2020年08月30日

【やってみた】 セミ・インUV&ザ・ダーク

先日TLに流れてきたこのツイート



ミンミンゼミの体の黄緑色の部分,夜光塗料みたいに
紫外線を当てると光るんですね。

UV撮影に必要な機材についてはよくわかりませんでしたが
とりあえず近所のホームセンターでUVライト(ブラックライト)買ってみました。
200829-1_UVライトo (2).JPG

そして夜の公園へ
200829-2_0826o (1).JPG
低いところにミンミンゼミ発見。

200829-3_0826o (3).JPG
ライトなしで撮影するとこうなるところ…

UVライトを当てるとこう。
200829-4_0826o (4)ミンミンゼミ.JPG
黒い部分以外が光るので可視光とそんなに違わないともいえますが
茶色い目が緑色に光るのは明らかな違いですね。

こちらは別の個体。
200829-5_0826o (10)ミンミンゼミ.JPG
胸部の緑に光る部分の広さが違いますね。

アブラゼミもいました。
200829-5_0826o (15)アブラゼミ.JPG

これがUVを当てるとこう
200829-5_0826o (17)アブラゼミUV.JPG
全体に光る場所が少なくて黒くてシックな配色に
翅脈が光るのがおしゃれ。こんなドレス作っても成立しそう。


手の届くところにとまっているセミは普通にとれますので
つかまえて家でも撮影してみました。
200829-13_0826o (77)ミンミンゼミ_.JPG
羽も末端のほうは暗いですけど,全体的にうすく光っていますね。

200829-14_0826o (66)ミンミンゼミ_斜め前から.JPG
足のカラーリングが蛍光色&ブラックで
歌舞伎の隈取というか近年の仮面ライダーにありそうな
かっこよさ感あります。

アブラゼミはこちら
200829-15_0826o (96)アブラゼミ_.JPG

何か付着していたのか,前足にやけに明るく光る箇所があったのが気になりました。
200829-15_0826o (41)アブラ頭部UV.JPG


なかなか面白く興味深かったですが,
ここから,あれも見てみたいという昆虫が
2つほど頭に浮かんだのですが,一方は,季節的にもう終わりかなというのと
もう一方は,京都に住んでいるときは毎年夏に目にしていたのですが
あの体色の個体はほかの地域のどこでつかまえることができるかな…という状況で
来年におあずけになりそうです。


ちなみに,黄緑色つながりで
同じ公園で遭遇したこちらのツユムシにもお付き合いいただきました。
200829-20_ツユムシ0828o (3).JPG

200829-20_ツユムシ0828o (4).JPG
蛍光灯色のLED光だとこんな感じのツユムシが

UVライトだとこう。
200829-20_ツユムシ0828o (14).JPG
全然光りません;^^
コピー用紙とか,白いシャツやタオルとかのほうがよっぽどブラックライトに反応するという


UVライト(ブラックライト),ホームセンターに行ったときは1種類しか売られていませんでしたが
接着剤やレジン,ネイルを固める用途があるため,
けっこういろいろな形や価格帯のものがあるようですね。

ほかにもいろいろUV撮影(今回の写真はUVライトの光にブルーライトの可視光も
含まれていましたけど)をやってみて,別のライトを買いたくなったりするのかな…?

とりあえずこれで楽しめるものやことはないか
探してみたいと思います。














posted by ドージマ・ダイスケ at 00:34| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人