2016年01月03日

2015年推し魚5 (後半)

2015年の最後のエントリで,「今年印象に残った魚」ベスト5として
時間切れでまず,ファイアスパイニーイールフライングガーナードの2種を紹介しましたが
http://ddaisuke.seesaa.net/article/431908387.html
残り3種を遅ればせながら順次上げていきたいと思います。
よろしくです。

コンゴウフグ
2015推し魚コンゴウフグ.png
水族館界の超人気子役,コンゴウフグ!
東京タワー水族館,サンシャイン水族館,ヨコハマおもしろ水族館,沼津港深海水族館など,
展示している水族館はかなり多いです。
黄色くて奇抜な形のからだ,前後左右上下と立体的に泳ぎ回る動きが
ユニークで愛嬌があるということで人気があるということですね。
大きくなると角の生えた前後に長いハコフグの姿になっちゃうので
基本的にかわいい幼少時に小水槽での単独展示となりますね。

続きも順次うpします。(色を塗るだけでけっこう意外と時間がかかってます(;^_^))
(以上12:30)

オオホモラ
ここで魚類ではなくいきなり甲殻類が唯一のランクイン
2015推し魚オオホモラ.png
沼津港深海水族館には複数の大水槽にけっこうたくさんいるのですが,他ではあまり見ない甲殻類。
深海生物でごく珍しいためか,和名が属名のHomolaそのまま(地方名でショイガニという呼び名があるようです)で意味がわかりません(;^_^)。
食べると美味しいようですが,身が少なくて食用にはしないようですね。
しかしまあ,この姿,生で見ると歩行型の乗り物というか自律型の兵器というか
SFチックな雰囲気を感じさせ,中2心をくすぐるんですよね…。
ただ,タカアシガニのそばにいると大きさがはるかに小さいので蟷螂の斧みたいな画になっちゃうんですけど。

ラスト1つも今日中にうpします。(以上15:59)

さて,いよいよラスト。
ルックダウン
2015推し魚ルックダウン.png
聞いたことのない人が多い名前だと思いますが,
アクアマリンふくしま,大洗アクアワールド,サンシャイン水族館など,けっこうこれも
展示している水族館が多いです。大西洋カリブ海の魚なので,その海域の魚を展示する
水槽を設けているところということになりますね。
金属光沢の体表と,とにかく体の平たいところが特徴的な魚。
私,魚の正面顔の写真を撮るのも好きなので,こういう特徴的な顔をした魚は
どうしても惹かれますね。

(以上,22:12)

以上,ファイアスパイニーイール,フライングガーナード,コンゴウフグ,オオホモラ,ルックダウンと
昨年興味を引かれた魚介類5種をあげてみました。

皆さん,この5種類のうち何種類をご存じでしたか?

水族館に行けば,こんな変わった魚たちに出会うことができますし,
水族館で好きな魚を選べば,その人の数だけ違う魚が選ばれるくらい
多様な生き物がいますので,水族館に最近行ったことのないという方も一度行ってみてはいかがでしょうか。

水族館ぴあ 全国版 (ぴあMOOK)
ぴあ
さかなクンの水族館ガイド (このお魚はここでウォッチ!)
ブックマン社


マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
堂嶋大輔・ 渡邊 雄一郎
講談社
→Amazon →楽天ブックス
posted by ドージマ・ダイスケ at 12:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人