2020年01月19日

【行ってきた】ペンギン!マンボウ!志摩マリンランド

前回のエントリで伊勢シーパラダイスに行ってきた際の話と写真をupしましたが
三重県つながりで,昨年初訪問していながらupしそびれていた
志摩マリンランドの写真を上げておきたいと思います。


200119志摩マリンランド_01_190331o (6)前景.JPG
近鉄賢島駅から徒歩2分!
「伊勢神宮参拝きっぷ」がお得だったので利用しました。
 ※前売りのみで当日は購入できないので注意

200119志摩マリンランド_02_190331o (8)入ったところ_ペンギン島と水族館.JPG

入場するといきなり眼前に広がるのがペンギンたちの飼育展示「ペンギン島」。
200119志摩マリンランド_10_190331p (61)ペンギン島.JPG

ここで見られるペンギンは2種類。


フンボルトペンギン

200119志摩マリンランド_11_190331p (1)フンボルトペンギン.JPG

泳ぐフンボルトペンギン
200119志摩マリンランド_15_190331p (17)フンボルトペンギン_泳ぐ.JPG

フンボルトペンギンのお食事タイム
200119志摩マリンランド_16_190331p (158)フンボルトペンギン_えさやり.JPG

200119志摩マリンランド_17_190331p (159)フンボルトペンギン_えさやり.JPG

投げられた魚をキャッチするフンボルトペンギン
200119志摩マリンランド_17-2_190331p (164)フンボルトペンギン_えさやり_キャッチ.JPG

フンボルトペンギンのお散歩タイム
200119志摩マリンランド_18-1_190331p (136)フンボルトペンギン_おさんぽ.JPG

200119志摩マリンランド_18-2_190331p (102)フンボルトペンギン_おさんぽハードル.JPG

200119志摩マリンランド_18-3_190331p (113)フンボルトペンギン_おさんぽ.JPG

志摩マリンランドのフンボルペンギンは近鉄とのコラボ「ペンギン列車」の企画を10年にわたって開催しています。


■そしてもう1種類がケープペンギン

200119志摩マリンランド_21_190331p (49)ケープペンギン.JPG

泳ぐケープペンギン
200119志摩マリンランド_22_190331p (24)ケープペンギン_泳ぐ.JPG


200119志摩マリンランド_25_190331p ケープペンギン4コマ.JPG

つがうケープペンギン
200119志摩マリンランド_26_190331p (30)ケープペンギン_巣のつがい.JPG

キングペンギンがいる(いた)という情報も見られますが現在はこの2種類です。


■水族館屋内に入ると,魚をじっくり見られる展示で,魚たちともよく目が合いました。
200119志摩マリンランド_30_190331o(19)水族館.JPG

入口近く,順路の冒頭「古代館」
ポリプテルス,ロングノーズガー
200119志摩マリンランド_34_190331正面顔o834ポリプテルス_828ロングノーズガー_846豪州ハイギョ_849アミア.JPG
オーストラリアハイギョ,アミア


エビスダイ  コガネシマアジ
200119志摩マリンランド_31_190331o262エビスダイ_78コガネシマアジ_78ハタタテダイ_39テングハギ.jpg
ハタタテダイ  テングハギ

ゴンズイ  コクテンフグ
200119志摩マリンランド_33_190331正面顔o172ゴンズイ_213コクテンフグ_143ネンブツダイ_130クエ.jpg
ネンブツダイ  クエ

ユメカサゴ  シマソイ
200119志摩マリンランド_33_190331正面顔o258ユメカサゴ_249シマソイ.JPG

ヘラヤガラ  トラザメ
200119志摩マリンランド_36_190331正面顔o62ヘラヤガラ_806トラザメ.JPG

アケボノハゼ  ハマクマノミ
200119志摩マリンランド_37_190331正面顔o555アケボノハゼ_337ハマクマノミ_116コバンザメ_363オニオコゼ.JPG
コバンザメ  オニオコゼ



●屋内エリアの中心で1階から2階を貫き,約2500匹の大形魚が泳ぐ回遊水槽。
200119志摩マリンランド_30_190331o(18)水族館.JPG

200119志摩マリンランド_40_190331o(444)回遊水槽_海女餌やり.JPG
「海女の餌やり」が生き生きとした魚の行動を引き立てていました。
200119志摩マリンランド_41_190331o(456)回遊水槽_海女餌やり.JPG


●タッチング水槽のフロアは,
定番のヒトデ・ウニやエイなどのほか,イヌザメ,トラザメ,クラカケトラザメ,アオウミガメなど。
ドクターフィッシュ・ガラルファ水槽も
200119志摩マリンランド_62_190331o (720)アオウミガメ_タッチプール.JPG

200119志摩マリンランド_61_190331o (727)クラカケトラザメ_タッチプール.JPG


●平成最後の年ということで,こんな企画もやってました。
200119志摩マリンランド_65_190331o (703)水族館で振り返る平成の時代.JPG
「水族館で振り返る平成の時代」

どういうことかというとこんな感じ
200119志摩マリンランド_66_190331o(666)平成きんさんぎんさん他.JPG

200119志摩マリンランド_67_190331o (663)平成伊勢志摩サミット.JPG

200119志摩マリンランド_67_190331o (654)平成を振り返る_サラサゴンベ・シマヒメヤマノカミ.JPG


●「淡水魚・希少魚コーナー」は金魚や地元の淡水魚,希少種を展示。
200119志摩マリンランド_72_190331o(761)高校コーナー.JPG
ギンブナ・オイカワ・ヌマムツ・アブラボテ・シマドジョウ・ヤリタナゴ・ヒナモロコ・アユモドキ・ネコギギ・カワヒガイなど

三重県立水産高等学校 生物部とのコラボコーナー
200119志摩マリンランド_72_190331o (736)高校生水族館.JPG

200119志摩マリンランド_73_190331o (753)アユモドキ.JPG
アユモドキ


●マリンランドの看板でもあるマンボウは順路の最後「マンボウ館」にて。
200119志摩マリンランド_75_190331o (762)マンボウ.JPG

200119志摩マリンランド_76_190331o (766)マンボウ.JPG


200119志摩マリンランド_71_190331o(782)大脱走した奇跡の金魚.JPG
「大脱走した奇跡の金魚」
200119志摩マリンランド_78_190331o (780)大脱走した奇跡の金魚.JPG


200119志摩マリンランド_80_190331oo (867)展望.JPG
最後には英虞(あご)湾に臨む屋上展望所も。


マンボウの泳ぐ水族館 志摩マリンランド
SHIMA MARINELAND

https://www.kintetsu.co.jp/leisure/shimamarine/

オプション体験でバックヤードツアー,ペンギンタッチあり(要メール予約,各300円)
ほか団体向け企画も。















posted by ドージマ・ダイスケ at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

【行ってきた】ふれあいレベル高すぎ!伊勢シーパラダイス

もう1月も半分を過ぎて下旬近くなってしまいましたが
年始に行ってきた水族館の報告♪

愛知県犬山市の日本モンキーセンターに続いて,
2020年2発目の今回は三重県伊勢市二見江の
伊勢シーパラダイス

最寄り駅JR二見浦駅から続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:24| 東京 🌁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

【行ってきた】2020年年初一発目は日本モンキーセンター

私,昨年の動物園・水族館訪問は

葛西臨海水族園
サンシャイン水族館
鴨川シーワールド☆
油壷マリンパーク☆
大阪海遊館
志摩マリンランド☆
埼玉県こども動物自然公園☆
須磨水族館
マクセルアクアパーク品川
京都水族館
花園教会水族館☆
小諸市動物園☆
アドベンチャーワールド
京大白浜水族館☆
(☆は初訪問)

と,アドベンチャーワールドを除いても水族館が11/14を占める比率になったのですが
今年の園館訪問は,
202001 犬山モンキーセンター_01_0103s (2)入園ゲート.JPG
日本モンキーセンター(愛知県犬山市)から。

私,尾張は続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

あけましておめでとうございます<令和2・2020>

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年,令和2年 西暦2020年はネズミ年ということで
ネズミとネズミと名のつく動物の写真をupして本年最初のエントリとしたいと思います。


カピバラ

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

熱かった!エンリッチメント大賞2019(4)葛西臨海エトピリカ&長野飯田市ニホンカモシカの環境改善

『エンリッチメント大賞』2019年表彰式・受賞者講演会のレポート,
(1)全体の流れ
(2)秋田大森山動物園のトナカイ放牧等エンリッチメント
(3)福岡県大牟田市動物園の屠体給餌
について,紹介しましたが
締めくくりとしまして,外部提携が重要な役割を果たした取り組みについて,
ツイートで紹介した内容に補筆して紹介したいと思います。


■大賞(技術賞)■
海鳥の遊泳を促す採食エンリッチメント

191231エンリッチメント大賞030_1207(33)概要スライド_葛西臨海水族園.JPG

葛西臨海水族園 野島大貴さん
191231エンリッチメント大賞031_1207 (53)表彰_葛西臨海水族園_野島大貴さん.JPG


191231エンリッチメント大賞050_1207 (188)スライド_葛西臨海水族園_海鳥_遊泳を促す採食_0000 - コピー.JPG

191231エンリッチメント大賞051_1207 (190)スライド_葛西臨海水族園_海鳥_遊泳を促す採食_0000 - コピー.JPG

取り組みの対象となった課題は
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱かった!エンリッチメント大賞2019(3)駆除動物をご馳走に―大牟田市動物園の屠体給餌!

『エンリッチメント大賞』2019年表彰式・受賞者講演会のレポート,
(1)全体の流れ,(2)秋田大森山動物園のトナカイ放牧等エンリッチメント
について,紹介しましたが
続きまして,大森山のトナカイに劣らず多くのマスコミに取り上げられた
あの取り組みについて,ツイートで紹介した内容に補筆して紹介したいと思います。


■大賞(インパクト賞)■
Wild meǣt Zoo〜駆除された動物を動物園のご馳走に

191231エンリッチメント大賞001_1207 (32)概要スライド_大牟田市動物園.JPG

福岡県 大牟田市動物園 伴和幸さん
191231エンリッチメント大賞002_1207  (50)表彰_大牟田市動物園_伴和幸さん.JPG

「ゾウはもう飼いません」宣言など,
動物福祉重視の路線で注目を集めている大牟田市動物園。
同動物園も特別な園だったわけではなく,そこに至るまでにはやはり
集客重視の取り組みと,そのために行ったリニューアルも
ホワイトタイガー誘致も来園者増が長続きする対策にはならず
閉園も検討された末に選ばれた道だったのでした。
191231エンリッチメント大賞010_1207 (153)インパクト賞_スライド_大牟田市Zoo_推移 - コピー.JPG


大牟田市動物園『今後、ホワイトタイガーは飼育しません。』
→その理由から動物達が現在抱えている課題や動物達への思いが伝わってくる〜Togetter
https://togetter.com/li/1234102


●そんな大牟田市動物園の今回受賞の取り組み。
191231エンリッチメント大賞011_1207 (157)インパクト賞_スライド_大牟田市Zoo_野生のエサ - コピー.JPG

野生のライオンは獲物を倒さないと食べられない。
毎日食べられるなんてことはないし
ありつけたとしても毛皮や骨付きの状態から食べないといけない。

191231エンリッチメント大賞011_1207 (158)インパクト賞_スライド_大牟田市Zoo_飼育のエサ - コピー.JPG

動物園の肉食動物は食べやすい肉を与えられているが,
自然の習性や体の機能に合わず,ストレスを与え
行動のレパートリーの少なさといった
多くの飼育動物に異常行動が発生する結果になっている。


●海外ではオオカミやコンドルにシカ1頭,ウシ1頭まるごと与える
「屠体(とたい)給餌」が行われ,
異常行動の減少等の効果が得られたという報告があるが,
いざここで試みようと食肉業者に問い合わせても,
「子牛1頭というような注文は扱っていない」と断られる。

一方で,今の日本には増えすぎた野生動物の獣害問題が。
農作物の被害が年間100億円以上。
駆除される動物がシカとイノシシだけで合わせて110万頭以上。しかもその9割は廃棄。

家畜と比べて可食部が少ないので採算がとれない。
191231エンリッチメント大賞011_1207 (160)インパクト賞_スライド_大牟田市Zoo_gaiju - コピー.JPG

この2つの問題をマッチングできないだろうか?
Wild meǣt Zoo設立。
191231エンリッチメント大賞013_1207 (161)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_WildMeatZoo_ - コピー.JPG

「meǣt」は,お肉のmeatと「出会う」meetをかけた造語。

●駆除した動物をまるごとライオンに与えたら大喜びでしょう。
やればいいじゃん。
シンプルな話だと思うでしょ? 
そうじゃないわけです。

191231エンリッチメント大賞014_1207 (162)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_kujonikushori_ - コピー.JPĴĴĵĥG
感染症対策。野生動物はエサも環境も全く管理されていないので
寄生虫や細菌・ウイルスを持っている可能性がある。

それは飼育動物だけでなく飼育員の健康や生命にも関わる問題。
対策:
銃弾が体内に含まれていたら鉛害の危険があるので
ワナで捕らえた駆除動物に限定し
→食肉加工場で処理。感染リスクの高い頭や内臓を除く
→中心温度63℃30分低温殺菌。


●そして,やるからには一方的な自己満足で終わってはいけない。
動物のQOL改善につながっているのかちゃんと調べ検証しないといけない。
191231エンリッチメント大賞015_1207 (165)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_検証_ - コピー.JPG

191231エンリッチメント大賞015_1207 (166)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_検証_ - コピー.JPG

→行動パターンは広がった。採食時間は…9月の屠体給餌で激減?!
カメラの死角に運んでいってしまってたのですね(;^ω^)
※行動グラフの「欠測」に該当
ビデオでは大喜びでジャンプしたり
食べ始めるまで時間をかけたりしている様子が捉えられていました。
191231エンリッチメント大賞015_1207 (167)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_検証_ - コピー.JPG

191231エンリッチメント大賞015_1207 (168)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_検証_ - コピー.JPG


●そして,現代の動物園は教育の場という役割も強く求められているわけですから
この屠体給餌が残酷ショーになってしまってはいけない。
来園者の前でやるべきか否か
やる際にはこの取り組みの意味を伝え理解を得ないといけない。

191231エンリッチメント大賞016_1207 (173)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_anke_ - コピー.JPG
アンケート結果(n=105)
残酷だと感じた:8%
積極的に公開すべき:86%d
子どもに見せたいと思う:78%

191231エンリッチメント大賞016_1207 (174)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_anke_ - コピー.JPG
この取り組みは重要だと思う:86%
動物の魅力を高めると思う:94%


●いいことづくめのような「Wild meǣt Zoo」。
しかし,肥育された家畜ではなくもともとは廃棄される存在だった駆除動物だからといってタダではない

191231エンリッチメント大賞017_1207 (176)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_高額.JPG
逆に,鶏肉の10倍もの原価がかかってしまうのですね。

191231エンリッチメント大賞017_1207 (177)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_高額.JPG
というわけで,大牟田市動物園は寄付を募っています。
1口たったの13000円!地方競馬の冠レースを買うような気分でどうでしょう?

屠体プレゼント募金
by 西日本メンテナンス株式会社(大牟田市動物園指定管理者)
https://omutacityzoo.org/support#fifth



●動物への好結果,来園者にも理解され好評を得て
情報発信の効果も順調に得られ,
他園への波及も進んでいるこの取り組み。
今後もますます広げていきたい―という発表でした。

情報発信
191231エンリッチメント大賞018_1207 (180)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_jouhou - コピー.JPG
2017年末以降
発表25回・メディアによる紹介23件・論文発表6本

実施園館の広がり
191231エンリッチメント大賞018_1207 (182)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_hirogari - コピー.JPG
京都市動物園…トラの日プレゼント
九十九島動植物園森きらら…ライオンの誕生日を記念してプレゼント
豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)…食べ残しもクロハゲワシがおいしくいただきました

さらに広めるために
191231エンリッチメント大賞018_1207 (183)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_manual - コピー.JPG
安全で誤解のない効果的な実戦→マニュアルの整備
(1)屠体処理…捕獲,解体,衛生処理など
(2)屠体給餌…給餌,観察,効果測定など
(3)教育イベント…看板,ガイド,アンケートなど

動物園の役割とWild meǣt Zooはマッチしている!
動物園にインパクトを与える取り組み!
191231エンリッチメント大賞018_1207 (185)インパクト賞_スライド_大牟田市動物園_manual .JPG
動物福祉…採食時間の延長,行動レパートリー増加
娯楽…生き生きとした展示
保全…獣害問題(生態系被害)
研究…行動観察,アンケート調査,細菌数調査
教育…来園者,大学・専門学校生の授業,卒研

 大牟田市動物園 サポーター募集(個人1口1年2000円)
http://www.city.omuta.lg.jp/kankou/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=7965
https://omutacityzoo.org/supporter

その他,Amazonほしいものリスト寄付など支援の方法は5つあります
https://omutacityzoo.org/support


“動物の幸せ”が集客に:
「ゾウはいません」と掲げる動物園が、閉園危機から復活できた理由
〜ITmedia ビジネスオンライン「稼ぐ戦略」
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/26/news012.html



●市民zooネットワークHP
 http://zoo-net.org/

エンリッチメント大賞2019
 http://zoo-net.org/enrichment/award/2019/index.html

サポーター募集(年1口3000円)
 http://zoo-net.org/about/supporter.html

今回のイベントも20人以上の学生スタッフが参加していましたが
市民zooネットワークでの活動は動物園や水族館への就活にもけっこう生きるそう。
現場を知る人たちとの交流で厳しさを知った上で就職するので
あこがれの仕事と現実とのギャップに心折れてしまうような人は
まずいないとのこと。飼育スタッフに就職就業したい若者はぜひ
市民zooネットワークに参加してみてはいかがでしょうか。

 

 映画「いのちスケッチ」OFFICAL BOOK「FACING LIFE」
ザメディアジョン
※2019年11月15日全国公開の大牟田市動物園を舞台にした映画。
主演:佐藤寛太(劇団EXILE)、監督:瀬木直貴



 
    











posted by ドージマ・ダイスケ at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

熱かった!エンリッチメント大賞2019(2)柴田典弘さんとトナカイ

前回は『エンリッチメント大賞』2019年表彰式・受賞者講演会
流れや出来事について,紹介しましたが
続きまして,受賞した園館の取り組みについて,ツイートで紹介した内容に補筆して紹介したいと思います。

まずは,当日の授賞式全体の流れについて。


■大賞(総合評価賞)■
 「トナカイの放牧飼育を含むエンリッチメント」
191221エンリッチメント大賞2019_011_1207 (31)概要スライド_大森山動物園0000 - コピー.JPG

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

熱かった!エンリッチメント大賞2019(1)

ツイッターではざっとお伝えしましたが,
さる12月7日に行われました
『エンリッチメント大賞』2019年表彰式・受賞者講演会について,
より詳しい情報も加えて このブログにもupしたいと思います。

まずは,当日の授賞式全体の流れについて。

191221エンリッチメント大賞2019_001_1207 (10)東大弥生.JPG

会場は東京大学の続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

【行ってきた】 かはくミイラ展 「永遠の命」

夏の期間またも大人気を博した『恐竜博2019』が開催された国立科学博物館(科博)で現在行われている『特別展ミイラ 「永遠の命」を求めて』行ってきました。

191215科博ミイラ展01_191215o (3)_0000.JPG

会場内は撮影等禁止。
191215科博ミイラ展05_191215o (5)_禁止事項.JPG
物理的にもデリケートですからストロボなどの光や振動なども避けたいところですし
人のご遺体という点でもデリケートですからしかたないところではあります
(図録への掲載や展示自体どういうことなのかという話でもありますが)

というわけで,
会場で目に耳にした情報についてだらだら書いていきたいと思います。

音声ガイドは大沢たかおさん。
解説映像のナレーションはおそらく大塚明夫さんでしょうか。
ミイラという題材なのに生命力にあふれたイケボナレーションです。



展示順は,まず続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 16:38| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

【行ってきた】サンシャイン水族館・VRさかなクンの秘密ラボ

12月に入り,すっかりクリスマス仕様のサンシャイン水族館。
191203サンシャイン水1130_00 (10)クリスマス展示.JPG

11月頭から始まって,もう会期の半分くらいに達してしまいましたが
サンシャイン水族館の特別展会場で行われている
『さかなクンと秘密のラボ』 行ってきました。

入場受付でチケット購入。
VR体験ありということで時間入れ替え制ですね。
私が行ったときは待ち時間なしで入れました。
191203サンシャイン水1130 (1)さかなクンラボ_チケット.JPG



まずはラボの前半部分「さかなクンの研究室」
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:43| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

【行ってきた】南紀白浜2019(4) アドベンチャーといえばいろいろ!

10月下旬,南紀白浜へ行った話,完結編♪

その(1)…白良浜・千畳敷・三段壁・京大白浜水族館
その(2)…アドベンチャーワールド<ペンギン編>
その(3)…アドベンチャーワールド<パンダ編>

南紀白浜遠征,アドベンチャーワールド体験感想,前エントリでペンギン,パンダときて,最後にほかの見どころをいろいろと。


入園口から一番近い「ペンギン王国」の1階,キングペンギンひなの隣には
今や日本では飼育頭数1ケタの希少動物であるラッコが。
20191109_白浜アドベン-10-1021o (59)ラッコ.JPG
日本動物園水族館協会所属の施設では
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

【行ってきた】南紀白浜2019(3) アドベンチャーといえばパンダ!

10月下旬,南紀白浜へ行った話の続編♪

その(1)…白良浜・千畳敷・三段壁・京大白浜水族館
その(2)…アドベンチャーワールド<ペンギン編>

南紀白浜遠征,アドベンチャーワールド体験感想,前エントリでペンギンについてざっと紹介しましたところで,次はいよいよパンダ回^^。

入園からまっすぐ前進し続けると最初に到達する建物が「ペンギン王国」。
入園してエントランスドームを抜けたところで右に曲がると,同じくらい進んだところに見えてくるのが
「パンダラブ」(PANDA LOVE)です。
20191025_白浜アドベン40-1020o (233)パンダラブ.JPG

私が行った日にここで見られたのは,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

【行ってきた】南紀白浜2019(2) アドベンチャーといえばペンギンじゃ!

10月下旬,南紀白浜へ行った話の続編♪

その(1)…白良浜・千畳敷・三段壁・京大白浜水族館

南紀白浜&生き物といえば,なんといっても世界レベルの展示動物がいる
白浜アドベンチャーワールドですよね。
20191025_白浜アドベン00-1020o (1)自動車入口.JPG

アドベンチャーワールドといえば,
上野動物園なんか目じゃない繫殖実績と現飼育頭数を誇るパンダ

という人が多いと思いますが,
ペンギン推しの私としては,まずはここにしかいない
エンペラーペンギン(コウテイペンギン)のひなを見て,他のすべてはそれから
という行程になります。

エンペラーペンギンがいるのは国内では名古屋港水族館とアドベンチャーですが
繁殖に成功しているのはアドベンチャーのみ
20191025_白浜アドベン1020-1o (11)エンペラー生れました.JPG
しかも続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

【行ってきた】南紀白浜2019⑴ 白良浜・千畳敷・三段壁・そして白浜の水族館といえば

先週末,南紀白浜に行ってまいりました^^
20191025_南紀白浜01_白良浜0-1020s (2).JPG

もちろん生き物関係の遠征ですが,若干の空き時間もあり
普通の観光名所も行ってきました。
まずは白浜の象徴,白砂のビーチ・白良浜(しららはま)。
日曜の朝に白良浜到着,町が動き始めるまでぶらぶらと。


20191025_南紀白浜_白良浜1020 (11)砂.JPG
「裸足で歩こう」がモットーのきれいな白砂ですが,
漂着物にも気が向いてしまうのが生き物好きの性
20191025_南紀白浜_白良浜1020 (13)漂着物.JPG

で,砂浜行くと,小さい穴があいてるの
見かけるときありますよね。
20191025_南紀白浜_白良浜2-1020 穴-tile.jpg

直径1cm以上,大人の指が入るくらいで,誰か棒でも突っ込んで開けた穴?
って思ったりもしますけど,掘り出された砂の跡が,
人工的じゃないよね,誰か中に住むために掘ったよね という生活感
朝の,あまり人に踏まれていない浜だからこそ見やすい証拠かも。

で,何がいるのかどうしても気になって,
ちょっと掘ってみたりしたのですが
(ほんの数分だけどちょっとじゃない)

20191025_南紀白浜_白良浜3-1020 (24)カニ.JPG
中にいたのはこんな子でした^^
カニは横歩きするものというのが世間一般の常識かなと思いますけど,
この子は前に向かって猛ダッシュして,その速さに驚きました。

20191025_南紀白浜_白良浜3-1020 (25)カニ.JPG
こうやって見てみると,
前から後ろに足を動かしても足同士が邪魔にならないつきかたをしていますね。
腹ばいになったときに足が平たくなっていて少しずつ上下にずれています。


やがて白良浜の中ほどに行きつくとそこにあったのは
ビーチサイド足湯
20191025_南紀白浜01_白良浜0-1020s 足湯(1).JPG
有料の温泉なのですが,秋冬の季節は無料の足湯に。
朝10時から(お湯が入り次第)。休みの日もあるので注意
20191025_南紀白浜01_白良浜0-1020s 足湯(2).JPG

白浜に到着した日曜は,
白良浜にほど近い観光協会でサイクルを借りて朝は千畳敷,三段壁経由へ。

20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p(1).JPG
千畳敷,人が映ると比較物があるのに逆に広さが伝わらないですね;^^
千畳って名前でイメージが膨らみすぎるところもあると思いますが1000畳は40m四方くらいなので(r

20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p(32).JPG

20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p(16).JPG

あと,釣りしてる人の前で跳ねてる魚が気になりました
20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p (39)跳ねてた魚.JPG
白良浜でもけっこう岸辺近くで跳ねてたんですけど,
写真をよく見ると,ボラですかね…


三段壁は海の青さがすばらしかった^^
20191025_南紀白浜_三段壁1020o (1).JPG

20191025_南紀白浜_三段壁1020p (2).JPG
翌日は自転車移動がありえないひどい天気だったので
この日に行っておいてよかった〜
(あれ,読みは「さんだんべき」SANDANBEKIなのか。
こうタイプすればちゃんと変換されるのかな?とやってみたけどやっぱダメだったw)

で,この日この後,行きましたのは,
白浜で水族館といえば,そう,
あそこに決まっていますよね。

京大白浜水族館!
20191025_京大白浜水族館01_1020 (4).JPG
日本では数少ない大学付属の水族館です。

展示生物はすべて白浜周辺の生き物ということで
小さい水槽などの設備で構成されているのかと思われそうですが
入場券を買って最初に目の前に現れるのが水量240トンの大水槽。
20191025_京大白浜水族館02_1020 (8).JPG

20191025_京大白浜水族館02_1020 (35)アジ.JPG
ロウニンアジ,ギンガメアジなどのヒラアジ類を中心とした
大形の回遊魚やサメ類を飼育しています。
20191025_京大白浜水族館02_1020 (34)サメ.JPG

この次は第2水槽室。
無脊椎動物の水槽がずらり20以上並び
サンゴ,ウニ,カニ,エビ,貝類,ホヤ,タコ,イソメなど約250種を展示。
各水槽には展示種の説明だけでなく,
その分類群に関する解説がパウチされたシートとして設置されているので
熟読したらその知識量は半端じゃない。軽く半日くらい過ごせそう
20191025_京大白浜水族館05_1020 (37)サンゴ.JPG

20191025_京大白浜水族館05_1020 (105)ヒシガニ.JPG

その無脊椎動物の水槽群を眺めながらふと後ろを振り返ると
またも群れをつくる魚の水槽が。
20191025_京大白浜水族館09_1020 (154)円形水槽.JPG


20191025_京大白浜水族館10_1020 (168) 標本展示コーナー.JPG
その次には標本展示コーナーなどありつつ…
20191025_京大白浜水族館11_1020 (167) 標本展示コーナー.JPG

季節の生き物や珍しい生き物を展示する
マリンギャラリー(第3水槽室)。
20191025_京大白浜水族館20_1020  (172) マリンギャラリー.JPG

20191025_京大白浜水族館21_1020 (240).JPG


最後の第4水槽室は干潟や岩礁・砂底などの生活環境別に設けた水槽と
ハタ類,ウツボ類,タイの仲間,ベラ・ブダイの仲間,カサゴ類など
近縁種どうしを集めた水槽群で構成。
どの水槽も,この密度で魚たちが元気に泳ぎ回っていて
水もきれいでけっこう見やすい。管理が行き届いているなあと感服しました。

20191025_京大白浜水族館30_1020 (276).JPG

20191025_京大白浜水族館30_1020 (267).JPG

20191025_京大白浜水族館30_1020 (288)ハナミノカサゴ.JPG

20191025_京大白浜水族館30_1020 (263)ウツボ.JPG

実は,この日のメインはやはりアドベンチャーワールドで,この京大白浜水族館は
行くだけ行っておけばいいか,午後5時閉館の1時間前に着けばなんとかなるかなと
4時過ぎに到着して閉館まで見て回っていたのですが,
やはり時間が足りませんでした(;^ω^)。
もっと時間(日数)に余裕をもって,じっくり見に来たいです。

京都大学白浜水族館
http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/aquarium/

冬休み期間には解説ツアー・バックヤードツアーを開催
http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/aquarium/event-annai/kaisetsu-tour.html
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:23| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

news◇忘備!イグノーベル賞&ノーベル賞2019

ノーベル賞,今年も受章者が一通り出揃いましたね。
昨年の医学生理学賞を受賞した本庶佑先生に続いて,今年は吉野彰先生が化学賞では9年ぶりとなる日本からの受賞となりました。

■ノーベル賞2019 自然科学部門各賞
10/7 続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:33| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

【行ってきた】イルカのジャンピングキャッチボール!海きらら

年が明けて2019年になりましたが,2018年のことで当ブログに積み残したことが
若干残っていますので,このお正月休みのうちに急いでうp。

【行ってきた】佐世保のペンギンは山にいた!森きらら(18/08/16)
にて紹介しました「森きらら」の姉妹施設,九十九島水族館「海きらら」

190102 森きらら00_佐世保_船越展望台.JPG
途中こんな展望台を経由しながら,車で十数分ほど移動した山のふもとの
海辺にその水族館はあります。

190102 森きらら01_外観.JPG


続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:32| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

【C95】冬コミ出展しました!

●あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
190101正月うり坊400.png

うり坊はうり坊でもイノシシではなくマレーバクの赤ちゃん。
けっこうたくさん動物園で写真を撮ってきたはずなのですが,
イノシシの写真を探してみると,まさかの1枚も見つからず。
ブタならあったんですけど,ルックス的に強烈なやつだったので
クジラ偶蹄目と奇蹄目くらいかけ離れてますけど
かわいさ優先で(;^ω^)。

さて,去年のことになりますが,
昨日2018年12月31日,コミックマーケット(C95),いわゆる冬コミに出展してきました!

※出品した品物については前回のエントリをご参照ください。
 【C95】冬コミ 初出展します! (1)ペンギン本出します
 【C95】冬コミ 初出展します!(2)ペンギンに会える園・館BESTリスト113


朝の7時半に続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

【行ってきた】すみだ水族館 チンアナゴの日&推しペン総選挙

冬ですね。巷ではすっかりクリスマスモード突入です。
1811すみだ水族館_00スカイツリーxマスツリー.JPG

スカイツリーのおひざ元・東京ソラマチのすみだ水族館では
今年も11月11日の「チンアナゴの日」に関連イベントが行われました。

今回私は続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:33| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

news◇イグノーベル賞2018 セルフ大腸検査!で日本から12年連続受賞!

今年ももうそんな季節なんですねえ。
今回で第28回となるイグノーベル賞,
今回はニコ生で表彰式の模様を生中継で見てました。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv315444113


生物学賞、医学賞といった日本人が獲りそうな賞が次々と発表され、
日本人の連続受賞はどうなるかと思ってみれば、今回も日本人受賞!(12年連続)となりました。

賞金は今年も10兆ジンバブエドル。昨年よりさらに暴落して日本円にして0.03円だそうです。


演劇受賞研究一覧(公式hp/英語サイト)
http://www.improbable.com/ig/winners/#ig2018 


それでは各賞の紹介−
↓訳は例によって適当です(;^_^)


続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 14:19| 東京 ☔| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

【行ってきた】佐世保のペンギンは山にいた!森きらら

順序が入れ替わりましたが、前々回のエントリで書きました長崎ペンギン水族館訪問の話、この遠征にて同じく長崎県の動物園「森きらら」にも行ってきました!

同じく長崎にある、動物たちとはんぱなく近づける・ふれあえる「長崎バイオパーク」とか海中水族館「シードーナツ」、「むつごろう水族館」など廻りたいところは色々あって迷ったのですが、3日間の行程で、1日は福岡にいる妹夫婦に会いに行ったので残る1日で回って空港に戻る効率を考えて、佐世保にある「森きらら」「海きらら」コースを選択しました。

「森きらら」…「西海国立公園九十九島動植物園森きらら」というのですが、車で5分の距離にある水族館「九十九島パールリゾート海きらら」と姉妹関係というか、どちらもさせぼパール・シー株式会社が管理運営する施設。

で、私が現在激推ししている動物(鳥類)・ペンギン。



もう1年前になっちゃうので、フンボルトペンギンの施設が79になったりマリンピア日本海のイワトビペンギン公開が終了していたりと本当は若干の更新があるんですが、この表にあるように、海きららではなく森きららのほうにいるんですよね。

ということで、時系列どおりということもありますが、
まずは森きららについてうPしたいと思います。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:34| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人