2016年07月16日

【行ってきた】 札幌・円山動物園に廃墟を見た

「そうだ,北海道へ行こう」。ということで先週行ってきました北海道。
まずは到着初日,札幌郊外の山中にあるノースサファリサッポロに行ってきまして,
翌日は午前を札幌・円山動物園で過ごすことに。

160716 円山動物園 正門.JPG
見事に雨!
確かに降るって予報でしたけど,北海道って梅雨とかあまり関係ないと思ってたんですけど…

そして,アクセス以外は全く事前下調べゼロで来たわけですけど
ここ数年の間に施設を総建て替えする運びのようですね。
おかげで,新施設へ移動の動物たちが慣れるまで軒並み非公開状態。
160716 円山動物園 展示中止1.JPG160716 円山動物園 展示中止2.JPG


全体的に,大きくりっぱな館1つにつき展示する動物を2,3種類に絞る方向性なんですね。
エゾシカ・オオカミ舎,エゾヒグマ館,チンパンジー館はその名のとおり
熱帯雨林館はマレーバク・ワウワウテナガザル・マレーグマ,
高山館はシセンレッサーパンダ,
寒帯館はユキヒョウとアムールトラ,
キリン館はアミメキリンとダチョウ,ミーアキャット
カバ・ライオン館はカバ,ライオン,ハイエナ,シマウマ,エランド,ペリカンで
 うち公開がハイエナとペリカンだけというねw

そして,建て替え・移動となると,もとの古い獣舎もあるわけで
今回,この時しか見られないようなものを見る,貴重な体験をしました。

160716 円山動物園 熱帯動物館 正面.JPG
こちら,熱帯動物館。
中が暗くて,開いているのかどうかよくわからない様子。

カバ,ライオン,キリン,エランドなどがここに飼育展示されていましたが,
順次アフリカゾーンのカバ・ライオン館やキリン館に移動。
ということで,
160716 円山動物園 熱帯動物館 中1.JPG
暗い。動物いない。それなのに臭い!
家族連れのお母さんとか「無理!」って入るのを拒否するようなインパクト。臭いはすぐ慣れますけど驚きました。
まさに廃墟。なかなか踏み入れる事のできない空間に来てしまった,不思議な感覚。

160716 円山動物園 熱帯動物館 中キリン.JPG
からっぽのスペースが並ぶ薄暗い館の中,1頭だけキリンがいるのも不思議な光景で,静かに感情をゆさぶるものが。

160716 円山動物園 熱帯動物館 中2.JPG
なんというか,営業中の廃墟という希有なものを体験させて貰いました。
このマサイキリン「ユウマ」は12日(火)かぎりで移動ということでしたのでまさにぎりぎりのタイミングでした。

私はこの日,円山動物園の後に小樽へ移動する予定でしたので動物の数が絞られているのは
ある意味好都合でした。
数的には,は虫類・両生類館でけっこうな種類を見ましたしね。
160716 円山動物園 アオホソオオトカゲ.JPGアオホソオオトカゲ
160716 円山動物園 オビタイガーサラマンダ.JPGオビタイガーサラマンダー
160716 円山動物園 コウヒロナガクビガメ.JPG
コウヒロナガクビガメ

あと,ここ円山動物園は,霊長類がけっこう近くで見やすい感じがしました。
160716 円山動物園 ニホンザル_サル山.JPG
160716 円山動物園 ニホンザル_内側から.JPG
 おなじみサル山も,建物の中からだとニホンザルがすぐ近くに見られたり(ここのニホンザル,67頭もいるそうです)


160716 円山動物園 オランウータン.JPG
オランウータン舎は屋外スペースがガラス張りなんですがその分距離が近めで見られたり,


160716 円山動物園 チンパンジー.JPG
160716 円山動物園 チンパンジー子ども.JPG
チンパンジーも,なんかのんびりゆったりした雰囲気で,こちらが見ているすぐ近くまで来て過ごしたりして,ほっこりします。多摩動物園の猿の惑星的な激しい集団のチンパンジーの記憶と比べると差がすごい(^_^)。こちら,9頭のチンパンジーがいて,一番年長のお母さんチンパンジー「ガチャ」は1966年生まれ(50歳!)。雄は「アッキー」1頭だけで,近親交配になってしまうので隣の部屋での飼育展示。台北の動物園で昨年生まれた雄との交換が決まっているそうです(実際の行き来は先方が成長してからになりますが)


ホッキョクグマと(その餌である)アザラシの館およびゾウ館(平成19年以降ゾウはおらず調査・協議の結果ミャンマーからの導入を決定)は平成30年完成予定とのこと。全部揃った動物園を,気持ちいい天気のときにまた訪れてみたいですね。
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人