2017年04月08日

【1コマ】 鳥羽水族館で初めて知ったこと #ジュゴン

4月に入り,学校や職場も本格的に新年度という季節,桜も3月下旬に冷え込んだことから開花まで待たされた感がありますが,この1週間で一気に関東以西ではソメイヨシノが満開まで勢いよく咲いてきていますね。

前回の更新から早くも1週間近く経っておりますが,鳥羽水族館シリーズとして1コマ,追加したいと思います。

ジュゴンジュゴン170408.png

Wikipediaを見るとアフリカ東岸からインド西岸,東南アジア,沖縄の海あたりまで広く(ただし局所的に)生息するジュゴン,数万頭単位でいるようですけれど,飼育されているのは世界で4水族館だけ(もちろん日本では鳥羽水族館の「セレナ」1頭だけ)。
1日に体重の1割ほどの水草を食べる餌の調達が難しいからでしょうかね…。

ちなみにニシローランドゴリラの学名は Gorilla gorilla gorilla 。


これまでマンガやイラストは紙に描いてComic Studioで加工という作り方をしていたのですけど,コミスタは既に製造終了,発売元のセルシスが後継ソフトのClipStudioに切り替えてもう5年ということもあり,今回はタブレットにクリスタの試用版をダウンロードして,一からタブレットのペンで描いてみました。
手ぶれ補正機能とか使ってはいますが,なかなかきれいに線を描くのは難しい…
顔の輪郭が左右非対称なのはもとから下手なんですけど,こういうところとか,デジタルでやることで逆にアナログよりきれいに描く支援機能とかあるんじゃないかと

絵の上手い人とか,このくらいのマンガやイラストはさらさら20分とかで描けちゃうんでしょうけど,その10倍以上かかった…(プロなら5分?)。ツイッターで思ったこと気づいた事をさらさらマンガにしてupできるような人に一歩でも近づきたいです。


ジュゴンの上手なつかまえ方−海の歌姫を追いかけて (岩波科学ライブラリー)
市川 光太郎/岩波書店

のんびりジュゴン (しってる?水族館のにんきもの)
松橋 利光 (著), 杉田 比呂美 (イラスト)/アリス館
posted by ドージマ・ダイスケ at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人