2008年05月24日

Lesson1-02 細胞の構造(p1)

気がつけば本日で20日連続更新!
しかし,ニュースやテレビの話題,生き物日記などで
メインコンテンツのはずの漫画がトップページの
下のほうまで見ていかないと見つからないのは本末転倒,
つか,漫画描きをもたもたしてたらトップページから消えて
しまったりなんかして…いかんいかん,それはいかん!

おかげさまでアクセス解析を見ても毎日コンスタントに
アクセスがあるのは漫画のページ。
最近のLesson 1−01 細胞の発見と細胞説のほか
【動物の調節】血糖値(血糖量)調節にも来訪があり
ありがたい限りです。

というわけで,Lesson1-02の1ページ目です。
さっそくどうぞ(^o^)/

080524細胞の構造(1)-1
080524細胞の構造(1)-2
次のページ(p2)へ進む>>

「ヒトの体を構成する細胞は60兆個」という数字は
ほんとうによく聞くのですが,誰が調べた,いつどこの機関が
出した数字だとかってのは意外と聞いたことがないんですよね。
平均的な細胞の大きさとからだの体積から空所と細胞間物質を
除いた容積から求められそうですが。

以前紹介しました本『細胞紳士録』でも「数十兆」(p.1)と書いているだけですし
『ゾウの時間ネズミの時間』(本川達雄 1992)では「100兆個」(p.140)
『からだの設計図』(岡田節人 1994)は見ても
ヒトの細胞数について言及している箇所が見当たらない。

ウェブで「細胞60兆個」に言及してるページはこちらなど
(いずれもさらっと書いてあるだけですけどね)

立教大理学部生命科学科分子細胞生物学研究室
研究テーマ:細胞分化の分子機構
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/mono/research2.html

JSTバーチャル科学館
http://s-kurukuru.jst.go.jp/being/genome/index2.htm
http://www.kreny.com/paper/1/genome.pdf

大阪大 微生物病研究所
http://www.biken.osaka-u.ac.jp/biken/BioScience/page14/index_14.html

バッド(下向き矢印)「次のページも見てやろか?」という方,
 クリックしていただけると幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


基礎から学ぶ生物学・細胞生物学
和田 勝
羊土社 (2006/12) 284ページ

→Amazon
__
ラベル:生物T 細胞
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | ★教科書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
pdf版を作って下さい!!
お願いします。
Posted by marimo at 2008年09月08日 14:36
いらっしゃいませ。
ご要望にお応えしましてUpしました。
http://ddaisuke.seesaa.net/article/106265642.html

PDF版をどう使われるのか,教えていただけるととても嬉しいです。
(高校生で自宅で印刷して個人的に楽しむ,ノートに貼る,トイレに張る,友人で回覧する,大学生で家庭教師の話のネタとして教え子に見せる等…)
Posted by ドージマ at 2008年09月09日 12:24
個人的に楽しむ…でお願いします。
覗き込んでくる夫に説明を求められて困ってます。
英語版はできないでしょうね〜。
てか、普通に英語の本を読め、夫。
(娘の購読しているHorrible Scienceとかでも充分。ジョークのもって行きかたが似ているかも)

ところで、PDF版って、どうやって作るんですか?ソフトを購入するんですか?
Posted by ゆき at 2008年09月14日 08:17
ゆきさん こんにちはまいどです。

> 個人的
高校生(生物履修者)や教育関係者がこのブログにたどりつく確率を考えると、やっぱ「一般」がマスかもしれませんね。この1票がすべてかも。w

> pdf作り方
僕の場合はpdfのほうが先なんです。
手で描く→スキャン→Wordと一太郎に貼り込み文字を入力→pdf化(ソースネクスト社の安いソフト)→pc画面上のマンガをキャプチャーしjpgで保存→ブログに張り込みup
最初の半年くらいは試行錯誤を繰り返しましたが、最近はこの工程が定着してます。1話のページ数が増えるとむちゃくちゃ重くなるのが難点。

はるかに効率よくきれいな漫画をUpされてる人も多いのでもっと研究しないといけないかもしれません。

> ジョークのもっていきかた
教育マンガには普通ありえない芸能ネタ(をはじめとする風化しやすいネタ)が多いと自分では思っていましたが、イングリッシュ雑誌に通じるものがあるですか?!

> 英語版
これができないってことでも私がプロじゃないってことがわかっちゃいますよね(研究職なら読み書き英語できなきゃ話にならない(^_^;))。
いちおう単語レベルでは積極的に英語を織り込んでいると思っておりますのでとりあえずはこの水準で勘弁してください。
Posted by ドージマ at 2008年09月15日 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

着床を助ける免疫細胞
Excerpt: 精子の長い旅、受精のしくみとエントリーが続いていますので、今日は、受精卵の着床と...
Weblog: 生物史から、自然の摂理を読み解く
Tracked: 2008-05-27 11:11

【細胞生物学】についてブログや通販での検索結果から見ると…
Excerpt: 細胞生物学 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
Weblog: 気になるワードを詳しく検索!
Tracked: 2008-06-05 22:24
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人