2015年04月16日

【行ってきた】 第33回 日本観賞魚フェア行って来ました−(1)

先週金曜〜日曜の3日間,東京は江戸川区で毎年恒例の「日本観賞魚フェア」が開催されました。
150412_観賞魚フェアposter.jpg
私は日曜に初めて行ってきました。いやー,写真の整理だけで随分日数経っちゃって,もう水曜ですけどupします。

150412_01_タワーホール船堀.JPG場所は都営新宿線船堀駅前のタワーホール船堀。普通の体育館くらいの大きさの1階展示ホールですね。

150412_10_総合優勝金魚.JPG150412_10_総合優勝金魚○.JPG

会場に入っていきなり登場は,メインの催しである「全日本金魚品評会」の総合優勝魚。

入り口近くには水槽ディスプレーコンテスト入賞作品が
150412_05_ミニアクアリウムコンテスト.JPG
ミニアクアリウム。
150412_60_ミニアクアリウム_tojo東京アクアリウムケア.JPG150412_60_ミニアクアリウム_tojoレミニセンス.JPG150412_60_ミニアクアリウム_花美館.JPG

150412_60_ミニアクアリウム_ラゴーン.JPG150412_60_ミニアクアリウム_カープ水槽.JPG

150412_60_(大)ミニアクアリウム_葛西臨海園長賞HIROSEPET.JPG
ミニアクアリウム 葛西臨海水族園園長賞
※クリックで大きく表示できます。

150412_61_水槽_(大)60cm優勝HIROSEPET.JPG150412_61_水槽_(大)すみだ水族館賞TOJO.JPG
60cm水槽 優勝 すみだ水族館賞 ※

そして,水槽ディスプレイコンテスト優勝 水草作家てっちゃん先生
150412_61_水槽_優勝_てっちゃん.JPG
なんか別次元というか…
150412_61_水槽_優勝_てっちゃん横.JPG
てっちゃん先生,出展企業と同格でボトリウム教室開催とか。
150412_61_水槽_優勝_てっちゃんボトリウム教室.JPG
最近雑貨店などでもよく見かける,水と小魚または小エビと水草を瓶詰めして,えさも酸素も与えなくても,中の物質循環だけで寿命まで生き続けるってやつですね。
先日のサンシャイン水族館早朝特別イベントの日も別フロアの会場を使ってボトリウム教室が開かれていましたので,この手のイベントではもう定番といっていいのかも。

企業出展といえば,お魚の繁殖飼育器具関連の各社さんのブースが設けられ
展示だけの会社さんもありましたが(オープン価格の兼ね合いとかでしょうか)
エサや水質調整薬品の試供品配布や
器具やエサ,金魚生体そのものなど,割引価格での販売とかも行われていました。
150412_90_GEX_水槽.JPG150412_90_GEX_エサ.JPG

150412_90_金魚の吉田.JPG150412_90_K&Sアイランド.JPG

150412_90_プチアクア.JPG150412_90_marukanイルミライト.JPG

150412_90_ギャラリー金魚道_陶器.JPG150412_90_ギャラリー金魚道_金魚七福神.JPG

150412_90_水作.JPG
150412_90_日本動物薬品.JPG150412_90_スドー.JPG



そうそう,「特選金魚オークション」もやっていました。
150412_90_金魚オークション.JPG
初めて聞くような珍しいまさに一品ものの金魚が全国の生産者から出品されてまして
金・土の流れではけっこうお安く落札しているということでしたが
この日も見事に軒並みお安く決着。筋金入りのマニアがあまりいなかったのでしょうか
2千円台で小学生の子が落札したりとか,概ね4〜5千円くらいのお値打ち価格でお持ち帰りになっていました(出品者はどれも2〜3万くらいは期待してたんじゃないかなぁ…)


そしてお魚。
150412_05_会場グッピー列.JPG
  グッピー達人戦コンテスト  

150412_20_グッピーターコイスモザイク.JPG150412_20_グッピーブルーグラス.JPG150412_20_グッピーレッドレースコブラ.JPG

150412_20_グッピーサンセットドイツイエロータキシード.JPG150412_20_グッピーオールドファッションモザイク.JPG150412_20_グッピーアクアマリンネオンタキシード.JPG


ディスカスコンテスト。
150412_70_ディスカス_総合優勝.JPG
150412_70_ディスカス_ソリッドブルー.JPG150412_70_ディスカス_ピオワルスキー.JPG

150412_70_ディスカス_ソリッドレッド.JPG150412_70_ディスカス_アルビノレオパード.JPG


そして,メインの金魚。
150412_05_会場金魚列.JPG
「水槽数280本,出品魚数約600尾」とのことですが,ここではほんの一部だけ。
(上のディスカスも水槽60本くらい並んでましたかね。3日間の開催のためにどう準備したか想像するだけで大きな催しだなと。魚のいない水と水槽を用意するだけでもね…)
150412_80_金魚_青ランチュウ&秋錦.JPG
150412_80_金魚_オランダ.JPG150412_80_金魚_五志季.JPG

150412_80_金魚_出目金.JPG150412_80_金魚_水泡眼.JPG

150412_80_金魚_江戸錦.JPG150412_80_金魚_アルビノ朱砂竜眼.JPG

150412_80_金魚_玉サバ.JPG150412_80_金魚_日本オランダ.JPG

150412_80_金魚_柳出目金.JPG150412_80_金魚_なんきん.JPG

150412_80_金魚_丹頂.JPG
見事な金魚がずらりと並ぶと,どれが部門優勝とか準優勝とか違いがよくわかりません(;^_^)。
ひれとか色・形のバランスといった審査基準があるんでしょうけど。
普通にペットショップで同じ品種の金魚や錦鯉などがいっぱい泳いでいるのを見るとけっこう配色とか違いがあって,好みの1,2匹が選べたりするのでハイレベルになると素人にはわからない微妙な違いで順位が決まるのか
あと,「親金魚の部」「2歳魚の部」などがあったのですが,これ,大きな金魚はそれだけ長生きしてるってことですから,3歳以上になると同じ金魚が何度でも参戦できるってことなんですかね。何年連続優勝で殿堂入りとか,逆に何年も勝ち続けるほど状態を維持するのは難しいとかあるんでしょうかね。


金魚に関しては,「新改良珍金魚大集合」というコーナーも。
150412_81_金魚新珍_キラキラ.JPG150412_81_金魚新珍_藍錦.JPG左:キラキラ
右:藍錦

左:萩雲青(はぎうんせい) 関東東錦×浜錦
右:輝竜
150412_81_金魚新珍_萩雲青.JPG150412_81_金魚新珍_輝竜.JPG



さてさてこの観賞魚フェア,「改良メダカコンテスト」もありました。
これは回を改めて次回upしたいと思います。

iモード観賞魚の祭典2015(江戸川区ホームページ)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/chiikijoho/event/kanshofair.html

入場料:1000円 (小学生以下無料)
※入場料が500円引きになる割引券を農産係の窓口(区役所本庁舎)・各事務所・コミュニティ会館などで配布
※入場券に「お楽しみ抽選会」応募券がついています




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人