2017年03月12日

【生き物】 顔面変形?!ウシバナトビエイ

3月に入り,朝晩の冷え込みもやや過ごしやすく,日中はさわやかに暖かい日も増えてきましたね。
さて,日記にはupしてませんでしたが今年に入っていくつか水族館・動物園に行ってきました。
そのうち今年初の名古屋港水族館で見たウシバナトビエイがインパクトあったので漫画で紹介したいと思います。よろしくですどうぞノ

ウシバナトビエイ紹介1.png

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 09:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

【4コマ】 カバは何種類?

キリンの分類に関するニュースについての漫画シリーズ,最初は9月に始まって,前回からも1か月経ってますけど,これでひとまず完結,第5弾です。よろしくです(^o^)ノ

【4コマ】 ゴリラは東西2種  (09/26) 
【4コマ+α】 ではシマウマは (09/28)
【4コマ】 ゾウ・サイは何種類? (10/20) 

※前回のゾウ・サイの話と合わせてpixivにもupしました。
 欄外に補足コメントがついていて,画質的にも見やすいと思います


キリンは4種-5-カバとコビトカバ.png

カバって,あの顔インパクトありますよね〜。
泳ぎながら外を見たり息ができるよう目や鼻の穴が顔の上に突き出てたり
口が前後にも横にも大きく広がって大きい牙が伸びてたり。
それに比べるとコビトカバは体つきはカバとよく似ていますけど
丸っこく普通の動物って感じの容貌で,カバほど水中の生活向きに進化が進んでいない
祖先の姿に近い動物なんですね。

で,コビトカバ。
世界三大珍獣といえば漫画にも描きましたように
ジャイアントパンダ,オカピ,コビトカバの3つで,
ボンゴを加えて四大珍獣とよぶこともありますね。

スカンクとかゾリラとか,ホルスタイン,ダルメシアンなどいることはいますが自然界の哺乳類では珍しい白黒姿で見た目のインパクトが強いパンダはともかく,他のオカピやコビトカバはなぜ数あまたある動物たちの中で三大珍獣に選ばれたのか?
不思議な気がしますが,コビトカバはアフリカで発見された最初の報告が1843年,ジャイアントパンダをフランス人宣教師が西洋人で初めて四川省の山奥で見たのが1869年3月11日, オカピの完全な毛皮と頭骨を西洋人が初めて手に入れたのが20世紀に入った1901年ということで,いずれも西洋人にとって19世紀以降に発見された新種だからということじゃないかなと思っています。

コビトカバ Pygmy Hippopotamus 〜THE ANIMALS
http://animals.main.jp/mammals/pygmy_hippopotamus001.html

世界三大珍獣オカピ:20世紀になり発見された“森の貴婦人”とも言われるキリンの祖先。
〜珍獣図鑑アルパカパカス
http://www.alpacapacas.com/archives/326
オカピ Okapi 〜THE ANIMALS
http://animals.main.jp/mammals/okapi001.html

日テレ きょうは何の日 3月11日
http://www.ntv.co.jp/don/don_02/contents_02/2010/03/post-67.html

どれも発見されてから1世紀以上経っている今,特別扱いするのもどうかなという気がしなくもありませんが,オカピはキリンの頭部とシマウマのような縞をもつところが珍獣らしいともいえ,ある程度大きい動物のほうが見栄えもするのでこの3種類で定着してしまっているといったところでしょうか。
個人的にはバビルサとか生で見たことがないのでこっちのがよっぽど珍獣なんですけどね。
コビトカバは3コマ目に挙げた5つの動物園のうちの4園で見てますから(アドベンチャーワールドでは10年以上昔になりますけど,ふれあい動物園みたいな所にいた記憶が。今HPを見ると普通のカバしか見当たらないので要確認),希少感はあまりないですけど,日本にいることが恵まれていると考えたほうがいいかもですね。

大阪は万博公園内,エキスポランド跡地にできた商業施設エキスポシティにあるオシャレ系の水族館・ニフレルではコビトカバを「ミニカバ」と呼んで飼育展示しています(ブログにはupしていませんけど,今年の夏に行ってきました♪)。
https://www.nifrel.jp/archives/zukan/zukan/waterside/529

日本海側の動物園で唯一コビトカバを飼育しているいしかわ動物園(石川県能美市)はオランダの動物園から来たメスと,シンガポール動物園から来たオスのコビトカバをつがいで飼育しているということでポイント高いですね。見る方・見せる立場としては1頭いるかいないかでは全然違いますけど,動物の気持ちとしてはふだん単独生活してる種類でも繁殖のチャンスのない単独飼育はかわいそうに思えてしまうので。

いしかわ動物園
 カバの池 http://www.ishikawazoo.jp/guide/animal/hippo.html

石川県知事、シンガポール動物園を訪問−いしかわ動物園から送ったタヌキなど見学(シンガポール経済新聞 2014年7月9日)
http://singapore.keizai.biz/headline/5774/

コビトカバは4園で見て,それこそ私の中では普通のカバと同じような存在になっちゃっていますけど,いしかわ動物園のコビトカバもぜひ見に行ってみたいものです(特にコンプリートとかいう意識はないですけど)。


posted by ドージマ・ダイスケ at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

【4コマ】 ゾウ・サイは何種類?

生き物関連のマンガ紹介を2回はさみまして,今回はキリンの分類に関するニュースについての漫画の第4弾です。どうぞ(^o^)ノ

【4コマ】 ゴリラは東西2種  (09/26) 
【4コマ+α】 ではシマウマは (09/26) 

キリンは4種-4-ゾウとサイ.png

わたしが子どもの頃,40年頃前の図鑑にもマルミミゾウは載っていましたが
(どこが「アフリカゾウ」や「インドゾウ」と違うのかよくわからなかった記憶が)
近年の遺伝子解析でもアフリカゾウ(サバンナゾウ)とは別種という考え
が裏付けられているようです。

アフリカゾウとアジアゾウの違いは,ほかにも
頭の形(正面から見るとアジアゾウは頭頂が左右2つのこぶに分かれている)
鼻の先(物をつまむ突起がアジアゾウには上に1つ,アフリカゾウは上下にある)
背中の形,耳の形・大きさ
性格(アジアゾウのほうが人に馴れやすい)
アジアゾウのほうが毛深い
など,比較してみるとかなりたくさんあるんですよね。
(ひづめの数などは個体差もあり,それだけで両種を識別できるとは限らないようです)

アフリカゾウとアジアゾウの比較(富士サファリパーク)
http://www.fujisafari.co.jp/news/elephant.html

サイのほうは,シロサイとクロサイの違い,名前の由来はかなり有名な話になると思いますが,オランダ語から英語に訳するときに誤訳された(オランダはかつてアフリカ南部を支配しケープ植民地を形成していた)という説は間違いのようです。

オランダ語でワイド=wijd 白=wit

オランダ語を話す人が英語で説明するときに,聞いた側がwideをwhiteを聞き間違えた…だと元の言葉が何語でも関係ないことになりますが,少なくともシロサイはオランダ語でもwitte neushoorn ですし,他のヨーロッパ言語でも軒並み白・黒の名前で呼ばれているということで。

スペイン語などになると,ラテン系だけに学名で呼ぶこともあるようですね。
クロサイは学名Diceros bicornis で「二本角・二本角」,rinoseronte negro(黒サイ)と比べて特別長ったらしかったり意味が難しかったりするわけでもないですものね。

シロサイは現生のなかでは最大の種類で体長約4m,肩高はヒトの身長くらい。クロサイとは別属に分類され,ぱっと見はよく似てますけど系統的にはやや離れた存在とされています。
アジアのサイはインドサイとジャワサイが同属(Rhinoceros属)でいずれも鎧の継ぎ目のような皮膚のしわが特徴的。いずれも角は1本で,インドサイは学名もRhinoceros unicornis (1本角のサイ)ですね。スマトラサイは最も体が小さく体長約3m,角は2本で,現生のサイのなかでは毛深く原始的な特徴をもっています。

posted by ドージマ・ダイスケ at 05:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

【4コマ+α】 ではシマウマは

9月も最終週…ここへ来て急に気温が上がりだし,職場のクールビズは今月までで終了なのにどうするんだと思う今日この頃。

さて生き物関係の漫画,キリンは実は4種類存在したというニュースから
キリンの話 http://ddaisuke.seesaa.net/article/442215888.html
ゴリラの話 http://ddaisuke.seesaa.net/article/442280395.html
と続いて参りましたが,今回は,キリンといえばつきものといいますか
動物園でもほとんど必ず一緒に放されていることが多いシマウマの話です。

ではどうぞ (^o^)/

※スマホなどで見にくい方にはpixiv版をお試し下さい
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59230844

キリンは4種3-シマウマは.png

キリンは4種3-シマウマ5.png



縞が多く密に入っていて身体が大きく成長するグレービーシマウマは多摩動物公園,京都市動物園,野毛山動物園(横浜市) などで見ることができます。

いっぽう,シマウマといえばこちらのほうがポピュラーなサバンナシマウマ
グラントシマウマやチャップマンシマウマなどの亜種が知られていて
グラントシマウマは天王寺動物園,ズーラシア,円山動物園,安佐動物園 などで
チャップマンシマウマは東山動物園,王子動物園,とべ動物園,帯広動物園,釧路動物園 などで見ることができます。
 
ヤマシマウマも亜種としてハートマンヤマシマウマとかケープヤマシマウマが知られていて
ハートマンヤマシマウマは夢見ヶ崎動物公園(川崎市)や上野動物園 などで見られます。

野生動物の家畜化については
ジャレド・ダイヤモンド氏の名著『銃・病原菌・鉄』にてわかりやすくまとめられています。

曰く,世界中に多数生息する動物(候補となりうる陸生大形草食動物
148種)のうち,家畜化されたのはわずか14種であり
ほかの動物は家畜化された動物の近縁の種も含めてことごとく失敗している。
その理由は次の6つが挙げられる−
(1) 餌の入手の問題
  肉食哺乳類は餌の経済効率が悪くて食用に向かない。
  また,コアラのように偏食すぎる動物も飼育に不向き
(2) 成長速度の問題
  一人前の大きさになるのに10年以上もかかる動物は
  家畜化して育てるより野生のものを狩ったほうが効率的
  (ゾウ,ゴリラなど)
(3) 繁殖の問題
  人間の目の前でセックスやその前の求愛行動ができない動物は家畜化できない
  (チーター,ビクーニャなど)
(4) 気性の問題
  (グリズリー,アフリカ水牛,カバなど多数)
  シマウマは荷馬車をひかせるまでに飼う試みが南アフリカや英国で行われたが
  歳をとるほどにどうしようもなく気性が荒くなり危険になる。
  馬は個体によって気の荒いものがいるがシマウマは種全体が荒い。
  いったん人に噛みついたら絶対に離さないという不快な習性がある。
  投げ縄を投げられると首を下げてよけるので優秀なカウボーイでも捕らえることができない。

(5) パニックになりやすい性格の問題
  囲いの中に入れられるとパニックになりショック死してしまったり
  死ぬまで柵に体当たりするような動物は家畜化できない。
  (シカ,レイヨウ,ガゼル)
(6) 序列性のある集団を形成しない問題
  群れをつくり(混み合った環境でも飼うことができる)
  群れ同士が互いに寛容で(まとめて飼うことができる),
  群れの中で序列をもつ(人間がそのトップにつくことでコントロールできる)
  動物は家畜化しやすいが,単独で生活しなわばりをもつような動物は
  家畜化しづらい(シカ,レイヨウ,サイなどは繁殖期になわばりをつくり
  個体同士で激しく争うので家畜化に向かない)


文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)




シマウマの縞 蝶の模様 エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源 光文社

馬、この愛すべき動物のすべて―シマウマからサラブレッドまで PHP研究所

どうぶつの赤ちゃん シマウマ (ちがいがわかる写真絵本シリーズ) 金の星社

検定クイズ100 動物 (ポケットポプラディア) ポプラ社
タグ:シマウマ
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

【4コマ】 ゴリラは東西2種

9月も最終週になって暑さがぶり返してきましたね。さすがに虫の声はセミの声はもうなくマツムシやコオロギ系の声ばかりになってきましたが

さて一昨日土曜日24日にupしました,キリンの分類に関するニュースについての漫画,今回はその続きです。どうぞ(^o^)ノ

キリンは4種-2-ゴリラは東西.png


マウンテンゴリラとローランドゴリラという分け方ではなく
ローランドゴリラもマウンテンゴリラと同じ種に分類されるヒガシローランドゴリラと
生息地が遠く離れた別種のニシローランドゴリラがいるということですね。
ヒガシローランドゴリラもグラウアーゴリラとブウィンディゴリラに分ける説があるようですが
きりがないので2種に2亜種ずつという分類をとらせていただきます。

講演「ゴリラの本質は多様性〜『水と原生林のはざまで』」記録
  中部学院大学 竹ノ下祐二准教授
  http://ape.chubu-gu.ac.jp/old/lecturenote_saga14.html

ゴリラ 第2版
山極 寿一/東京大学出版会
※ゴリラといえば山極先生というくらいゴリラの研究ではおなじみ




霧のなかのゴリラ―マウンテンゴリラとの13年 (平凡社ライブラリー)
ダイアン フォッシー/平凡社

東山動植物園オフィシャルゴリラ写真集 シャバーニ!
東山動植物園/扶桑社

ゴリラが胸をたたくわけ (たくさんのふしぎ傑作集)
山極 寿一/福音館書店
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

【4コマ+α】 キリン4分割

9月も下旬に入って,めっきりと気温が下がってきましたね…。そして一方で秋晴れがないというか,東京では今週晴れ間が6分間しかないとか,ぐずつき続きの天気が続いているのも気になったりします。

さて生き物関係の漫画,久しぶりといいますか,ニュースをきっかけに描きました。
自分で覚えているのは,中国の国鳥問題とかですかねぇ…懐かしい
Study7−国鳥の学名で中国は大騒ぎさ(6p)pixiv版

今回紹介する話題,どんなニュースだったか見聞きした方もそうでない方も,どうぞ(^o^)ノ

キリンは4種-1-キリン・ゴリラ・チーター.png続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

【4コマ】メダカ卵回収最強具とは

5月も下旬に入り,梅雨も近づいてきましたね。
梅雨というのは季節の変わり目に雨が続く時期ということで,夏を前に日中の日差しはかなり強くなってきましたね。
温かくなってくるとメダカの飼育は繁殖期間に突入していろいろ楽しくなってくるわけですが
そのへんを,先日描いた漫画(1)(2)に続いてUpしたいと思います。
どうぞ(^o^)/

メダカ卵回収1.png
続きを読む
タグ:メダカ 飼育
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

【4コマ】 メダカの交尾(産卵)

前回に続きまして,メダカの繁殖について。
メダカの雄のひれは交尾を行うのに都合のよい形であることを紹介しましたが
今回はその交尾について,少し具体的に紹介いたします。
交尾といっても体内受精ではなく,雌に産卵させるのに必要な刺激を与える行動ということですね。
どうぞノ

160508 メダカの雄雌p2_交尾.png

前回の4コマと合わせpixivにもUpしました http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56812068
※pixiv版は,こちらにはない加筆部分があります。

高校の生物では動物の行動に関する扱いがかなり縮小され
イトヨ(トゲウオ)の繁殖行動(雄が雌に対してジグザグダンスで求愛し,
腹の赤い雄に対しては攻撃する)も教科書に必須で載る内容ではなくなってしまいましたが
メダカも雄が雌に求愛して一緒に産卵・放精するという行動はよく似た共通のものなんですね。

160509 メダカ求愛photo.JPG
雌が産卵をする瞬間というのはメダカでも秘め事ということで,私もその瞬間に立ち会えたことはないですけど,雄がお誘いをかけることは比較的容易に見られるようで,この漫画のコンテをまとめようと資料など整理していた5月5日にちょうどメダカの雄が雌に対して下から何度もアプローチかけているのが見えまして早速写真におさめました。
この容器にはこの雌と雄のほか雄がもう1匹いまして,雄どうしが牽制しあう様子なども目の前で演じられておりました(;^_^)。

小学校の理科では「おすのメダカのしりびれは平行四辺形」と習いますが,雌だって三角形というより実際は四角形だしまぎらわしいって感じしますよね。しかしこの写真と今回(と前回)の漫画を見たら,「雄の尻びれは大きく広がる」ことが重要で雌と違うってことがわかるのではないでしょうか。



2016年度版最新メダカカタログ
めだかの館出版

月刊アクアライフ →amazon
→fujisan

メダカと日本人/岩松鷹司/青弓社
※交尾に関する知識はこの本を参考にしました。生殖・発生のほか解剖学など生物学的知識のほか文化面での考察など幅広く扱われていてそれでいて内容が濃い!
タグ:メダカ 生殖
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

【5コマ】 メダカの性別(雌雄)

大型連休ももう終わりですね。私はこの連休,近場でラジオ局のイベント(フリーマーケット)と東京都美術館の『生誕300周年伊藤若冲展』に行ってきました。

さて,当ブログでは4月から観賞魚の話題が続いていて,特に前回前々回とメダカについて取り上げてきました。温かくなってきたということで,メダカを飼っている人にはこれからじゃんじゃか繁殖が本格化する季節ですね。
というわけで,今回は1本,メダカに関する漫画をうpいたします。
小学校の理科で習う,メダカの雄と雌の区別のしかた

とくに意味もなく覚えさせられたという思いの人も多いのではないでしょうか。
しかし,これを読めば一発で覚えられ,間違える事はありません。
どうぞノ

メダカの雄雌p01-1.png
メダカの雄雌p01-2.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

【4コマ】 観賞魚の品種名


だいぶ春も本格化してきて過ごしやすくなりましたね。
しかしコタツ(電気はつけない)は気持ちよくてまだ片付けられない(;^_^)

さて今回久々に漫画Up。どうぞノ

※カラー&ワイド加筆版をpixivにうpしています。そちらもよろしくノ

観賞魚の品種名01.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

【8コマ】サメと戦って勝つために知っておくべきたった1つのこと

トリックorトリート! 明日から11月,今年ももう残り2ヶ月という秋の日,いかがお過ごしでしょうか。
ハロウィンの仮装のメッカになってきてしまった東京・渋谷は土曜というせいもあって
あふれんばかりの人々がおしかけてきて大変ですね…

さて,前回の記事からまた次の週末になってしまいましたが
トラフザメなどサメについての話題を描いたつづきで今回もサメの話を。
どうぞ(^o^)/

サメの弱点1-1.png
続きを読む
タグ:サメ
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

【1ページ】名は体を表さぬトラフザメ

秋ですね〜。
ことに最近天気が落ち着いて,秋らしい過ごしやすい日が続いています。
今週は晴天でおだやかな日が続いたせいか,この週末,果物や野菜がかなり
お求めやすい値段だったり立派なサイズのものが店頭に並んだりしているように思います。

さて,当ブログ,そもそも漫画ブログのはずなのですが漫画のエントリは
だいぶご無沙汰しております(最近レポート記事などに漫画的なカットを挿入したり,
前回も漫画形式のレポートエントリ描いたばっかりですけど)。
特に,今年新キャラを登場させて以来,彼ら彼女らを喋らせ動かしたいのに
全然やってない!ということで1ページもの描きました。どうぞ(^o^)/

ヒョウ柄トラフザメ1.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 02:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

【マンガ】もうどく生物について知っておこうクイズ(p3<完結>)

この週末,台風18号,19号が近づいて天気もすぐれず,ひんやり肌寒いですね。
御嶽山の搜索にも影響ありそうですが二次災害なくおさまってほしいです。

さて,日にちが空いてしまいましたが
「猛毒生物について知っておこうクイズ」 完結の3ページ目,うpします。

1ページ目から見る
前のページ
moebio141005_猛毒生物クイズ-3-0.jpg
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 21:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

【マンガ】もうどく生物について知っておこうクイズ(p2)

おはようございます。
夕方暗くなるのが早くなりましたね。朝5時くらいだとまだ真っ暗ですね。

昨日,超久しぶりに単行本『マンガ 生物学に強くなる』発行後は初めてのマンガをupしましたが,
そのつづきです。
←前のページ
moebio141002_猛毒生物クイズ-2-1.jpg
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

【超久しぶりにマンガup】もうどく生物について知っておこうクイズ(p1)

おはようございます。
10月ですね。神無月ですね。今年ももう残り3か月ですね。

サンシャイン水族館の『毒毒毒毒毒毒毒毒毒展』(もうどく展)※10月13日(祝)まで開催
にちなんで漫画を描こうと思って幾年月,
ネームを描き始めるのに約2週間,ネームを一応まとまるまで約3週間,
すぐ下描きを描き始めてできるのに3日間,ペン入れがその5日後,
さらにその2日後にトーン貼り,その勢いでスキャンして字を入れて…
と思ったら,パソコンが替わって前に使ってたソフトが使えず,
Word的なフリーソフトでえっちらおっちら1ページできたと思ったら
そのソフトで保存したdocファイルは体裁が壊れてて使い物にならず
ほぼ最初からやり直してそのソフトの基本書式で保存し直し,
PDFに転換することはできたのでそこからキャプチャーして画像でうp…
文字のボックスで絵がところどころ欠けるなどお見苦しい点がありますが
とりあえず1ページupします(全3ページ予定)。

moebio141001_猛毒生物クイズ-1-1.jpg
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

(超久々!マンガup!2p)「梅にメジロ」の季節ですね

「本を出すぞ!プロジェクト」なるものを始めまして,
そのマンガ原稿を描くために時間と頭を割くということで
このブログに生き物関連のマンガをupするのを休止したのが
…2011年の3月末(Study10「氷河期って?」)ですか。

その後,震災チャリティ関連イベントのレポート漫画なんてのを描いたりしましたが
それを別にして1年10か月,漫画を休んでいたわけですね。

それがここ数カ月,仕事のほうが立て込みまして
単行本用の漫画がまた滞り…リハビリをかねてというか
流れを変えるために1本描きました。
(先日の「いきものずかん」応援?漫画とほぼ一緒に描いたんですけど
 たった2ページでやたら時間が…先々週,先週の週末と,今日は色塗りだけでほぼまる一日(;^^))

 このまま春が来て,過去に描いた「葉桜サクラ葉桜もち」
(〜09/04/13)の再うpを何年も繰り返すというのもなんですので…
 桜だけでなく梅も描いとけ,梅を扱う以上,2月中にうpしておかないと…
 というわけでようやくできたのがこれです。
 どうぞ(^o^)/


moebio130224_梅にメジロ-1-1.jpg続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

2011年04月05日

●【再々掲】葉桜サクラ葉桜もち(2ページ)

去年は桜の花,約3週間にもわたって長持ちしてましたけど
今年は激しい寒さや災害などで東日本は大変な2012年の春。
花見自粛を強要するどこぞの都知事などがいて
(強要されるのなら「自粛」じゃないだろという気もしますが)
なかなか地に足のつかない人間たち。
そんな中でも自然界は一歩一歩春へ歩を続けています。

新作のUp停止を先日宣言したばかりですが
この季節といえば,桜,それも桜の葉に関する
あのお話。
読んだことがない人,読んでも覚えてない人がほとんどだと
思いますので,またまた再掲します。

090412 桜もち(1)-1

次項有続きを読む(2009年04月12日へジャンプ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:サクラ
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

●くちばしいろいろ

う〜…時間かかるなぁ。
12月にUpしたカラスの話のつづきを1日にUpして,
そのつづきを描いたんですけど,下描き・ペン入れして
それのデータ化,塗りで時間かかりすぎ…。
トーン貼らなくてもPC上の塗り作業に後回しすればいいや
と思ってたけど全くもうとんだ目にですよ。
寝ないわけにいかないから2晩に分けて,結局下描きしたの
5日の土曜なのにもう水曜…もうね,すみませんですはい。

というわけで,1コマ目は白黒ですがカラー4コマです。
どうぞ! (^o^)/

moebio110209 くちばし色々1.jpg
続きを読む
タグ:
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

●くちばしの○色いやつ

遅くなってすみません〜2月になってしまいましたが
漫画の更新で〜す…。

いやスキャンしたデータを処理するのにソフトが固まりがちで
3時間くらいをなかなか進まない状態で無為に費やしてしまいました。

内容は12月に取り上げたカラスの話のつづき。
偶然にも今日のNHK『爆笑問題のニッポンの学問』は
カラスの生態をテーマにした内容でしたね。
このマンガの中で紹介されている話,
あなたはいくつご存じでしたか…?

どうぞ! (^o^)/

moebio110201 くちばしの色1.jpg続きを読む
タグ:
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人