2018年08月05日

【行ってきた】ペンギンが9種!長崎ペンギン水族館

去年から本格的にペンギンにはまっている私、
ペンギンを推している水族館・動物園には積極的に足を運びたいと思っているのですが、今年はその名にペンギンを冠する長崎ペンギン水族館に先月行ってきました!

長崎空港に着いてレンタカーで現地直行。
あまり飛行機に乗らないのに、去年行った対馬に続いての長崎空港利用です(^▽^)。

第1駐車場(公共交通機関なら県営バスのバス停あり)から
長崎の里山を再現したビオトープが続く自然体験エリアを
2、3分歩くと水族館が姿を現します。

180722長崎ペンギン水族館01外観.JPG
2頭身で目の大きい青いペンギンキャラが鎮座していますが
ディスカウントストアではありません(;^ω^)。
このペンギンの名前はアバちゃんというそうです(長崎県網場町出身)。

入館料は一般510円。「世界一」の水族館でありながら
普通の公営動物園・水族館水準のお値段ですね。

2005年にオープンした長崎ペンギン水族館、
実は世界一という9種類のペンギンを飼育展示しています。
180722長崎ペンギン水族館10ペンギン一覧.JPG
「世界に生息する18種のペンギンのうち半分に会える」というのがウリ♪

入口から1階のエントランススペース、
「太古のペンギン展」開催中の多目的室や
「長崎の海水槽」を見て2階に上がると、
目の前に広がるのは亜南極ペンギンプール
180722長崎ペンギン水族館10亜南極ペンギンプール.JPG
こちらで見られる亜南極ペンギンが5種


キングペンギン
180722長崎ペンギン水族館50キングペンギン.JPG
全国24の動物園・水族館で飼育されるけっこうポピュラーな存在
(フンボルト、ケープに次いで3番めに多い)。
飼育期間39年9ヶ月15日という世界最長記録を出したのが
長崎水族館のキングペンギン「ぎん吉」


ジェンツーペンギン
180722長崎ペンギン水族館50ジェンツーペンギン.JPG
性格がおとなしくてけんかしているところを私は見たことないですが
一番よく泳ぐ(速さも俊敏さも積極さも)ペンギン。

この全ペンギンのなかで2番目と3番目に大きいペンギンは
長崎ペンギン水族館における飼育羽数も多く、
お食事タイムはけっこうな迫力。

180722長崎ペンギン水族館65ペンギンお食事タイム_キングペンギン.JPG

180722長崎ペンギン水族館65ペンギンお食事タイム_ジェンツーペンギン.JPG


イワトビペンギン
180722長崎ペンギン水族館50イワトビペンギン.JPG
ここ長崎ペンギン水族館では18種のペンギン分類は
コガタとハネジロを別種に扱う主義のため
イワトビはキタかミナミかの区別はされていません(おそらくミナミ)。
目とかくちばしの色艶がよくて元気な姿を見せてくれましたが
個体数的にビッグ2に圧倒されてシャッターチャンスが少なかった^^;。


マカロニペンギン
180722長崎ペンギン水族館50マカロニペンギン.JPG
マカロニペンギンを飼育しているのはここのほかには仙台うみの杜水族館、箱根園水族館、しものせき海響館のみ(八景島シーパラダイスのマカロニペンギンは繁殖のためレンタル中)。
箱根園水族館で見たときも巣のところでたたずんでいるカップルを見ましたし
全体的にあまり動かない印象でしたが、ここでも仕切られたエリアで静かに過ごしていました。


ヒゲペンギン
180722長崎ペンギン水族館50ヒゲペンギン.JPG
国内では名古屋港水族館と南紀白浜アドベンチャーワールド
(つまりエンペラーペンギンを飼育している水族館)以外ではここにしかいないヒゲペンギン。

実は長崎ペンギン水族館の象徴的な存在がこのヒゲペンギン。
1959年、同館の前身である長崎水族館にはじめてやってきたペンギンが
捕鯨船に拾われた4羽のヒゲペンギンで、以来60年近くにわたって長崎市民やペンギンファンに
親しまれてきたということです。


この亜南極ペンギンプール、入り口から最初に入ったときに
目の前に大きな大水槽の水塊が広がるのですが、基本、ペンギンは泳いでいませんw
180722長崎ペンギン水族館10亜南極ペンギンプール吹き抜け.JPG

それがお食事タイムになると縦横無尽に生き生きと泳ぎ回る
ペンギンたちの姿が。
180722長崎ペンギン水族館85ダイバーとペンギン食事タイム.JPG


180722長崎ペンギン水族館85ダイバーとペンギン食事タイム2.JPG
プールの水に魚を投げ入れてペンギンが食べに行くという
水族館はありますけど、ダイバーがペンギンに水中でえさを与えるのは
なかなか見ないですね。
そもそもペンギンの飼育・展示スペース用にこんな深いプールを
設けるところがめったにありませんから。

180722長崎ペンギン水族館90水中イワトビ.JPG

180722長崎ペンギン水族館90水中ジェンツー.JPG


クラゲ水槽、クローズアップ水槽、サンゴ礁水槽、干潟水槽
メコンオオナマズなどに囲まれた
2階亜南極ペンギンプールのフロアを過ぎると
展望テラス、ペンギン情報室、バーチャルシアター、
そしてさらに進むと、超かわいいあのペンギンが。
180722長崎ペンギン水族館55コガタペンギン舎.JPG

コガタペンギン
180722長崎ペンギン水族館55コガタペンギン.JPG
仙台、葛西、白浜とここ長崎でしか見られないペンギン。

まるで他の種のペンギンのひなのような、体色が黒白くっきりしていない
ちょっと原始的な印象の姿ですね。

コガタって、どんな大きさかというとこんな感じ。

180722長崎ペンギン水族館55コガタペンギンお食事.JPG
背伸びしてもひざの高さくらい(^u^)

180722長崎ペンギン水族館55コガタペンギン3羽.JPG
体形のちがう3羽。まるでアニメキャラみたいw


2階をひととおり見終わると、目の前には1階オープンエアの温帯ペンギンエリア。
180722長崎ペンギン水族館51温帯ペンギン.JPG

フンボルトペンギン
180722長崎ペンギン水族館51フンボルトペンギン.JPG
日本国内78以上の施設(ドージマ調べ)で飼育され、
その頭数もペンギンのなかでダントツのフンボルトペンギン。
ここ長崎ペンギン水族館でも175羽のうち62羽と3分の1以上を占める勢力です。


マゼランペンギン
180722長崎ペンギン水族館51マゼランペンギン.JPG
水族館や動物園のペンギンってふだんそんなに泳いでいないんですけど
マゼランペンギンはいしかわ水族館でも八景島シーパラダイス(上越うみがたり改築に伴う仮暮らし時)でも
そしてここで私が見ているときも集団で泳いでいて
集合性が強い印象があります。


ケープペンギン
180722長崎ペンギン水族館51ケープペンギン.JPG
どのペンギンも換羽が済んでいるのか
黒白の羽毛がとってもきれい。
性格もおとなしいこともあり、ペンギンに会える飲食店とか
移動動物園ではケープペンギンが一番ポピュラーですね。

※この3種類のペンギンを見分ける方法は→こちら


以上、こちらで見られるペンギン9種類ですが、
ふれあえる・近くで見られるイベントも充実していて、
なんだかんだで午前中に入館して17時の閉館近くまで退屈しませんでした。

1階の温帯ペンギンエリアを抜けると横手に広がるリアルなビーチ。
180722長崎ペンギン水族館60ふれあいペンギンビーチ_ペンギンと水遊ビーチ遠景.JPG

「プールしか知らないペンギンを本物の海で泳がせたい」という思いから
2009年にオープンした「ふれあいペンギンビーチ」
ラインの手前からフンボルトペンギンのえさやりを楽しむ時間帯と、
入館者もヒザまで海に入って超間近で見られる時間帯(1日30分程度)があります。

180722長崎ペンギン水族館60フンボルトペンギン_ビーチでのお食事.JPG

180722長崎ペンギン水族館60ふれあいペンギンビーチ_ペンギンと水遊び.JPG


ペンギンにタッチできる「フンボルトペンギンタッチング」の時間もあります。

180722長崎ペンギン水族館70フンボルトペンギン_タッチング_フリッパー.JPG
2羽が出演していましたが、ちょうど1年前に生まれて
まだ成鳥の柄に生え変わっていないマッキー(雄)にさわらせてもらいました。


そして、有料とはいえ100円でバックヤードを見られる
バックヤードツアーはマスト。
水族館バックヤード定番の機関室に給餌室を回り、
長崎の海水槽では上から魚にえさやり(オキアミなど)できたりと
お子様にも興味深い構成になっていますが、小さいお子様には話がちょっと長い45分のコースになっています(^^)。

フンボルトペンギンのいるこのエリア、
180722長崎ペンギン水族館65ペンギンお食事タイム_フンボルトペンギン.JPG
奥の巣穴の中も入ることができて、バックヤード感高いです。
180722長崎ペンギン水族館80バックヤードツアー_フンボルトペンギン_巣_裏側.JPG


帰り、せっかくなのでおみやげショップ、3倍くらいのスペースをとって
ペンギングッズやオリジナルグッズをもっと充実させてもいいのではと思いました。
2階の奥、コガタペンギンスペースの隣に日本一のペンギングッズ収集家の
コレクションを展示した一室が設けてありましたけど、
ペンギングッズってパワーがあるし、ペンギン水族館ってブランドのポテンシャルかなり大きいので
現状では、ちょっと、どころかかなりもったいないと思います。

市営なのであまり金儲けのことを考えないというのはあるでしょうが
たとえばTシャツを子ども用だけじゃなくて大人用もつくれば親子で着られますし
おみやげってそれを買う時間も含めて来館満足度をけっこう高めてくれると思うので
ぜひご検討を。

私、水族館や動物園の公式ガイドブックがあれば買うんですが
当館にはなく。ただ、無料のパンフレット「世界一の長崎ペンギン水族館物語」が
すごく充実しているので これはうれしいです。

そんなこんなで
「世界一」「世界でここだけ」がたくさんある長崎ペンギン水族館、
とても堪能しました♪


世界で一番美しい ペンギン図鑑: 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム)
水口 博也,長野 敦
誠文堂新光社


それでもがんばる! どんまいなペンギン図鑑
宝島社


posted by ドージマ・ダイスケ at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人