2018年06月18日

ノーベル賞有力候補のモヒカ博士に会ってきた

本格的に梅雨ですね。5月末まで夏本番の暑さがやって来ていましたが,梅雨が来て一転,日中でもひんやりするような日が続いています。日本に梅雨がなかったら7月8月の暑さはどんなことになってしまうでしょうね。

さて今回は、前回うpしました手塚治虫文化賞贈呈式から約1週間遡りまして,6月1日(金)に行われました「セルバンテス アカデミックフォーラム:フランシス・モヒカ博士を迎えて」について簡単にレポしたいと思います。

1806 セルバンテスアカデミックフォーラム.jpeg

フランシス・モヒカ博士Francis Mojicaは,今,急速に研究・応用が進んでいるゲノム編集において非常に安価・自由度が高く容易に実験できる技術「CRISPR(クリスパー)」において重要な研究・発見をされたスペインの生物学者。

東京・市ヶ谷に,スペイン語とスペイン語圏文化の普及を目的に、スペイン政府が設立した文化施設「インスティトゥト・セルバンテス東京」(セルバンテス文化センター)がありまして,モヒカ博士が来日してここで一般向けの講演を行うというのです。
1806 セルバンテス文化センター.JPG
現在スペインで最も傑出した科学者の1人といえば、間違いなくアリカンテ大学のフランシス・モヒカ博士でしょう。博士はバクテリアが自身の免疫システムを持っていることを発見し、その自然のプロセスを利用して、まるでコンピューターでの文書編集ほどの容易さで遺伝子組み換えができる技術を開発しました。この貴重な発見は無数の分野に応用ができアルツハイマー病や癌の治療につながる可能性があります。大きな反響をよんでいるこの発見の過程を一般の方に向けて、微生物学者である博士にご紹介していただきます


サイエンスポータルのイベント情報,たまたま見てみたら
 こんなレアな無料イベントの機会に出くわすなんて。
 チェックしてみるものです。
 https://scienceportal.jst.go.jp/events/events.php


受付を済ませ,同時通訳の受信機を受け取って会場内へ。
階段状の通路に追加の椅子を並べるくらいの超満員の人が集まりました。
(私自身,その追加席に座ることになるぎりぎりの参加でした(;^ω^))

スペイン大使館の参事官の方からの略歴紹介などがあった後
登壇されたモヒカ博士。
一般向けの講演ということで,「ヒトの細胞には23組の染色体が。
これは両親から遺伝情報をおさめた本を23冊ずつ受け継いだようなものです」
という予備知識から,クリスパーゲノム編集に関する説明へと
順を追って話を進められました。
1806 フランシス モヒカ博士_講演「ADN」編集.JPG
DNAがスペイン語では「ADN」になるんですね。


クリスパーCRISPRとは何か?
細菌が細菌(←ウイルスのことだと思います)の感染に対する免疫機構として
感染者のDNAの一部を保存しておく,DNAの独特の塩基配列。

この日のモヒカ博士の講演は
一般向けだけに,クリスパーそのもののしくみというより,
クリスパーの応用で急速に発展したゲノム編集技術,
これによってどんなことが可能になったかという
「ゲノム編集すごい」系の話題が中心で進みました。

※同時通訳を通して講演を聞いていたこともあってちょっと聴き取れなかったり
 意味の取り違えが発生しているところもあるかと思いますがその点ご容赦のほど。


・初のクリスパー組織体の実用化は「腐らないキノコ」。
 遺伝子組換え食品は危険視されてきたがクリスパーゲノム編集による
 改良食品は認可されやすい。
・ブタは62種類ものウイルスに感染しているため
 ヒトへの臓器移植に使えないが,ウイルスに感染しなくする
 ことで臓器移植の道が開ける。
・マラリアを媒介する蚊へのマラリア原虫の感染を止める
・8千種以上の病気について次々と原因遺伝子が究明されている。
 これを動物に導入して治療研究を行う。

・クリスパー自体を薬として使う医療も。
 エイズやハンティントン病,難聴など

・クリスパーを持つ細菌を環境スパイとして使う 
 細菌がもつ免疫機構は記憶する機構ということ。
 細菌は自分の記憶をすべて子孫に残せる。


私のこの発見は,好奇心から始まった研究でたどり着いたものだった。
(何の役に立つかわからないものに対して)好奇心だけで行う研究というのは
科学者のエゴかもしれないが,多くの人が掘り下げてくれたことで
この基礎研究は花開くことになった。


◆後半は,毎日新聞科学環境部・須田桃子記者との対談形式で,モヒカ博士のCRISPR研究について語られました。
1806 フランシス モヒカ博士_対談.JPG

ウイルスは他の細胞に自分のDNAを注入して,細胞の機能と素材を使って
自分のコピーを大量につくり増殖するのですが,
ウイルスの感染から生き延びた細菌は,その遺伝物質(DNA)の断片を
自分のDNAの中に取り込んで保存し,次回にそのウイルスのDNAが侵入したときに
すぐに発見して破壊するというのです。そのウイルスのDNAの断片は
自分の遺伝子とは離れたところに隔離して保存するのですが,
DNA上のその領域をはさむように前後に存在する独特な塩基配列がクリスパーというわけなのです。

細菌がこのような免疫のしくみをもっているということを発見したのが
モヒカ博士の主な功績。
このしくみが遺伝子組換えに応用できることを別の生物学者が発見し
ゲノム編集の最もポピュラーな方法の1つとしてあっという間に
広まって,数々の研究成果・品種改良が達成されることになりました。




2003年にこのことに気づいて論文にし,多くの雑誌に投稿したが断られたと聞きます。なぜ却下されたと思いますか?
「私もときどき思うんですよ。…なぜだろう?」(会場笑)「まあ,あまりにも単純で少ない情報で,これで細菌が免疫機能をもつなんて当時はとても信じられなかったんでしょうね。2,3年前に講演会で,私の論文を査読して2回リジェクト(却下)したという人が私のところに来たことがあります。『あなたは恨みにもつ人ですか?』と言ってくるので『場合によるけどね』と答えましたよ」(笑)

細菌を研究することでこの偉業に到達されたわけですが,
細菌の研究を志すようになった理由またはきっかけは?

「私は植物が好きだったので,植物学者になりたかったんです。
 ですが あいにく花粉症で。
 次に動物学者になろうとしたのですが,先生が大学に来なくて。
 しかたないので細菌を研究対象に選んだんです」(笑)

クリスパーのしくみ・はたらきを発見されたのは塩田の微生物から
だそうですが,なぜ塩田の微生物を?

「あまり(自分で採集には)行ってないんですけどね。
 他の人がとってきたサンプルを集めて-20℃で保管しているところがあります。
 その中から,塩田の微生物は水分がない塩だらけの環境でも
 生きていられるのでそのしくみに興味を持ったわけです。
 アルテミアなんかも塩田で生きている生物ですが,水が完全に
 なくなると生物としての活動が止まってしまうんですね」

モヒカ博士の発見がここまで発展することは予想されていましたか?
「全く。細菌が免疫のしくみを持っている,このことを
 発見できただけで大喜びだった。
 DNAを編集できるハサミになるなんて,想像するなんてとても」

このように他の研究者が自分の発見をもとに研究を進め
研究が大きく発展する,というのは基礎研究の醍醐味ですね。

「基礎研究はおっしゃるように大きなものに発展するかもしれない
 可能性がある。それが何になるかはその時点ではわからないけど」

日本では出口志向が強まっていて,研究予算を確保するには
「すぐ役に立つ研究」が求められている。
スペインではどうですか?

「スペインも収益を重視する考えは強くあります。とくに民間。
 じゃあ基礎研究は誰がやるのか?誰かがやらなければならない。
 そこで,いい人がやることになるんだね。自分がそうとは言わないけど」(笑)

後半のこの対談は,前半の講演の具体的でわかりやすい
ゲノム編集の成果の話から,モヒカ博士自身の研究に関する
専門的な話に踏み込むことになるので難しい内容になりそうなところを
須田記者の質問設定とモヒカ博士のユーモアを交えた答えで
来場者にも身近に感じられる笑いの絶えない対談となりました。


◆最後に質疑応答があり,3人の方が三者三様の質問を。

自然界には多様性が必要とのことですが,ゲノム編集が容易になって,人間が好きな形質を選んで生物に取り入れるようになると多様性がなくなってしまうのでは?それについてどう思われますか?
「昔から好ましい形質の家畜の雄と雌を交配させる,選定するというのは昔から行われているわけです(人為選択)。(古代ギリシャの)スパルタでは戦士になれない体の不自由な子供は殺されていました。私のようにカッコいい人や背の高い人はモテて子孫を残すことができる(性選択)。昔から選定は行われているわけです。
ゲノム編集で多様性が損なわれるかもしれない。それで病気がなくなるなら私は大歓迎です」

世界的な科学者のお話を直接聞くことができるこういう機会はなかなかないのですが,博士は世界を飛び回られて一般の人と話すことは他にもあるのですか?
「あります。印象に残っているのは,バルに入りきれないくらいの人たちと話したことがあって,工事現場からやって来て5分で寝ちゃった男の人がいました。やがて起きて私の話に聞き入り,終わった後,感動したと言ってくれたんですよ」

私にはミトコンドリア遺伝子の病気の子がいます。今も進行しています。ミトコンドリア遺伝子の疾患はゲノム編集で治療可能なのでしょうか?その研究に倫理的問題や技術的問題はあるのでしょうか?
「倫理的問題はありません。解決されるべき問題ですし,ミトコンドリアも細菌の一種なのでできるはずです」

◆講演が終わると,壇上に残った博士に会って話したい来場者の列が。
あ,いいんだ。
ということで,列の最後のほうに並びました。
もともとこの会場を知っている人はスペイン語やスペイン文化に親しんでいる人や母語がスペイン語という人が大勢を占めていて,英語すらまともに喋れない私はあわわわ状態だったのですが,ちゃんと通訳の方がついてくださって,気さくな博士と言葉を交わすことができ,写真も撮らせていただくことができました。
1806 フランシス モヒカ博士.JPG

世界を動かす業績を挙げた博士と間近でお話できて,一流のオーラを感じた,みたいなミーハーなことを書くのはなんですが,科学の研究に没頭して未知のしくみを発見する悦びを追及する一方で,科学のすばらしさを世の中に伝えることにも積極的な姿は魅力的でしたね。
「ものすごい発見もされた傑出した科学者である一方で,お話も楽しくて,スペインの方は皆,博士のようにチャーミングなんですか?」とお聞きしたら「私なんて下の下ですよ」(笑)とおっしゃっていたので,スペインの人は皆お話好きなのかもしれませんがw


ノーベル賞の有力候補と書きましたけれど,CRISPR(と後に名付けられる塩基配列)を発見したのは石野良純博士(当時大阪大学)ですし,ゲノム編集技術「CRISPR-CAS9(クリスパー=キャスナイン)」を開発したのはエマニュエル・シャルパンティエ教授(フランス出身)とジェニファー・ダウドナ教授(アメリカ)らのチームですので,もしこの研究が受賞することになっても同時に3名までしか選ばれない同賞の規程上誰が受賞するかはわかりませんが,モヒカ博士のような研究者のことは日本でももっと知られてほしいと思いました。

CRISPR Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/CRISPR
(Mojicaの名前が論文共著者として2か所出てきます)

サイエンスZERO
http://www4.nhk.or.jp/zero/
サイエンスZERO シリーズ・ゲノム編集(1) 「生命を作り変える魔法の新技術」※NHKオンデマンド(2017年放送)


CRISPR (クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見

ジェニファー・ダウドナ

ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー

NHK「ゲノム編集」取材班


●須田桃子記者Twitter https://twitter.com/MomokoSuda


第46回大宅壮一ノンフィクション賞 書籍部門受賞
捏造の科学者 STAP細胞事件
(2014/12/30)

大宅賞受賞後第1作
合成生物学の衝撃
人工生命体は既に現実のものに


日本ゲノム編集学会 http://jsgedit.jp

posted by ドージマ・ダイスケ at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人