2016年07月25日

【速報】国際生物学オリンピック2016 日本は金1・銀3

国際生物学オリンピック2016 ベトナム大会が7月17日〜24日の8日間にわたってベトナムのハノイで行われました。
早速結果のほうも発表されており,日本代表(4名)は,金メダル1名,銀メダル3名という成績をおさめました。

IBO2016 results
http://ibo2016.org/Portals/0/IBO2016%20result.pdf

Gold 1 Singapore Mr. Lim Yi Shen Justin
Gold 2 China Mr. Wang Yuanzhuo
Gold 3 Singapore Mr. Tang Fengjie
Gold 4 Chinese Taipei/Taiwan Mr. LIN MENG-HONG
Gold 5 South Korea Mr. YOO JONG WOO
Gold 6 China Mr. Mao Aoyue
Gold 7 United States of America Mr. Dun Boyang
Gold 8 Japan Mr. Toyama Tarou (外山太郎 宮崎県立宮崎西高等学校2年)
Gold 9 Hungary Mr. Marton Akos
Gold 10 United States of America Mr. Jing Bowen
Silver 30 Japan Mr. Horo Uzuki (保呂有珠暉 灘高等学校1年)
Silver 31 Japan Mr. Nakagiri Yuichiro (中桐悠一郎 立命館慶祥高等学校2年)
Silver 34 Japan Ms. Murakami Yurika (村上侑里夏 桜蔭高等学校3年)
金メダル…1〜26位,銀メダル…27〜77位,銅メダル…78〜151位

日本勢では外山太郎さんが最上位の8位。代表選考を兼ねた日本生物学オリンピック2015では本戦出場(80名)の中に九州勢は2人でしたから,すごく抜きん出た存在
残る3人も金メダルにあと一歩の30・31・34位で銀メダルとなりました。
上位トップ10は男性が独占する状態となり女性最上位はシンガポールのJacy Mok Kai Linさんで12位。村上侑里夏さんは女性では8位となります。

国別上位の主な成績は以下のようになります。
シンガポール…1位,3位,12位,21位(全員金メダル)
中国…2位,7位,17位,23位(全員金メダル)
台湾…4位,13位,14位,24位(全員金メダル)
韓国…5位,27位,28位,85位
アメリカ…7位,10位,26位,35位
ハンガリー…9位,22位,32位,61位
ドイツ…11位,25位,33位,74位





2020年 日本大会
2019年 ハンガリー大会
2018年 イラン大会
2017年 イギリス大会
2016年 ベトナム大会  金1・銀3 ←今ココ
2015年 デンマーク大会   金1・銀2・銅1 
2014年 インドネシア大会  金1・銀3  
2013年 スイス大会     金1・銀3  
2012年 シンガポール大会   銀4  
2011年 台北大会(台湾) 金3・銀1 
2010年 昌原大会(韓国) 金1・銀3
2009年 筑波大会(茨城) 金1・銀3 ※初の金メダル!
2008年 インド大会     銀3・銅1
2007年 カナダ大会     銀1・銅3 ※初の銀メダル!
2006年 アルゼンチン大会   銅3
2005年 北京大会       銅1   ※日本は第16回大会にして初参加



国際生物学オリンピック(IBO)サイト
過去の結果 http://www.ibo-info.org/ibo-results-and-awards

第26回国際生物学オリンピック(IBO2016)ベトナム・ハノイ大会公式サイト
http://ibo2016.org/

国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)公式HP
http://www.jbo-info.jp/index.html
 ※このHP,どこに何が書かれているのか非常に探しにくくて本当に見づらいです。
  「日本生物学オリンピック」のボタンをクリックすると2年古いページ(2014で情報が止まっている)に飛んだり(つまり日本生物学オリンピック2015,2016のページはJBOトップからでないと見に行けない)
  昨年までのIBO日本代表決定は,たとえば2015年だと「日本生物学オリンピック2015」から「代表選抜試験」のページに載っていたのに,今年はいきなりJBOトップページ(の現在では下のほう)にしか載っていなかったりと,必要な情報が時間をかけてもなかなか見つからないので本当に困っています。改善を切に望みます…

◆関連記事
【生物学オリンピック】 代表選抜試験 問題公開 (2016年03月27日)
【2015/10/18】公開シンポジウム「国際科学オリンピック−メダリストの声」やります&レポまんが2014  
『マンガ生物学に強くなる』採用校(補習で)・今治西高校に行ってきた(2015年10月01日)
【速報】日本生物学オリンピック2015 拙著が上位入賞者に貢献!(2015年08月30日)
【詳報】 国際生物学オリンピック2015デンマーク 日本は「金・銀・銀・銅」(2015年07月21日)
【速報】国際生物学オリンピック2014インドネシア 日本は今年も「金1銀3」(2014年07月13日)
【詳報】国際生物学オリンピック2013スイス 日本は「金1銀3」(2013年07月24日)
【速報】国際生物学オリンピック2012香港 日本は全員銀メダル(2012年07月16日)
◇ちょっと詳報◇国際生物学オリンピック2011結果【順位】(2011年07月24日)
◇速報(7/17)国際生物学オリンピック2011結果(2011年07月19日)
【生物チャレンジ】2010 第二次試験結果()
◇速報(7/17)国際生物学オリンピック2010結果(2010年07月19日)
国際生物学オリンピック2010開催中です(2010年07月14日)
速報◇国際生物学オリンピック2009,大月亮太くんが日本勢初の金!(2009年07月18日)
波乱?!国際生物学五輪2009・日本代表決定(2008年12月06日)
news◇すげー!「生物版ロボコン」iGEM 2008(2008年11月15日)
国際生物学オリンピック2009二次予選通過者決定(2008年10月24日)
国際科学五輪日本開催シンポ・生物五輪2008メダリスト語る(2008年08月03日)
国際生物学五輪2008inインド結果速報!(2008年07月21日)

いっぽうで,前週の日曜(3連休の中日(;^^))7月17日には全国の会場で国際生物学オリンピックの国内予選を兼ねた日本生物学オリンピック(予選)が始まりました。
   問題(PDF 1.5MB)
   正解と解説(PDF 1.2MB)

本戦は2016年8月19日(金)〜22日(月)(於筑波大学)。勝ち上がった人(約80名)は,暑い中大変ですが合宿試験頑張ってください!

※参考 国際物理学オリンピック(IPhO)2016 スイス・リヒテンシュタイン大会最終成績
   http://www.ipho2016.org/webcontent/downloads/final_ranking.pdf


当ブログ 生物五輪関係エントリ
http://goo.gl/EwKkw


📖生物学オリンピック問題集―解説・公式ガイド付き/羊土社/JBO推薦

📖エッセンシャル・キャンベル生物学/丸善出版/JBO推薦

📖フローチャート標準生物学実験 (専門基礎ライブラリー)
実教出版/JBO推薦

📖マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
堂嶋大輔・渡邊雄一郎/講談社 ※これも一応生物学オリンピック対策本です(^_^)


posted by ドージマ・ダイスケ at 12:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440399094

この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人