいいって感じです。

しかし、自動車持ってない人にはけっこう移動が難しい。都市圏以外は日本は車社会だと痛感させられます。那須町観光協会が出している巡回バス「きゅーびー号」が約45分間隔で出ており、モンキーパークもサファリパークも停車場があって1回350円、1日乗り放題で1000円とお手頃価格なのですが、この巡回ルートが一番近い黒磯駅からも離れているのでさあどうしたものか。さらに、モンキーパークもサファリパークも朝8時からやっているのでできるだけ早い時間に行きたいのですが、きゅーびー号の始発は9時台(1周約80分)。黒磯駅前の観光事務所でレンタサイクルがあるそうなのですが10時から。
考えた結果、那須塩原(JR)→黒磯から、路線バスで最寄りと思われる場所まで移動し、そこから徒歩で那須ワールドモンキーパークまで行きました。

1707那須_道端のユリ.JPG

約3kmの道のりだったので45分で着く見込みだったのですがこんな写真とか撮りながら歩いたので1時間かかった末、到着しました。

1707那須モンキー_0正門.JPG
迫力!
こうして改めて見ると、ゴリラの立体看板でかいなあ
※那須ワールドモンキーパークにはゴリラはいません

熱帯サル館、夜行ザル館、コザルーム、通常のサル展示、インコハウス、ふれあい広場、サル山、ゾウの森といった施設・会場で構成。
入口に続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 14:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

【行ってきた】けものフレンズとコラボの那須どうぶつ王国はちょうど20周年でいろいろ充実!

気がつけばいつの間にやら夏休みシーズン。気象庁の梅雨あけしたと思われる宣言も各地について発表され(というかその1週間くらい前から梅雨のどんよりしとしとした天気から晴れ雨の変化激しい夏の天気に移行していたと思うんですけどね)、本格的な夏ですね。そんな、『けものフレンズ』とのコラボ企画が那須どうぶつ王国で7月22日(土)からスタートするということで、未経験施設に行くいい機会と、行ってきました♪

今年は開国20周年ということで新施設や企画が目白押し、いいタイミングでの初訪問になりますね。(^_^)

車なし勢の私、新幹線で那須塩原駅、どうぶつ王国行きのシャトルバス(無料・要予約。土日休日シーズン1日2往復)で現地入りしました。

『けものフレンズ』とのコラボはスタンプラリー(6か所のスタンプでオリジナルポストカードが貰える/1万名限定)とコラボグッズ販売、アニメで人気だったフレンズ動物についての解説トーク、あと私は事前チェックできてなかったのですがレストランのコラボメニュー(スタンプラリーとは別のポストカードがもらえる)が即完売の大人気だったそうですね。

1707 那須どうぶつ王国_けものフレンズ看板.JPG
スタート&ゴール&コラボグッズ販売所の「王国バザール館」

那須どうぶつ王国×けものフレンズ特設サイト(とちテレHP内)
  http://www.tochigi-tv-anime.com/news/kemono-friends.html
  開催期間:平成29年7月22日(土)〜8月31日(木)

那須どうぶつ王国は、続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

【内覧会行ってきた】リニューアルOPEN!サンシャイン水族館「マリンガーデン」攻略法

けっこう近年多い気がしますが、梅雨といっても、局地的に極端な大雨がある一方で雨の少ない日が続いてもう夏といってもいい天気・暑さが始まっている感があります。ここ2週間ほどレタスがかなりお安いなあ…

さて、東京池袋はサンシャイン水族館で、来る7月12日(水)に屋外エリア「マリンガーデン」がリニューアルオープンします。この8日9日の週末に年間パス所有者を対象にオープン直前の内覧会が行われるということで、早速行ってまいりました!

1707サンシャイン水内覧会_1.JPG
超開放感!
都心ビルの屋上という立地を活かした、空を覆うものが全然ない構造。
(右側奥に、通路の雨除けになるくらいの屋根「天空パス」はありますが、上を歩くペリカンたちを下から見られる完全シースルー)

ほんとうに水族館の設計プロデュースといえばこの人以外の名前を聞かないくらい全国総なめ状態の中村元さん、その地の特性を100%前面に押し出してがんがんアピールしてきますねえ。

では早速動物たちの展示を見ていきましょう。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

【行ってきた】かっわいー!ひっろーい!のんほいパークのサーバルちゃんは夜行性<豊橋総合動植物公園>

前エントリで上げました東武動物公園訪問より遡るのですが、6月中旬に豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に行ってきました。

「のんほい」というのは地元の三河弁で
「のん」が「〜だなあ」「〜ですね」の意味(名古屋弁でいうところの「なも」ですね)、「ほい」が「やあ」「おい」の意味、「〜だのん、ほい」で「のん」の強調用法ということだそうです。

最寄駅は東海道本線を豊橋駅から1つ静岡県方面へ進んだ二川駅。
豊橋のんほいパーク1707_駅前.JPG
今回は動物園を回るだけで時間いっぱいで植物園や自然史博物館は全く行けなかったのですが、のんほいパーク、けっこう恐竜推し。


豊橋のんほいパーク1707_門内.JPG
今年非常にタイミングよくサーバルの子どもが来園して話題になり、吉崎観音先生からお祝い歓迎イラストも寄せられましたね。

この「のんほいパーク」、名前から勝手にこじんまりとした公園を想像していたのですが、かなり広いです!
これまで続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

【行ってきた】2017年6月 東武動物公園つづき

前エントリで
東武動物公園で撮った写真を紹介しましたが、『けものフレンズ』コラボでフレンズの看板が設置された26種でいっぱいになってしまいましたので、今回は紹介しきれなかった、印象に残った写真や動物についてupしたいと思います。

東武動物公園でアフリカゾウといえばおやつ体験タイム
東武動物公園アフリカゾウ_餌やり.JPG
動物園のゾウというとアジアゾウが多くて、アフリカゾウは圧倒的に性格が荒くて飼育が大変なイメージがあるんですが、続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

【行ってきた】コラボ終了直前に東武動物公園のフレンズ撮ってきた

この春から『けものフレンズ』登場フレンズのイラスト看板を展示動物の前に掲示し、解説トークのネット生配信などのコラボ企画を展開してきた東武動物公園、この25日にコラボ期間終了ということで、その直前に行ってきました。
今月、カメラを高いの買いましたのでこれまでよりちょっといい写真が撮れるかなというのもあり。

本エントリでは、看板が掲示された動物について写真をupしたいと思います。
ではどうぞノ

駅方面の東ゲートから一番近い
■アフリカサバンナから

(1)シロサイ
東武動物公園シロサイ看板.JPG東武動物公園シロサイ.JPG



(2)アミメキリン
東武動物公園アミメキリン看板.JPG東武動物公園アミメキリン.JPG


(3)シマウマ
東武動物公園シマウマ看板.JPG
東武動物公園シマウマ.JPG

そして次のエリアへ…

(4)オオフラミンゴ(個体はベニイロフラミンゴ)
東武動物公園オオフラミンゴ&看板.JPG
ここのフラミンゴの池にヨーロッパフラミンゴ・ベニイロフラミンゴ・チリーフラミンゴの3種が、そして園内最も西のバードドームにコフラミンゴがいます。

そして
キャットワールド

(5)ライオン
東武動物公園ライオン&フレンズ看板.JPG
東武動物公園ライオン.JPG

(6)ホワイトタイガー
東武動物公園アライさん&ホワイトタイガー看板.JPG
東武動物公園ホワイトタイガー.JPG

(7)チーター
東武動物公園チーター看板.JPG東武動物公園チーター.JPG


アニメに出ていないアプリ版のみのフレンズでは
ヒョウ、ミーアキャットもここにいます。

ここから奥には、ほのぼのストリートとどきどきストリートの
2手に分かれます。

■■ほのぼのストリート

(8)マレーバク
東武動物公園マレーバク&看板.JPG

このおとひめちゃんが看板をかじっているという写真が出回って話題になっていましたが、確かに左右の上の角が軽く折れ曲がっていました(^_^)。削れてお腹に入ってしまうようなことはないので健康被害の心配は大丈夫。この日も齧っているところを少し離れたところから目撃したのですが、正面に近づく前に離れてしまい写真にはおさめられず(;^ω^)。

ほのぼのストリートの
小獣舎 には3フレンズ。

(9)コツメカワウソ
東武動物公園コツメカワウソ看板.JPG 東武動物公園コツメカワウソ.JPG


(10)タヌキ
東武動物公園タヌキ看板.JPG東武動物公園タヌキ.JPG


(11)アライグマ(アライさん)
東武動物公園アライグマ看板.JPG
東武動物公園アライグマ.JPG


アライさんは、このコラボで園内アナウンスの声としても登場する主要キャラということで、東口を入ってすぐにある花壇、そしてハートフルガーデンにも看板があり、先ほどのホワイトタイガーと一緒の看板も遊園地内に数か所出ていました。

小獣舎には7話登場のアフリカタテガミヤマアラシもいますが今回コラボ看板はなし。

(12)フタコブラクダ
東武動物公園フタコブラクダ&看板.JPG
ジャンとマリーの2頭いるうちのこちらはマリー。

続く「リスザルの楽園」に、カピバラさんが。
(13)カピバラ
東武動物公園カピバラ看板.JPG東武動物公園カピバラ.JPG


続いて「モンキーワールド」「ほたリウム」「ワニ館」「オットセイ・アザラシショー会場」が。
ワニ館にはアプリ版に登場するワニガメとメガネカイマンがいるのですが、ガラスの反射でほとんど写真が撮れない(肉眼でもかなり見づらい)展示。
霊長類は、けものフレンズではアニメでは主人公のかばんが自分探しをするストーリーの兼ね合いからも登場しませんし、アプリ版でもゴリラ・チンパンジー・ボルネオオランウータンといった類人猿のほかはアイアイ、ゴールデンライオンタマリンといったごく一部が出る程度で、ここで飼育されている中型のサルたちは全然ですね…

海洋系ではキタオットセイ、カリフォルニアアシカといったフレンズがいます。

続いて先ほど登場したコツメカワウソとともに第5話登場のアメリカビーバー。

(14)アメリカビーバー
東武動物公園アメリカビーバー看板.JPG東武動物公園アメリカビーバー.JPG


基本、奥の巣の中でじっとしていることが多いですが、午後3時頃、餌の時間が近づくと親子ともども出てきてプールの中を泳ぎ回りしていますね。

そしてこのエリア最後のフレンズは
(15)レッサーパンダ
東武動物公園レッサーパンダ看板.JPG東武動物公園レッサーパンダ.JPG


このエリアではほかにもガイドブック4巻の図鑑に登場するアメリカバイソンもいます。

では、もう一方のどきどきストリート側にはアフリカ大形獣を中心にこんな動物たちが。
■■どきどきストリート

(16)アフリカゾウ
東武動物公園アフリカゾウ看板.JPG東武動物公園アフリカゾウ.JPG


(17)アクシスジカ
東武動物公園アクシスジカ&看板.JPG
アニメでは2話でさまざまな動物が次々と登場した中で、土を食べるキャラとして登場。ここ東武動物公園では、大人になっても白い斑紋が残り、世界で最も美しいシカとして紹介。

(18)カバ
東武動物公園カバ&看板.JPG
なぜかここの看板だけ観客からすごく遠い位置に。

(19)シロクジャク
東武動物公園シロクジャク&看板.JPG
2話に登場したクジャク(インドクジャク)もいますが、看板はシロクジャクのほう。

(20)ヒグマ
東武動物公園ヒグマ看板.JPG東武動物公園ヒグマ.JPG

アニメでは終盤にセルリアンハンターとして活躍したヒグマは、「ヒグマの森」として立派な獣舎にて飼育。

そして、
(21)フンボルトペンギン
東武動物公園フンボルトペンギン_フルル看板.JPG東武動物公園フンボルトペンギン_グレープ君.JPG


ペンギンアイドルユニット「PPP(ペパプ)」の1人、天然キャラの「フルル」の看板が飼育エリアの中にあって、そのそばにつきっきりのペンギンがいるとコラボ初日から話題に。そのペンギン「グレープ君」(目印のバンドが紫色)が人間に換算すると80歳以上の高齢で、一夫多妻制のペンギン界にあって最近伴侶の雌に別の雄に鞍替えされたというストーリーもテレビで紹介されるなどして、単独関連グッズ(ステッカーなど)も登場。

私が行ったこの日は、フルルの元を離れて午前中からずっと水中を泳ぎ回り、午後の食事タイムもふだんは高齢でその場を動かないのがわざわざ2つに分かれている飼育場の反対側まで移動して餌をねだりにくるという異例の行動をとり、「フルルとグレープ君のツーショット」写真は撮れず。コラボ終了が近づくのを悟って、一足早く自ら卒業したのか…とも思ったりしましたが、最終日あたり来園した人のツイートでは普通に看板そばの定位置に来ていて、フルルの看板も特別にしばらく残るそうですね。

そして位置的に動物公園のほぼ中心にあるここには「ふれあい動物の森」が。
ロバやアルパカなどにえさやりができたり、ウサギなどとふれあえたり。
ふれあい動物の森
(22)アルパカ と (23)ワシミミズク
東武動物公園アルパカ_ワシミミズク看板.JPG
東武動物公園アルパカ_親子.JPG
東武動物公園ワシミミズク.JPG

(24)アカカンガルー
東武動物公園アカカンガルー&看板.JPG

(25)ヒツジ
東武動物公園ヒツジ&看板.JPG

「あなた、ヤギね!」のヤギももちろんいますよ。(ヤギのフレンズはいないですけどね…ロバはガイドブック1巻の図鑑に登場しますが)
また、エミューもこのエリアにいます。


そして、少し離れた西側エリア
■■わくわくストリート
タヌキ・キツネ・二ホンリス・フクロウ・ホンドテンといった日本の動物や
シロフクロウ・ヘビクイワシ・オオワシ・アンデスコンドルといった猛禽類、
コブハクチョウ・コクチョウ・カナダガン・エジプトガンといった水鳥、
そして「バードドーム」にオウギバト、シラコバト、オシドリ、ホオジロカンムリヅルといった鳥と、こちらのフレンズが。

(26)ショウジョウトキ
東武動物公園ショウジョウトキ看板.JPG東武動物公園ショウジョウトキ.JPG


バードドーム的な施設がある動物園ではかなりの確率で飼育されているポピュラーな鳥ですよね。野生ではテレビなどで扱われているのを見たこともないですし、どこにいるのか全く知りませんでしたけど、検索してみると南米産のようですね。

このエリアの動物ではコクチョウ・エジプトガン・ヘビクイワシといった鳥たちがフレンズ化されています。


これのほか、シークレットで、アニメのメインキャラサーバルとフェネックも。
東武動物公園どうビス+ホワイトタイガー看板.JPG

サーバルは観覧車に乗らないと見えないと話題になっていましたが、
コラボイベント終盤に、動物園に入る手前(駅側東ゲートから入って)のハートフルガーデンに移動されました。


以上、東武動物公園コラボフレンズ26種+シークレット2種でした。
こういうの、会期序盤に駆けつけてこそ、せめて会期終了前にupしてこそネットで紹介する意味があるってものですが、この週末はお台場のけもフレCDリリイベと、サンシャイン水族館のコラボニコ生中継にも行ってきて、前エントリの「ペンギンなんでもランキング」を描いてupするのがギリだったもので…

フレンズの動物たちのほかにも
楽しい動物たち、見どころがたくさんでした。
コラボが終わっても、またコラボしていないあなたの近くの動物園にもぜひ行ってみてください(^^)ノ

東武動物公園
http://www.tobuzoo.com/
コラボ第2弾もあるそうです!
 サマーナイトZOO 夜のとうぶフレンズに会いに行くのだ!
  http://www.tobuzoo.com/event/details/1266/
  平成29年7月15日(土)〜9月3日(日)の土日祝、8月11日(金・祝)〜8月15日(火)

動物園・赤ちゃん誕生物語 (集英社みらい文庫)
粟生 こずえ (著), 東武動物公園 (監修)
集英社

posted by ドージマ・ダイスケ at 06:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ペンギンを見られる動物園・水族館まとめてみました。

今年は『けものフレンズ』にはまり、関連のイラストや漫画もいくつか描いてまいりましたが、なかでも興味の中心はアイドルグループ・PPP(ペパプ)として登場するペンギンさんたち。

ここ数年、水族館および動物園に積極的に回っている私ですが、
ペンギンって、どちらにもよく飼育されている人気の生き物ですよね。
日本はペンギンの飼育世界一のペンギン王国と言われ、
人気キャラ「フルル」のフンボルトペンギンに至っては増えすぎて繁殖を抑制するための偽卵を抱かせたりもしているとか。

そこで、どのくらいの施設でペンギンに会うことができるのか、ざっと調べてみました。
日本動物園水族館協会に加盟している館園なら同協会サイトの検索システムで調べられ、これが便利なのですが、これに加盟していないところもけっこうあるんですよね…。
阿蘇カドリードミニオンとか新江ノ島水族館やしものせき水族館「海響館」など退会がニュースになった園館もありますけど、他にも加盟していないところがけっこうあるんですよね…。海外の動物園との交換でないと手に入らない保護動物を飼うなどでなければ加盟していなくても大きな支障はなく加盟料を払わなければそのまま退会になるだけなどとも。

とりあえず
水族館のカリスマ・中村元さんの「Web水族館 全国水族館ガイド」
 http://www.web-aquarium.net/index.shtml
や、自分の行ったことのある場所などをリストアップして、ペンギンの飼育状況をまとめてみました。

ペンギンがいない園館も、いないことを確認する役に立つであろうということと、これを見て新たな水族館を知るきっかけになればと思い載せています。
どうぞノ

※画像を1クリック+ダブルクリックで別画面表示となり拡大できるようになります。またはpdfで開く
ペンギンのいる水族館動物園2017_orifre1.png

ペンギンのいる水族館動物園2017_orifre2.png

ペンギンのいる水族館動物園2017_orifre3.png

水族館のほうはかなりカバーできていると思いますが、動物園はクマ牧場的なところとかキツネ動物園的なところとかまだまだたくさんありそうですが、ペンギンのいる施設としてはほぼほぼ網羅できているかと。
ピエリ守山の『めっちゃさわれる動物園』は、同名の移動動物園でケープペンギンを見せていたことはいろいろ見つかるのですが、調べた限りで見つからなかったので見送っています。

名古屋の東山動物園ですが、動物園水族館協会の検索システムではヒットしないんですよね…。同園のホームページには「どうぶつ図鑑」的なページがなくて、園内マップ(来館するともらえるマップと同じものの画像ファイル)にはちゃんとペンギンの存在が示されているのですが…。鳥インフルエンザで公開を中止している生体の一覧にも入っていないし(バードホールと「小鳥とリスの森」は5月15日より公開再開)、ツイッターを見ると4月時点でオウサマペンギン(キングペンギン)を普通に公開してますね
私が一昨年に撮った写真にもキングペンギンとフンボルトペンギンが写ってますし、中京テレビ提供の東山動植物園公式アプリを見ると2種とも登録されているのでマークしました。同園に行った人のブログなどではイワトビペンギンも報告されています。


■さて、この飼育状況を見ると、
プリンセス(ロイヤルペンギン)、いない!
コウテイ(エンペラーペンギン)、名古屋港とアドベンチャーのみ!

この2点はPPPの声優さんたちもよく話題にされていますが、
いっぽうで
多いのがフンボルトペンギン、74施設と圧倒的ですね。
また、
イワトビペンギンは単独の飼育なし
小さいし飼育の難しさとかあるかもですね…フンボルトペンギンのほか、生息域の重なるジェンツーペンギンとの組み合わせが多いです。

PPP以外のペンギンでは、
アデリーペンギンが意外と少ない。
南極育ちなのでコウテイと同じくらい難しいんでしょうね。

■そして、施設ごとに見ていくと、
PPP関連では3種飼育が最高で、
旭山動物園、鴨川シーワールド、越前松島水族館、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)、南紀白浜アドベンチャーワールド、しまね海洋館 AQUAS、しものせき水族館「海響館」、長崎ペンギン水族館の8施設。

のんほいパークはこの春にサーバルキャットの子どもが『けものフレンズ』ブームのさなかタイミングよく入園して話題になりましたが、ペンギンでも充実しているんですね。

ペンギン全体での飼育種数では、
長崎ペンギン水族館……9種
八景島シーパラダイス、アドベンチャーワールド…7種
鴨川シーワールド、海響館…5種

4種飼育も、旭山動物園、葛西臨海水族園、エプソン品川アクアスタジアム、箱根園水族館、越前松島水族館、名古屋港水族館、のんほいパーク、志摩マリンランド、大阪海遊館、しまね海洋館AQUAS の10施設あります。

長崎ペンギン水族館、ダントツですごい…
長崎にはめっちゃ間近で動物が見られることで話題のバイオパークもありますし、ぜひ遠征せねば。

こうして調べてみますと、
美ら海水族館のような大規模水族館にペンギンがいない(もともと海獣ゾーンは水族館外の無料エリアなのですが、そこにもいません)などの意外な事実もある一方で、山の中の小さな水族館に複数種のペンギンがいたりとか、日本の生き物テーマパーク界の層の厚さを感じました。

ペンギンブック https://penguin-book.com/
  ペンギンをこよなく愛するライター・水鳥るみさんのペンギン情報ブログ

けものフレンズプロジェクト公式サイト http://kemono-friends.jp/

■関連記事
(04/29)【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)

(05/11)【4コマ+おまけ3】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)2



ペンギンガイドブック
藤原 幸一
阪急コミュニケーションズ
※写真豊富で1種類ずつ丁寧な解説。ペンギン本として定番感ありますねえ。翻訳本なので英文も併記

新しい、美しいペンギン図鑑
テュイ・ド・ロイ,マーク・ジョーンズ,ジュリー・コーンスウェイト
エクスナレッジ


posted by ドージマ・ダイスケ at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

【行ってきた】 たっのしー!風太くんだけじゃない千葉市動物公園

5月に入り、鑑賞メダカ展示会に行って、東大五月祭に行って、さらにその翌週、千葉市動物公園に行ってきました。

ええ、『けものフレンズ』とのコラボをやっていると聞き、「そういや、まだ行ってないな」ってことで。
当初の予定ではもうコラボ終了していたそうなんですけど、好評につき6月4日まで延長!となったそうです。それでももう今週末までですね。

ということで、JR・京成の千葉駅からモノレールを乗り継いでやってきました千葉市動物公園。
170528 千葉市動物園0正門.JPG
一通り紹介していくときりがないので、今回印象深かったものをざざざっと紹介していきますね。

正門から入ってしばらく進むと最初に見えてくるのがモンキーゾーン
そこでニホンザルのサル山の次に見えるのが、

フクロテナガザルでございます。
170528 千葉市動物園フクロテナガザル.JPG
行く前にちょっと見た動物公園のサイトで、
人気投票第3位https://www.city.chiba.jp/zoo/event/select.html
(1位はハシビロコウ、2位はコツメカワウソ、レッサーパンダはランク外(!))
なんでだろうと思ってたのですが、実際に見たら納得でした。

超キレッキレの縦横無尽立体パフォーマンス。声もすごいし。

羽村市動物公園から中継されたニコ生の「サーバルちゃん7時間生中継」でも
サーバルの檻の奥からテナガザルの声が始終聞こえていましたように
けっこう動物園でテナガザルが元気よく空中を渡り歩くことはあるのですけど、十何種類も霊長類を展示する動物園で、オープンスペースで飼ってもらえるのはサル山のニホンザルとか繊細なVIPのゴリラなどごく一部に限られるのが普通。
特に豪快に飛び回るサルなんて、いかにも逃げそうですものね…。檻越しでなく直接見られるってのはかなり貴重なんじゃないでしょうか。

モンキーゾーンを抜けて次に見えてくるのが動物科学館
170528 千葉市動物園0動物科学館.JPG
この飾り気のなさが逆に強烈。

2階に動物公園の動物たちを解説したポスターが並ぶスペースや、骨格標本が展示される一角があったりするのですが、なんといってもこの建物のメインはバードホール
170528 千葉市動物園バードホール1F.JPG
1階から見るとこんな感じ。

大きさ的にはどこからでも左右の端が見渡せるほど、それほど大きくなく、鳥の種類もカンムリバトなど十種類ちょっとで、それもタイミング次第なんでしょうがなかなか半分以上見つからない。
170528 千葉市動物園バードホール.JPG
ですが、ここのバードホールならではのお楽しみがありまして、
2階の手すりにはいくつか双眼鏡が備え付けてあるのですが、
これを使って探すのは、鳥のほかに…
ナマケモノがいるんですね。

今回はラッキーなことにけっこう見やすいところにそれらしき物を発見。
170528 千葉市動物園バードホール_ナマケモノ.JPG

どう見てもナマケモノ以外の物体か何かだとしたら不自然ですよね…
170528 千葉市動物園ナマケモノ0.JPG
しかし、顔も手足もどこにどうなっているのかよくわからない…

170528 千葉市動物園ナマケモノ大.JPG
仰向けに寝そべってたのかよ!
くつろぎすぎだろ!w

実はスタッフの方によるともう1匹いるそうなのですが、あそこにいるはずと指さされた上方の枝をいくら見ても枝葉の陰になって見つからず。
つい先週、「ナマケモノの一生がハードモードすぎる」というツイートが話題になっていましたが、動かないことでよく動く小さな鳥より目立ちにくいということをすぐ実際に確認できることとなり面白い体験となりました(^^)。

この動物科学館、順路には1階に夜行性動物のコーナー(アルマジロ、キンカジュー、スローロリス、テマレルーセットオオコウモリ等)、2階に小さな霊長類(マーモセット類)のコーナーが。

170528 千葉市動物園コモンマーモセット1.JPG
170528 千葉市動物園コモンマーモセット2.JPG

動物科学館の次にあるゾーンは子ども動物園

ウマ、ウシ、ロバ、コンゴウインコ類、カピバラ、フンボルトペンギン、ヤギ、カメ、チンチラ、二ホンリス、プレーリードッグといった人気者たちが。
170528 千葉市動物園プレーリードッグ.JPG

1日6回ほどいろいろな動物たちのえさやり解説タイムがありますので、そのタイミングで行くのもいいかもですね。

続いてのゾーンが小動物ゾーン
レッサーパンダ・コツメカワウソ・アカハナグマ・アメリカビーバーの4種類で
小動物というには立派なけものという気がしないでもないですが、
レッサーパンダさんたちはゆったりしたスペースを確保されていい暮らしをされていました。
170528 千葉市動物園レッサーパンダげんた.JPG
一世を風靡した「風太くん」の孫であるげんた君も悠々自適の暮らし。
今の季節は毛の生え変わり期になる動物が多く、レッサーパンダもちょっと見栄えがよくなかったりしています(;^ω^)。

2003年日本平生まれ、2004年に来園、2005年にブレイクということで今年14歳の風太くんもしっかり健在。
170528 千葉市動物園レッサーパンダ風太えさやり解説.JPG
最近立たなくなったと言われるけれど、それは年のせいではなく、若いころは地べたから観客のほうを見上げるために立ち上がっていたのが、今はスポンサーの寄付などで立派なやぐらや小屋が作られて目線が高くなったために立つ必要がなくなったからだそうです。

だいたいここと、家畜の原種ゾーンを見たところで全体の3分の2〜7割くらいでしょうか。

売店も寄りつつ、残る鳥類・水系ゾーン草原ゾーンをぐるりと回りました。

小動物ゾーンに一番近い動物はライオンだったのですが、
なぜか雄2頭が見られた以外の個体が見つからなかった…なんで?

その次の、四差路?五叉路?にいたのが、
今、動物公園のHPでもトップで推している、ミーアキャットの赤ちゃん
170528 千葉市動物園ミーアキャット赤ちゃん.JPG
体を伸ばして10cmくらいかなあ…小さくて動きもかわいいです!
170528 千葉市動物園ミーアキャット赤ちゃん2.JPG
4匹がときどきばらけながらも一緒に行動している様子もかわいい!
170528 千葉市動物園ミーアキャット赤ちゃん3.JPG
私のコンデジだとこの解像度が限界なのですが、いいカメラを持っている人は、大きくなっちゃう前にぜひ見に行って撮ってみてはいかがでしょうか。
170528 千葉市動物園ミーアキャット赤ちゃんと親a.JPG
基本的に親ミーアは子どもたちをほったらかしなんですが、ときどき様子を見に来たりして。
170528 千葉市動物園ミーアキャット赤ちゃんと親b.JPG
大きな石の上に上がって、子どもがついて上がってくるとぷいっと下りてどこかへ行ってしまったり。結果的に子どもたちの行動範囲が広がることになって、こんな育て方もあるのだなと面白かったです。


鳥類・水系ゾーンのど真ん中にいるのが、『けものフレンズ』でも人気キャラでしたがその前からとっくに人気者のハシビロコウ
ちょっと遠かったですが、じっとしていて写真が撮りやすい!
しかも、ちょっとずつ顔を動かして、来ている人一人一人に目線を配っている感じで好感。w
170528 千葉市動物園ハシビロコウ.JPG

170528 千葉市動物園ハシビロコウ2.JPG
めっちゃ見てるよ!

このハシビロコウの近くにいたのが
なかなかの個性キャラ、エジプトハゲワシ
170528 千葉市動物園エジプトハゲワシ.JPG
見る人見る人「フサフサやん!」
「(髪の毛の)全然心配ないやんか!」
と口走ってしまう名前と外見のギャップ。
それに加えて、ダチョウの卵に石をぶつけて割って食べるという習性も個性的。


草原ゾーンではアジアゾウ、オオカンガルー、アフリカハゲコウ、フラミンゴ(3種)、マレーバク(雌のユキミは25歳国内最高齢)、ダチョウ、グレビーシマウマなどがおりまして、キリンはえさやりタイムが設けられていて、間近でじっくり見ることができました。
170528 千葉市動物園キリン.JPG
てへぺろ。(キリンの舌は黒いです)


えさやりタイムといえば、水系ゾーンのカリフォルニアアシカも。
通常は10時30分と早い時刻に行われるのですが、この日は15時半に変更されたので時間を合わせることができました。バケツに20匹ほど用意された小アジを誰でも1匹ずつ投げ与えることができます(無料)。その場にいた子どもたちより餌のほうが多くて、同じ子が3巡も4巡もしたり、大人も参加したりしてたので、私も1匹やらせてもらいました。


170528 千葉市動物園カリフォルニアアシカ.JPG
この日のえさやり、大きな雄のほうばかり食べてるなあと思ってましたが(これとは別に両方が十分な量与えられているでしょうけど)、今日雌のチコが亡くなったそうです。https://www.city.chiba.jp/zoo/news/asika_tiko.html
もともと体調が悪かったのかもしれません。
今年4月に雄の「チャイム」が来たばかりなのに残念ですね…冥福をお祈りします。


このカリフォルニアアシカのプールの奥にあるのがケープペンギンの飼育展示スペース。
170528 千葉市動物園ケープペンギン.JPG

子ども動物園にフンボルトペンギンがいましたけど、かなり似ているケープペンギンも同園で飼育しているとは。
170528 千葉市動物園フンボルトペンギン.JPG
売店で、フンボルトペンギンのぬいぐるみと並んでケープペンギンのぬいぐるみも販売されていたのであれ?と思ったのですが、区別のつくお客さん、どのくらいいるかな…(^_^)。

私も、ペンギンの本を何冊か買っていて読んではいたのですが、『けものフレンズ』キャラ絡みで再確認して見分け方を覚えたばかり
【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)
【4コマ+おまけ3】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)2
フンボルトペンギンはアニメキャラのフルルがかなり個性的な天然キャラで人気だったのに加えて東武動物公園のグレープ君の話題でかなり脚光を浴びていますよね。ケープペンギンはけものフレンズに出てきませんが、私は自分でキャラを作って、その分愛着も一入だったりします。


これらのゾーンのほかに、モノレールの路線沿いに広がるのがふれあい動物の里
手鍋一杯の牧草(100円)、カップ1杯のペレット(200円)、割りばしに刺したニンジンorお麩または刻みニンジン(200円)、バケツ1杯の牧草+串ニンジン(500円、1000円)といったえさを、ウサギ、ヤギ、ウマ、ヒツジ、アルパカといった動物たちにあげることができます。
170528 千葉市動物園ふれあい動物の里.JPG

500円コースでえさやりしてきましたが、けっこうな時間遊べます(お子さんとか早く飽きたりすると逆に大変w)。まあ、手鍋で牧草を与えるとどんどん落ちちゃうんで早く終われるっちゃ終われるんですけどね。
各動物を回ってえさやりしましたが、アルパカさんに牧草をあげながらモフったりもしてきました。
170528 千葉市動物園ふれあい動物の里_アルパカ.JPG
170528 千葉市動物園ふれあい動物の里_アルパカ2.JPG

ざっと紹介してみましたが、ここならではのものもいろいろ見られて楽しいですね。
一応一通り動物は見ましたが、また来てみたいです。


170528 千葉市動物園0けものフレンズグッズ売り場.JPG
けもフレコラボコーナーでは、地味に黒のロゴTを買いました(金額的にはしっかりお布施になってるでしょ)。



不思議の国のZOO―子どもに伝える動物の魅力
千葉市動物公園協会(編)
ひとなる書房

レッサーパンダ 風太くんのすべて
千葉市動物公園
音楽専科社

ハシビロコウ

千葉市動物公園
東京書籍
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

スズメかわいいよね #写真 #オリフレ

今日で四月も最終日,明日から5月に入り3日からゴールデンウィーク5連休という方も多いでしょうね。

4月といえば学校や企業は新年度。会計年度は秋とか年末という会社でも新入社員など4月が新生活のスタート,区切りということが多いですが,この桜の季節から新緑の季節にかけて,けっこう身近に目にする機会が多いのがスズメたち。

170430 スズメ1.JPG

孵化から2,3週間で巣立つ大きさに育つので
新人のスズメたちが大勢デビューしてきているんですよね。
見た目はもう大人になっているものの
警戒心や身のこなしがまだ子どもらしくて
コンデジでもけっこうアップで撮れるくらい近づけるのもこの季節。

先日,サクラの幹にキツツキのように止まって餌を探している写真をうpしましたが
それに味をしめて,再度上野の不忍池に行ってみると
今度もかわいいスズメの姿を見つけることができました。

170430 スズメ2.JPG

くちばしの黄色いひな鳥レベルのスズメは見当たりませんが
ちょんちょんと歩き回るスズメに
けっこう50cmくらいまでカメラを近づけてパシャリ。


170430 スズメ3.jpg

スズメって全国的に数を激減させていますが,ここは多いですね。


池の南岩側の遊歩道を歩いていると,道ばたにこんなことしているスズメが。

170430 スズメ4 砂浴び.JPG

何をやっているんでしょうか?


そう,砂浴びですね。



体について虫などをこすり落とす砂浴び,
適した場所はけっこう開けていて何羽分もスペースが空いていたりするので
団体で砂浴びしていたり,場所取りでちょっと争ったりする様子が見られました。

170430 スズメ5 砂浴び団体.JPG

ウォーターフロントスパ。
なんか優雅なくつろぎの時間感が。
170430 スズメ6 砂浴び団体.JPG


オリフレスズメちゃん切り抜き.png
と,ここまで書いてきて,ふと思ったのが,最近私が はまってんのかというくらいこればっかりやっている,生き物の「フレンズ化」。
スズメなんて,当然本家『けものフレンズ』に登場しているだろと思っていたのですが,ちょっと調べてみると検索にもヒットせず。
それじゃあということで,描いてみました。

模様的にネクタイ姿になるかなということと,今の気分で,新生活を始める女の子のイメージで描いてみたのですが,ジャパリパークにいそうな服装とは違うかな…(;^_^)。鳥類はスーツ姿に近い格好のフレンズもいるし…ねえ。


【追記】このスズメのフレンズの「図鑑」をpixivにうpしました。
  https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62657222 

にっぽんスズメ歳時記
中野さとる/カンゼン
スズメ写真インスタグラム https://www.instagram.com/onakan_s/ 発のめっちゃかわいい写真集。
『きょうのスー』作者のマツダユカ先生の描き下ろし漫画も

ラベル:不忍池 スズメ
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

【行ってきた】種数No.1!ジュゴンは来館30年!鳥羽水族館

先日upしました大英自然史博物館展,その日に名古屋に移動しまして,翌日,鳥羽水族館に行ってきました!
過去に鳥羽水族館に行ったのは,学生時代に合宿の帰りに寄ったのと,社会人になってからの計2回。

1703 鳥羽水族館01.JPG

1703 鳥羽水族館02入口.JPG
Wikipediaを見ると今の建物が完成したのは94年(平成6年)とのことで(公式サイトの「変遷」に平成24年(2012年)という年が出てくるんだけど何の年なのか説明なし。…このページを更新した日?),その後に1度来ているはずなのだけれど,今回来た鳥羽水族館の様子はなぜか当時の記憶と全く重ならなくて,でけえ!豪華!という印象が新鮮な1日でした。行き帰りの都合で滞在できたのは5時間半で,その間めいっぱい見て回りましたけど,例によって最後のほうは駆け足で回らざるを得ず(;^_^)。飼育種数が約1200種で日本一,6時間いたとしても1時間で200種になる計算。今回1300枚以上写真を撮りましたけど,種数としては全体の2,3割くらいしか撮れていないんじゃないかしら

そんな鳥羽水族館,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 09:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

【行ってきた】【動物園】 すごーい!サーバルがいる羽村市動物公園

この冬人気が沸騰しているアニメ『けものフレンズ』,私も約1か月遅れで合流しましたが,物語に込められた謎や無垢な登場キャラたちの癒やし世界,そして「原作は動物」と公言されるほど動物への愛あふれる細かい描写から,アニメがきっかけで動物園に行く人が増えているそうです。
で,私も先日ツイッターでは触れていましたが,同アニメの再重要キャラであるサーバルがいることで都内では多摩動物公園と並び称される羽村市動物公園に行ってきました。

JR青梅線羽村市駅から一本道を20分弱歩くと団地の間を抜けた突き当たりに正門が。
170312 羽村市動物公園 正門.JPG
早朝には地元住民の散歩散策のため無料開放している(動物は見られません)徹底した地域密着の公園です。


ベビーカーで来られた家族連れでもゆったり1時間あれば1周できる手頃な広さ。
サーバルのほか,『けものフレンズ』アニメ関連の動物は10種類ほど見ることができます。
170312 羽村市動物公園 マップ.jpg
(2段階クリックすると別ウインドウで拡大表示されます)

注目のサーバル(サーバルキャット)は続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

【水族館の魚】 この魚何?2016

このお正月はかなり穏やかな天気で過ごしやすかったですけど,4日の夜から急速に冷え込んで,例年並みに,あ,冬の寒さだ,って天気になりましたね。

さてこの年末年始に,昨年水族館で見た魚を3種イラストで紹介しましたけど,選んだ大きなポイントは名前だったりしたんですよね。
で,水族館でよーく魚を見ようとして困ることの1つが「名前がわからない」こと。

小さい水槽で1〜2種類個別に飼育展示されている生物はもちろん名前や簡単な説明がついているからいいですけど,水族館の大水槽では飼育されている魚種が10や20じゃきかないことが多いですから,けっこう目立って泳いでいる魚の名前が掲示されていないことがしばしばあるんですよね。
見に行って,写真を撮って,その写真を見て,元々知っている魚のレパートリーがそんなにないし,図鑑を見てもよく似た種類の魚とどう区別つけるかわからなかったりして,水槽のその場に表示されていないと手も足も出ないときが。

今回は,そういう,名前がわからなくて印象に残っている魚を挙げてみたいと思います。
魚に詳しい人だと,パッと判ったりするのでしょうか…?(^_^)

その(1) 名古屋港水族館「サンゴ礁の海」

家庭用のお風呂に換算すると毎日入れ替えて15年分という大水槽。

そんな中,私の印象に残った魚がこちら。
170109 謎魚マダラタルミ.JPG
12.3cmくらい?白黒でけっこう目を引く魚だったのですが,何という魚か表示はなし。

飼育されている魚種が150種以上というから,表示されていない魚がほとんどなんですよね。
公式ハンドブックの「生物図鑑」では割かれているスペースは3ページ分,18種類。
これ,100種くらい写真入りでびっしり並べたチェックシートを作ってくれると嬉しいんだけどなあ。
大水槽だけに奥行きもあるし1匹1匹種類をチェックするのはほとんど無理だとは思うけど,魚好きのお子さんとかコンプリートに向けて一生懸命観察すべくリピーターになってくれたりするような気がするんだけど。保護者的にも水族館的にもあまり1つの水槽に滞留されるよりどんどん流れてくれたほうが助かるかなあ…。

図鑑を見ると,フエダイやコショウダイの仲間の幼魚にこういう白黒模様の魚が多い感じですね。

おそらく 
マダラタルミの幼魚のようです。


続いては,
その(2) しながわ水族館 大水槽(「トンネル水槽」)

2016年の夏にNHKで放映されたドラマ『水族館ガール』でも何度も登場した水槽ですね。
(JR品川駅近くのアクアパーク品川とは別の水族館です)
170109 しながわ水族館.JPG


体長30cm程度あって色彩も目立つこの魚。
170109 謎魚イレズミフエダイ.JPG
けっこう大水槽の中でも存在感のあるほうだと思うのですが,いろいろ探しても魚種名の表示は見つからず。


この魚,いろいろ手元の図鑑を見ても,水族館のハンドブック等を見ても見当たらないんですよね…。


ですがサンシャイン水族館のグレートバリアリーフ・ケアンズ展で展示されていてあっさり魚種判明。



170109 謎魚イレズミフエダイ魚名.JPG
イレズミフエダイ。あまりファミリー向きの名前じゃない?からしながわ水族館では憚られたんでしょうか??

このイレズミフエダイ,私が行った水族館の中では,このほか,碧南海浜水族館でも見ることができます。


イレズミフエダイの名前を教えてくれたサンシャイン水族館で,
逆に謎だったのがこの水槽。

(3)サンシャイン水族館 ネンブツダイの水槽
170109 サンシャイン水族館ギンユゴイ.JPG

サンシャイン水族館は,写真のプレートと並んで,数秒ごとに画像が切り替わって複数の生物名を表示できる液晶画面が設置されているのですが,どれだけ待ってもこの魚の写真は出てこず,したがってこの魚の名前もわからず。

170109 謎魚ギンユゴイ.JPG
サンシャイン水族館にはツマグロ(サメの一種)やタカサゴみたいにひれの先が黒くなっている魚はいますが,他にひれだけの一部が黒くなっている魚は思い浮かばず。

さてどうしたものか…と思っていたら,逆にしながわ水族館では入口にほど近い水槽でこの魚の名前が普通に表示されていました。(そして碧南海浜水族館も。深海生物の展示種数が抜きんでている竹島水族館と合わせると愛知県のローカル水族館2つで相当の種類の魚をカバーしてるんだなと驚かされます)

この魚の名前は

ギンユゴイですね。

図鑑でもなかなか載っていない魚でしたけど,週刊釣りサンデー『釣魚検索』(1998年)には載っていました。
上物釣りの外道で,うっかり握ると背びれの棘でけがをするので注意,とのこと。
水族館でも外道扱いされがち…?


名前の出ていない魚でも姿を見るだけですらすら名前がわかるといいんですけど
効率のわるい方法ででも1つ1つ調べていけば,わかったとき嬉しいものだったりします。
その場で全部表示してくれていると一番ありがたいんですけどね(;^_^)。


■年が明けて昨年の「推し魚2016」!
【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(1)ボロカサゴ
【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(2)ムサシトミヨ
【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(3)シロワニとエイ

■一昨年の「推し魚2015」!
●2015年推し魚5 (前半) 
  ※ファイアスパイニーイール,フライングガーナード
●2015年推し魚5 (後半)
  ※コンゴウフグ,オオホモラ,ルックダウン

ラベル:水族館
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(3)シロワニとエイ

新年も2日目。皆さんお元気ですか(^_^)。

さて,年をまたいでしまいましたが,2016年を振り返りまして,私の印象に残った水族館で見た人が思わず声を出した魚を紹介していますが,今回は第3回で完結。

推し魚2016_3_シロワニ.png

シロワニというと,口からはみ出さんばかりのたくさんの牙が印象的なサメで,サメ好きで有名なココリコ田中さんが好きなサメに挙げるなど数年前からテレビで紹介されることも多く,水族館で飼育展示されることも増えているように思います。

そんなシロワニ,私も大洗アクアワールド,しながわ水族館,そしてすみだ水族館で見てきましたが,すみだ水族館の大水槽で目の前に回遊してきたシロワニを見ていた私の耳に飛び込んで来た声が
男子小学生の「サメおっぱい!」という声。

わけわかんないです。

同じくすみだ水族館の大水槽。大きなエイが何匹かいて,長いしっぽのあるやつとないやつが泳いでたりするんですが(魚種を示すプレートにエイが含まれていなくて種名はわかりません),そのエイが1匹泳いできたときも
「おっぱいエイ!」

君,おっぱい言いたいだけやろ。
おっぱい言いたいだけにしても言いたいだけすぎる!


というわけで,水族館の珍しい魚を紹介するシリーズであるかのように進めてきて意味不明の変な話で終わるという,読まれた人に呆れられるような展開になってしまいましたが,自分の思いもよらない考え方をする人に遭遇すると,その意外な発想ぶりに,何か勉強になった感がしてしまうんですよね。

数年前にべつやくれい先生がデイリーポータルZに上げていた動物園の動物に対する入場客の反応をグラフにまとめた記事(→こんなの)みたいなデータの厚みがあるともっと読み応えのあるエントリになったかもしれませんね…すみません。

前回も書きましたが,水族館って何種類かの別々の魚を一緒に飼育展示している水槽が多かったり魚は動物園の動物に比べて小さかったりなどで,特定の魚に特別な感想をもつってことが意外と多くなかったりするんですよね。
だいたい水族館に来た人が口にする言葉で多いのが「どれ?」だったりしますから。


そんな中,この1年で私が耳にして印象に残った他の言葉を挙げてみますと

クロサンショウウオを見て
「サンショウウオって案外小さいのね」(アクアトトぎふにて中年女性)
 ※奥さん,オオサンショウウオだけが突出して でかいのであって
  サンショウウオって普通そのくらいの大きさですよ…

「あ,ナポレオンフィッシュ」
「違えよ。メガネモチノウオって書いてある」
「えー,だってナポレオンフィッシュだよ」(NIFRELにて20代カップル)
※彼女,正解です(メガネモチノウオの別名がナポレオンフィッシュ)

すみだ水族館などにてチンアナゴを見て
「下どうなってるんだろ?」(すみだ水族館などにて多数)
※こんな感じです(写真はニシキアナゴですが)
170102 推し魚2016_NIFRELニシキアナゴ.JPG

金魚の品種改良系統樹に書かれている「東錦」を見て
「アズマオウ」(すみだ水族館にて複数)
※アズマオウはポケモンやポケモンGOに出てくるモンスターです。
170102 推し魚2016_東錦.JPG
東錦(アズマニシキ)
 170102 推し魚2016_アズマオウ.png
 アズマオウ


私が水族館に行ったときは写真を撮るのに夢中になりますし,周りの人の言う言葉ってふつうそんなに記憶しているものでもないので,もっと注意してメモするなどしたらたくさんストックできるかもしれませんね。面白い感想が耳に入ったら残すようにしてちょっと貯めてみようかなと思います。


■年が明けて昨年の「推し魚2016」!
【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(1)ボロカサゴ
【推し魚2016】印象に残ったリアクションを誘った魚(2)ムサシトミヨ

■一昨年の「推し魚2015」!
●2015年推し魚5 (前半) 
  ※ファイアスパイニーイール,フライングガーナード
●2015年推し魚5 (後半)
  ※コンゴウフグ,オオホモラ,ルックダウン


世界の美しいサメ図鑑
宝島社

リアルぬいぐるみ シロワニ Mサイズ
カロラータ
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

【行ってきた】岐阜のアクアトトは想像より大きかった

先週,名古屋に行きまして,かねてより気になっておりました水族館,アクアトトぎふまで足を伸ばしてきました。
ツイッターの発信でしか知らなくて,どんな所か気になってたんですよね〜。
https://twitter.com/aquatotto

地方の水族館ではもうデフォルトなんですが,車持っていない人にはアクセスが厳しい。
JRまたは名鉄の岐阜駅からバスで30分530円,それが往復1日3本ずつ(徒歩で10分以上かかるバス停ならもっと本数多いみたいですけど)。このため私の行き帰りの時間は完全に固定され,滞在時間は約3時間半となりました。
車で来られる人には,高速道路から降りずに来られるなどけっこう遠方から来る人にも便利です

で,到着した水族館。
岐阜県というと中央線沿いの山がちの印象があったのでそんなに大きい施設ではないのかなと想像していたのですが,行ってみたらあらでかい。
161206アクアトトぎふ (1)外観.JPG

4階建ての大きい建物。
まず続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

【行ってきた】 すみだ水族館「チンアナゴの日」2016&蜷川実花×クラゲ

今年も行われました!

東京スカイツリーのソラマチ6階にありますすみだ水族館で恒例となりました
11月11日「チンアナゴの日」のイベント,去年に続き今年も行ってきました♪

合言葉は「ゆらチン!」
11月11日「チンアナゴの日」イベント

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/11/14_news.html

2016年11月8日(火)から、クラゲの飼育ゾーンで写真家・映画監督の蜷川実花氏の作品で彩られた美しいクラゲ展示が展開中(2017年3月14日まで)。
161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ1.JPG

これまで6階と7階をつなぐスロープ通路がクラゲ水槽とインスタレーションで飾られたことはあったと思いますが(「クラゲ万華鏡トンネル」),それに加えて今回は,入ってすぐのミズクラゲ水槽から蜷川ワールド!
161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ4.JPG

161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ2.JPG
 161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ3タテ.JPG


壁紙などにうってつけの,世界に2つとない自分だけの美しい写真が撮れる格好の撮影スポットですね。
ミズクラゲの大水槽は2つ並んでいますが,向かって右の水槽はクラゲが写真に写りにくいので正面の水槽がおすすめです。


「チンアナゴの日」ということで主役はあのチンアナゴ水槽のチンアナゴやニシキアナゴたち。
今年もニコニコ動画からスタッフが出張でこの日の閉館まで51時間連続の生放送。
161113すみだ水族館_51時間チンアナゴ生中継.JPG


このチンアナゴ水槽前に突如オットセイが3頭突入してくるサプライズも。
普通こういう動物の登場企画ってお客をどけて広めに通り道を確保するものですが
うっかり踏んじゃいそうなくらい客の中に突っ込んできて,もう大喜びです(私とか)
161113すみだ水族館_オットセイ出現.JPG


今年も数々の企画が行われました。
昨年に続き,
161113すみだ水族館_チンアナゴさぁゴハン.JPG
・チンアナゴが体を伸ばしてえさを食べる様子を観察
 「チンアナゴのさあ、ゴハン!」(1日3回)
・チンアナゴやニシキアナゴの産卵シーンや卵,稚魚の映像を流してスタッフが解説
 「チンアナゴアカデミー」
・館内に置かれたミラーボックスにLEDランタンの明かりを入れると
 チンアナゴのつぶやきが浮き出してくる
 「チンアナゴのささやき」
・皆で紙製のお面をつけよう
 「お面deチンアナゴ」
・お客から挙げられたチンアナゴから連想する言葉をもとに
 文筆家加藤ジャンプ氏が即興で小説を作りあげ、ギターで弾き語る
 「チンソニ即興小説」
・イベントのクライマックスは
 「チンアナゴのブルース」の大合唱
161113すみだ水族館_チンソニZフィナーレ.JPG
 ※去年は巨大チンアナゴ風船が大暴れして大爆笑でしたが今年は純粋に歌で盛り上がりました(^_^)。

などが行われ,
昨年はゆらゆらチンアナゴフィギュア「ゆらチン」目当てに長蛇の列ができた11月11日イベント,
私も並んでニシキアナゴのゆらチンをゲットしましたが,
今年はチンアナゴクイズ5問正解でチンアナゴのゆらチンをゲット(^_^)♪
161113すみだ水族館_ゆらチン検定.JPG
もう少し早ければ20歳以上111名限定「チンアナゴ型パッケージのムギ焼酎いいちこ」も選べたそうです。それはそれで興味ありましたね(ゆらチンはショップでも売り出されてましたし/すぐになくなってましたけど)。


昨年は夕方5時以降の入場時に合い言葉「ゆらチン」を答えると先着1111名に
ゆらゆらチンアナゴフィギュアがプレゼントされた「合い言葉はゆらチン!」
今年は,絵はがきにもなる11月11日始まりのチンアナゴカレンダー。
もらって「かわいい!」という声が幾度となく聞かれました。
161113すみだ水族館_御朱印帳とカレンダー.JPG

「ゆらチン」をゲットするもう1つの方法,それも5名限定で漆塗り風の特注一品物!
https://twitter.com/Sumida_Aquarium/status/796665423429189632
というのが
館内3カ所にあるスタンプを入場時に貰える「御朱印帳」に押したら抽選番号がもらえる
フィナーレイベントの抽選会。
赤,黒の漆カラーに桜模様などが施された特注5個に
おまけ1個(これもすみだ水族館のロゴマークが入った特注品)を加えた
6個のゆらチンが当選したのは女性ばかり(男性が当選して娘さんに
受け取りに行かせたっぽいケースもありましたが)で賞品受け渡し時の
加藤ジャンプ氏のトークも弾んでいました。


11月11日はチンアナゴの日であると同時に「ポッキー&プリッツの日」でもあるということで
館内「ペンギンカフェ」では江崎グリコとのコラボメニュー「ゆらチンポッキーパフェ」も出ていました。
161113すみだ水族館_ゆらチンポッキーパフェ.JPG
私が食べたのはコーヒーゼリー味のチンアナゴバージョンでしたが
このほかマンゴープリンを使用したオレンジ&白色のニシキアナゴバージョンもありました。


チンアナゴ祭りで盛り上がったこの日のすみだ水族館,
前回来たときとくらべて金魚の展示がいっそう充実していましたね。
見応えあります。
161113すみだ水族館_東錦?.JPG161113すみだ水族館_金魚_更紗.JPG


161113すみだ水族館_ジャンボオランダ.JPG

161113すみだ水族館_ブリストル朱文金.JPG

161113すみだ水族館_和金集まる.JPG



ハロウィンが終わって日本の商業施設は一斉にクリスマス仕様になりましたが
当館のショップに飾られたチンアナゴクリスマスツリー,迫力ありすぎない…?(;^_^)
161113すみだ水族館_チンアナゴクリスマスツリー.JPG

161113すみだ水族館_チンアナゴクリスマスツリー2.JPG


すみだ水族館を見終わって出たけっこう近くにこんな店も(^_^)。
11月20日までの予定みたいです
161113すみだ水族館_PPAPカフェ.JPG


↓去年の「チンアナゴの日」ですみだ水族館に行ったときの様子はこちら(^_^)。
【行ってきた】「1111」すみだ水族館チンアナゴの日
http://ddaisuke.seesaa.net/article/429627371.html



ゆらゆらチンアナゴ (ほるぷ水族館えほん)
ほるぷ出版

チンアナゴを自宅で飼おう!
林勇/kindle版
水族館で働くことになりました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
日高 トモキチ/KADOKAWA/メディアファクトリー
※すみだ水族館が舞台
posted by ドージマ・ダイスケ at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

【行ってきた】 碧南海浜水族館

めっっっっっっきり寒くなりましたね!この1週間で一気に外へ出るときネックウォーマーつけたり上着の下にベスト着て外にもダウンジャケット着てと着込むものが増えました。

さて私は先日愛知県東海市に出かけまして,そのついでに寄れるところはないかということで
碧南市の碧南海浜水族館に行ってきました!

一番近いのは南知多ビーチランドなんですけど,今の季節の閉館時刻16時30分まで入館時間が2時間程度しかとれなかったので,名鉄を乗り継いで1時間ほどかかるのですが少し遠くても持ち時間の間に見て回れそうかなと踏んで,今回は17時閉館のこちらを選択。

名鉄碧南駅から徒歩20分ほど。碧南市臨海公園を横切りながらで到着します。
1つ手前の碧南中央駅から6分ほどで行ける無料の市内循環バス(緑色のルート)が出ているのですが,1日4本のこのバスに,この日は5分ほど間に合わなかった。徒歩でも碧南駅と碧南中央駅はそれほど変わりません。

161104 碧南海浜水族館_パンフ.JPG
館内パンフレット,ここでは外国語バージョンが英語とポルトガル語の2種類。
ブラジルからの人が多いんでしょうかね。

市営(パンフに載っていた連絡先は教育委員会)らしく,子連れで気軽に回れる規模に1フロアでまとまっています(併設で2階には碧南市青少年海の科学館=無料 があります)。
161104 碧南海浜水族館_入口近くちびっこ魚展示.JPG

161104 碧南海浜水族館_入口近く水槽.JPG

こちらのメインとなる大水槽は水量200トンとなかなかの規模。
161104 碧南海浜水族館大水槽.JPG
奥行きが控えめで横に広いため,葛西臨海水族館のマグロスタジアムのように回遊する魚たちをけっこう間近で見られます。

私が行ったときはちょうど餌やりの時間(15時)が始まるところで,上から撒かれたりダイバーが与えるのではなく,筒で水の中に餌を投入するという方法で,興奮して餌に群がる大形魚たちを見ることができました。

161104 碧南海浜水族館_ギンガメアジ.JPG

ギンガメアジ
沖縄美ら海水族館などでも見られる魚ですが奥行きのある水槽だと大きい魚でもけっこう遠くにしか見えなかったり,同じような大形アジ類がたくさんいると種類の見分けがつかなかったりするのですが,ここでは同居する魚がコショウダイ,ゴマフエダイ,ニセカンランハギ,コガネシマアジ,イサキと形や模様,大きさの違う魚たちなので安心して見る事ができますね(^_^)。

161104 碧南海浜水族館_淡水水槽.JPG

こちら碧南海浜水族館,同じ愛知県の竹島水族館にはない大水槽を持っているかわりに他の大陸からワールドワイドに魚を収集してはいないという違いがありますね。しかし淡水魚では北海道のイトウから天然記念物のネコギギ,ウシモツゴといった希少種の繁殖まで日本の魚を幅広く取り扱い,海水魚も地元近海から南寄りの種類を中心に深海の魚なども含め数多く取り揃えていました。

161104 碧南海浜水族館_ハタタテダイ等等水槽.JPG

161104 碧南海浜水族館アブラボウズ.JPG

個人的には,食べると美味だが消化できない脂分を含むため激しい下痢を起こす事で知られるアブラボウズが想像通り立派なサイズで展示されていましたが,けっこうシュッとした魚体だったことが印象に残りました(^_^)。

161104 碧南海浜水族館イレズミフエダイ.JPG
そして,しながわ水族館でよく見かけた,よく目立つ魚体なのに種名表示が見つからず,図鑑や画像検索でも名前がわからなかったこちらの魚が,ここでの展示でイレズミフエダイということがわかりうれしかったです。

161104 碧南海浜水族館_キハッソク.JPG
あと,こちらのキハッソクとか,ゴマアイゴなど意外と他の水族館ではあまり見ない魚がけっこういて楽しかったです。


161104 碧南海浜水族館_アカマツカサ等水槽.JPG

また,この期間(2016年10月29日〜11月30日)は碧南高校科学部による魅惑の透明標本展開催中。
161104 碧南海浜水族館_透明標本.JPG

161104 碧南海浜水族館_透明標本2.JPG
11月3日・6日・13日の11時〜15時には部員による展示解説もあるそうです。
私が行ったのはそれら休日の隙間の日で時間的にも合わなかったので残念でした

だいたい30分もあればざっと見て回れる手頃な規模の水族館と思いますが,写真を撮りながら回る私は例によって閉館までの2時間で回りきれず最後は駆け足になってしまいました(;^_^)。
2階の青少年海の科学館も含め,もっとじっくり回りたい見どころの多い水族館でした。

碧南海浜水族館ホームページ
 http://www.city.hekinan.aichi.jp/aquarium/

アクセス・料金・開館時間
 http://www.city.hekinan.aichi.jp/aquarium/access.html

碧南市くるくるバス(無料循環バス)
 http://www.city.hekinan.aichi.jp/SHOUKOKA/kurukurubus/kurukurubus-top.html 


水族館・透明標本

posted by ドージマ・ダイスケ at 03:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

【行ってきた】 9/19まで!更新が止まらない千葉県立中央博物館「驚異の深海生物」展

7月にスタートしながら県内での開催ということで逆に行きそびれていた千葉県立中央博物館の企画展「驚異の深海生物」に行ってきました。
基本,標本のみの展示ということでそんなに盛り上がるものもないかなという懸念もあったのですが,見せ方も工夫されていて新発見の生物も複数あり,なかなか面白かったです。

思えば千葉市まで来たの初めてだなあ…
160911千葉県中央博物館驚異の深海生物 1 入口.JPG
また雨かよ。
Google先生は千葉寺駅から徒歩17分と表示していたけど,20分かかりました。俺結構早足なんですけどね(;^_^)。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 02:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

【行ってきた】 ふれあいが多い東武動物公園で印象に残ったことをイラストで紹介するよ

すみだ水族館の年間パスポートを持っていると無料で入場できるサービスを8月いっぱいまでやっているということで,東武動物公園に行ってきました。
これまで動物園や水族館の「行ってきた」レポートは写真で様子を紹介してきましたが,今回は印象に残ったことをイラストで紹介してみたいと思います!


なんだかんだで7月8月の週末は予定が入り,行ったのは8月最後の週末土曜日。
東武スカイツリーラインで近づいていくにつれだんだん空に雲が広がりだし,涼しくて過ごしやすくなるかなと思っていたら
東武動物公園160827_1東門.png
雨。8月だというのにひんやりした動物園体験になりました。
7月に札幌円山動物園に行ったときも雨に見舞われてちょっときつかった体験以来です。
夏休み最後の週末だというのにめちゃめちゃ空いているという状態で,そこにタダ券で入場して申し訳ない。

東武動物公園駅から歩いて約10分,東門から入ると手前半分は遊園地で,動物園は奥のほうにあたるんですよね。雨の中,初めてで勝手のわからない場所を,空いている広い遊園地の中をてくてくと。
あまりテンションが上がらないw


ただ,動物園や水族館って,もともと土曜日の午前中というのはけっこう穴場で,意外と空いているんですよね。(日曜は午前中から混みます)

東側から歩いて行って,一番手前にある動物園のエリアは「アフリカサバンナ」
広い草原のようなスペースにぽつんぽつんとダチョウやエランドがいて,その隣のスペースに…
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人