2007年12月01日

小春日和の物騒な訪問者

全国的に?暖かい師走の入りとなった土曜日のこと。

お昼頃,陽気に誘われたのか,窓からでかいハエが飛び込んで
部屋をブンブン飛び回り,天井をテンテン叩いていきました。
うむ,12月ながら五月蠅い。

しばらくして午後2時頃,急に窓辺で
ブーンとどでかい音が。

うっせぇなあ。
いまどき季節外れのカブトムシか?
と思ってカーテンの裏を見てみると…

071201 スズメバチ00■■

窓の外から見てみると
071201 スズメバチ01

ワーオ!

こりゃでけぇ!!
7月にアシナガバチの巣を襲っていたやつより
一回り大きい!

しかし,どうしたものか。
正面から命を奪うべく戦いを挑むのも危険だし,
せっかくのご来訪,穏便にカーテンを窓の外に引いて
お引き取りいただくのも芸がないもったいない。

おう,
そういえば,先日アンメルツヨコヨコ80mlに
杜仲茶350mlのおまけがついてるのを399円で買ったとき
そのセットを入れたプラスチックケースを
とっといたんだった。
あれを使おう。


捕獲成功!(≧∀≦)b071201 スズメバチ02



071201 スズメバチ03
裏側
071201 スズメバチ04
フロント


ううむ,思わず息を呑む存在感。

これだけでかいと自然の造形美というか,
力強さ,機能美が肉眼でじっくりと観察できます。

怖さと美しさは裏腹というか
危険な生き物だから(そしてふだんなかなか至近距離で観察できないから)こそ,この小さい体に力強さをみなぎらせた姿にはしばし心を奪われるものがあります。


バッド(下向き矢印)少しでも同意・興味深かった・参考になったという方は
 クリックいただけるととてもうれしいです。<(_ _)>
 ブログランキングにジャンプします。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



学研の大図鑑 危険・有毒生物 (学研の大図鑑)
→Amazon
ラベル:危険生物 昆虫
posted by ドージマ・ダイスケ at 21:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。こちらからも送らせていただきました。

12月の出来事なのですね。驚きました・・・当然こちらは雪の中ですから・・・。
Posted by Wisdom96 at 2008年06月27日 00:35
いらっしゃいませ。ご丁寧にありがとうございます。

そうなんですよ。これまでも東京に出張したときなど冬でも暖かいなと思っていたものでしたが,この秋に関東に越してきて南関東の暖かさを実感する次第です。京都もこの10年でだいぶ冬の寒さがやわらいできたと感じておりましたが…。

TBやりとりさせていただいた記事,二酸化炭素の麻酔は便利そうですね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ドージマ at 2008年06月28日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今年もスズメバチのシーズンに・・・
Excerpt: 教室にスズメバチが入ってきたようです。 教員は大騒ぎ、生徒は大喜び。 呼ばれていったら窓にいるスズメバチにバケツをかぶせて待っていました(笑)。 鍛えられています。 そして「すっごいでかい..
Weblog: Wisdom96 Blog --- Science Circle in Hokkaido
Tracked: 2008-06-27 00:32
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人