2017年08月10日

【4コマ】卵大好きフルル #けもフレ

今年に入ってから『けものフレンズ』にはまって、アニメ終了後ももっぱら「けもフレ」2次ばかり描いて生物部マンガがご無沙汰になっている今日この頃。またさらに動物園・水族館等の話題ばかりupしている感が。

先日Twitterやpixivには上げましたが、まだこちらには上げていない漫画がありまして、まだ読まれていない方も大勢いらっしゃると思いますので、生物学関係のコメントも加えてupしたいと思います。どうぞノ

卵大好きフルル550px.png

→pixiv版 

ペンギンのフレンズ(アニマルガール)5人からなるアイドルユニット・PPP(ペパプ:Penguins Performance Project)、その一員であるフンボルトペンギンのフルルが今回の主役。

◆これまでupした漫画
【4コマ】ペンギンなんでもランキング(2017年06月25日)
【オリフレ4コマ+資料】トボガンとアデリー!!PPPのデザインと生息地の関係(2017年06月03日)
【4コマ+おまけ3】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)2
(05/11)
【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)(04/29)

アニメ本編でも「卵に似た石、かわいかったね」と唐突に口走るセリフがあったフルル、天然キャラを表す文脈で発せられていたのだと思いますが、生物としてのフンボルトペンギンについても語っているとも解釈できまして。日本で飼育されているフンボルトペンギンは非常に増えすぎていて(74施設以上、1600羽以上)、水族館では卵を産んでも偽卵にすり替えられているという状況から生まれたくだりなんですよね。単に卵を取り上げるだけだと次の卵を産んでしまうので偽物を抱かせているのです。

このフンボルトペンギンの増えすぎ問題は日本だけのことで、野生や海外の飼育個体は逆に繁殖させて増やすのに苦労しているんですよね。
野生繁殖地のチリと山口県の海響館(下関市立しものせき水族館)はチリの国立メトロポリタン公園と野生のフンボルトペンギン保護の協力協定を結んでいたりします。(2016年の視察旅行記… http://www.kaikyokan.com/category/introduction/chile/ )
絶滅危惧の分類は、PPP5種類のなかでイワトビペンギンと並んでフンボルトペンギンが最も高いのです。日本に1羽もいない、ニュージーランド南方のマッコーリー島固有種で厳重に保護されているロイヤルペンギンよりも絶滅危惧度は高いんですよね。
ロイヤルペンギン…準絶滅危惧◆◆◆◆◆◇◆
コウテイペンギン…準絶滅危惧◆◆◆◆◆◇◆
ジェンツーペンギン…軽度懸念◆◆◆◆◆◆◇
イワトビペンギン……危急◆◆◆◆◇◆◆
フンボルトペンギン…危急◆◆◆◆◇◆◆
(ジャイアントペンギン…絶滅◇◆◆◆◆◆◆)

ペンギンといえば、足の間に抱卵斑といって羽毛がぱかっと分かれ、断熱性のある羽毛をよけて卵を直に体温で温められるスポットができることは知る人ぞ知るところであり、そんなこともあって、ここでは卵(の形の石)を足の上に載せて温めてますけれど、南極にすむコウテイペンギンでもなければ、普通に地面の上につくった巣に卵を産んで、上から温める抱卵で孵すことができます。なので腹ばいに近い体勢で抱卵している姿もよく見られますよね。

最後のコマでイワトビペンギン(イワビー)が「卵抱くのに雌もオスもないんじゃない?」と言っていますけど、雌がエサを取りに行く間、オスが極寒の中3か月以上も卵を抱き続けるコウテイペンギンは別格で、大抵のペンギンは他の多くの鳥と同じように雄雌が交代で卵を抱いていますね。片方の番が10日くらい続くものもあったりするようですが。



けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5)
KADOKAWA

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)
<完結>11・12話収録、2017/8/26発売 KADOKAWA

公式ガイドブック、3巻に収録されている内田彩さん(かばん役)と尾崎由香さん(サーバル役)の対談で内田さんが群馬県観光特使をしているので群馬サファリパークとコラボしたいと言っていたらほぼ発売のタイミングで同サファリパークとのコラボバスツアーが発表されたり、4巻のPPP座談会でイワトビペンギン役の相羽あいなさんが「馬のフレンズが登場してほしい」と言ってたらJRAとのコラボが実現していたり、5巻の「大図鑑」のテーマ「ふしぎ・めずらしいけもの」に合わせるかのようにシーサー等のグッズが登場する沖縄コラボ企画が始まったりと、出演者たちが夢レベルで語った企画が次々と実現。アニメ放映時にはグッズ展開などがほぼ皆無で難民”が大量発生したのが嘘のようです(^_^)。
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:27| 東京 ☁| Comment(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人