2007年12月05日

生物部百物語(4)部長編p4

r百物語4-p04サムネ
生物部百物語,最終部ラス前!
山の中たった1人でぐったり動けなくなった幼き日の部長の身に何が?!





<<最初のページ(p1)から読む  <<前のページ(p3)に戻る

百物語4-p04

次のページ(p5)に進む>>  PDFで読む

<<生物部百物語(1)副部長編
 


バッド(下向き矢印)なんとか引き続いて明日,完結します!
 続きを読んでやってもいいという方,
 ついでにクリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



■チョウに関する過去エントリー(日記)
ヒョウモンチョウ(11/5)
  幼虫(7/7) さなぎ(8/29)

シジミチョウ(10/27)
山の向こう側が見えるなぁ…ああ,海近いんだ何だろあの大きな変わった建物…夕方になってようやく発見された私は背負われて山を下り,そのまま39 度の熱を出して寝込んでしまったの
こんなこと生まれて初めてだったから本当に死んじゃうんじゃないかと怖くて…
そして翌朝−
死んじゃったんですか?!
熱は引いたの。だけど首から肩にかけて水ぶくれがびっしりできるし,体が熱くて水ばっかり飲んでたわその後,秋にかけて抜け毛は多いわ,頭皮や顔手足の皮がボロボロむけるわでさんざんだった。
その後おばあちゃん家が街中に引っ越して,夏にその村に行くこともなくなり,私もその夏に起こったことを思い出さなくなっていったんだけど数年後,調べ物してるとき偶然わかったの!
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 生物部員の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた騙されましたね。きっと蝶が何か悪いものを持っていて毒蝶か?なんて思っちゃいました。
Posted by 青い風 at 2007年12月17日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人