2019年01月03日

【行ってきた】 ペンギン見やすくなった!東山動物園

2018年の積み残し記事新年中に上げちゃうシリーズ,海きららに続いて今回は
昨年11月下旬に名古屋に行った際に見てきました,東山動植物園!

今回のポイントは次の3つです。
●今東山動物園といえば,リニューアルオープンしたゴリラ・チンパンジー舎だよね!
●見にくくなっていたペンギン舎が見やすくなった!
●その他これまでちゃんと見れなかった動物に会えた

ではまず
●今東山動物園といえば,リニューアルオープンしたゴリラ・チンパンジー舎だよね!

2015年にイケメンゴリラ・シャバーニ人気が大ブレイクしましたが,彼らゴリラとチンパンジーのファミリーを
もっと生き生きと暮らせる住環境で見られるようにするべく,新ゴリラ・チンパンジー舎が
2018年秋にオープンしました。

当然,まずチェックしておきたい場所ですよね。

190103 東山zoo_ゴリラ舎1811-0.JPG
ゴリラ舎
190103 東山zoo_ゴリラ舎1811-1.JPG


190103 東山zoo_チンパンジー舎1811-0.JPG
チンパンジー舎
190103 東山zoo_チンパンジー舎1811-1.JPG


ですが,まあ…私が行ったときは例によって
ゴリラは皆ごろごろしていただけでしたわ(;^ω^)。
190103 東山zoo_ゴリラ1.JPG

190103 東山zoo_ゴリラ2.JPG

190103 東山zoo_ゴリラ3.JPG
上野動物園や京都動物園のゴリラは,もうちょっと歩いたり動き回っていたんだけど
東山は何度来ても子ども以外はずっと寝転がってるばかり…タイミングに恵まれません(;^^)


チンパンジーはゴリラに比べると結構動いてくれます。
190103 東山zoo_チンパンジー2.JPG

190103 東山zoo_チンパンジー1.JPG



そして,次の話題。


●見にくくなっていたペンギン舎が見やすくなった!

これについては説明が必要ですね。
東山動物園のペンギン舎は,正門から入って本園をまっすぐ進んで上池(ボート池)に突き当たる
ちょっと手前にあるのですが,
まず,こちら。

190103 東山zoo_ペンギン舎1510.JPG
2015年の時点ではこんな感じでした。

これが,2017年にはこうなります。
190103 東山zoo_ペンギン舎1711.JPG
見づらっ!!!

おそらく原因はこいつだと思うのですけど
190103 東山zoo_アオサギ.JPG
(エサの魚を狙ってペンギン舎やカリフォルニアアシカプールにやってくるアオサギ)

ネットが邪魔で,写真を撮るにも普通に見るにも邪魔すぎてしかたない状態。
東山動物園はザ・公営といいますか,ふれあいイベント的なものは基本的にありませんし
広すぎて飼育スタッフの解説トークなどもめったになく
(トーク自体は土日に1日4回ほどあるのですが,ペンギン舎で行われたのは10〜11月の間に1度だけ)
さらには今のプールではペンギンが泳ぐ水中の様子を見ることもできない,
そんな状況でせっかくの開放型施設なのにネット越しに見なければいけないとなると
ペンギンを見る動物園・水族館としてはランクを低く評価せざるを得ないと思っておりました。

しかし,今回行ってみたところ,こんな状態に。
190103 東山zoo_ペンギン舎1811.JPG

190103 東山zoo_ペンギン舎1811内側.JPG
上のデッキから見下ろすにはやはりネット越しになるので2015年並みに回復したとは言えませんが
2017年の状態よりははるかによくなっていました!

東山動物園にはキングペンギン・フンボルトペンギン・(キタ)イワトビペンギンの3種がいて
これまで巡りあわせがわるかったというか,
イワトビペンギンがあまりまともに見れたことがなかったのですが,
今回はばっちり見ることができて,収穫でした。


キングペンギン。
190103 東山zoo_ペンギン_キング.JPG
首の斑紋が白…い…? エンペラーペンギンより薄いじゃないか。なんで???


フンボルトペンギン。
190103 東山zoo_ペンギン_フンボルトa.JPG

190103 東山zoo_ペンギン_フンボルトi.JPG
日本の動物園では11月頃がフンボルトペンギンの恋の季節,
ってところが多いようですね。
190103 東山zoo_ペンギン_フンボルトs.JPG


そして,
(キタ)イワトビペンギン。
190103 東山zoo_ペンギン_イワトビ猫.JPG
なんか猫っぽい(^ω^)

190103 東山zoo_ペンギン_イワトビ.JPG
こんな冠羽の見事なイワトビペンギン,ほかでもなかなか見たことないので
見ることができて,写真に撮れてうれしかったです♪



●その他これまでちゃんと見れなかった動物に会えた

過去には来ても展示スペースに出ていなくて全然見ることができなかったオオアリクイが
普通に歩き回っていて,バッチリ見ることができました。大きいなあ^^
190103 東山zoo_オオアリクイ.JPG


そして,ほとんど植物園と言っていいくらい奥のほうにいて
東山では一度も足を運んで見たことがなかったツシマヤマネコ。
190103 東山zoo_ツシマヤマネコ1.JPG

190103 東山zoo_ツシマヤマネコ2.JPG

190103 東山zoo_ツシマヤマネコ3.JPG

金網に代わって近年増えているアクリルガラス越しの展示,井の頭自然文化園や京都市動物園と同じく
ここでもそのタイプの展示で,その場合反射の映り込みがネックになったりするのですが,
普通によく見ることができました^^。


あとは,世界のメダカ館のメダカ展示が,気のせいかもしれませんが
照明がよくなって写真が撮りやすくなった気がします。
190103 東山zoo_メダカ_ドピンドピンメダカ.JPGドピンドピンメダカ

190103 東山zoo_メダカ_ウォウォラエメダカ.JPGウォウォラエメダカ

190103 東山zoo_メダカ_ウォラシメダカ.JPGウォラシメダカ

190103 東山zoo_メダカ_エバーシメダカ.JPGエバーシメダカ

190103 東山zoo_メダカ_ソンクラメンシスメダカ.JPソンクラメンシスメダカ



このときはほんとうに久しぶり,少なくとも平成に入ってからは初めて植物園も見てきたのですが
紅葉が見事な時期ということで「もみじ狩り」が開催されていて,
植物園エリアは閉園時間を延長してライトアップを行ったり
コスプレイヤーさんなども写真撮影につめかけてにぎわっていました。

植物園エリアも合わせるとほんとうに広大なのは当然ですが
動物園エリアだけでも膨大な数の動物がいて,
たとえば「世界のメダカ館」や爬虫類がたくさんいる「自然動物館」をまともに見て
写真を撮って回ろうと思ったら時間がどんどん過ぎていくため
重点的に見る動物を絞らないと1日では回り切れないのが東山動植物園。
次に行くときはどこを重点的に見て回るか,考えるのも楽しみです。
(アクティブなゴリラを見て写真におさめるまで,新ゴリラ・チンパンジー舎は
 毎回マストになると思いますがw)


posted by ドージマ・ダイスケ at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人