2008年05月29日

Lesson1-02 細胞の構造(p2)

気がつけば本日で25日連続更新!
しかし,メインコンテンツのはずの漫画が
1ページ進むのに5日もかかっていてはいかんいかん,それはいかん!

というわけで,Lesson1-02の2ページ目です。
細胞の構造,今回は核についてです。
さっそくどうぞ(^o^)/

<<最初のページ(p1)から読む
080529細胞の構造(2)-1
■■
080529細胞の構造(2)-2
<<前のページ(p1)から読む 次のページ(p3)を読む>>

当ブログの漫画,この春からリニューアルした「S1」は
教科書の生物Tに沿った内容を扱うため,
既に十分な知識を持った人には物足りない点が多々あるかもしれません。
※参考文献…各社『生物I』教科書,
 数研出版『フォトサイエンス生物図録』(→レビュー

そういう点からも更新間隔が空くのはまずいのですが…(>_<)


宇田川榕庵(うだがわようあん)は,江戸時代後期の日本の蘭学者。
化学,植物学に関する数々の洋書を翻訳し,
日本語になかった(漢語にもなかったということでしょうね)
酸素、水素、窒素、炭素といった元素名や元素、酸化、還元、
溶解、分析といった化学用語、細胞、属といった生物学用語の
日本語訳をつくりだしたとのこと。
日本にもいた科学史上の巨人の1人といえるのではないでしょうか。

Wikipedia「宇田川榕菴」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E7%94%B0%E5%B7%9D%E6%A6%95%E8%8F%B4

「胞」の字については,
前シリーズ(この「S1」と並行して続ける予定ですが)の
「Study2」でも扱っています(2ページ目)。
うぁ!画風がだいぶ違う…去年の1月に描いたんですが,恥ずかしい…
今の絵も全然上手くないですけどこれは笑っちゃいます。

カサノリについては,意外と扱われている文献やサイトが少ないですね。
この核のはたらきを調べるためのかさの再生実験をするために
この世に生まれてきた生物ではないと思うのですが…(^^;)

生きもの歳時記 沖縄の水辺から
人魚のワイングラス 〜カサノリ〜(バイオウェザーサービス)
http://www.bioweather.net/column/ikimono/okinawa/o0612_1.htm

Wikipedia(2008年5月現在日本語版なし)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E7%94%B0%E5%B7%9D%E6%A6%95%E8%8F%B4

「mermaid wineglass」(人魚のワイングラス)検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=mermaid+wineglass&lr=
“Acetabularia, or mermaid's wine glass”という書き方が多いようですね。

先日紹介しました『生物研究コンテスト』(→※前※後),
この会場で配布されていた筑波大学 生命環境学群生物学類の
パンフレットに載っていた「社会で活躍している卒業生」のコラムで
ちょうど取り上げられていました。
勤務している博物館にTV局から鑑定を依頼された「毛石」
という“お宝”,よ〜く調べてみたら(というか図鑑で調べて
冷蔵庫から標本を取り出して,最終的には専門の先生に問い合わせて)
「傘」の取れたカサノリの柄の化石だったと判明したんですって。
柄の部分は石灰が沈着して意外と丈夫なのだとか。


バッド(下向き矢印)「次のページも見てやろか?」という方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


藻類学 実験・実習

講談社 (2000/04)
188ページ
→Amazon
藻類30億年の自然史 第2版―藻類からみる生物進化・地球・環境
井上 勲
東海大学出版会 (2007/11)
643ページ
→Amazon

まず最初におさえておく基本,細胞は,細胞膜に包まれたふくろ状の構造ということ。包むという字が入ってますものね。“胞”という字自体もともと膜(胎児を包む膜=胞依えな)の意味があるんですよ。さて,細胞の構造でまず一番に重要なのが,生命活動の司令塔としてはたらく核nucleus。単細胞生物のアメーバを2つに分割すると,核のあるほうだけが生き続けるのよ。単細胞で長さ数cmにもなるカサノリという藻類は,かさの部分を切り取ると再生するんだけど,その形は核で決まるの。つまり,核はからだの設計図をもっていて,細胞の各部分に命令を出してるんですね。
ラベル:生物T
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★教科書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人