2017年04月16日

【生物オリンピック】 2017年イギリス大会 日本代表決定!

今年は3月下旬に天気が晴れず冷たい日が続いたせいもあり桜の開花が全国的に遅く,その分関東でも4月半ばまで花が続きましたね。

170416 桜松戸.JPG

170416 夜桜松戸.jpg
通勤途中の帰り道も,特にライトアップされていない街路灯の灯りでけっこう見事な夜桜が楽しめたり。

そんな今週,東京上野に行った際空き時間に足を伸ばした不忍池。
170416 桜ユリカモメ不忍池.JPG

ふと,桜の木に止まるスズメの姿が。

ちょっとあまり見ない図だったんで,ひさしぶりにスズメの写真撮りましたよ。
スズメをちゃんと撮れたのって生まれて初めてかも。

170416 桜スズメ不忍池.JPG
キツツキみたいに木の幹に止まるスズメって珍しくないですか?

ほかにも何羽もスズメが集まって,桜の幹をつついては立ち去って飛び去っていきましたけど
なにかスズメにしか見えないおいしいものがあるんですね。

さて本題。
そんな2017年の春,ちょっと前になりますが
今年7月にイギリスはコヴェントリーで開催される
国際生物学オリンピックの日本代表出場者が決まりました。

twitterでは既にツイートしましたけどブログではまだだったので遅ればせながら。

国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)HP
http://www.jbo-info.jp/

第28回国際生物学オリンピック 日本代表(五十音順)

池田 亘孝(イケダ ノブタカ) 筑波大学附属駒場高等学校(東京都)3年

江口 彩花(エグチ アヤカ) 桜蔭高等学校(東京都)2年

佐藤 源気(サトウ ゲンキ) 滋賀県立膳所高等学校(滋賀県)3年

津島 彰悟(ツシマ ショウゴ) 武蔵高等学校(東京都)2年
同 次点者(五十音順)
栗生 美怜(クリオ ミサト) 京都府立嵯峨野高等学校(京都府)2年
近藤 唯貴(コンドウ ユイキ) 山梨県立甲府南高等学校(山梨県)2年


筑駒と桜蔭,強いですね…本当に全国のトップ4人なのに,常連校というのがかなり集中している感。

※過去5年の日本代表所属校
2016年ベトナム大会 宮崎西・灘・立命館慶祥・桜蔭
2015年デンマーク大会 筑駒・灘・岡崎・広島学院
2014年インドネシア大会 浜松北・筑駒(2名)・広島学院
2013年スイス大会 広島学院・都立西・灘・県立大宮
2012年香港大会 宮崎西・筑駒・桜蔭・灘



最終選考は3月20日(春分の日)に行われ,代表と次点に選ばれた6人は
既に3月28日(火)〜3月30日(木)第1回特別講義を受けたそうです。
本大会までにさらに力をつけて,素晴らしい体験をしてほしいです。

そして来年のイラン大会代表選考を兼ねた今年の日本生物学オリンピックの募集はもう始まっています。
生物学に興味のあるという高校3年生までの方はぜひ参加を考えてみてください。
※国際大会の出場資格は来年の高校3年生までのため,日本代表選抜選考に進めるのは高校2年以下の人

日本生物学オリンピック2017日程
予選 2017年7月16日(日)(マークシート/全国の会場)
本戦 2017年8月19日〜8月22日(実技/広島大学)
日本代表選考 2018年3月21日

http://www.jbo-info.jp/jbo/jbo2017.html

応募〆切は2017年5月31日

2017募集要項(PDF)
http://www.jbo-info.jp/jbo/pdf_jbo/pdf_jbo_2017/JBO_Call_for_Entry_2017.pdf

日本生物学オリンピック2017年ポスター(PDF)
http://www.jbo-info.jp/jbo/pdf_jbo/pdf_jbo_2017/JBO_Call_for_Entry_Poster_2017_A3.pdf


生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き
羊土社

生物学オリンピック問題集“実験編”
みみずく舎


posted by ドージマ・ダイスケ at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449068616

この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人