2017年06月29日

【行ってきた】2017年6月 東武動物公園つづき

前エントリで
東武動物公園で撮った写真を紹介しましたが、『けものフレンズ』コラボでフレンズの看板が設置された26種でいっぱいになってしまいましたので、今回は紹介しきれなかった、印象に残った写真や動物についてupしたいと思います。

東武動物公園でアフリカゾウといえばおやつ体験タイム
東武動物公園アフリカゾウ_餌やり.JPG
動物園のゾウというとアジアゾウが多くて、アフリカゾウは圧倒的に性格が荒くて飼育が大変なイメージがあるんですが、この位置からなら絶対安全とはいえ入場者と直接ふれあえる企画があるってけっこうすごいと思っちゃうんですよね。


東武動物公園シロクジャク背後.JPG
華麗なシロクジャクを背後から見るとこう


東武動物公園オットセイ.JPG
こちらのオットセイショー、セールスポイントは輪くぐりの輪が小さい


「ふれあい動物の森」ではルリコンゴウインコのトレーニングをやっていました。
東武動物公園ルリコンゴウインコ_トレーニング.JPG

ヤギやヒツジ、ロバ、アルパカなどにえさをやれたり(有料)、ウサギやモルモットにふれあえるほか、ワオキツネザルのケージに入って至近距離で見ることができます。
東武動物公園ワオキツネザルup.JPG

東武動物公園ワオキツネザル1.JPG


マントヒヒの餌って、キャベツなんですね
東武動物公園マントヒヒ_餌投げ.JPG

東武動物公園マントヒヒ.JPG
自分では天井に届いた餌を取りに行かず、しかし手元に自分が食べる分を大量に独り占め…ボスザルのリアル


サルといえば園のずっと奥寄りにあるサル山、ここのサル山のサルはアカゲザルです。私、サル山って動物が大きくないのに距離があるせいもあってか、あまり長時間見て楽しむことがないのですが、この日は1匹、ずっとひっきりなしに走り回って登りまくって鎖を渡りまくって飛び込みまくりの子ザルがいて、見ていて飽きませんでした。
東武動物公園アカゲザルa.JPG

東武動物公園アカゲザルb.JPG

東武動物公園アカゲザルd.JPG

東武動物公園アカゲザルc.JPG

東武動物公園アカゲザルe.JPG


コラボが終了した今も継続しているというフルルの看板、掲示場所はこちら。
東武動物公園フンボルトペンギン場.JPG

私が行った日はこの手前の水中でずっと泳いでいたグレープ君。
東武動物公園フンボルトペンギン_グレープ君.JPG

園内では、1日数回行われる東武動物公園の飼育員"師匠"による園内散策ニコ生中継に遭遇することも。
東武動物公園フンボルトペンギン_ニコ生中継.JPG

えさやりタイムも兼ねたペンギントークは、上の写真の側から通路をはさんだ反対側で行われますが、
東武動物公園ペンギントーク.JPG
この日、老体にかかわらずグレープ君はえさをねだりにやって来ていました。
東武動物公園ペンギントーク_グレープ君.JPG
そんなことより、フルルの看板を見つめる様子を写真に撮らせてほしかった(;^ω^)

ここにはもう一種、キングペンギンもいるのですが、極地ペンギンなので暖かい季節には冷房の効いた屋内展示になります。
東武動物公園キングペンギン.JPG
見るタイミングによってはずっと棒立ちだったりもするので「死んでる?」「置物じゃない?」と思っちゃう人もいましたが、生きてますw
今ちょうど換羽が終わって、体がいちばんきれいな時期だそうですよ。


東武動物公園
http://www.tobuzoo.com/
コラボ第2弾もあるそうです!
 サマーナイトZOO 夜のとうぶフレンズに会いに行くのだ!
  http://www.tobuzoo.com/event/details/1266/
  平成29年7月15日(土)〜9月3日(日)の土日祝、8月11日(金・祝)〜8月15日(火)

動物園・赤ちゃん誕生物語 (集英社みらい文庫)
粟生 こずえ (著), 東武動物公園 (監修)
集英社
posted by ドージマ・ダイスケ at 05:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人