2016年05月09日

【4コマ】 メダカの交尾(産卵)

前回に続きまして,メダカの繁殖について。
メダカの雄のひれは交尾を行うのに都合のよい形であることを紹介しましたが
今回はその交尾について,少し具体的に紹介いたします。
交尾といっても体内受精ではなく,雌に産卵させるのに必要な刺激を与える行動ということですね。
どうぞノ

160508 メダカの雄雌p2_交尾.png

前回の4コマと合わせpixivにもUpしました http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56812068
※pixiv版は,こちらにはない加筆部分があります。

高校の生物では動物の行動に関する扱いがかなり縮小され
イトヨ(トゲウオ)の繁殖行動(雄が雌に対してジグザグダンスで求愛し,
腹の赤い雄に対しては攻撃する)も教科書に必須で載る内容ではなくなってしまいましたが
メダカも雄が雌に求愛して一緒に産卵・放精するという行動はよく似た共通のものなんですね。

160509 メダカ求愛photo.JPG
雌が産卵をする瞬間というのはメダカでも秘め事ということで,私もその瞬間に立ち会えたことはないですけど,雄がお誘いをかけることは比較的容易に見られるようで,この漫画のコンテをまとめようと資料など整理していた5月5日にちょうどメダカの雄が雌に対して下から何度もアプローチかけているのが見えまして早速写真におさめました。
この容器にはこの雌と雄のほか雄がもう1匹いまして,雄どうしが牽制しあう様子なども目の前で演じられておりました(;^_^)。

小学校の理科では「おすのメダカのしりびれは平行四辺形」と習いますが,雌だって三角形というより実際は四角形だしまぎらわしいって感じしますよね。しかしこの写真と今回(と前回)の漫画を見たら,「雄の尻びれは大きく広がる」ことが重要で雌と違うってことがわかるのではないでしょうか。



2016年度版最新メダカカタログ
めだかの館出版

月刊アクアライフ →amazon
→fujisan

メダカと日本人/岩松鷹司/青弓社
※交尾に関する知識はこの本を参考にしました。生殖・発生のほか解剖学など生物学的知識のほか文化面での考察など幅広く扱われていてそれでいて内容が濃い!
ラベル:メダカ 生殖
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人