2007年08月22日

黒いダイヤ?山の守り神?

セミにもさわれないような子が増えている今日この頃,
おかげさまでうちの子は生き物大好きに育っておりますが
学校の用意,勉強の準備,みな母親がお膳立てする過保護生活で
どうも年よりグズグズでだらしないというか自覚が足りない気が
しております。
生き物好きでしょっちゅう「○○飼いたい」といろんなものを
せがむんで,じゃあ,今うちにいる生き物の世話をしてからだと,
まずせめて先日映画村行ったとき金魚すくいでもらってきた
(当然実力で獲ったのはゼロ)元気のいいチビ金5匹(現在4匹)の
世話くらい自分でやらせようと思うもそれすらグズグズ言って回避しようとする。

困ったもんだと思っていたら,
裏の空き地の倒木からオオ○○○○をつかまえたので飼いたい,
エサは何がいいかと聞いてきた。

(へぇ。山が近いとはいえ,初めて見たのは今世紀に入って
 からなんだけど,最近は毎年のように見るなぁ…)
エサねぇ…おがくずじゃないか?
(なかったらクワガタ用のマットを売ってるだろうし,
それを使うか)

水を飲ませるにはどうしたらいいかと聞いてきた。

写真のフィルムキャップにしめらせたティッシュを入れて
それをしゃぶらせたらいいんじゃないか。

オオ○○○○は山を守るんやで。
殺したらあかんのやで。(と教わっている)

そうやな。
で,どんなんや?見せてごらん。



070822_オオゴキブリハテナ

小っちぇ!
約1センチ。

第一,ほんとうにオオゴキブリか?
まあ,クロゴキブリならこのくらいの大きさの幼虫は
蒲焼き色をしてたと思うし,倒木の中にいたのなら
オオゴキブリでまちがいないだろう。

成虫になっても翅をもっている状態のものを見たことがないので
幼虫から飼えば,翅がコンプリート状態のオオゴキが見られるかも…
(オオゴキブリはシロアリよろしく集団で倒木を食って暮らしていて
仲間に翅をかみ切られてしまうからだと言われている)

と,期待したりもしたけど,初めて自分で世話して飼う動物が
オオゴキブリってのもなんだかなぁ…。


バッド(下向き矢印)なんだかなぁと思った方,いいんじゃね?という方も
 クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


ラベル:オオゴキブリ
posted by ドージマ・ダイスケ at 04:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人