2015年08月16日

【行ってきた】東山動物園ナイトZOO (お盆期間限定)

お盆の期間中,微妙に気温が下がった日もあったような気もしますけど,日本全国ほとんどの地域で30度以上の真夏日キープ,やわらいでも普通レベルの夏の暑さといった日が続いていますね。

先日,私,親の住む名古屋に帰っていたのですが,その間に東山動植物園で「ナイトZOO&GARDEN」が催されているということで,ひとっ走り行って来ました。
150816 東山ナイトzoo正門.JPG
日差しもまだ強い夕方5時頃,小さい頃何度も行ったのと同じ地下鉄東山公園駅から正門を入り,中へ進んでいくと,昔ながらの本園エリアは左手がアジア・オセアニアの動物,右手のちょっと丘に上がったりするエリアがライオン。トラ・シマウマ・キリン・クマといった絵本などでおなじみの大形動物といった配置。

なかでも日本最大級というアジアゾウ舎は「ゾージアム」と名づけられ広くて立派。ゾウにはプールや運動場,ぬた場や体こすり棒,自動シャワーなども完備され,屋内観覧所には鼻や耳の等身大模型などが展示された学習スペースも充実。
150816 東山アジアゾウ舎1.JPG
150816 東山アジアゾウ舎2.JPG
150816 東山コツメカワウソ.JPG
しかしなぜか入口に併設されているコツメカワウソがまたワーキャーものの人気(^_^)。先日EPSONアクアパークで元気な2頭のコツメカワウソを見られた話を書きましたが,こちらは5頭が水中でくんずほぐれつしたり地上部分で追いかけっこ♪小鳥のさえずるようなかわいい声でチュンチュンキュウキュウいいながら動き回る姿は園内のカワイイ人気ツートップの一角といった感じです(もう一角は北館のオグロプレーリードッグ)。

ナイトZOOは夜の8時半までということで暗くなる前に大まかに園内を回っておこうとカンガルー・ワラビーのエリアとネコ科動物(カラカル・ジャガー・ユキヒョウなど)のエリアを回った後,北園エリアへ。
150816 東山シャバーニ.JPG
クロサイ・カバ・アフリカゾウの居住地を順に見ながら右回りに回っていくと,「イケメンゴリラ」シャバーニが最近脚光を浴びている類人猿舎。オランウータン・ゴリラ・チンパンジーたちは屋内に入っていてガラス越しでしか見ることができず,また,ナイトzoo時間帯も早めに閉館(19:00)ということで見られる姿は限られていましたが,イクメンゴリラとしても有名なシャバーニや母親ゴリラに子どもゴリラがじゃれあう姿などが愛らしく,常時人だかりの人気を集めていました。


この後,コンドルやキジ類・ツル類が並ぶエリアを見て奥へ進むと,アメリカゾーン。コツメカワウソと並んで「かわいい!」の声を集めていたオグロプレーリードッグやアメリカバイソン,シンリンオオカミやもこもこの姿で木登りがうまいカナダヤマアラシ,「トナ」という名前が「雑!」と道行く人に言われていたトナカイ,2強に次ぐ「かわいい」を集めていたビーバー,ブラジルバク,カピバラなどを見ることができました。
150816 東山プレーリードッグ0.JPG150816 東山プレーリードッグ1.JPG


そして東山動物園の最も奥にあるのが「世界のメダカ館」。(この順路でいくとさらに先に東山スカイタワーそばにある自然動物館が最後になるのですが。こちらは時間の都合で今回パスしました)
150816 東山メダカ館.JPG
150816 東山ジャワメダカ(海産).JPG
メダカとくればやはりガン見して回りたい私。今回は時間も限られているということでかなり駆け足気味に回ったのですが,気づけば5時過ぎから8時半までの約3時間の滞在のうち1時間近くをここで過ごしていました(;^_^)。売店で購入した東山ガイドブック(100円。なぜか他の商品と別扱いでレシートが出ない)によると淡水魚約200種類(!)を展示とのこと。いやもっといるんじゃない?と思うくらいすごかったです。大洗アクアワールドアクアマリンふくしまでも見られた,地元の代表的な川の上流から河口にかけてその水系の魚介類を展示するコーナーがここでも庄内川系の魚たちについて設けられていましたが,それ以外ほとんどメダカの仲間やカダヤシ目の胎生魚・卵胎生魚に限定されているのにこの種数…

さてそうこうしている間に日も暮れ,本格的なナイトzoo時間帯に。
150816 東山ナイト灯りアート.JPG
夜だから昼より活発に動くとも限らず(ペンギンなどはほぼ全員立ち寝状態),いくらライトアップしてもかなり暗くて見づらい(デジカメに写したほうが明るく見えたりしますよね),ライオンやスマトラトラなどは屋内展示に切り替えて昼も夜も関係ない状態だったり(コアラ舎はただでさえ暗めなのにもうほとんどシルエット状態)していたわけですが,それも含めてふだん見られない動物の姿であり,また,夜のお祭り的な雰囲気もあって広い園内全体が大勢の人で賑わっていました。
150816 東山ナイトカバ.JPG150816 東山ナイトアフリカゾウ.JPG

150816 東山ナイトホッキョクグマ.JPG
150816 東山ナイトアザラシ.JPG150816 東山ナイトキリン.JPG


150816 東山ナイト上池.JPG
園内の「上池」では色とりどりの光るボールを浮かべるイルミネーション。有料で投げ入れ,一部が動物園のえさ代に寄付される企画「いのちむすぶ池」


一人でばばっと歩き回って見て回りましたが,久しぶりでだいぶ様変わりしている東山動物園の広い園内をけっこう時間内によく見られて,ナイトzooの雰囲気も楽しめたと思います。
ただ,当然自然動物館をはじめ見きれなかったものもあり,世界のメダカ館も含めた飼育生物の豊富さを実感しました。年パスをとって元をとるくらい名古屋へまた来たい気持ちです。

しかし,今回見た動物たちのなかで一番ツボだった動物は
ここまでで挙げた動物以外に1頭いたんです。
それは…回を改めて紹介したいと思います。(^_^)ノ
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人