2016年04月25日

【4コマ】 観賞魚の品種名


だいぶ春も本格化してきて過ごしやすくなりましたね。
しかしコタツ(電気はつけない)は気持ちよくてまだ片付けられない(;^_^)

さて今回久々に漫画Up。どうぞノ

※カラー&ワイド加筆版をpixivにうpしています。そちらもよろしくノ

観賞魚の品種名01.png
観賞魚の品種名02-04.png

人名などは別として,それぞれの品種は形質の特徴にちなんだ名前がついているものですから,品種そのものができていないうちから長ったらしい名前を考えるのも本末転倒というかほとんど意味なかったりしますが,研究の進んだ品種改良の知識と有望な遺伝子をもった親個体がいれば「ぼくのかんがえたさいきょうのひんしゅ」を狙ってつくることもある程度は可能かも(^_^)。


※メダカ以外の各魚種の品種名の意味についてはあらためて後ほど加筆しますね。
メダカについては以前こちらに書き(描き)ました(^_^)。 →PDF

■金魚の品種
玉サバ…琉金の丸い体にサバ尾(サバやフナのような左右に分かれていない尾)をもつ
ブリストル朱文金…和金の体に赤白黒に青(透明鱗)の体色をもつ朱文金が
  イギリスのブリストルで品種改良されハート型の大きい尾びれをもつようになった品種
オランダシシガシラ…江戸時代に中国から琉球を経由して渡来。当時は輸入品を
  オランダ物と呼んで珍重することが多かった習わしからオランダの名がついた

■グッピーの形質(遺伝子)
リボン…尾びれ以外のひれ(の第1軟条)が長くなる
スワロー…ひれが枝分かれしてランダムに長く伸びる
メラー…ひれの膜の部分がランダムに抜ける
タキシード…下半身が黒くなる
プラチナ…上半身が白銀色光沢を帯びる
モザイク…モザイク状の斑点模様
RREA(リアルレッドアイ・アルビノ)…目が赤いアルビノ
人気の品種
ドイツイエロータキシード,キングコブラ,ブルーグラス,

■ベタの形質
プラカット…プラ(魚)+カット(噛む) 闘魚として古くから品種改良されてきた系統。
ハーフムーン…尾びれが半円状に広がる
ダブルテール…尾びれが上下に分かれる
フルムーン…ハーフムーン×ダブルテール。ひれが大きく広がり美しい
ジャイアント…大きく成長する
ダンボ(チャーン)…胸びれが大きい
色の形質として
ファンシーカラー,マルチカラー,コイ(鯉)カラー,ソリッドブラック,ウルトラマン,ミッドナイトブラック,ファンシーレッド,マスタード,プラチナレッド,ブラックカッパー,ドラゴン(白銀色のメタリックな鱗に覆われる)などがあります。


今回は2ヶ月ぶりの漫画Upですが,単行本用の原稿を描いているわけでもないし描きたいネタはたくさんあるので(ましてこのくらいのコネタでしたら)もっとコンスタントにあげていかないとですね。
新作を描きたい思いもありますので描ける習慣をつけるよう頑張ります
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人