2007年08月31日

跳べるけどここにいる

どこでも見られる平凡な生き物シリーズ〜♪


070831 クビキリギス

駅のガード下で発見したクビキリギス。
クサキリとよく似てますけど,クビキリのほうが大きい
(クサキリ25〜35mm,クビキリ35〜42mm)のと,
クビキリは目より前方が尖っている(クサキリは頭部の
より先端近くに目がある)といったところが主な違いですかね。
どちらも緑色と褐色型の体色2タイプがありますけどね。
あと,クサキリは成虫で越冬しないので冬〜初春に見かけたら
クビキリギスということになりますね。

…あれ?小学館NEOでは「10月〜6月」って書いてある。
となると,「8〜10月」と書いてあるクサキリのほうが
この虫くんには合致していることに…
姿を見る限り,クビキリだと思うんだけどなぁ…

ところで,君,前の日の朝もここにいたんだけど,
丸々24時間ほとんど動かなかったわけ?
まぁ,別に珍しいことじゃないけど。


バッド(下向き矢印)クリックしていただけると頑張って
 もっと面白いネタを探して更新するかもしれません。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー



近所の虫の飼いかた〈2〉
スズムシ・バッタ・カマキリほか
(虫の飼いかた・観察のしかた)

海野 和男, 高嶋 清明, 筒井 学
偕成社

posted by ドージマ・ダイスケ at 03:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○生き物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人