2016年04月19日

【行ってきた】日本観賞魚フェア2016 <4/20加筆>

もう一週間以上経ってしまいましたが,東京江戸川区で行われました日本観賞魚フェア,行ってきました。
下の方とか整ってないですけどとりあえずUpしておきますノシ

160410 日本観賞魚フェア_総合優勝地金.JPG
コンテスト総合優勝 地金(じきん)

アクアリウムコンテスト,今年もプロの仕事って感じのエンタメ感,世界観を感じる作品が揃い踏み
160410 日本観賞魚フェア_アクアリウム.JPG

160410 日本観賞魚フェア_アクアリウムa.JPG

160410 日本観賞魚フェア_アクアリウムコンテスト葛西臨海公園園長賞.JPG

160410 日本観賞魚フェア_アクアリウムコンテスト総合優勝.JPG

業者ブースで最初から販売用として並んでいた金魚などもいましたが
展示の主旨はコンテスト参加の魚たち。
以下,写真につけている品種は展示水槽についていたラベルに基づいています

グッピー
160410 日本観賞魚フェア_グッピー/PREAマゼンタ.JPG
PREAマゼンタ
160410 日本観賞魚フェア_グッピー/RREAフルレッドver2015.JPG
PREAフルレッドver2015

160410 日本観賞魚フェア_グッピー/ドイツイエロータキシード.JPG
ドイツイエロータキシード
160410 日本観賞魚フェア_グッピー/サンセットレッドテールタキシードリボン.JPG
サンセットレッドテールタキシードリボン




ディスカス。熱帯魚の王様と呼ばれているそうですが,まんまるの大きさ・存在感と青の光沢,ゆったりした泳ぎ…うん。優雅。深い。
160410 日本観賞魚フェア_ディスカス/VRイナヌクロス.JPG
VRイナヌクロス
160410 日本観賞魚フェア_ディスカス/クリベア.JPG
クリベア

160410 日本観賞魚フェア_ディスカス/46LSP.JPG
46LSP
160410 日本観賞魚フェア_ディスカス/シュミットフォッケロートターキス.JPG
シュミットフォッケロートターキス

160410 日本観賞魚フェア_ディスカス/コバルトブルー.JPG コバルトブルー

ベタ。グッピーと並んで華やかさきらびやかさでは魚として究極に近いですね。
160410 日本観賞魚フェア_ベタ/トリカラーマスタードダンボプラカット.JPG
トリカラーマスタードダンボプラカット
160410 日本観賞魚フェア_ベタ/ジャイアント.JPG
ジャイアント


160410 日本観賞魚フェア_ベタ/ハーフムーン.JPG
ハーフムーン
160410 日本観賞魚フェア_ベタ/ハーフムーン_ファンシー.JPG
ハーフムーンファンシー


160410 日本観賞魚フェア_ベタ/ハーフムーン_バタフライ.JPG
ハーフムーン バタフライ
160410 日本観賞魚フェア_ベタ/プラチナレッドドラゴンハーフムーン.JPG
プラチナレッドドラゴンハーフムーン



このイベント,やはりメインは金魚ということで大部分のスペースを占めていましたね。
2歳魚の部門と親魚の部門があるんですかね。2歳もどんなスピードで成長したんだろうというくらい大きく成長してるんですけど,親魚はどれもさらにすごい(^_^)。
160410 日本観賞魚フェア_金魚/コメット.JPG コメット

160410 日本観賞魚フェア_金魚/らんちゅう.JPG らんちゅう

160410 日本観賞魚フェア_金魚/アルビノ出目らんちゅう.JPG アルビノ出目らんちゅう

160410 日本観賞魚フェア_金魚/水泡眼.JPG 水泡眼

160410 日本観賞魚フェア_金魚/黄金魚.JPG 黄金魚

160410 日本観賞魚フェア_金魚/琉金.JPG 琉金

160410 日本観賞魚フェア_金魚/桜錦.JPG 桜錦

160410 日本観賞魚フェア_金魚/玉サバ.JPG 玉サバ

160410 日本観賞魚フェア_金魚/ピンポンパール.JPG ピンポンパール

160410 日本観賞魚フェア_金魚/東海錦・三州錦.JPG 東海錦・三州錦

160410 日本観賞魚フェア_金魚/ブリストル朱文金.JPG ブリストル朱文金

160410 日本観賞魚フェア_金魚/蝶尾.JPG 蝶尾

160410 日本観賞魚フェア_金魚/レッサーパンダ.JPG レッサーパンダ

160410 日本観賞魚フェア_金魚/羽衣天女.JPG 羽衣天女


そして私としてやはり注目なのは鑑賞メダカ。
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/かがやき.JPG
かがやき
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/かぐや姫.JPG
かぐや姫

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/イエロークリスタル.JPG
イエロークリスタル
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/ブラックパンダ.JPG
ブラックパンダ

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/さぬき黒鱗.JPG
さぬき黒鱗
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/クリアブラウン.JPG
クリアブラウン

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/ブラック黄金ラメ幹之背びれなし.JPG
ブラック黄金ラメ幹之背びれなし
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/ブルースターダスト.JPG
ブルースターダスト


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/パンダ錦.JPG
パンダ錦
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/ロングフィン2色幹之.JPG
ロングフィン2色幹之

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/ラメ天女.JPG
ラメ天女
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/フレア.JPG
フレア


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/紅虎透明鱗ダルマ.JPG
紅虎透明鱗ダルマ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/スターダストラメ幹之スワロー.JPG
スターダストラメ幹之スワロー
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/紅白メダカ.JPG
紅白メダカ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/紅黒透明鱗.JPG
紅黒透明鱗


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/紅光り.JPG
紅光り
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/黄金.JPG
黄金


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/紅帝メダカ.JPG
紅帝メダカ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/黄金スーパーブラック.JPG
黄金スーパーブラック

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/紅白パンダ.JPG
紅白パンダ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/錦山.JPG
錦山(きんざん)


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/黄龍.JPG
黄龍
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/三色錦.JPG
三色錦

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/朱赤透明鱗.JPG
朱赤透明鱗
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/青幹之鉄仮面.JPG
青幹之鉄仮面

160410 日本観賞魚フェア_メダカ/朱赤錦.JPG
朱赤錦
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/星の輝き.JPG
星の輝き


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/青光りダルマ.JPG
青光りダルマ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/黒桜姫ブドウ目東天光.JPG
黒桜姫ブドウ東天光


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/黒マルコラメ.JPG
黒マルコラメ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/三色ヒレ長メダカ.JPG
三色ヒレ長メダカ


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/百式(全身体内光).JPG
百式(全身体内光)
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/楊貴妃.JPG
楊貴妃
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/楊貴妃ダルマ.JPG
楊貴妃ダルマ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/黒黄金透明鱗.JPG
黒黄金透明鱗


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/楊貴妃光ダルマ.JPG
楊貴妃光ダルマ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/鳳凰.JPG
鳳凰
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/藍錦.JPG
藍錦
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/白カブキ.JPG
白カブキ


160410 日本観賞魚フェア_メダカ/白ヒカリ.JPG
白ヒカリ
160410 日本観賞魚フェア_メダカ/赤トララメみゆき.JPG
赤トララメみゆき


このほかシュリンプのコンテストもあり
赤白のごくごく小さいながらもぷりぷりのきれいなエビたちが展示されていました。

さて,鑑賞メダカ,今年も多彩な品種のメダカが展示されていました〜。
つか,私的に初耳な品種も。本当に毎年新種が登場しますね。

錦…黒斑入り
ヒカリ…背に銀色光沢(腹の遺伝子が背に出る。そのため背びれが尻びれのように大きい)
透明鱗…体に白色を出す品種をつくるのに重要な遺伝子。えらぶたが透けてえらが赤く見える
ラメ…文字通り銀色の斑点
幹之(みゆき)…背にネオン状の強い銀色の筋が出る
楊貴妃…ヒメダカ(オレンジ色)よりも赤色が強い,金魚のような朱赤の体色
鉄仮面…幹之のうち頭部も銀色のメダカ
パンダ…目(の周り)が黒い
アルビノ…体色が抜けている(目が赤いのが白や透明鱗などと異なる)
ブドウ目…アルビノに比べて若干メラニン色素が残っている(角度によって目の色が変化する)
ロングフィン,スワロー,天女…ひれが長い
(スーパー,ピュア)ブラック…メダカはもともと体色を明るくしたり暗くしたりできるのだが
    体色を暗くしたまま調節できなくなった品種。もとは目が小さく退化したものに
    見られた形質だったが,最近は目が正常で体色の黒いメダカも見られるように
あたりの品種名は,意味が分かるんですけど(体色がブラックでえらが赤く透けて見える「くまモンブラック」というメダカもいるそうです),鳳凰,カブキ,かぐや姫あたりはちょっと調べてみないと…という名前ですね。「輝き」も,名前からして想像できますけど展示されていた「輝き」と「星の輝き」の特徴が全然違ったのであれ?…確認しないと(;^_^)。

セルフィン(サムライ。背びれが前後に分離して動かすことができる)は最近見かけなくなってきましたけど今年も全く。琥珀(琥珀色の体色とオレンジ色のひれ)も表示されている品種名から消えましたね。あと出目あたりも見ないなあ…。

ちなみに私が今飼っているメダカで気に入っているのがこちら。机の上で毎日眺めております(^_^)。
オレンジのメダカから勝手に生まれてきた系統で自分の中では「タイガー」と呼んでますけど,メダカブリーダー的には錦になるんでしょうね。うち1匹はダルマの雄ですし,赤ほっぺ(透明鱗)やラメもちょっと入っていて,私のお宝です(^_^)。
160410 日本観賞魚フェア_うちのメダカ.JPG
160410 日本観賞魚フェア_うちのメダカ短.JPG  160410 日本観賞魚フェア_うちのメダカ長.JPG
posted by ドージマ・ダイスケ at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人