2014年12月01日

【行ってきた】 沼津港深海水族館(2)シーラカンスミュージアム

更新が空いてしまって自分でももどかしいものがありますが,新江ノ島水族館の初観覧から足を伸ばして沼津港深海水族館へも見に行った話の続きです。前回は1階の深海水族館について。そして今回は2階のシーラカンスミュージアムです。

2階に上がると,海底ジオラマの中に1匹(1頭)のシーラカンス。あまりにも普通に置かれているので模型かと思ったのですがまさかの本物(剥製)。いきなり2頭ですよ…
141115_0031_グラスキャット.JPG
そして2階の前半には「生物の進化研究室」と名付けられ定期的にテーマの変わる展示が行われるエリア。「THEスケルトン〜透明な生き物たち」の特集でした。
私が見たときはトランスルーセントグラスキャットフィッシュなどの生体展示だけでしたが,現在は透明標本の展示が追加されているそうです。

沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ「オープンいたします♪」
http://ameblo.jp/numazu-deepdea/entry-11955443885.html


そしていよいよ冷凍シーラカンスとご対面…

141115_0032_シーラカンスミュージアム.JPG
これこれ。2階後半部分の真ん中にどかんと展示ケースが配置されているようです。

141115_0033_冷凍シーラカンス.JPG
迫力です。魚には珍しく立派な舌があることまでしっかりわかります。
冷凍なので,血も内蔵もすべて揃った状態。
スタッフの解説によると,ここに展示する際に一度半解凍した際に,黒くて自動車オイルのような臭いのする汁が出てきたそうです。とても食べられそうにない感じですね(;^_^)。

141115_0034_冷凍シーラカンスW.JPG
それにしてもこの展示ケース,すごい特殊技術で中はマイナス20℃に保たれている冷凍庫なんですが,その冷たさは全く外には伝わってない。そしてガラス表面や内部が全然曇ってない。おそろしくクリアで見やすいんですよ!最初の剥製2体もそんな貴重なものがあまりに普通に置かれているので模型っぽく見えちゃっいましたけど,冷凍シーラカンスも2体がガラス越しとはいえ普通に近くに見られて,信じられないレベルです。
冷凍シーラカンス,2頭ですよ!ワシントン条約トップランクの国際取引規制で鱗1枚でもおいそれと取引できない希少生物のまるごと成体,日本で5体しかないという代物がここに4頭じゃないですか。いやー,すごい。

141115_0035_剥製シーラカンス.JPG
じゃなかった,5体だ!剥製がもう1体あります。日本国内に5体しかないシーラカンスが5体ともこの沼津港深海水族館にあるって,なんなんですか一体?!


本深海生物 捕った、育てた、判った!: “世界唯一の深海水族館”館長が初めて明かす (小学館101ビジュアル新書)
石垣館長の著書『深海生物 捕った,育てた,判った!』(p164〜172)にも書かれていますけれど,5体全部を持っている日本人オーナーがいて,その方から購入したんですね。
その本によると,「死んだシーラカンスを買ってただ展示しても誰も見に来ないよね」という考え方からスタートして,生物の進化に焦点を当てた展示にする方針に決めたとのこと。先ほどの透明生物の特集や,このほか今は金魚の特集も組まれているのはそのためですね。
そして,このフロアには水族館なのになぜか,
141115_0050_ハリモグラ.JPG
ハリモグラがいるというのも,その生物の進化について感じてもらうという方針によるものだそうです。※ハリモグラはカモノハシと同じ単孔目に属し,卵を産んで,孵った子を母乳で育てる,哺乳類とその祖先の性質を併せ持つ動物として知られています。


141115_0040_シーラカンス講座.JPG
そのコンセプトを入場者の皆さんに知って楽しんでもらうシーラカンス解説イベントが平日には1日1回,土休日には1日2回開催。さっきの半解凍時の黒い汁の話はこのとき聞きました。シーラカンスの語源である脊柱の話や「実は尾びれは小さい」話など色々聞かせてくれますがもちろん毎回どの話題が取り上げられるかは毎回微妙に違います。質問などにも答えてくれます。このほか同じ回数1階大水槽前で「沼水ラボ」が,1日1回ハリモグラ解説があります。

このシーラカンスの解剖図の下に展示されているのが器官の標本。
141115_0036_シーラカンス目.JPG141115_0037_シーラカンスえら.JPG
シーラカンスの眼,そしてえら。

そして…

141115_0038_シーラカンス脳.JPG
 シーラカンスの脳。1m半と,あれだけ体が大きいのに,脳はたったの5g。恐竜もそうでしたけど昔の動物は脳が小さい傾向があるそうですが,それにしても…ねえ。


141115_0060_撮影会.JPG
そして,午後3時半,2階の一角でスタッフが何やら準備を始め…

141115_0061_撮影会.JPG

「タカアシガニと記念撮影会」スタート(^_^)。
カメラを持参すればスタッフの方が写真を撮ってくれます。
実は私,事前には江の島より先に沼津を回り,深海魚料理など食べて翌日江の島へ行こうと考えていたのですが,15日土曜にこのタカアシガニ撮影会がスタートすると知って順序を入れ替えた次第。

というわけで
141115_0062_撮影会.JPG
私も撮影してもらいました(^_^)v
ていうか,この日は入場者の皆,知らない人も多かったり要領がわからない感じで,始まる直前まで行列ができず,私が先頭になっちゃったんですよね。こちら公式ブログでの紹介記事に登場した家族連れの方々は私の次に並ばれた一家というわけ。
この撮影会は来週の土日も行われます(12月7日まで。15:30開始で,16:30までに並んだ人まで)。



沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム
※2014年11月現在の情報です。正しい情報は公式でお確かめください。

HPトップ http://www.numazu-deepsea.com/

営業時間・料金・アクセス↓
http://www.numazu-deepsea.com/access

【営業時間】 
基本10:00〜18:00 (7月中旬から8/31は19:00まで)ですが,
繁忙期は開館が早められたりします。

【入場料金】 2014年4月1日より一般入場料金を一部改定
大人(高校生以上)中学生・小学生幼児(4歳以上)
1,600円 800円400円

身障者割引
大人(高校生以上)中学生・小学生幼児(4歳以上)
1,400円600円200円

団体割引(20名以上/団体可)
大人(高校生以上)中学生・小学生幼児(4歳以上)
1,400円600円300円

年間パスポート
大人(高校生以上)中学生・小学生幼児(4歳以上)
4,300円2,000円1,000円


沼津港水族館 沼津深海水族館 沼津港深海水族館 沼津水族館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本「水族館」革命 (宝島社新書)
石垣幸二
宝島社


ホテル・旅館のクチコミランキング [Yahoo!トラベル]
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人