2019年05月06日

【行ってきた】埼玉県こども動物自然公園(2)コアラ・カンガルーなどが超生き生き

令和最初に訪問した動物園ということで
前回,埼玉県こども動物自然公園を紹介しました。

よくよく考えるとライオンなどの猛獣とされる動物は全くおらず
一番大きい肉食動物はマヌルネコとヤブイヌじゃないかというくらいで
(大きいという意味で)メジャーな哺乳動物もキリンと
シマウマ(ハートマンヤマシマウマ)くらいで,あとはウシとポニーが
いるといった構成なのでたしかに「こども」とあえて冠するのも
理解できます。

しかしマヌルネコもかつては相当レアだった動物。
そして,人気のあの動物が普通に展示されているのは
あなどれないです。

コアラ舎。
1905 埼玉こども_50_コアラ舎.JPG
けっこう行列ができていることが多くてついつい並んでしまいますが
「並ばないでください」と表示が出ているように,並ばずに入ってください。
人の進むペースにはむらがあるのでけっこう中には隙間が空きがちです。

1905 埼玉こども_50_コアラ.JPG

基本的にコアラは寝てばかりで起きている顔を見ることが
なかなかできませんが,この日は木から降りて地面を歩く姿を
見ることができました。

1905 埼玉こども_51_コアラ木から降りる.JPG

1905 埼玉こども_52_コアラ歩く.JPG

閉園が近づいてきて,バックヤードに帰るのが
わかるんでしょうかね。

1905 埼玉こども_53_コアラ舎.JPG

コアラ舎といえば,コアラはもともと夜行性ということもあり
屋内展示でガラス越しに見るというのが定番なのですが
ここでは(金網の壁と天井で囲まれていますが)屋外の日と空気のもとでも
コアラを見ることができるのが新鮮です。

1905 埼玉こども_55_シマオイワワラビー.JPG
この屋外エリアにはシマオイワワラビー(座る姿勢がユーモラス^^)や
コアリクイ,ホウシャガメなどもいます。


■そして,どう考えても人気者だろこれは!
と感じたのが,コツメカワウソたち。

1905 埼玉こども_61_コツメカワウソ.JPG
こどもたちにも大人気!

というのも,コツメカワウソの展示って,
タイミングが悪かったら全然見やすいところに出てきてくれなかったり
透明板ごしでしか見られなかったりとけっこう制限が多かったりするのですが
ここでは塀の上から直に見ることもできるんですよね。
1905 埼玉こども_62_コツメカワウソ.JPG
そのこと自体は東山動物園などでも見られる形式なのですが,
ここは広くて頭数が多く,とてもアクティブ!

水がときどき流れる滑り台のような通路と
その下にあるプール,頂上の休憩エリア,そして周りの地面を
それぞれの場所ならではの行動や移動を見せてくれるんですよね。

1905 埼玉こども_63__水好きコツメカワウソ.JPG
水が大好きカワウソ。

1905 埼玉こども_64_コツメカワウソ_水争い.JPG
水争い?

皆同じくらいの大きさに成長しているので
おとなと子どもの区別がわかりませんが
昨年生まれたという6つ子たちなどは
きょうだいげんかしがちなのでしょうか,
やたらケンカしています。

1905 埼玉こども_64-2_コツメカワウソ_じゃぶじゃぶ.JPG

かと思えば,こんなリラックスした姿も。
1905 埼玉こども_65_コツメカワウソ_仰向け.JPG

見ていた人間の子どもたちの中から
「ずっと見ていたい!」という声が出るくらい
見ていて楽しい♪

あと,その動きの中にけっこう表情に富んだユニークな姿が
見られるので写真におさめたくなりますね〜。
そうなるといいレンズが欲しくなります…
今のレンズだと相当の光量がないとピント合わせの
速さも精度もかなり物足りないんですよね…


■そして,閉園近くにペンギンヒルズで帰宅ペンギンの行進が
あったと思われる頃,私がいたのは「カンガルーコーナー」。

ペンギンヒルズの反対側,コアラのいる東園は
コアラやシマオイワワラビー以外にもカンガルーやエミューなど
オーストラリアの動物を集めたオーストラリアエリアでもあるんですよね。

最近は東武動物公園や那須どうぶつ王国など,カンガルーの飼育エリアに
入場者の通路が入り込んで,場合によっては至近距離で見ることができる
展示をしているところが増えてきましたが,そんな中でも
ここはかなりの広さ。
1905 埼玉こども_81_カンガルーコーナー.JPG
カンガルーといえば,こんなふうに寝そべって暮らしている時間が
ほとんどだったりするので,広いということは
こんな姿を遠くからしか見るだけという羽目にもなりかねない
わけですが,

1905 埼玉こども_84_カンガルーコーナー_近い.JPG
けっこう近くに来てくれます。人間を恐れません(^_^)

1905 埼玉こども_85_カンガルーコーナー_アップ.JPG
正直手の届く距離。
ツーショットに挑戦する人もいました。

1905 埼玉こども_87_カンガルーコーナー_飛び出す.JPG
そして,閉園30分前,カンガルーもお帰りの時刻。
飼育スタッフさんが束ねた鍵をジャラジャラ鳴らすと
それがバックヤードへのお帰りの合図。
1905 埼玉こども_88_カンガルーコーナー_舎に帰る.JPG


■このほか,埼玉県こども動物自然公園で印象に残った動物

ニホンカモシカのいる動物園って意外とあまりなくて
いる動物園でもほとんどまともに見ることができた記憶がないのですが
ここではばっちり見ることができました(3頭のグループ)。
思っていたイメージより小さいですね。
1905 埼玉こども_91_(227)ニホンカモシカ.JPG
ここはフェンスで仕切られたかなり広い林の中を
ウッドデッキの通路で渡っていく方式で,前半は動物のいない
下草が茂った林,後半はニホンカモシカとニホンジカがいる
下草の食べつくされた林,という構成になっているのですが
私はペンギンヒルズから園の外周側の通路を回って逆方向から
入ったために,急坂のジグザグした通路をめんどくさいなあと
思いながら降りていくといきなりニホンカモシカに遭遇w
その後,坂がゆるやかになり,シカやカモシカのいない林の中を
通ってエリアを出るという,演出ぶち壊しの見方をしてしまいましたw


■あとは,鳥類。他の動物園でも
けっこうさまざまな鳥類を飼育展示していますが
1905 埼玉こども_95_ミナミジサイチョウ.JPG
ここのミナミジサイチョウがこの日の私には
意外とけっこうツボにはまりまして,意識するスイッチが入ると
他の鳥たちにもいろいろな気付きが生まれてきました。

1905 埼玉こども_96_(345)カノコスズメ.JPG
キンカチョウと一緒に飼育されていたカノコスズメ。
キンカチョウはペットショップなどでも昔からおなじみの鳥で
もしかしたらカノコスズメもペットとして扱われる鳥種なのかもですけど
小さくてかわいいフォルムにシュッとしたカラーリングがツボでした。


乳牛コーナー近くの「カンムリシロムク舎」。
カンムリシロムクも白地に目の黒いワンポイントがかっこいい鳥なのですが
今回注目したのはシロクロゲリ。
1905 埼玉こども_97_ (153)シロクロゲリ.JPG
名前のとおり,白黒のケリというわけですが,
この日は一緒に小さなひなを見ることができました。
1905 埼玉こども_98_ (157)シロクロゲリひな.JPG
子供のころは保護色カラーで,この鳥との親子だよね?と迷う姿。
鶏卵くらいの小さな姿でもう歩き回ることができます。

そんなこんなで,たしかに「こども」動物自然公園なのですが
行ってる間はそんなことを感じない,充実した動物園でした。

埼玉県こども動物自然公園
http://www.parks.or.jp/sczoo/

■過去の動物園行ってきた
【行ってきた】埼玉県こども動物自然公園(1)さいたまのフンボルトはヒルズ族(2019年05月04日)
【行ってきた】 ペンギン見やすくなった!東山動物園(2019年1月3日)
【行ってきた】佐世保のペンギンは山にいた!森きらら(2018年8月16日)
【行ってきた】 近い!さわれる掛川花鳥園(2018年01月07日)
【行ってきた】2017 国境の島・対馬はヤマネコとミツバチ!(2017年12月30日)
【行ってきた】グレープ君の息子がいる江戸川区自然動物園は入園無料(2017年09月16日)
【行ってきた】今度はグレープ君撮れた♪いろいろな発見・東武動物公園ナイト(2017年09月02日)
【行ってきた】ナイトズー今年も東山は凄かった(2017年08月19日)
【行ってきた】動く、動くよ!!あの動物が◆みさき公園!ナイトズーも行ったよ♪(2017年08月18日)
【行ってきた】60周年&けもフレコラボ・みさき公園に行ったよ♪(2017年08月16日)
【行ってきた】わーたーしはートォォォォキ〜〜〜♪鉄道運賃割安の裏技でいしかわ動物園にトキを見に行ったよ♪(2017年08月15日)
【行ってきた】那須の動物パーク(3)那須サファリパーク(2017年08月05日)
行ってきた】那須の動物パーク(2)ワールドモンキーパークはサルでワールドでパーク(2017年07月30日)
【行ってきた】けものフレンズとコラボの那須どうぶつ王国はちょうど20周年でいろいろ充実!(2017年07月24日)
【行ってきた】かっわいー!ひっろーい!のんほいパークのサーバルちゃんは夜行性<豊橋総合動植物公園>(2017年07月01日)
【行ってきた】コラボ終了直前に東武動物公園のフレンズ撮ってきた(2017年06月27日)
【行ってきた】2017年6月 東武動物公園つづき(2017年06月29日)
【行ってきた】【動物園】 すごーい!サーバルがいる羽村市動物公園(2017年03月13日)

こうして振り返ってみると,2017年はけものフレンズ効果で
火が付いたように動物園に行きまくっていましたね(^_^)。
2018年以降は動物園が減った分,水族館に行く比率が増えました。
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人