2007年07月24日

国際生物学オリンピック2007inカナダ速報

物理五輪で2人が初の金 生物も4人が銀、銅受賞
(共同通信47NEWS 2007/07/22 17:03)
カナダで開催されていた「第18回国際生物学オリンピック」で
フェリス女学院高(神奈川県)2年の浜崎真夏さんが銀メダル受賞,
筑波大駒場高3年の仮屋園遼さんと奈良工業高専3年の竹内準二さん,
愛知県立岡崎高3年の本多健太郎さんが銅メダルと
4名の参加者全員がメダルを獲得しました。
日本人は3回目の参加で,銀メダルは初。

報道としては2回目の参加で金メダル獲得が出た(5人出場して
「金2・銀2・銅1」)物理オリンピックの陰になってしまった
感がありますけど,初めて参加した北京大会の銅メダル2個,
前回のブラジル大会での銅3個から着実に前進しています。
特に,今回銀メダルを獲得した浜崎さんは昨年高1で出場
(つまり国内予選を中学3年で突破)しての「銅」から
連続出場し,成績を伸ばしての「銀」獲得。
まだ来年があるので今度こそ「金」を獲得してもらいたいですね。
※他の3名はすべて3年生でしたが仮屋園君も2年連続での参加で
 連続のメダル獲得でした。


ただ全国963名の中から選抜された成績上位19名,
そこからさらに選ばれ,生物学オリンピック大会参加に向け
特別教育訓練を受けて臨んだ4人をもってしても「金」を1つも
獲れなかったというのは,参加経験が少なくノウハウの蓄積で
差があるとはいえ,これが日本が置かれている現実なんですよね…
※昨年の大会では47か国185名の参加者中,「金」は上位20名
 「銀」はその次の40名,「銅」は61名。


国別順位は,アメリカ・中国・韓国の3か国が
いずれも4名全員「金」で1位となったそうです。
YONHAP NEWS 7月23日)
中国は昨年も4名全員「金」で単独1位,
韓国も昨年「金」3個獲得してますので
今の日本はこれらの国を追いかける挑戦者の立場。
手(チョキ)われこそはという高校生,中3生はぜひ来年の大会に向け挑戦してみてください。

晴れ国際生物学オリンピック
 来年の国際生物学オリンピック,IBO2008の開催国はインド
 国内予選応募締切は今年の10月5日(金)です。
 2009年の開催は日本(筑波研究学園都市)です。

※今回大会の詳報はまだですので,参考に前回大会の模様を…
国際生物学オリンピック(IBO)
第17回アルゼンチン大会参加記


【08/07/21追記】※2008年インド大会の結果が出ました。
 次項有http://ddaisuke.seesaa.net/article/103331806.html

バッド(下向き矢印)参考になったという方,クリックしていただけるととても嬉しいです。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー
posted by ドージマ・ダイスケ at 04:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
通りすがったものです。
IBOの規約を確認したところ、
生物学五輪は
他の科学五輪とは違って、
2回までしか
出られないと
決まっているようですね。
つまり浜崎さんは
来年は出られません。
来年はメンバー一新となりますが、
来年も再来年の日本大会に
つながるような結果を
期待したいですね。
Posted by dorainu at 2007年07月24日 08:03
dorainuさん 御指摘ありがとうございます。さっそく確認してみました。
http://www.jbo-info.jp/files/ibo_rule2005.pdf

※番号は便宜上ここでつけたものです。
(1)州もしくは国の教育システム(当該国にそのようなシステムがあるものとして)に所属する一般教育高等学校の学生である者。
(2)当該国の現行の教育年度における全国IBOの勝者。
(3)IBOチームを構成する選抜された50名以下の特別クラスで2週間以上の研修あるいは教育を受けていない者。
(4)過去にIBOに2回参加したことがない者。
(5)正規学生として大学教育を受け始めていない者。

なるほど…世界的に見れば高校が3年制とも限りませんし,
コンテストの目的に国際交流などが掲げられているので
なるべく多くの学生に参加する機会を与えるということなのでしょうか。

余談ですが,この参加資格を読むと,国家の威信に
こだわって(1)とか(3)とか(5)とか破ってくる国が
(今現在でも)結構ありそう…
とはいっても日本が立ち後れていることは事実ですから
一歩一歩「金」および国別対抗の上位を目指してほしいですね。

理科教育って国にとってすごく大事と思うのですが
スポーツや芸術(音楽コンテスト)などと比べて
マスコミの注目や理解が低すぎて残念です…。
Posted by ドージマ at 2007年07月24日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人