2016年05月30日

【4コマ】メダカ卵回収最強具とは

5月も下旬に入り,梅雨も近づいてきましたね。
梅雨というのは季節の変わり目に雨が続く時期ということで,夏を前に日中の日差しはかなり強くなってきましたね。
温かくなってくるとメダカの飼育は繁殖期間に突入していろいろ楽しくなってくるわけですが
そのへんを,先日描いた漫画(1)(2)に続いてUpしたいと思います。
どうぞ(^o^)/

メダカ卵回収1.png
メダカの採卵2-4.png
メダカの採卵9.png

前年に生まれて成長したメダカは,4月くらいからほぼ毎日卵を産むようになります。
その卵は親メダカと別の水槽に移すようにしないと,食べられてしまいます。
卵は指の腹でつまんでもつぶれないくらい丈夫で,大きさ的にもメダカの口に入るぎりぎりで表面に毛が生えていることもあって卵のうちはなかなか食べにくいのですが(ときどき口の横に卵をぶら下げながら泳いでいるメダカがいたりしますね),孵化して稚魚になるとパクッとひとたまりもありません。

メダカが卵を産み付ける水草,小学校理科の教科書などではオオカナダモがポピュラーですが
そんなに付着しやすくなかったりするんですよね。
十数cmの長さにポツポツとしか卵がついていないのにこれをまるごと別の水槽に移すというのは非効率なんだなぁ…。条件がよければ枝分かれしたところからどんどん伸びてくるので卵のついたところだけむしって移せばいいとしても,都合良く成長の終わったところを選んで産卵してくれるわけでもないですし。あらかじめ短くして水槽に入れておくとかしても,それはあまりメダカにとって価値がないですし。

そういう卵移動の意味からいうと,水草の中ではフロッグピットが便利です。
葉状体1枚7mmくらい,1株2cmくらいの浮き草なので,根に卵が産み付けられたものだけ移せばいいですし,温かい季節には間引きが必要なくらい勝手に増えてくれるので補充も楽ですし。
160529フロッグピット.JPG
フロッグピット
160529メダカ卵フロッグピット.JPG
ここまで卵がたくさん付くのはレアですね(^_^)

160529メダカ卵フロッグピット2.JPG
水が澄んでメダカが活発なときは頻繁につっついたりするので根がなかなか伸びなかったりするのですが,水が濁ったときなど根がやたら伸びたりします(水が濁ると中が見づらくて放置気味になってしまうせいもあって)。いつの間にか1株で卵がたくさん回収できるときも。


3コマ目の産卵の場所となるいろいろな道具,300円台くらいが中心でしょうか,スポンジ素材(食器とか洗う側の固めのほう)のやつがお値段的には一番手頃ですかね。ペットショップではシュロ素材のものが本格的っぽくて店頭で見る機会が多い気がします。
これらの道具,水草と違って増えないですけど使い回しがききますし,必要なら消毒が可能なのが意外といいんですよね。

というのが,今,うち,水槽にミドロがわいてしまう問題に悩まされていまして,
すごく魚を育てるのに邪魔なんですが,一度これが起こるとほぼ根絶が無理なんですよね。水質が適度な状態で落ち着くと抑制されるんですが…。
しかも一番卵がよく付くのがこれだという。なので卵を卵&稚魚用の水槽に移したらそこでどんどんはびこってしまうんですよね。ミドロがそれほど増えてない水槽と比べると明らかに稚魚が孵って育つ数が違う。
160529メダカ&アオミドロ.JPG
うちでこれが発生するきっかけになったのが購入してきたフロッグピットに付着してだと思われるんですよね…。
水草だと消毒できないから,水草を卵の移動に使うと目に見えなくても必ず付着しててミドロを媒介してしまうという。


で,4コマ目。
そもそもがメダカの卵,全部を水槽に産み付けるんじゃなくて,水底にこすりつけたり,次の卵が出てくる際に落ちたりしてけっこうな割合で底に沈んでいくんです。
160529メダカ卵水槽底.JPG
受精卵は指でつまんでもつぶれないくらい丈夫なんですが,1粒1粒をつまんで別の水槽に移すのは正直無理。そんなメダカの卵,水槽に髪の毛1本落ちているとけっこうくっついてくるんです。
160529メダカ卵&毛髪t.JPG


160529メダカ卵濁り水底.JPG160529メダカ卵&毛髪.JPG

10匹くらいのメダカを数日放置している間にこれだけの卵がたまってるようなこともあるのですが,このときも髪の毛を芯にして卵がまとまった感じですね。

わざと髪の毛を落としておくかどうかは好き嫌いが分かれると思いますが
抵抗のない方は一度試してみてはいかがでしょうか。



水作 ショーベタ コレクションケース S ベタ ガラス水槽 小型水槽→amazon →楽天

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough ブラック 1600万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-4 BLK

メダカと日本人/岩松鷹司/青弓社
※生殖・発生のほか解剖学など生物学的知識のほか文化面での考察など幅広く扱われていてそれでいて内容が濃い!


タグ:メダカ 飼育
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438446758

この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人