2008年04月07日

四月蠅。

もう南関東では桜も散りだし,京都ではちょうど満開といったところですね。
そろそろ関西ではツバメが姿を見せてくれそうです…。

三寒四温というにはちと本格的に春すぎるかと思いますが
花冷えという言葉もあるように,やけに暖かい日があるかと
思えばとてもひんやりとする雨や風の日もありという
そんな,今日この頃,
こんな来訪者が。◆◆
080403 ハエ

「五月蠅い」と書いて「うるさい」と読みますが,
4月初旬のハエはおとなしいものですね
(夜のハエは季節を問わずおとなしいものですが)。

昼の間は元気に飛び回れるほど暖かくなってきたんですね。
とはいえ,10階もの高さへよく上がってきたものだと思います。

週刊『コミックバンチ』の最新号,巻末に連載されている
『週刊いとうタイムス』によると,
春の季語で「蠅生る」というのがあるそうです。

バッド(下向き矢印)東北・北海道のみなさんは春これからですね。
 こんな画像ではありますが
 クリックいただけるとうれしく存じます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー




ファーブル昆虫記〈7〉 アリやハエのはたらき
奥本 大三郎
集英社
→Amazon

俳句の鳥・虫図鑑―季語になる折々の鳥と虫204種
復本 一郎
成美堂出版
→Amazon
ラベル:ハエ 昆虫
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人