2017年08月18日

【行ってきた】動く、動くよ!!あの動物が◆みさき公園!ナイトズーも行ったよ♪

前回、大阪府は和歌山県境にほど近いみさき公園に行って見てきた動物たちについて紹介しましたが、当日はナイトズーにも行ってきました。

170816_みさき公園ナイトズー_コラボ看板.JPG

みさき公園のナイトズーは別料金。当日お昼以降に入場券が発売されます。
170816_みさき公園ナイトズー_00入場券.JPG
『けものフレンズ』コラボのアカカンガルー缶バッジがついてきます。

通常営業の閉園は17時。
ナイトズーの開始は18時50分。
その間を埋めるべく、ナイトズー開催日には、シャイニースタジアムで行われるイルカショーに17時15分からの回が追加されるので、この回を選んで見てきました。
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショー.JPG

みさき公園ではイルカショーも有料(大人500mipo=500円)。遊園地のアトラクションと同じシステムですね。

イルカショーのテーマは「夏祭り」。観客も一緒に両手を上げたふりつけで「バッシャーン!」と歌うと、
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショー背面ジャンプ.JPG
イルカがバッシャーン!と派手に水しぶきを飛ばしてくれます。前方3列目ほどまではまさに水かぶりの醍醐味。
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショー水しぶき.JPG

また、巨大ビーチボールを客席に向かって弾き飛ばす遊びも。
170816_みさき公園ナイトズー_01イルカショーボール.JPG
もちろんイルカのジャンプ力など芸を見せるショーでもあるのですが、まさに遊園地のアトラクションのような、遊び感覚で楽しめるイルカショーでした。


この後もナイトズーが始まるまで1時間ほど時間が空くのですが、一旦公園の外に出されるといったことは特にないので、園内のステージの客席で写真の整理などして時間を潰していると、いよいよナイトズースタートの時間。

早速賑わっています。
170816_みさき公園ナイトズー_03シマウマ.JPG
シマウマ・キリン・ヤマアラシ・ニホンジカ・トラ&ライオン・ビーバー&コツメカワウソ・カンガルー・南米の森では飼育員さんの動物ガイドがあり、大勢の人だかりが聞き入っていました。
170816_みさき公園ナイトズー_04キリン.JPG

間もなく日も沈み、あたりは真っ暗に。LEDライトのロープで示された順路に沿って進みます。
170816_みさき公園ナイトズー_05ラマ.JPG
右側に見える動物は、「アルパカじゃないよラマでんねん」ことラマです。

トラ・ライオンにはガイドと合わせて食事タイム。
小さく切った馬肉などが投げ与えられます。
170816_みさき公園ナイトズー_10ライオン台.JPG

170816_みさき公園ナイトズー_11ライオン.JPG
めっちゃ見てるよ!
ライトがまぶしいせいか、自分から遠くに投げられた肉に対しては反応できない様子でした。


昼間は1頭ずつしか表に登場しないビーバーもえさを手渡しするこの時間は2頭同時の登場。
170816_みさき公園ナイトズー_14ビーバー.JPG

昼見たときはタイミングが悪かったのか、よその動物園などより夜行性が強いのか、しっぽと足の裏しか見られなかったコツメカワウソも夜は2頭とも姿を現していました(また穴の中に引っ込んだりもしてましたけど)。
170816_みさき公園ナイトズー_15コツメカワウソ.JPG

170816_みさき公園ナイトズー_20 イルミ.JPG


そしてコースの大詰めには、ナイトズーのポスター等で主役を張っているアカカンガルー。
170816_みさき公園ナイトズー_25アカカンガルー看板.JPG

夜になったからといって特に活発という感じではありませんでした(;^ω^)。
170816_みさき公園ナイトズー_25アカカンガルー.JPG
担当のお姉さんの解説トークや、カンガルーの実物毛皮おさわり体験(短い体毛ですがふわふわに柔らかい♪)

そして、私が今回のナイトズーで一番テンションが上がったのが
こちら「南米の森」にて。
170816_みさき公園ナイトズー_30南米の森.JPG

前回のエントリでまるまるスルーしましたが、
カピバラ、リスザル、アルマジロとともにここのメイン住人であるフタユビナマケモノ。お昼はこんな感じでした。
170816_みさき公園ナイトズー_31ナマケモノ昼a.JPG

基本的に木にぶら下がるより寝そべるのがデフォルト。
170816_みさき公園ナイトズー_31ナマケモノ昼b.JPG

そして、夜のナマケモノがこちら。
170816_みさき公園ナイトズー_32ナマケモノ.JPG

ちなみに、体の各パートはこのようになっております。
170816_みさき公園ナイトズー_32ナマケモノ説明.JPG

ナマケモノも夜だからってそんな動かないのかと思っていたら

170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子.JPG
ふと1頭のお母さんナマケモノが移動を開始。
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子2.JPG

170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子3.JPG

おっと
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子4_あ.JPG

方向転換。
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子5_方向転換.JPG

さて
170816_みさき公園ナイトズー_33ナマケモノ親子6_さて.JPG

あれ?
170816_みさき公園ナイトズー_34ナマケモノこっち来た.JPG
時刻も20時を回り、飼育員さんたちが「飼育小屋の窓を閉めまーす」と告げて回るその頃
その窓から外に出てきちゃった!
170816_みさき公園ナイトズー_35ナマケモノ出て来た.JPG

で、ナマケモノお母さんも戻りたいのはやまやまなのだけれど
170816_みさき公園ナイトズー_35ナマケモノ出て来た戻れない.JPG
雄のナマケモノがついてきて、それが嫌で戻れない。

170816_みさき公園ナイトズー_36ナマケモノ後足クロー.JPG
飼育小屋に戻そうと近づいてきた飼育員さんに後足ひっかき攻撃。
アクティブナマケモノ!

170816_みさき公園ナイトズー_38ナマケモノ確保.JPG
引き離そうとしても4本の足で渡り木に捕まるからどうしても引き離せない。
2人がかりで確保が完了したのでした。


ここを過ぎるとあとは入口(出口)へ向かって下り坂を下りていくだけ。

昼間は全然動かないアフリカタテガミヤマアラシも元気に歩き回っていました。
170816_みさき公園ナイトズー_40アフリカタテガミヤマアラシ.JPG
竹をくわえてカンカン床を叩いていたり。
夜になってもそんなに活発じゃないときもあったみたいで、えさの時間や量を調整されたそうですね。


みさき公園、京都に住んでいる頃も遠かったり、CMなどで見ることがほぼ皆無でどんな所かもよくわからなかったり(キリンの音羽ちゃんの話題はニュースで接した記憶はありますがどこにいるのかとか特に意識しなかった)で、今回の来園が初めてでしたが、親しみのもてるパークといった感じで楽しめました。


こちらのグッズショップ、プールがあるので実用的なものが揃っていたり、遊園地系のパークだからでしょうか、オリジナルグッズのセンスがけっこう好きです。
この3Dうちわ、キリンとイルカの2パターンあって、キリンのほう買いました(350円)けど、めっちゃ気に入ってますw
170816_みさき公園ナイトズー_グッズショップ.JPG
あとTシャツも買いました。(胸にマークが小さく入っているのが大人用)もともと水族館や動物園によく行くようになってTシャツとか積極的に買おうという気持ちはあったんですけど(美ら海水族館とか昨年の東大五月祭水族館などで買ってます)、『けものフレンズ』でBD付きオフィシャルガイドブックを全巻予約注文してまたひとつリミッターが外れたというか、買い物をすることの楽しさが増してきた気がします^^


みさき公園 HP
  http://www.nankai.co.jp/misaki.html
イルカショー
  http://www.nankai.co.jp/misaki/iruka.html
ナイトズー
  http://www.nankai.co.jp/misaki/eventAll/2017nightzoo.html
  来週以降は8/19・26(土)、9/2(土)・17(日)


けものフレンズと昭和感の共存!? 園長に聞くみさき公園人気の理由(THE PAGE大阪)
https://thepage.jp/osaka/detail/20170729-00000001-wordleafv



けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

*ニコニコ動画やあにてれ等各サイトの公式動画で計1千万再生を軽く突破した伝説の第1話と第2話を収録

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
KADOKAWA
*全国のフレンズを不安のどん底に突き落とした第11話と感動の第12話を収録

posted by ドージマ・ダイスケ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人