2015年01月20日

【センター試験】 生物基礎 感想

今年の入試戦線,まずはセンター試験終わりましたね。
理科・数学は新課程入試の初年度ということで,一体どんな問題が出たのでしょうか。

【予備校各社のセンター試験速報ページ】

ペン河合塾 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/15/index2.html
  生物基礎 分析 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/15/analysis/4405.html
  生物    分析 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/15/analysis/4410.html
  問題は日本経済新聞とリンク
    生物基礎PDF→http://nyushi.nikkei.co.jp/center/15/2/exam/4405.pdf
    生物PDF→http://nyushi.nikkei.co.jp/center/15/2/exam/4410.pdf

ペン駿台・ベネッセ データネット2015 http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/index.html
  生物基礎分析 http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/sokuhou/mondai_k/mk_532_2.html
  生物分析 http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/sokuhou/mondai_k/mk_533_2.html
  問題は毎日新聞からup http://mainichi.jp/edu/center/

ペン東進ハイスクール(新旧両課程対応) http://www.toshin.com/center/
  生物基礎分析 http://www.toshin.com/center/seibutsu-kiso_shousai.html#analysis
  生物分析 http://www.toshin.com/center/seibutsu_shousai.html#
  問題:生物基礎 http://sokuhou.toshin.com/q/seibutsu-kiso.pdf
      生物 http://sokuhou.toshin.com/q/seibutsu.pdf
  
ペン代ゼミ http://sokuho.yozemi.ac.jp/center/
  生物基礎分析 http://sokuho.yozemi.ac.jp/center/bunseki/1208116_2188.html
  生物分析 http://sokuho.yozemi.ac.jp/center/bunseki/1208265_2188.html
  問題は読売オンラインからup http://www.yomiuri.co.jp/nyushi/15/center/


ビルとりあえず各社で公開されている(大学入試センターhttp://www.dnc.ac.jp/center/shiken_jouhou/では解答のみ公開)問題をプリントアウトして解いてみました。30分の制限時間の50点問題,20分で満点とれてほっとしているところですが,う〜ん…。
解けた人にとっては,特におかしな問題もない,しっかり知識を問われる面白い問題だと思いますが,生物基礎選択の受験生全般にとっては,細かいところまで知ってないと点がとれない問題が多く,30分で解くには厳しい構成だと思います
マーク1個あたりの配点が大きくなってしまうのもよくないのでマークの数が16個というのは悪くないですけど,1問解けたら続けて次のマークもすぐ解けるような問題がなくて,どれも独立した内容の問題のため,1問1問一から考えないといけないっていうのもきついですよね。

第1問 A
[1] 5種類の生物のうち真核生物はどれかを答える問題。酵母菌が真核・ネンジュモが原核であることを知っているかがポイントですが,5問の2択問題を全部正解して3点という問題。
[2] 細胞小器官に関する5つの記述のうち正しいものを1つ選ぶ問題。2つ目で「細胞小器官の間を細胞質基質が満たしている」というすっごく普通の正解が出てくるけど一応最後まで目を通しますよね。
[3] 植物および動物の代謝を示した図のうち「同化の過程を過不足なく含む選択肢を選ぶ」問題。この書き方からして,植物の(光合成を示す)無機物→有機物の課程1つだけじゃ間違いではと勘のいい人は気づくところですが,動物の単純な有機物→複雑な有機物の課程も同化であるってのは結構盲点だった人も多いかも。

第1問 B
[4] 「DNAを抽出するための生物材料として適当でないもの」を1つ選ぶ問題。
  7つ選択肢があって,DNAを抽出するのに不適格な材料ってどんなんだよと思ったら
  1つ目の「ニワトリの卵白」。そりゃダメですね(;^_^)。
[5] ゲノムに関する記述として適当なものを1つ選ぶ問題。
  「ヒトのどの個々人間でも塩基配列は同一」「分裂期の前期に2倍」「だ腺染色体のパフでは全遺伝子を転写」といった選択肢を次々刎ねていって,最後の5番目「神経の細胞と肝臓の細胞とで,ゲノムから発現される遺伝子の種類は大きく異なる」(下線筆者)が正解なのですが,この選択肢も,雑に下線部を飛ばして読んじゃうと文全体の雰囲気的に間違いっぽく見えるんですよね。
[6] ヒトゲノムは30億塩基対から成り,そのうち翻訳領域は1.5%。では,(1)個々の遺伝子は平均して何塩基対? (2)遺伝子1個は何塩基対ごとに存在する? を両方正解して4点の問題。
ヒトの遺伝子数が約2万(教科書によって22000だったり20500だったり)であることを知ってないと解けない(選択肢から逆算すれば千か2千か1万か2万のどれかなんですけど)

先日,山中伸弥教授が対談で「少し前には教科書でヒトの遺伝子の数は10万って書いてありましたから。今テストでそう答えたらバツですよ」って話されていたのを聞いて「いや,そういう数字の暗記的なものを問うのは本質的なもんじゃなくてあまり問われないんじゃないかな」と思ったんですよ。
センター試験で出てやがんよ…

第2問 A
[7] 肝臓のはたらきに関する記述として適当なものを5つの中から選ぶ問題。
 「尿素をアンモニアに変える」←逆だよ!  
 「ヘモグロビンを分解してグロブリンに変える」←ビリルビンだよ!
 「脂肪を分解するホルモンを十二指腸に分泌する」←ホルモンじゃねーよ!
 「グリコーゲンの分解を促すホルモンを分泌する」←逆だよ!
 とツッコミ4連発した後の「脂肪の消化を助ける胆汁を生成する」が正解。

[8] 肝臓に心臓からの血液が流れる[イ],[ウ]やひ臓からの血液が流れる[エ]の空欄に入る3つの単語を答える問題。イが肝動脈とわかればエは自動的に肝門脈とわかり,あとはウが腎臓か消化管かの2択。ひ臓は肝門脈を導くヒントでもあるんですが「ひ臓?え?」ってなっちゃう人もいたのでは。

[9] 血糖(調節)に関する正しい記述を6つのなかから2つ選ぶ問題。前半3つは文章がバラバラで1つ1つしっかり読んで判断しないといけないし,後半3つは共通して「糖尿病は」で始まるため読みやすかったものの,インスリンがうまく働かない状態とはどういうことかをきちんと認識して臨まないといけない。そしてさらに,肝臓のグリコーゲン合成に関しては選択肢になく,「細胞内へのグルコースの取り込みが抑制される」を選ぶという難易度の高い問題。

第2問 B
[10] 抗原を取り込む細胞x細胞xから情報を受け取る細胞y細胞yによって活性化される細胞zの3種類の細胞について4つの記述のうち正しいものを過不足なく選ぶ問題。こちらでは「過不足なく」といっておきながら正しいのは1つだけ。 この3つの細胞が樹状細胞,ヘルパーT細胞,B細胞であるという体液性免疫の基本的なしくみを覚えていればちゃんと答えられる問題ではあるのですが。

[11] アレルギーやエイズに関して誤っている記述を5つのなかから1つ選ぶ問題。
 HIVがB細胞ではなくヘルパーT細胞に感染するということ,これもけっこう細かい知識ですよね…

第3問 A バイオームに関する問題
[12] 前文読まなくても図を見てツンドラと即答したい問題。
[13] 日本に分布する針葉樹林・夏緑樹林・照葉樹林についてそれぞれ常緑樹か落葉樹か答える問題。
[14] 硬葉樹林について,正しい記述を1つ選ぶ問題。選択肢が8つもある。「地中海周辺」ってキーワードを見つけて2番を選べばいいだけ。

第3問 B エネルギーの流れと地球温暖化に関する問題
[15] 光エネルギー−(光合成)→化学エネルギー−(呼吸)→熱エネルギー という超基本的な知識。
[16] 二酸化炭素濃度の変化以外で地球温暖化の原因となりうるものを選ぶ。1番目に「メタンの増加」とあり,これで決まり。

第3問の生態分野問題は異様にシンプルな問題が集まりましたが,第1,2問で苦しんだ人は時間との戦いで楽に解けなかったかもしれませんね。

4単位「生物」の問題はこの「生物基礎」の倍の分量なのでこんなふうな感想は書かないと思います(書いても誰も読まないでしょう)が,できるだけ何らかの形で書こうとは思います。ではでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本マンガ生物学に強くなる (ブルーバックス)
講談社
2014年7月に発刊!私が描きました(^o^)ノ
※この本についての過去エントリ
→Amazon →楽天ブックス
posted by ドージマ・ダイスケ at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人