2015年04月28日

【行ってきた】 アクアリウムバス2015初参戦(無料)

先日当ブログでも紹介しました東京浜松町「アクアリウムバス」,26日の日曜日に開催されまして,行って来ました。
予想通り人でぎっしりでした。

アクアリウムバス2015_01gyouretu.JPG
JR浜松町駅を下りて海側に約400mほど歩いたところが会場なのですが,開場10時のところ11時頃に到着すると,手前100mくらいで行列の最後尾。
アクアリウムバス2015_00.JPG

アクアリウムバス2015_02enter.JPG50分ほど並んで


アクアリウムバス2015_03kaijou.JPG先日行った日本観賞魚フェアと同じくらいの広さですかね。この写真で左の柱の外側にも1列分くらいあり,右側も手前に1ブロック分伸びた会場の形をしていたのでここに写っているのが面積的に6割くらいでしょうか。


◆このアクアリウムバス,生体ありグッズあり(飼育器具よりアートグッズが多いですね)と多彩な売り物が並ぶ即売会なのですが,生体は爬虫類の扱いが多かったですかね。
アクアリウムバス2015_10_po_ヒョウモントカゲモドキ.JPGアクアリウムバス2015_10_po_ヒョウモントカゲモドキ顔.JPG

アクアリウムバス2015_15_kn福島_マタマタ.JPGアクアリウムバス2015_15_kn福島_亀box.JPG
普通にアルダブラゾウガメが混じってたり

声を交わしながら,気軽に触らせてくれるんですよね
アクアリウムバス2015_15_kn埼玉_コーンスネーク.JPGアクアリウムバス2015_16_ゴリオ_カメレオンbox.JPG

アクアリウムバス2015_16_レオン_パンサーカメレオン.JPGパンサーカメレオン。こんな鮮やかな色のカメレオン,初めて見ました。カメレオンだけに色が変わりますし,これより数ヶ月若いとオレンジ色などはあまり出てないそうですし,個体差も大きいとのこと。その分お高いかというと,マダガスカルのなかでも孤島産のものが数も少なく現地でも珍重されているため値段が高くなるとか(この個体は非売品)



◆哺乳類は,ハリネズミ,ミーアキャット,フクロモモンガなどが出ていました。
アクアリウムバス2015_19_ランバージャック_フクロモモンガ.JPG
こちらのフクロモモンガ,2月にタイで繁殖した個体で生後2ヶ月くらいで日本にやってきたものだそうです
アクアリウムバス2015_19_動物ふれあい茶屋アニマルず_ハリネズミ.JPG
ハリネズミ,上から触ると針を立ててチクチク刺さりますが下から持ち上げる分にはおとなしいそうです

アクアリウムバス2015_25_CRAFTSFARM.JPGアクアリウムバス2015_25_空とぶアルマジロ商店.JPG
↑こちら,精細なイラストはんこ。イラストのはんこも複数店出展がありましたね



◆両生類も,爬虫類に比べると扱いがデリケートなせいもあって生体は小さい個体が主で規模の大きい扱いをしているところはあまりなかったですが珍しい生き物も多かったです
アクアリウムバス2015_18_アシナシイモリ_アクアホリック.JPGアシナシイモリ。

アクアリウムバス2015_18_ツノガエルオタマ_カエルブリード研究所.JPG
あと1週間もすればカエルになるそうです。
アクアリウムバス2015_18_ツノガエルハイブリッド_カエルブリード研究所.JPG
「ファンタジーツノガエル」(クランウェルとアマゾンツノガエルのハイブリッド)

アクアリウムバス2015_up_ウーパールーパー成体.JPGアクアリウムバス2015_up_ベビー.JPG

アクアリウムバス2015_25_ユキンタ.JPG


◆アクアリウムバスというだけにお魚や水草の出展もありました。さすがに大きなガラスの水槽を置いてどんと展示・販売するところはあまりなかったですけど
アクアリウムバス2015_13_宮城鉄魚倶楽部_鉄魚.JPG
きれい…(3歳魚が2万円,2歳魚が11000円でした)
アクアリウムバス2015_05_私立別府水族館。.JPG

アクアリウムバス2015_06_錫バッヂ_魚.JPGアクアリウムバス2015_06_いもゆで工房_のんきうお.JPG
http://www.rogma6.info/

アクアリウムバス2015_13_アクアリウムバスプラス.JPG
1匹100円て安!飛ぶように売れたわけですね
アクアリウムバス2015_13_阿波めだかの里_灯.JPG
もちろん鑑賞めだかの出展も。

アクアリウムバス2015_25_Ohさかな屋さん.JPG
超鮮明でライブな写真に驚愕羨望
http://www.walkphoto.net/#!gallery-3/c1j2s
アクアリウムバス2015_25_luminous-goldfish.JPG
ゆったりと左右に波打つ動きと繊細なフォルムがCOOL
http://boxdogpuppy.cj3.jp/user/views

アクアリウムバス2015_25_羊毛一期屋withあやる.JPGアクアリウムバス2015_25_Fruit☆Parfait.JPG

アクアリウムバス2015_20_透明工房_lt.JPGアクアリウムバス2015_20_透明工房_tb.JPG
アクアリウムバス2015_20_透明工房_bt.JPG透明標本があったり骨格標本もあったり。
アクアリウムバス2015_25_いぞらど_骨格.JPG
http://blog.goo.ne.jp/isolado-kokkakuhyouhonn


◆昆虫類・「虫」のたぐいは比率としては少なかった気がします。
コオロギやカイコ(シルクワーム)といったエサとしての扱いが多くて,ペットとしてはタランチュラとかゴキブリ(これもエサといえばエサ)とか,ウデムシとかですかね。今の季節に合う虫や季節に関係ない虫に限られるという事情もあるでしょうけど。
アクアリウムバス2015_12_キャンディボール_爬虫類倶楽部ファーム.JPGアクアリウムバス2015_12_マンティス_爬虫類倶楽部ファーム.JPG

アクアリウムバス2015_12_デュビア_Bloodpanic.JPG
なんか,初めて知りましたけど,デュビア(アルゼンチンフォレストローチ)って森のゴキブリが人気というか普通によく売れてました。
ん?この女の子のフィギュア,当日はスルーしてたけど改めて見るとあずにゃんじゃねーか

アクアリウムバス2015_26_我流切紙人.JPG



◆昆虫やクモが属する節足動物からは甲殻類も。
アクアリウムバス2015_14_ザリガニパンチ.JPGアクアリウムバス2015_26_なべさん切り紙創造堂.JPG


サンゴは分類上,何動物ですか?
アクアリウムバス2015_22_コーラルブリードクラブ.JPG
刺胞動物ですね。

アクアリウムバス2015_25_工房西岡.JPGアクアリウムバス2015_25_Hakobune.JPG


◆飼育器具の業者さんでは,水作,プラゼール水生生物研究所など
アクアリウムバス2015_29_gexポンプ.JPG
えさや器具でおなじみのGEX。水換えの際に底の砂利の間にたまったごみを吸い出せるポンプ。めっちゃ買いたくなりましたが,そんな大きな水槽を使ってなかった
アクアリウムバス2015_29_バイコム.JPG
毎回品切れ御免状態とのバイコム。左の濁った液体は魚の排出したアンモニアを浄化する硝化菌(「生物」はもちろん,「生物基礎」でもちらっと出ますね)を高濃度で含んだ培養液。持ち帰ったらすぐにフィルターなどに棲ませる必要があるということで,すごい興味あるけど逆にこれを維持するだけのアンモニア(魚)が今いない


そんなこんなで,あまり物を買う方ではない自分ができるだけ積極的に買い物しようと臨んで買ってきたのがこちら。(こういう即売会イベントで「戦利品」といって披露して楽しむ方々,いいなあと思う)
※ちなみに午後3時から入場時に受け取った会場マップの整理番号で大抽選会がありました。私は当然何もかすりませんでした(;^_^)
アクアリウムバス2015_31_買った.JPG「Oh!さかな屋さん」の絵はがき,「Loghan」さんのポチ袋。
絵はがきについては,自分の撮る写真のクオリティの低さとのあまりの違いに,これを臥薪嘗胆の胆を舐めるがごとく眺めて精進しようと購入しました(カメラ買わないと如何ともしがたい訳ですが)

アクアリウムバス2015_30_gex楽アクア説明.JPGアクアリウムバス2015_30_gex楽アクア.JPG

アクアリウムバス2015_32_粗品.JPG
あと,GEXさんとこで水換えポンプは買いませんでしたが今月初めの日本ペットフェアで新商品アワード大賞を獲ったといい,アクアライフに載ってた広告でも興味を持った水槽「楽アクア」を買いました。上から水を足していけば底にたまった汚れが奥のケースに押し流され,このケースの水を捨てるだけで水換えができるというもの。もともと手間のかからないベタを想定した水槽ですが,メダカにも使えるでしょうし,モニター的に使ってみようと購入。プラスチックの簡単なつくりでアイデア値段の2500円も他商品と比べてそれほど割高ではないかな…と。ちなみにこの日の購入者にはトートバッグがつきました(買うとけっこうするよね)。
アクアリウムバス2015_31_魚骨.JPG
あと,魚の骨格標本「いそらど」さんの冊子。2冊で上の絵はがき8枚分のお値段。

生体では,ウーパールーパーの小さいのを1匹買いました。水換えに強く,水温が上がりすぎなければまずまず飼いやすいと。えさをやりすぎるとどんどん大きくなってしまう。成長すると馴れるというかえさをおねだりしてくるそうですアクアリウムバス2015_31_買ったuplp.JPG


というわけで,初めて行きましたアクアリウムバス,見応えありました。
過去の写真を見ると会場は同じでも階を替えて屋根の高いホールでやるようになったんですね。
時間帯によって若干客足が落ち着くときもありましたけど基本的にはずっと混んでいましたね。
私は早めの時間にいってじっくり見て回る派ですが,普通に買い物に行くという方は,速攻で売り切れというお店や品目はごく限られるので好きな時間に行かれるといいと思います。

アクアリウムバスHP http://aquariumbus.com/

過去の記事
イベント情報【4/26(日)】アクアリウムバス(入場無料・浜松町),【5/16・17】東京レプタイルズワールド2015(池袋) http://ddaisuke.seesaa.net/article/417499356.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人