2007年08月23日

のんきにも程がある

町中に出れば,セミと言えばクマゼミ。
もちろんアブラゼミもいるのですが,街路樹にとまっているセミで
目につくのはやはりクマゼミですね。
目につくのは…

070822_クマゼミ油小路01
って,地表すれすれで羽化するものぐさなセミガラは
よく見ますけど,しっかり成虫しておきながら,こんな,
腰の高さしかない低さで,
枝で隠れているわけでもなくてよく目につく幹に
とまっているなんて,ナイーブにもほどがある。

しかもケータイカメラをこんなに近づけても逃げないなんて
僕が子供だった20ン年前(30年前?)には考えられなかったですよ。
地球温暖化でセミもぼけてきたのでしょうか?

えい。
070822_クマゼミ油小路touch

う〜ん。口が幹に突き刺さった状態なら
逃げるまでに時間がかかりますけど,
この時には刺さってはいませんでしたし,じりじり歩いて
動けたこと,こちらの存在を意識してたことは確かですからね…。
街中のプラタナスの樹液にはセミをどんくさくする成分が
含まれているのでしょうか?

それとも,今どき街路樹の近くにいる生物は皆危害を加えないという
「慣れ」が成立していたとでもいうのでしょうか?
成虫になってせいぜい1週間で成立するのか?
そもそも,昆虫で慣れが成立しうるのか?
誰か,実験して確かめてくれませんか?手(パー)
ただ,そのためには捕まえてはいけない(危険を感じさせたら
慣れようがない)という条件がありますが…。車(セダン)


バッド(下向き矢印)今はセミ獲りも簡単だよねと思った方,
 セミなんてさわれないという方も
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


ラベル:クマゼミ
posted by ドージマ・ダイスケ at 04:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人