2008年03月11日

中学理科の“詳しめ”参考書戦線異常あり?!

木原アイコン
中学理科の参考書と言えば,長らく文英堂の『くわしい理科』と学研『ニューコース』が双璧で,これに数研出版『チャート式』が食い込むかどうかという勢力地図が続いている

むかっ(怒り)
むかっ(怒り)むかっ(怒り)雷曇り


のだが,難関高校受験を意識した,
これらより難しめの参考書商戦が最近ちょっと熱いのだ。

    
中学総合的研究理科

旺文社 (2006/02) 608ページ 2,940円(税込)
→Amazon
    
中学理科 (学研パーフェクトコース 3)

学習研究社 (2008/02) 624ページ 2,940円(税込)
→Amazon


発売日を見ればわかるように,旺文社『総合的研究』を出して
好評だったために学研が同じ価格・ほぼ同じページ数で
『パーフェクトコース』をぶつけてきた,同社恒例の二匹目のドジョウ戦略。

中学の場合,従来の参考書は学年別に編さんされているのが
主流なのだが,昨今の中高一貫化の風潮に乗ってというか,
体系だった学習を推奨するという主旨か,
この2冊は,
「1分野(物理→化学)→2分野(生物→地学)」
という配列で構成されている。

この本が出てきた当初,桐朋中・高校と学芸大世田谷中の
教諭陣に開成中・高の有山先生を加えた執筆者陣と
ざっと構成・内容を見て,
「要するに“自分たちが使って授業をしたい”本を作ったんだな
一般の中学生が予習・復習をするにはどうだろう」と
思ったけれど,けっこう売れているらしいんだなこれが。
『総合的研究理科』執筆者
 桐朋中学・桐朋高等学校教諭 上原隼 小島智之 中道淳一
 元東京学芸大学附属高等学校
 元桐朋中学・桐朋高等学校教諭 中西克爾
 東京学芸大学附属世田谷中学教諭 岡田仁 宮内卓也
 開成中学・開成高等学校教諭 有山智雄


『総合的研究』の構成要素は多岐にわたって盛りだくさん。
実験・研究
080311 総合的研究理_実験 
確認問題
080311 総合的研究理_確認問 
タイムトラベル
080311 総合的研究理_TimeTravel

「タイムトラベル」は,本文の内容に関連した科学技術について触れ,近い未来に実現しそうな夢の技術を語るというもの。なかには「2010年」などもうすぐその予告した年に追いついちゃいそうなものもあるのだけれど…。

これに対して『パーフェクトコース』は,
編末の高校入試対策問題が売りってところだろうか。
『パーフェクトコース』
「難関私立・国立高校の入試問題に挑む」
080311 パーフェクトコース理_入試問
『総合的研究』「練習問題」(章末)
080311 総合的研究理_練習問

問題の見出しが出題学校名って,なかなか主張がある出し方だなぁ…。

史絵アイコン(niko)

この2冊では,どっちがおすすめなんですか?

木原アイコン

う〜ん…,このクラスの参考書の用途からいって
いかに詳しい内容,難関高校入試に出てくる内容をもれなく
扱っているかってのが大事だよな。
『パーフェクトコース』のほうが後発でページが多い,
しかも構成要素の種類が少なくて本文の比率が大きいんだけど
網羅している内容の範囲からいくと,
この2冊なら『総合的研究』じゃないかなぁ…。
美香理アイコン

「この2冊なら」って…
ほかにもくわしい参考書があるんですか?


中学理科2分野の発展的学習―難関校入試に対応できる! (シグマベスト)
文英堂 (2006/09) 2,394円(税込)
木原アイコン

うむ,文英堂から『発展的学習』というのが出ている。
第1分野と第2分野の分冊なので2冊合わせると5千円近くなってしまうのと,黒赤2色刷りなので4色カラーの『総合的研究』と『パーフェクトコース』と比べて見劣りがすることは否めないが,2分冊でページが多い分,詳しいのは歴然。前述の2冊が字引的というか語句や事項の説明文が簡潔なのに比べて,『発展的学習』はまさに「解説」。収録されている範囲・事項数も細かくて漏れがなく,索引からもひきやすい。

『総合的研究』『パーフェクトコース』『発展的学習』
耳に関する解説ページの比較
総合的研究
080311 総合的研究理_耳 
 パーフェクトコース
 080311 パーフェクトコース理_耳
発展的学習
080311 発展的学習理2_耳1

080311 発展的学習理2_耳2


木原アイコンnika
まぁ,詳しくて長い解説をいちいち読んでられない,
調べ物をする際は各用語や事項について簡潔な説明を
パッと読んでサクサク勉強を進みたい
という人や,
やっぱカラーで見やすいほうがいい,2冊より1冊が便利,
2冊で5千円弱はさすがにきついという人は『総合的研究』
『パーフェクトコース』を好みで選べばいいし,
やっぱり使うからには最高に詳しくて寸分も漏れのない本がいい
なまじケバいカラー印刷より2色くらいのほうがすっきりしていい,
難しそうだしwみたいな人は,『発展的学習』
使えばいいだろう。


それにしても,『総合的研究』も似たようなものといえば
似たようなものだけど,個人的には学研の色遣いやフォント選びの
ヘタさ・古くささはいかがなものかと思うな…。
見出しの太いゴチックの字は小さくてやたら太くて読みにくいし
各分野ごとにベースとなる色を変えてる(物理…緑,化学…赤,
生物…水色,地学…黄土オレンジ)のはいいが,
この色遣いは…。
080311 パーフェクトコース理_物理
4色印刷(青赤黄黒)で色数を絞る,緑や朱色を使うのは
ある意味ぜいたくな色遣いといえるかもしれないが
落ち着いた淡い色を組み合わせているのに妙に落ち着かない色調になってるし
それに赤緑色盲の人など,かなり識別しにくいカラーリングじゃないかなぁ…?
正直,このセンスどうかと思うぞ。
ひらめき色盲シミュレーションソフト
 Vischeckデモンストレーションサイト


涼アイコン(うう…)

やっぱり今回も先生,悪口コメント言うですね…
(色遣いひとつでそこまで…たらーっ(汗))。
これに同感の人がいたら,参考にして本を選んでもらえればですけど。

木原アイコンnika

へへへ,やっぱ言いたいこと言わなきゃ面白くないからな。
別に学研が嫌いってわけじゃないし。
色遣いなんて本当,個人の好みで言ってることなんで,「いやこれがいいんだ」って買う人が大勢いてもかまわないし。
どれを選ぶにせよ,理科の教師としては,詳しい参考書を買ってより深い内容まで勉強してくれれるのは大歓迎だ。わーい(嬉しい顔)



文英堂 http://www.bun-eido.co.jp/
旺文社 http://www.obunsha.co.jp/
学習研究社 http://www.gakken.co.jp/
数研出版 http://www.suken.co.jp/

バッド(下向き矢印)少しでも参考になったと思っていただけましたら
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


※本記事では文中で「色盲」という語を使っていますが,「盲」という字には差別的な意味合いはなく(「盲人用信号」など一般的に使われています。「めくら」と呼ぶと差別用語そのものですが…),単に遺伝的タイプの一種,いわば個性にすぎないこの形質について「色覚異常」「色覚障害」という言い方よりむしろ健全な表記と考えております。

【参考サイト】
なぜ「色覚異常」「色覚障害」「色弱」などではなく「色盲」なのか? 〜「色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法」サイトより。
上記のVischeckもこのサイトで紹介されているものです。
posted by ドージマ・ダイスケ at 03:58| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事も結構古く
また文英堂の発展的も06年が初版ですが
現在でも使える内容でしょうか?
生物を勉強していく中で
化学の知識が無いと理解できなものもあり
化学を中学から勉強しようと思いまして
Posted by yuki at 2015年09月13日 00:31
yukiさん 遅くなりすみません

そうですね,『発展的学習』は発刊が旧課程の時期でページの見た目も古く(中学生にとってはやや硬めに)見える,記事中に書かれているように4色カラーでなく2色刷りという,見栄え的には一歩も二歩も譲るところですが,もともと教科書の範囲より大幅に踏み込んだ内容まで扱っていましたので,新課程からの新たな内容もごく少し挟み込み小冊子の形で補充するだけで済んでいます。(続く)
Posted by ドージマ at 2015年09月22日 18:10
続き)
文英堂『発展的学習』は
Z会「参考書の参考書」でも推薦されていますし,(振り返り学習での使用なら特に)問題ないと思います。

※コメント入力エラーでurlが張れないので検索で確認してください(学参.com内に「参考書の参考書」推薦本の紹介ページがあります)

Posted by ドージマ at 2015年09月22日 18:24
さらに続き)
小冊子による補充などでなくちゃんと新課程用に編集されたものがよければ『総合的研究』あるいは『パーフェクトコース』からどうぞ。

受験研究社から『スーパー理科事典 四訂版』も出ていますが,お値段が張りますので勉強に使うことに加えて,本を所有すること・本棚に置いておくこと自体の価値も加味されるならおすすめです。
http://amzn.to/1FZSGat
Posted by ドージマ at 2015年09月22日 18:29
ありがとうございます。

あくまで生物を勉強する為の化学ですので
発展的にしたいと思います。
何か購入したらすぐ改訂版が出そうですがw

また生化学がどうも苦手なのですが
大学教養レベルの場合
化学、数学の知識というのは
どの程度必要になりますか?
Posted by yuki at 2015年09月24日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人