2017年02月24日

公立青葉楠高校生物部メンバー紹介

気がつけばもう2007年にupしてから,10年も更新してなかったんですね。
2014年に単行本が出たときに改めて高校の名前をつけたり(ブルーバックスにちなんだ名前なんで恒久的なものにするかどうか未だに決めてないんですけど)
一昨年にオリジナルメンバーの4人が進級して新入部員4人が加わっても全然あの古い絵の4人(&先生)のまま。ということで加筆更新。


◆3年生
170223 美可理.png部長
菊樹美可理
(きくのき・みかり)

生物に関することならなんでもござれのスペシャリスト。生物だけなら大学入試問題も過去問を趣味的に解きまくっている。小さい頃から山川野原を走り回って生き物の観察・採集してたことからフィールドワークもおまかせ。体力面でも抜群の生物部リーダー。気が短いところが玉に瑕
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます!2017

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

170101あけおめ萌生color.jpg

昨年も一昨年に引き続き各地の水族館・動物園・科学館を訪問しまして
楽しい時間を過ごさせてもらいましたが,アウトプットのほうも滞りなくupできるよう
頑張っていきたいと思います。

(やっぱり体力作りが必要かな…)

この年末は大晦日ぎりぎりでなんとか台所の掃除と床掃除をして,
足元が滑るつるっつるの感覚が久々に戻ってきて
小さな達成感を感じながら新年を迎えました。(^_^)
日頃時間の使い方が拙くてやれなかった事とか色々あったりしますけど
ポジティブにいきましょう。

「紅白歌合戦」「芸能人vs知識人クイズサバイバー」「ガキの使い笑ってはいけない科学博士」をザッピングしながら年を越し,明けたお正月の日中は爽やかな快晴でしたね。上のごあいさつイラストはそんな穏やかな正月当日の日和の中描いたものです。
松戸の自宅から富士山が見えるほど空気も澄んで冷たい風もなく,皆がこの天気のように穏やかに過ごせる1年になればと思うばかりです。


そんな1月1日の,うちのメダカ
170101 メダカ.JPG
よろしくお願いします!

冬は消化不良を起こすので餌はやらないほうがいいそうなんですけど室内で朝でも10℃以上ありますし,いつもこちらに向かって猛烈に餌を要求してきますし,この3匹の他に昨年生まれでまだ小さい子もいて少しでも成長したほうが冬を生き抜く確率が上がると思いますし,もし体に悪いなら食欲もそんなないだろうしということで,市販の餌を指で粉々にすりつぶしながら与えています。

そんなこんなで今年もよろしくおねがいいたしますm(_ _)m
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

【行ってきた】 井の頭自然文化園はヤマネコとリス!

関東に転勤してから早や9年になるのですが,まだまだ近場で行ってない動物園水族館が多いなあと思う日々。
そんな折,この週末から始まる東京文化財ウィークの一環として,人気の街吉祥寺にほど近い井の頭公園の井の頭自然文化園(井の頭動物園)で「ヤマネコ祭」をやるというので,これを機に初めて行ってみました。

https://twitter.com/InokashiraZoo/status/789727732863119360/photo/1

161029 井の頭動物公園 正門.JPG

井の頭動物園は国内のゾウの最長寿記録(69歳)を記録した「はな子」が今年5月に死亡して以来大形動物はおらず,一番大きい動物はニホンジカ(ホンドジカ,ヤクシカ),重さではミニブタくらいということで,カピバラ,ノウサギ,アナグマ,タヌキ,テン,マーラ,アライグマ,ペンギン,モルモット,フェネックといった小動物が数多く楽しめる動物園。敷地の木立の高さに歴史を感じるとともに,家族連れでにぎわいながらも騒がしくなくて気持ちのいいゆったりした雰囲気。

ここで飼育されているツシマヤマネコは,ベンガルヤマネコの1亜種で,
同園には別の亜種であるアムールヤマネコも飼育されています。
(よく混同されるのが悩みのイリオモテヤマネコもベンガルヤマネコの亜種とのこと)

161029 井の頭動物公園 ヤマネコ飼育員ガイド.JPG
「ヤマネコ祭」では,飼育員さんによるガイドや,元対馬野生動物保護センターでツシマヤマネコの調査・飼育に携わり今は写真家として独自に対馬でツシマヤマネコに関わり続ける川口誠さんの講演会があり,講演と質疑応答で1時間たっぷり話を聞かせていただきました。
実際には全然行けてないですけど,今,島に行きたくて,屋久島,佐渡,小笠原と並んで対馬もすごく行きたい島のひとつなんですよね。実行する可能性としては一番かもしれないくらい。

メイン会場の芝生広場ではヤマネコ関連段階の活動紹介展やヤマネコフェイスペインティングサービス,ヤマネコエアドームなど小さいお子さんから楽しめる催しが開催されていました。
161029 井の頭動物公園 ヤマネコ祭芝生広場.JPG

井の頭自然文化園で一般公開されているツシマヤマネコ「ノリ」はおとなしくて用心深い性格とのこと。
161029 井の頭動物公園 ツシマヤマネコ_ノリ.JPG
161029 井の頭動物公園 ツシマヤマネコ_ノリ2.JPG
161029 井の頭動物公園 ツシマヤマネコ_ノリ後頭部.JPG
夕方4時半に飼育小屋の戸を開けてもなかなか入らない,えさ(ニワトリの頭や馬肉など。野生ではネズミや昆虫なども食べるということで色々変えるようです)を与えるときもすぐ食べないとのことでしたが,この日は夕方になって急に冷え込んだせいかさっさと中に入っていきました。
毛の長さのせいで足が短くころっとした体形に見えるツシマヤマネコ,野生動物だけにイエネコのようには人に馴れないそうですが,隠れる場所の多い飼育舎ながらまずまずよく見る事ができて,なかなかかわいらしかったです。


この日お昼過ぎに着いて5時の閉館までいて,井の頭公園側の分園(水生物園)に行けずじまいなくらい時間いっぱいいて,それでもコウノトリとかニホンカモシカとか若干見逃した動物がいたりして,また見直しに来たい,見どころがたくさんあった動物園ですが,かわいい系の小動物や鳥類たちが揃う中,なんといっても見どころのイチ押しだったのは,「リスの小径」ですね!
161029 井の頭動物公園 リスの小径.JPG

名古屋の東山動植物園に行ったときも同じ形態のリス舎はあったのですが,ちょっと施設自体が大きすぎたのと,行ったタイミングのせいかリスの活性と密度がいまいちで全体的にリスが遠くて見つけづらい,リスが近くまでくることが少なくてそれも一瞬という印象でした。それに比べると井の頭自然文化園の「リスの小径」はスペースがほどよくコンパクトで,足元やすぐ近くの木の枝など見ている間近で動き回るリスたちが非常に多かったです。
161029 井の頭動物公園 日本リス.JPG161029 井の頭動物公園 ニホンリス3.JPG
カリカリカリカリ木の実をかじる音でリスがどこにいるかわかったり。
161029 井の頭動物公園 ニホンリス.JPG
リスたちは木の枝やえさ台に止まってえさを食べているとき以外,とくに地面にいるときはすごく頻繁に動いてじっとしていないので写真を撮るのはなかなか大変ですが,カメラやスマホを手にかわいいリスの姿を写真におさめる人や間近を走り回るリスを見つけて歓声や「見て見てー!」と声をあげるお子さんたちでめちゃめちゃ賑わっていました。

161029 井の頭動物公園 リスの小径2.JPG

かわいいリスたちの姿に興奮しきりのお姉さんの1人が帰り際に言った一言が印象的でした。

「やばい,一生見てられる」

ほんとそれ(^_^)。

公式サイトはこの東京ズーネットになります
 http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/
 ※上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海公園との共同ページ



フェネック3兄弟と井の頭便り (MARBLE BOOKS)
マーブルトロン

動物園で もふもふお世話中! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
きっか/KADOKAWA(2016年5月)

父が愛したゾウのはな子
現代書林

posted by ドージマ・ダイスケ at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

【漫画】25歳差のデート漫画?!『こづれ行楽!』

先日生き物関連マンガ『秘密のレプタイルズ』を紹介した流れで,続けてもう1本,今度は生き物施設マンガを。

当ブログ,ここ数年ほどメインコンテンツの漫画に比して水族館・動物園行ってきたレポートの比重が増えていますが,この漫画はまさに水族館・動物園紹介マンガ!
やられた〜〜〜〜〜!!


 こづれ行楽_表1.JPG
 こづれ行楽! 1 (芳文社コミックス)

 轍 平 / 芳文社

 →amazon
 →楽天ブックス

こづれ行楽_護.JPG
主人公の護(まもる)。天パーでさえなければもうちょっとモテると思っている
主人公はアパート暮らし・32歳独身の畑良木護(はたらぎ・まもる)。
ひょんなことから隣人美人の平和(ひらわ)さんから一人娘のまもりを預かることになり,まもりの好きな魚や変な生き物を見に週末ごとに各地の水族館を見物して回るというお話。

前回『秘密のレプタイルズ』について「これまでに例を見ない,爬虫類の飼い方というニッチなジャンルのド直球のハウツー漫画」と紹介しましたが,この『こづれ行楽!』も,あえてジャンルをつけて呼ぶなら実在の観光地を主人公が巡るガイドブック漫画といったところでしょうか。

しかし,そんな漫画,これまでグルメものや作者本人の珍道中を描いたエッセイ漫画以外にほとんど成立したことがありません!
あえて探すと,京都の風習や隠れた名所・名物を勝手知らない観光客に教えてくれる『はんなりギロリの頼子さん』くらいかなあ…。それでも主人公の頼子さんはタバコ屋さんから殆ど離れない,独特の切り口で描かれたシットコム的漫画ですから,本当にスタンダードな観光ガイド的漫画って,見た記憶がないです。


また,水族館のスタッフの目線から描かれた作品ですと,今年ドラマ化・コミック化もされた『水族館ガール』(小説が原作)のほか,『みずいろミュージアム』,週刊少年マガジン連載の『恋する水族マン』,すみだ水族館全面協力の『水族館で働くことになりました』などがありますが,これらは内部の話ということで舞台となる水族館がフィクションにならざるを得なかったりするわけです。


世間的に商品として成立する漫画作品にするには現実の水族館・動物園の紹介という要素は扱いが無理なのか…けっこう生ものだしなあ…そんで各館の見どころのおすすめも読む人に共感して貰えるかどうかセレクトが難ししなぁ…といったところに登場したのが画期的なこの作品!

ジブリアニメで食べ物が美味しく見える理由とか,グルメ漫画で料理を美味しく見せる必須条件として,食べ物そのものよりも,いかに登場人物が食べる姿をおいしそうに幸せそうに描くかが重要,という事が創作における必須のポイントとして知られていますよね。

とすれば,ガイドブック漫画を読んで楽しい作品として成立させるためには,主人公は単に自分が楽しむのではなく,一緒に行く人を楽しませる側に回ればいい!そのおもてなしの心とゲストとの交流がドラマになる!

じゃあ誰が誰と行く話にすると面白い?
主人公は水族館や動物園に詳しい人間?それとも素人?
ゲストは毎回違う人にする手もあるけど,同じ相手といろいろ巡って親密さを深めていく形がいいよなあ…。毎回違う場所に行くわけだし行くのは基本同じ人がいいよね。
水族館や動物園に行って,グルメ漫画の「おいしい!」に匹敵する感動を表現できる人ってどんな人?…水族館はデートスポットとしておすすめできる場所ですが,魚や変な生き物好きでかつ余計な知識を持たずに水族館で感激してくれるティーン以上の女の子というのは設定として難しい。

となると…
!!水族館や動物園って,そもそもファミリースポットじゃん!小さい子を連れて行けばいいんじゃん!

しかし,親が自分の子どもを連れて回るという設定では普通すぎて面白くもなんともない。一体だれが読むんだという話になるわけで,隣に引っ越してきた美人(シングルマザー)の子どもを預かる→本命はお母さんのほうでポイントを稼ぐために子どもを楽しませたい→一緒に過ごすと自分も楽しい という構図は,特殊であるがゆえに,あらゆる層により共感できたり愛おしくなったりと,作品の中に入りこみやすくなってるなぁと思います。

へんな動物という,ニッチでともすれば変人扱いされる趣味の楽しさを伝えるのに
『秘密のレプタイルズ』がペットショップ店員と客という普通の設定に,振り切りまくった爬虫類マニアのヒロインという特殊キャラクターを被せることで押し切っているのに対して
『こづれ行楽!』では平凡な30男にふつうの幼女という普通のキャラクターに他人同士の年の差デートという特殊設定を組み合わせて,幸せな時間に誘ってくれる。
好対照な2作品です。

ですがいかに設定が工夫されていても,登場人物に魅力がなければ読んで感情移入はしづらいわけで,この作品,ヒロイン(!)のまもりちゃんがかわいいですよね〜。
主人公の護と1字違いで「まもる」「まもり」のコンビ,感受性豊かで母親思い,思わぬところで涙ぐんだり落ち込んだりする一方で,生き物と素敵な出会いをしたときは「へまち!」と感嘆の決めゼリフをあげ,目を輝かせて喜ぶその姿に,愛おしいなあ,もっと楽しませてあげたいなあと護の目線になって見守りたくなります。
こづれ行楽_ほおお.JPGこづれ行楽_おおお.JPGこづれ行楽_上目.JPG

こづれ行楽_くわっ.JPGこづれ行楽_ぷーww.JPG

こづれ行楽_ぶるぶるぶる.JPGこづれ行楽_がーん.JPGこづれ行楽_じと.JPG


「へまち!」という決めゼリフ,『昇太の寿司』における審査委員長の柏手,マシオカさんでいうところの「ヤッター!」,小泉元首相の「感動した!」,ヒーロー物の必殺技みたいにストーリーのアクセントとなっていいですね。(この言葉の由来は,下記公式サイトの試し読みで確認してください)

こづれ行楽_まもり母.JPG
まもりちゃんのお母さん。異様に惚れっぽい(小動物に)
護にまもりちゃんを預けたお母さん,ほんわか美人で護も思わず一目惚れして無茶振りを引き受けてしまうわけですが,よくよく考えるとアパートの隣室に住んでいる独身男に初対面で小2の娘を預けるという,リアルに考えれば常軌を逸した行為ですよね(;^_^)。けど結果的に指名した相手が善人の塊である護だったわけだし礼儀や常識は普通にある人だし,まあ人を見る目があるということでいいんじゃないでしょうか。ある意味「落ち物」ヒロイン(突然主人公のもとへ空から降ってくるヒロイン)と考えれば違和感ないかw。

こづれ行楽&萌生.png

まもりちゃんが魚や爬虫類などへんな動物が好きなのに対してお母さんはその系統が苦手。でも哺乳類のかわいい系小動物は大好き(まもりは逆に毛が生えたやつは嫌い,だけどリスが好きなお母さんは好き)ということで,やがて水族館・爬虫類系以外の普通の動物園も巡っていくことになります。

1巻で護たちが訪問する施設は,初っぱなが沼津港深海水族館,次がiZOOという,東京からでも思い立って出かけるにはちょっと生きづらい立地。神奈川県在住なんですね(^_^)。この後,すみだ水族館京都水族館への遠征もはさみ,ズーラシアへと訪問していきます。

そして最初の話に戻りますけど,つくづく思うんですが,ガイドブック漫画って,紹介する場所の見どころとして何をピックアップするかが難しかったりしますよね。これが。
何十何百もの施設を回った動物園マニア,水族館マニアの人がおすすめするベスト10みたいな記事を読んでも「ああそうですか」としか思えないなんてこともあったりしますし。

第1話の沼津港深海水族館で紹介された生物は,ダイオウグソクムシ(でかい海底の掃除屋!),メンダコ(デリケート!),そしてシーラカンス!あとミステリークレイフィッシュの4種!
絞るなぁ〜。これだけでも水族館の魅力はだいたい伝わりますし,これらの生き物の特徴がうまいことストーリーにはまっているんですよね。
私だったらオオホモラを推したり「シーラカンスの脳は5g」とかいったコネタを掘り下げたりといった方向にどうしても行ってしまうんですよね〜。勉強です。

こづれ行楽_由菜.JPG第6話では,護は職場の社長に頼まれて,高2の娘さんに同行して京都まで行くことに。どんな頼まれ体質だ


週間漫画web こづれ行楽!

ニコニコ静画 こづれ行楽!


水族館で働くことになりました 日高トモキチ/KADOKAWA/メディアファクトリー
→amazon →楽天ブックス

みずいろミュージアム 1 (まんがタイムコミックス) あさみゆとり/芳文社
→amazon →楽天ブックス


漫画全巻セット一括購入


;「おすすめ本」カテゴリのほかの本

■関連記事
生き物関連マンガの話
 【漫画】爬虫類女子のド直球飼育漫画!『秘密のレプタイルズ』(2016年10月02日)
 【本】 生き物系同人誌2点「いきものずかんUnreleased(1)」「深海生物ファン目線の水族館ガイドブック」(2016年01月17日)
 『いきものずかん』を応援する(気があるのか)漫画をうpした。(2013年02月14日)
 本格派生き物雑学まんが!『いきものずかん』(2013年02月09日)
 研究者マンガ『ハカセといふ生物(いきもの)』を研究する(前)(2012年02月26日)
 『害虫女子コスモポリタン』単行本買いました(2012年03月30日)

爬虫類などエキゾチックペットの話
 【行ってきた】 無数のエキゾチックアニマルとムツゴロウさんトークも・東京レプタイルズワールド2015(2015年05月22日)
 【行ってきた】 アクアリウムバス2015初参戦(無料)(2015年04月28日)



posted by ドージマ・ダイスケ at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

【行ってきた】 札幌・円山動物園に廃墟を見た

「そうだ,北海道へ行こう」。ということで先週行ってきました北海道。
まずは到着初日,札幌郊外の山中にあるノースサファリサッポロに行ってきまして,
翌日は午前を札幌・円山動物園で過ごすことに。

160716 円山動物園 正門.JPG
見事に雨!
確かに降るって予報でしたけど,北海道って梅雨とかあまり関係ないと思ってたんですけど…

そして,アクセス以外は全く事前下調べゼロで来たわけですけど
ここ数年の間に施設を総建て替えする運びのようですね。
おかげで,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

【行ってきた】 浅草でカエルアート展

6月も下旬の今週末,浅草でカエルアート展が行われました。金曜の夜にtwitterでそのことを知り,街中に出るついでの用事もつくって行ってきました。

50組以上のかえる作家さんたちが一堂に会しての展覧会。
ご本人も来場して交流するなどまさにサロンといった感じでした。

twitterでもUpした写真ですが,会場の様子,上げておきますね。

160625 かえるアート550_1.JPG

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 15:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

【1p】生存曲線の3タイプ

この週末,強烈な寒波に襲われるとの予報で戦々恐々としていましたが
私の住んでるあたりは冬晴れのおだやかな土日でした(放射冷却で気温は冷え込みました)。
それにしても九州など西日本は例年にないものすごい大雪になったようですね。
奄美大島で115年ぶりの雪とか,台湾でも60年ぶりの雪が降ったとか。

それはそれとして昨日Upしました生存曲線の話ではグラフは2本でしたが
ふつう教科書では描かれているグラフは3本ですよね。
その種類について確認してみましょう(^o^)/

moebio160125_生存曲線3type_1-1.png

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

2015年推し魚5 (後半)

2015年の最後のエントリで,「今年印象に残った魚」ベスト5として
時間切れでまず,ファイアスパイニーイールフライングガーナードの2種を紹介しましたが
http://ddaisuke.seesaa.net/article/431908387.html
残り3種を遅ればせながら順次上げていきたいと思います。
よろしくです。

コンゴウフグ
2015推し魚コンゴウフグ.png
水族館界の超人気子役,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 12:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます2016(お年玉イラスト付き←ブログ主への)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて年始早々,個人的にうれしいお年玉がいただけましたのでここにうpしちゃいたいと思います。
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年 今年もお世話になりました。当ブログ3大ニュース&推し魚5

とうとう今年も12月31日,最後の日となりました。
当ブログにお越しいただきました皆さん,拙著をお買い上げいただいた皆さん,本当にありがとうございました。

今年1年を振り返りますと,3大ニュースとしては

(1) スタート8年にして生物部キャラが全員進級,新入生が4人入部
(2) 水族館巡りを加速,福島県から愛媛県まで範囲を伸ばす
(3) 拙著を愛媛県立今治西高等学校が補習テキストに採用,日本生物学オリンピックでメダル2個獲得

といったところでしょうか。当ブログの生物漫画から単行本が講談社からついに刊行された2014年と比べるとすごくおとなしい出来事ばかりですね(;^_^)。
もとからフットワークの軽い人にはいつものことでニュースでも進歩でもない話ですけれど,私にとっては一応のニュースということで。

そんなドージマ・ダイスケの1年,いろいろ水族館でいろいろな水族を見てきたわけですが,
その中で印象に残った生き物をピックアップしてみました。
5種類選んだのですが,時間の関係でとりあえず2種類をうp。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

【行ってきた】 横浜中華街にお子様の知的好奇心が炸裂?!ヨコハマおもしろ水族館

この秋の水族館レポートは
昨年にも行ったことのある新江ノ島水族館,沼津港深海水族館,年パス持っているすみだ水族館とサンシャイン水族館,初めて行ったところとしてあわしまマリンパークを上げてまいりましたが
【行ってきた】新江ノ島水族館とチームラボのコラボがすごかった
【行ってきた】沼津港深海水族館に1年ぶりに行ったらグレードアップしてた(2015秋)
【行ってきた】「1111」すみだ水族館チンアナゴの日
【行ってきた】 「へんないきもの展2」開催中のサンシャイン水族館は本館にも超レアなあれがいた!
【行ってきた】 無人島に日本一のカエル館・あわしまマリンパーク

初めて行ったところとして,先日ヨコハマおもしろ水族館ヨコハマ赤ちゃん水族館併設)にも行ってきましたので書きたいと思います。
さかなクンの頭部にあたるハコフグを見かけないのは何故か問題で,私からの問い合わせに答えてくれた数少ない水族館にもかかわらずまだ行ったことがないというのは申し訳ないということで年内に足を運ぶべし!と思ったのがきっかけ。

私はJRが便利なので石川町駅から西の延平門経由で横浜中華街へ。
水族館があるチャイナスクエアは中華街の中心よりややこちら側ですね。
151229 ヨコハマおもしろ水(1).JPG
善隣門を入ってすぐのところを中華街通りから少し奥に入ったところのビルの3階にそれはあったのだった。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

【行ってきた】 「へんないきもの展2」開催中のサンシャイン水族館は本館にも超レアなあれがいた!

この週末,東京・池袋のサンシャイン水族館に行ってきました。
『へんないきもの展2』が開催中で,私もtwitter投稿企画に挑戦したりしてるんですけど,まだ行ってなかったんですよね。

サンシャイン水族館×早川いくを
へんないきもの展2 〜さらなる衝撃と脱力〜

http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/heniki2/
2016年1月31日(日)まで開催

けっこう写真撮る人多かった顔ハメ看板。力の入ったタッチですね。
これ,写真撮ったら飛び出て見えるトリックアートになるんじゃないですか。
151219 サンシャイン水 へんないきもの顔ハメ看板.JPG

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

『マンガ生物学に強くなる』採用校(補習で)・今治西高校に行ってきた

前回のエントリでは愛媛県まで大遠征して伊予長浜の「長高水族館」を取材させてもらいましたが,このシルバーウィークは,続けて同じ愛媛県の西側から東側へ移動し,県立今治西高等学校を訪問,生物部顧問の中川和倫先生にお会いしてきました。

こちらは先日のエントリでも紹介しました,8月の日本生物学オリンピック(以下生物五輪)本戦に2人を送り込み,金賞(トップ10)と銅賞(40位以内)のメダル2個獲得の快挙を成し遂げた学校。これは学校別では灘高,桜蔭高,海城高に次ぐ成績で,中川先生が着任された2012年から毎年本戦出場者を送り出す四国随一の存在となっています。

その生物五輪対策の補習で拙著『マンガ生物学に強くなる』がテキストとして使用されたという情報を掴んだ私は,中川先生にアポイントをとり,このシルバーウィークを利用して先週日曜の9月20日,今治西高校を訪れたのでした。

【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!
http://ddaisuke.seesaa.net/article/425066100.html


連休2日目の日曜日ながら生物実験室には数人の1年生部員が。
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

【行って来た】 アクアマリンふくしま

今まさに国際生物学オリンピックが行われ(デンマーク・オークフ),この週末には日本生物学オリンピックの予選がスタートするという日本の夏・北半球の夏がやってきましたが,皆様いかがおすごしでしょうか。
前回は先週の金曜に茨城県大洗水族館アクアワールドに行った話をupしましたが,続けてアクアマリンふくしまにも足を伸ばしてきました。それまでの梅雨空から一転,2日連続の快晴です♪

大洗から常磐線水戸駅まで引揚げて一泊。アクアマリンふくしまの最寄駅は特急停車駅の泉駅。
いちおう電車の到着時刻とリンクしているのだと思いますが,泉駅からのバスは1時間に2本程度です。
150711AM福島00支所入口.JPG
バスは10数分乗って「支所入口」バス停で下車。アクアマリンふくしまと全く関係ない名前でわかりにくいですが
150711AM福島01看板.JPG
水族館と徒歩10分も離れているならやむなしですね。
大洗水族館も福島水族館も,車で来た方が圧倒的に便利なアクセスになっていますね。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

【行って来た】 アクアワールド茨城県大洗水族館

昨日,茨城県大洗水族館アクアワールドに行って来ました。
今月に入って梅雨が本格化したようなぐずついた天気が続いていましたが,見事晴天に恵まれました♪

150710 大洗01 大洗鹿島線.JPGJR常磐線水戸駅から8番ホーム大洗鹿島線に乗り換え(日中は1時間にだいたい2本)。無人駅もあることから乗務員さんが精算もするバス的な方式なんですね。150710 大洗01 大洗鹿島線2.JPG

150710 大洗02 循環バス.JPG
大洗駅からはすぐ前で待っている海遊号(巡回バス・アクアワールド大洗ルート)に。大人100円。安っ!1日フリーパスは200円で水族館などの割引券もついているのでそちらを購入。こちらも1日12便で1時間にほぼ2本。電車の便に合わせている感じなのでスムーズに乗り継ぎできると思います。 
※マリンタワーやアウトレットに向かう「大洗サンビーチルート」はアクアワールドに行きませんので注意。

そして来ました,アクアワールド・茨城県大洗水族館。続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

【行って来た】 科博特別展「生命大躍進」

150707_生命大躍進01入口.JPG
東京上野の国立科学博物館で7/7(火)から特別展「生命大躍進」が始まり,早速行って来ました。
NHKでNHKスペシャル「生命大躍進」が3回シリーズで放送されたり,アニメ「ピカイア」が始まったり,他にも関連番組がいくつか放送されるなど,NHKとのタイアップ企画です。


続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

【4コマ】 新入部員(4) 滝口ユウキ

生物部の面々が進級しまして,新入部員が4人入りました。
いよいよそのラスト。

次項有前回を読む
新入部員4-1.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

【4コマ】 新入部員(3) 明元ひかる

生物部の面々が進級しまして,新入部員が4人入りました。
今回はその3人目。男子です。

次項有前回を読む
新入部員3-1.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

【4コマ】 新入部員(2) 戸嶌晴香

前回のupから3日経ってしまいましたがいちおう毎日ちょっとずつ作業は進めているんです。ちゃちゃっと描いて毎日twitterとかでupしている人がたくさんいるのに要領が悪くて恥ずかしい限りですが,効率よくやれるよう努めてまいります。
さて,このたび生物部の面々が進級しまして,新入部員が4人入りました。
今回はその2人目。

次項有前回を読む
新入部員2-1.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

【4コマ】 新入部員(1) 西崎肖子

はい,昨日upしました漫画で,生物部の面々が進級しまして,新入部員が4人入りました。
どんな1年生なのでしょう。

前回を読む
新入部員1-1.png
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人