2018年01月04日

2018年 あけましておめでとうございます

あけおめ5000兆円ロゴ550px.png

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

180104京都市動物園ヤブイヌa.JPG
戌年ということで,原始的な特徴を保持している,いわばイヌのご先祖様的な動物,ヤブイヌの写真を。

ヤブイヌといえば,京都市動物園の飼育展示がすごくいいですね。
このお正月の帰省旅行の合間にちょっと行ってきました。
180104京都市動物園ヤブイヌb.JPG

小さくころころした体型でまさに子犬のように走り回り,
ピイピイと小さいかわいい声で鳴く姿はほんとにかわいい!

180104京都市動物園ヤブイヌc.JPG

京都市動物園の展示はほんとうにいいですね。
たくさん頭数がいて,見る側からかなり近く,ガラスや金網を通さずに直接見られるのがうれしい。
リニューアル前は金網で囲まれた草むらといった感じの展示で,なかなか姿を見るのも運しだいという感じでしたが,現在は非常にすばらしい!

ヤブイヌは名古屋の東山動物園にもいて同様にかわいいのですが,屋外スペースにいるときは見る側からちょっと遠いんですよね。シカくらいのサイズの動物なら全然問題ないのですが,ラグビーボールを一回り大きくした程度の大きさの体ですから,近くで見られるならそれに越したことはないですね。


その東山動物園,ヤブイヌ同様に人気・存在感のあるイヌ科動物がおりまして
それがシンリンオオカミ。金網や透明板越しで見る以外に,まずまずの距離で直接見られるスポットがあるんですよね。
180104東山動物園シンリンオオカミ普.JPG
シベリアンハスキーがちょっと似てる,おなじみの体色のほかに,
白っぽい毛や,黒毛の個体もいるんですよね。
180104東山動物園シンリンオオカミ黒.JPG


正月三が日も過ぎて,イラストもない写真のみのあけおめエントリになったのは,
年末ぎりぎりまで他の用事や作業で予定が潰れ,
大晦日も東京ビッグサイトの某巨大イベントで使い,帰って明けたお正月から帰省に行っていたものですから…。
180104_コミケ待機.JPG

180104_コミケ_コスプレ.JPG

生まれて初めてコミケに行ったのですけれど,
その規模と,すべてボランティアというスタッフの皆さんの仕事ぶりがすごかったです。

しかし,私が見たいとか同人誌を買いたいとと思うような自然科学系の出展は,あの巨大な会場の中で実質1列分しかなかったんですよね(医療・薬学系は別)。ですから,時間も購入予算的にも余裕をもって見て廻れて,あとは他のジャンルを適当にぐるりと回り,企業ブースやコスプレも見て帰ってきました。

自然・狩猟関係,自然科学系のジャンルで出展している皆さん,知識とか本の完成度とかやはりすごかったですね。また,何年も継続して実績を積まれているから,そこにまっすぐやって来て,最新刊を何も見ずに買っていく人がいたりして。

なんでこの話をここで書いているかというと,
同人誌つくってコミケ参加したいなと思ったので!
漫画で1冊作ろうとしたら薄い本でもけっこう労力というか
描くのも一仕事だし内容をまとめるのにめっちゃ頭を悩ませているんで
完成のイメージがなかなかわかないのですが
漫画にこだわらなかったら年内に1,2冊なんとかなるんじゃないかと。

会場で夏コミの参加申し込みセットは買いませんでしたけど
帰ってからじわじわと挑戦意欲がわいてきました。
コミケに行くこと自体心理的にハードルが高くて去年まで1度も
行ったことがなかったんですけど,一度行ってみるとぐっと距離が縮まりました。
コミケは抽選の厳しさもあるので他のイベントという選択肢もありますが
いずれにしても今年,やってみたいです!

180104京都市動物園フェネックカレンダー.JPG
京都市動物園では年始のサービスとして来場者に戌年にちなんだフェネックのカレンダーをプレゼント。

あなたが知らない動物のふしぎ50 タヌキもどきの原始イヌって?コウモリは立てるか? (サイエンス・アイ新書)
中川 哲男
SBクリエイティブ
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人