2018年09月15日

news◇イグノーベル賞2018 セルフ大腸検査!で日本から12年連続受賞!

今年ももうそんな季節なんですねえ。
今回で第28回となるイグノーベル賞,
今回はニコ生で表彰式の模様を生中継で見てました。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv315444113


生物学賞、医学賞といった日本人が獲りそうな賞が次々と発表され、
日本人の連続受賞はどうなるかと思ってみれば、今回も日本人受賞!(12年連続)となりました。

賞金は今年も10兆ジンバブエドル。昨年よりさらに暴落して日本円にして0.03円だそうです。


演劇受賞研究一覧(公式hp/英語サイト)
http://www.improbable.com/ig/winners/#ig2018 


それでは各賞の紹介−
↓訳は例によって適当です(;^_^)


医学賞
MEDICINE PRIZE [USA]
「ローラーコースター(ジェットコースター)に乗って腎結石を出す」
− Marc Mitchell and David Wartinger, for using roller coaster rides to try to hasten the passage of kidney stones.

REFERENCE: "Validation of a Functional Pyelocalyceal Renal Model for the Evaluation of Renal Calculi Passage While Riding a Roller Coaster," Marc A. Mitchell, David D. Wartinger, The Journal of the American Osteopathic Association, vol. 116, October 2016, pp. 647-652.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: Dave Wartinger

2回乗って1つずつころんと…って、そんな簡単かよw
さすがに国際共同研究ではなくて単独受賞ですね。


人類学賞
ANTHROPOLOGY PRIZE [SWEDEN, ROMANIA, DENMARK, THE NETHERLANDS, GERMANY, UK, INDONESIA, ITALY]
「人がチンパンジーのものまねをするのと同じくらいチンパンジーは人のものまねをする」
− Tomas Persson, Gabriela-Alina Sauciuc, and Elainie Madsen, for collecting evidence, in a zoo, that chimpanzees imitate humans about as often, and about as well, as humans imitate chimpanzees.

REFERENCE: "Spontaneous Cross-Species Imitation in Interaction Between Chimpanzees and Zoo Visitors," Tomas Persson, Gabriela-Alina Sauciuc, and Elainie Madsen, Primates, vol. 59, no. 1, January 2018, pp 19–29.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: Tomas Persson, Gabriela-Alina Sauciuc

そりゃするだろって気もしますが…(;^ω^)

先日、動物園でサル舎の前でバッグの口を開くとサルがのぞきに来るので
見せてあげたって写真が話題になったことがありますが、


日本の動物園ではあまりチンパンジーが観ている入場者の近くまで
寄ってくることはあまりないイメージです…。

多摩動物園ではえさの時間とか遊び道具のロープや
チンパンジー用の自動販売機が観覧用アクリルガラスのすぐ近くにあるので
近くまで来ますけど、人のものまね…するかなあ。


生物学賞
BIOLOGY PRIZE [SWEDEN, COLOMBIA, GERMANY, FRANCE, SWITZERLAND]
「ワインのエキスパートは、グラスの中の1匹のショウジョウバエが匂いでわかる」
− Paul Becher, Sebastien Lebreton, Erika Wallin, Erik Hedenstrom, Felipe Borrero-Echeverry, Marie Bengtsson, Volker Jorger, and Peter Witzgall, for demonstrating that wine experts can reliably identify, by smell, the presence of a single fly in a glass of wine.

REFERENCE: "The Scent of the Fly," Paul G. Becher, Sebastien Lebreton, Erika A. Wallin, Erik Hedenstrom, Felipe Borrero-Echeverry, Marie Bengtsson, Volker Jorger, and Peter Witzgall, bioRxiv, no. 20637, 2017.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: Paul Becher, Sebastien Lebreton, Felipe Borrero-Echeverry, Peter Witzgall

受賞者のスピーチの後、ロシアンルーレット的な「4人のうち1人がハズレ」ゲームが行われてました。
なんかリアクション芸みたいなものを見せられましたがw
本当は入ってないですよね(⌒⌒)


化学賞
CHEMISTRY PRIZE [PORTUGAL]
「人間のつばは汚れた表面を掃除する優れた洗浄剤である」
− Paula Romão, Adília Alarcão and the late César Viana, for measuring the degree to which human saliva is a good cleaning agent for dirty surfaces.

REFERENCE: "Human Saliva as a Cleaning Agent for Dirty Surfaces," by Paula M. S. Romão, Adília M. Alarcão and César A.N. Viana, Studies in Conservation, vol. 35, 1990, pp. 153-155.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: The winners delivered their acceptance speech via recorded video.

そりゃ酵素が含まれてるけど、つば自体が含んでるタンパク質とかもろもろの有機物をちゃんと拭き取らないとね。


医学教育学賞
MEDICAL EDUCATION PRIZE [JAPAN]
「座った状態で大腸内視鏡検査を自分1人でやる」
堀内朗 Horiuchi Akira 先生(昭和伊南総合病院消化器科)
− Akira Horiuchi, for the medical report "Colonoscopy in the Sitting Position: Lessons Learned From Self-Colonoscopy."

REFERENCE: "Colonoscopy in the Sitting Position: Lessons Learned From Self-Colonoscopy by Using a Small-Caliber, Variable-Stiffness Colonoscope," Akira Horiuchi and Yoshiko Nakayama, Gastrointestinal Endoscopy, vol. 63, No. 1, 2006, pp. 119-20.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: Akira Horiuchi


座った状態だと大腸内視鏡検査の苦痛が少ないということのようですが、
自分で内視鏡を操作するんじゃなかったら寝てるほうが楽じゃないですかね(;^ω^)
だから患者の役に立つ医学賞じゃなくて医学教育賞なのか。


文学賞
LITERATURE PRIZE [AUSTRALIA, EL SALVADOR, UK]
「人生は、いちいち取説を読むには短すぎる」
− Thea Blackler, Rafael Gomez, Vesna Popovic and M. Helen Thompson, for documenting that most people who use complicated products do not read the instruction manual.

REFERENCE: "Life Is Too Short to RTFM: How Users Relate to Documentation and Excess Features in Consumer Products," Alethea L. Blackler, Rafael Gomez, Vesna Popovic and M. Helen Thompson, Interacting With Computers, vol. 28, no. 1, 2014, pp. 27-46.

WHO PLANS TO ATTEND THE CEREMONY: Thea Blackler

オーストラリアとエルサルバドルと英国の共同研究w
たしかにこれはさまざまな文化や性格の人々を横断して研究したほうが面白そうですね。


栄養学賞
NUTRITION PRIZE [ZIMBABWE, TANZANIA, UK]
「共喰いダイエットは他の伝統的なダイエット食品よりもカロリーの取り込みが大幅に少ない」
− James Cole, for calculating that the caloric intake from a human-cannibalism diet is significantly lower than the caloric intake from most other traditional meat diets.

REFERENCE: "Assessing the Calorific Significance of Episodes of Human Cannibalism in the Paleolithic," James Cole, Scientific Reports, vol. 7, no. 44707, April 7, 2017.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: James Cole


平和賞
PEACE PRIZE [SPAIN, COLOMBIA]
「自動車運転中における叫びや罵りが及ぼす影響の計測」
− Francisco Alonso, Cristina Esteban, Andrea Serge, Maria-Luisa Ballestar, Jaime Sanmartín, Constanza Calatayud, and Beatriz Alamar, for measuring the frequency, motivation, and effects of shouting and cursing while driving an automobile.

REFERENCE: "Shouting and Cursing While Driving: Frequency, Reasons, Perceived Risk and Punishment," Francisco Alonso, Cristina Esteban, Andrea Serge and Maria-Luisa Ballestar, Journal of Sociology and Anthropology, vol. 1, no. 12017, pp. 1-7.

REFERENCE: "La Justicia en el Tráfico: Conocimiento y Valoración de la Población Española" ["Justice in Traffic: Knowledge and Valuation of the Spanish Population")], F. Alonso, J. Sanmartín, C. Calatayud, C. Esteban, B. Alamar, and M. L. Ballestar, Cuadernos de Reflexión Attitudes, 2005.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: Francisco Alonso


生殖学賞
REPRODUCTIVE MEDICINE PRIZE [USA, JAPAN, SAUDI ARABIA, EGYPT, INDIA, BANGLADESH]
「郵便切手を巻き付けて夜間陰茎勃起現象をモニタリング」
− John Barry, Bruce Blank, and Michel Boileau, for using postage stamps to test whether the male sexual organ is functioning properly−as described in their study "Nocturnal Penile Tumescence Monitoring With Stamps."

REFERENCE: "Nocturnal Penile Tumescence Monitoring With Stamps," John M. Barry, Bruce Blank, Michael Boileau, Urology, vol. 15, 1980, pp. 171-172.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: John M. Barry, Bruce Blank, Michel Boileau

日本を含む7か国の研究者が関わっているようですが、
登壇したのは3名で日本人は含まれていませんでした。
白衣姿の女性がなんか風船を膨らますパフォーマンスをしていました(;^ω^)。


経済学賞
ECONOMICS PRIZE [CANADA, CHINA, SINGAPORE, USA]
「従業員が上司をブードゥー人形で呪うことの経済効果を調査」
− Lindie Hanyu Liang, Douglas Brown, Huiwen Lian, Samuel Hanig, D. Lance Ferris, and Lisa Keeping, for investigating whether it is effective for employees to use Voodoo dolls to retaliate against abusive bosses.

REFERENCE: "Righting a Wrong: Retaliation on a Voodoo Doll Symbolizing an Abusive Supervisor Restores Justice," Lindie Hanyu Liang, Douglas J. Brown, Huiwen Lian, Samuel Hanig, D. Lance Ferris, and Lisa M. Keeping, The Leadership Quarterly, February 2018.

WHO ATTENDED THE CEREMONY: Hanyu Liang, Douglas J. Brown, Huiwen Lian, D. Lance Ferris, and Lisa M. Keeping

知らんがな(;^ω^)。
呪いが生活の一部になっている社会だったら経済にも影響すると思うけど、
カナダ、中国、シンガポール、米国の研究者、調査地はどこだろう…?

今年は日本時間の朝7時に始まった授賞式を
生で見られたので論文紙飛行機嵐とか
8歳女児の「私、退屈!」コールとか
幕間の「ハート」(今年のテーマ)オペラとか
独特の伝統というか趣向がこらされたセレモニーをリアルタイムで見て
おもしろかったです。(^▽^)


ニコ生「イグノーベル賞の仕掛け人・マーク・エイブラハム氏が来日!
イグノーベル賞のすべて!〜 仕掛け人マーク氏に聞く
【日本科学未来館×ニコ生】

http://live.nicovideo.jp/watch/lv315221697
(9/23 17時〜)

ノーベル賞は10月1日(月)の生理学・医学賞から発表が始まります。


過去の関連記事
news◇雌にペニス!で日本勢11年連続受賞!イグノーベル賞2017(2017年09月16日)
news◇股覗き!で日本勢10年連続受賞!イグノーベル賞2016(2016年09月23日)
わーい(嬉しい顔)news◇ズコー!バナナの皮で日本勢8年連続受賞!イグノーベル賞2014(2014-9-20)
わーい(嬉しい顔)news◇日本勢7年連続受賞!イグノーベル賞2013(2013-9-18)
わーい(嬉しい顔)news◇ピコココン!「スピーチジャマ〜♪」イグノーベル賞2012(2011-10-01)
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞2011(2011-10-01)
わさびの匂いを利用した警報機(聴覚に難のある人にも効果がある)で日本から受賞者が出ました。
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞3年連続日本勢受賞・パンダの糞でゴミ減量?!(2009-10-03)
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞,2008年もほんとバカ!w(2008-10-03)
わーい(嬉しい顔)news◇イグノーベル賞,報じるマスコミはもっとバカ(2008-10-06)

ひらめきWinners of the Ig® Nobel Prize
Improbable Research http://improbable.com/ig/

本イグノーベル賞受賞者の一覧 - Wikipedia


ヘンな論文
サンキュータツオ/KADOKAWA/角川学芸出版
posted by ドージマ・ダイスケ at 14:19| 東京 ☔| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人