2016年02月25日

【4コマ】唇の気になる季節

世の中,世界はいろいろ慌ただしいニュースが飛び交っていますが
季節は少しずつ春が近づいていますね。こないだは国内産のブロッコリーが安くなってたな…

さて,前回のエントリから2週間も経ってしまいましたが
その『ゆうきゆう心理学オフ会』のオフ会レポ,後半のupはもう少し時間がかかっておりまして
その間に,寒さが残っているうちに出しておきたい小ネタ4コマを先にupいたします。
どうぞノ
150225 唇の感想1.png
150225 唇の感想2.png

今の高校生物,「生物基礎」を履修した後に学習できる上位科目「生物」になると呼吸や光合成の細かい化学反応についても学習するのですが,そこで出てくるNADやNADP(さらに詳しくなるとFADなども)といった補酵素(水素などの運搬体として働く)が,ビタミンから合成されるということ,つまりビタミンは生命活動の根幹にかかわる重要な化学反応に欠かせない存在ということなんですね。
ビタミンは体内で合成できず食物から摂取するしかないのでこれが不足するとからだにとって非常に大変なことになることもおわかりいただけるかと思います。

私などは生まれてこのかた脚気(ビタミンBの欠乏症)の人とか身近に聞いたこともマスコミを通じてもその存在に触れたことはないですけど,初期の『サザエさん』とか,脚気の検査で膝蓋腱反射の有無を調べる話とか出てくるんですよね。さらに遡れば,森鴎外が軍医のトップとして脚気の対策に判断を誤ったせいで日清日露戦争で出生した兵士たちに多くの死者を出したとか…。ほんの半世紀ちょっと前までの日本には栄養不足,栄養失調でかかる病気が山ほどあって,そのときから比べると今に生きる私たちは格段に恵まれているんですよね…

このネタ,思いついて漫画にする際,最初はもっとちゃんと補酵素の説明をしようと考えたんですよね。呼吸にかかわるNADなどが水素運搬体として働いていることの説明とか,補酵素A(CoA)について
解糖系からクエン酸回路にかけて出てくる重要な物質アセチルCoA(活性酢酸)と絡めて脂肪のβ酸化とか。そうやって盛り込みたい内容を挙げていくと3ページはないとおさまらない。それらを掘り下げてまとめたら…多くの人にとっては読みにくい代物になっちゃうな,ということで4コマになった次第。

で,この4コマ,実はこの欄外にも描いた内容がありまして,全体像は4.55コマというか変則6コマのようなものになっております。それを含めた形でpixivにもupしました。
よろしければそちらもご覧ください。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55474268

マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
堂嶋大輔・ 渡邊 雄一郎
講談社
→Amazon →楽天ブックス


posted by ドージマ・ダイスケ at 03:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★その他 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人