2015年04月29日

【行ってきた】 多摩動物公園(2)おすすめポイントベスト3!

先週のエントリで,4月19日=「飼育の日」に多摩動物公園に行ってきた話をupしましたが,同公園初体験ということで,印象に残ったことを書いておきたいと思います。

私にとっては,もう40年近く前になりますか,コロコロコミックが創刊間もなかった頃に連載されていた飯森広一 先生作『これから動物園』の舞台というのが多摩動物園のイメージ。実在の動物園をモチーフにした話だったとか,多摩動物公園の名物園長さんの話だとかはずっと後になってから知ったことでしたけどね。
その動物園はとにかく山奥にあって,新人飼育員として採用された主人公の若者が,指定された場所に来ても何もなく,タヌキが茂みから出てきて「タヌキに化かされた!」と思うくらいのロケーション。

山の中にあるというだけなら名古屋の東山動物園など多くの動物園は園を拡張できるスペースでもある山や林とつながっているものですが,とにかく,基本的に立地が坂!正門から入ってまっすぐメインの道を通るにも,右へ曲がって昆虫園やアフリカのゾーンへ進むにもとにかく坂を登らないといけない。これにはまず焦りました(;^_^)。
園内の南半分はシャトルバスが回っているんですけど,そのルート沿いに見られる動物は種類数的には全体の3〜4割くらいじゃないですかね。混んでると,入り口近くの乗降場で乗った人で満員になって,途中の乗降場で待っていても乗れないというケースが目の前で展開されたり。

そんな多摩動物公園,私が初めて行ってひらめきおすすめしたいと思ったスポットベスト3ぴかぴか(新しい)はこちら。
釣りくさいですけど,思い切って数を絞らないと書く上できりがないので今回はということで(;^_^)。

1.オランウータンのスカイウォーク
150419_オランウータン_スカイウォーク0.JPG
この坂だらけの動物園,というより坂の中に動物園があるこの多摩動物公園で,まっすぐ道なりに一番奥まで登りきった先にあるのが,オランウータンのエリア。
午前11時半に飼育スペースからスカイウォークへの入り口(出口)が開き,オランウータンが地上15mのケーブルを伝って,さらに奥の奥へ進んでいきます。
150419_オランウータン_スカイウォーク1.JPG
この多摩動物公園,ボランティアガイドの方が各所でいろいろ説明してくださっていて,野生のオランウータンは地上20mとか30mの高さで生活していて,この高さは危ないどころか,むしろ低いとのこと。基本的にオランウータンは一生地面に下りずに生活するんだそうですね。

一番奥の鉄塔まで進むと,斜めのケーブルをするすると下りていき,「オランウータンの森」という開けた場所へ。
150419_オランウータン_スカイウォーク2.JPG
完全草食性のオランウータンは,ここでどんぐりやら草や木の芽などを食べて過ごし,いつ帰るか(というか,最初に出てくるかどうかも)本人の気の向くままとのこと。

そしてお次のおすすめポイント。むかっ(怒り)

2.チンパンジーのエサ時間
150419_チンパンジー2.JPG
超温厚なオランウータンとうって変わって,超激しい気性のリアル『猿の惑星』,チンパンジーのエサやり解説。基本的に喧嘩や小競り合いばかりやってました(;^_^)。
この雄が手にしている鎖も,あまりに激しく振るために下端を地面に固定していたのが外れてしまい,万が一仕切りのガラス(アクリル?)を破ってはとエサやりが打ち切りになったほど。

で,今は通常13時半に始まるこのチンパンジータイムの見どころは,自動販売機(左側の壁)にコインを入れて缶ジュースをゲットして自分で開けて飲み,空き缶を回収器に入れる一連のインテリジェントな行動。
150419_チンパンジー1.JPG
限られたスペースにお子様連れを中心にぎっしり人が集まるので遅くから行くとよく見えないです。

レストランえさやりタイムは他にもコアラ,ペリカン,キリンがあります。
私が行った日はコアラについては,別にえさやりの時間に行かなくてもいいかなという感想(混む割にユーカリがなかなか出てこなくて,チンパンジーの時間が迫ってきたので,若干動いている様子が見られたしいいやと抜けてきました)
ペリカンは,飼育員のかたが投げる小アジを器用にキャッチして食べます(取り損なって地面や水中に落ちた魚はアオサギにかっさらわれます)
キリンは,5,6頭が集まって一斉に木の枝の葉を食べる姿がユーモラスです。複数頭を一緒に見ると微妙な模様の違いや性格の違いなどが見られて面白いですね。また,下顎を左右にずらしながら咀嚼する様子も興味深く。「反芻するのか?!その首の長さで!」って感じです。

そしてベスト3の最後はこちら。

3.もぐらのいえ
150419_もぐらのいえ.JPG
園全体の中では入口にほど近いところから左(南)に入ったところにある「もぐらのいえ」。バリアフリー化が待たれます。この階段を上がると…

150419_モグラ先輩.JPGわーい(嬉しい顔)一時ネットでも話題になったモグラ先輩の張り紙が(^_^)。この前に立って,先輩と会話しているような記念写真が撮れるわけですね。カメラ


そしてもぐらのいえ内部。
150419_もぐらのいえ内部.JPG
網目状のパイプが張り巡らされていて,生のモグラが行き来する様子が見られます。
150419_もぐらのいえ内モグラ.JPG網目状だけに,頭上をモグラが通るときには排泄物を落とされることもあるので注意注意(;^_^)。
室内はそれほど明るくなくて,ちょっと網の目から鼻や足の先が出たのがわかる程度にしかよく見えないですけどね。これはけっこう楽しかったです。

あと,ここには最小の哺乳類・トウキョウトガリネズミもいて,私の人差し指第一関節くらいの小さい,もふもふするにはあまりに小さすぎるけどやわらかそうな毛に包まれた体がすばしこく動き回る姿が新鮮でした。

ほかにも昆虫館の展示もハキリアリなど新鮮で見応えありましたし,カンガルーが柵越しでなくかなり近くで見られるとか,ヒマラヤタールの存在感,ワシ類のフライングケージで本当に飛んでる姿をゆったり眺めたりとか,ライオンバスなどネコ科の展示も充実していますし,見どころ的なポイントはたくさんありますので,対象を絞ってじっくり見るのもいいと思います。目

多摩動物公園
 ホームページ http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/
 アクセス http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/directions.html#

↓※2015年4月29日現在。 公式HPなどでご確認ください。
●休園日
水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)
年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
●開園時間
9時30分〜17時(入園および入園券の発売は16時まで)
※動物の健康管理上、16時をすぎると見られなくなる動物がいます。
※開園時間は変更することがあります。一部の水曜日を開園することもあります。29日昭和の日は水曜ですが開園,閉園時刻18:00,さらに開園時刻を15分繰り上げました。 
個人団体(20名以上)年間パスポート
一般600円480円2,400円
中学生200円160円──
65歳以上300円240円1,200円

※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料。中学生は生徒手帳持参。
※団体入園についての詳細は「団体利用について」参照。
※障害者手帳、愛の手帳、療育手帳をお持ちの方と、その付添者(原則1名)は無料。
※65歳以上の方は、年令の証明となるものをお持ちください。
※年間パスポートの有効期間は、購入日から1年間。

●無料公開日
みどりの日(5月4日)/開園記念日(5月5日)/都民の日(10月1日)
※老人週間(9月15日〜21日)期間中の開園日は60歳以上の方の入場は無料です(付添者1名無料)。

 多摩動物公園公式ツイッター https://twitter.com/TamaZooPark

ペンtogetter:【多摩動物公園】飼育員だけどなんか質問ある? → 回答から溢れ出る人間力がヤバイ http://togetter.com/li/814072

●過去エントリ
ペン【飼育(419)の日】 多摩動物公園に行って来ました(1) (2015/04/21)
ペン【4/19は「飼育の日」】 動物園・水族館で催しいろいろあります(2015/04/09)

【行ってきた】 イベント関連 過去エントリ http://ddaisuke.seesaa.net/category/5122780-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本飼育係が見た動物のヒミツ51
多摩動物公園
築地書館
本オールドレンズで撮る動物園 多摩動物公園2014秋
安孫子卓郎
appcs
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人