2015年08月07日

セミ脱皮レポート 2015

8月!いちおうまだ上旬!
早く過ぎ去って欲しい人も多いと思いますが,私は夏休みの学生でもないのに
この後お盆過ぎたらもうあっという間に8月も終わっちゃうなあ…と思ってしまう派(;^_^)。

そんな8月の上旬,日本の夏のBGMとして賑やかに鳴き続けるセミたちは,まだまだ新入りが加わる時期ということで,先日今年も1匹観察できました。
150807 アブラゼミ幼虫.JPGセミの幼虫。19:58

150807 アブラゼミ幼虫2.JPGカーテンを昇る 20:03

150807 アブラゼミ羽化1.JPG一番上まで登りきり,カーテンレールまで達したところで,適当なところに場所を定めると背中から白いボディが 20:53


150807 アブラゼミ羽化2.JPG21:01


150807 アブラゼミ羽化3.JPG同じく21:01


150807 アブラゼミ羽化4.JPG21:18 

体全体が出てからどうやってこの体勢になるのか見逃した…もっと密着観察すべきでした


150807 アブラゼミ羽化5.JPG 21:21


150807 アブラゼミ羽化6.JPG 21:21


150807 アブラゼミ羽化7.JPG  21:34


150807 アブラゼミ羽化8.JPG  22:17
 羽が色づいてきた…ということは


150807 アブラゼミ羽化9.JPG4:44


というわけで,また1匹,日本の夏を賑わせる役者が飛び立っていきました(この個体はメスでしたけどね)。

落ちてたミンミンゼミを拾った話とかセミヤドリガに憑かれたセミの話とか,朝起きたら部屋にセミが入ってきてたとか,8月下旬からでも羽化するセミがいた(2009年)とか,今回と同様の羽化の様子を撮ってうpした回もありました(「セミ脱皮レポート2009」http://ddaisuke.seesaa.net/article/124579596.html

このときとはカメラが変わってるので画質はちょっと向上してますね。
しかしやってること変わりないなあ(;^_^)。
このブログ始めた初期はけっこう玄関前のアマガエルとか身近な生き物の写真をけっこう上げてたんですよね。

「朝ミンミン,夜白アブラ」 http://ddaisuke.seesaa.net/article/104399194.html
「のんきにも程がある」 http://ddaisuke.seesaa.net/article/52390126.html
「やっぱ今年はセミ少ないか」 http://ddaisuke.seesaa.net/article/50532662.html


本改訂版 日本産セミ科図鑑[鳴き声編CD付]
誠文堂新光社

本マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
堂嶋大輔/講談社

ラベル:セミ 羽化 脱皮
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人