2014年03月10日

北中米の黒人選手が強い理由−BS世界のドキュメンタリー『マイケル・ジョンソン 先人の道を辿る』

3月弥生に入りましたね。
2月末に4月なみの暖かさになった1日の後,かなり肌寒い天気の崩れが
やってきていますが,桜のつぼみも木によってはだいぶ立派になってきて
春は着実に近づいてきている気がします。

さて,先日放送されましたNHKBS1
『世界のドキュメンタリー』 シリーズ自由と平等を求めて
「マイケル・ジョンソン 先人の道を辿る」。
これが日本人には計り知れない重いテーマの話でした。

オリンピックで4つの金メダルを獲得し
ウサイン・ボルトが陸上短距離界を席巻するまで
世界最速の男だったマイケル・ジョンソンが,自らのルーツを探るドキュメンタリー。
曾祖母の名前から死亡診断書を出してもらい,そこから奴隷で生死の記録すら
厳密に扱われなかった祖先へと遡っていく
そして,黒人奴隷の供給地だったアフリカや,
短距離走のレベルが傑出しているジャマイカを取材していくと,
北中米の黒人選手に能力の高い選手が多いのは,奴隷制度で
過酷な運命に見舞われたことが大きく関係しているという要因が明らかにされていくのでした。

・アフリカで捕らえられた黒人たちは船に載せられる西海岸まで
 老若男女関係なく綱で一緒につながれて何日もの道のりを徒歩で移動させられた。
・熱い船室に密集して押し込められ,水や食料の乏しい環境で
 死ねば海に捨てられるだけの家畜以下の扱いで何週間もかけて運ばれた。

つまり,奴隷として新大陸に連れてこられた黒人たちは,
生き残った時点で身体的遺伝的に優れた要素を持っていることになるというのです。

ウサイン・ボルト選手,アサファ・パウエル選手,
国内環境が整わなかった古くはベン・ジョンソンといった数々の優秀な選手を輩出している
ジャマイカは,奴隷商人が扱いづらく頑健で売れ残った黒人たちが最後に到達した地
だったとのことでした。

また,白人たちは,肉体労働をさせるため,重労働に耐えられるような
体が大きい黒人を高い値段で売買しました。
そのため,おぞましいことに体の大きい黒人女性に体の大きい黒人男性の子を産ませるよう
性行為と出産を強要したというのです。
人間に対する人為選択が行われたと。

過酷な環境を経たことで弱い肉体の個体が淘汰され,
男性の第二次性徴や筋肉の発達,”耐える”力に関わるとされる
ホルモンの一種・テストステロンの分泌に長じた人の割合が高い集団となった
番組の中では,動物の集団が危機的状況に陥り個体数が一旦激減する際に
優れた遺伝子の個体ばかりになり,その後爆発的に発展(個体群の成長)する
例が実際にゾウアザラシなどに見られると説明されていました。

その中からさらに,体格のよい男女の遺伝子を受け継いだ子が人為的に
つくられることで,より資質の高い個体の生まれる率が高まったと。

マイケル・ジョンソン氏の曾祖父母のさらにおばの世代に
元奴隷だった当時のことについてインタビューを受けた人の記録が見つかり
禁じられていた読み書きを,夜に仲間が開いた教室で密かに勉強したなど
奴隷時代も解放後も抑圧や制限の中で必死に自らを向上させていった姿が
明らかにされていきました。

ジョンソン氏は,目標を達成するために決して諦めない心の強さを
先祖から受け継いだと,自分のルーツを探る旅から知ることができました。

ここで描かれた淘汰の理論,日本の高校教科書との関連でいえば
「個体数が一定の数を下回った個体群は,遺伝的多様性の低下や
 それによる環境への適応力の低下,天敵の被食圧の増大など
 さらに個体数の低下や遺伝的多様性低下を招く”絶滅の渦”によって
 個体数を回復できず絶滅に至ることが多い」 
という話が教科書で扱われているのに対して
逆の事が述べられているということがいえるのですが(勿論どちらも間違っていません)

この番組の冒頭で,かつて「黒人に優秀なスポーツ選手が多いのは
奴隷制度のおかげ」と発言したCBSのニュースキャスターがその職を追われたと
紹介していたように,非常にデリケートな話ですよね…
黒人の人たちは現状として,その元凶である白人たちより総体として
社会的にまったく恵まれた状況にないのですし。

アメリカという国は(ナチスドイツなどもそうですけど)
優秀な者どうしが子を増やすことで国やヒトという種が発展していく
という優生学が盛んだった国でもあります。
つまり,よくない遺伝子を持つ人は,子を残すべきでないということでもあります。
そういう感覚に陥ることに鈍感になってはいけないなと思います。

日本人として,人として,
生物学を正しくとらえ,正しく使うことを常に意識しないといけない
わからないことに危機感を持つセンスが大事なんじゃないかと
いろいろ思うところがありましたので,書いてみました。

この番組は次の時間にBS1で再放送があるそうですので
よかったら視聴されてはいかがでしょうか。
2014年3月13日(木) 午後6:00〜午後6:48(48分)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



Amazon関連図書
posted by ドージマ・ダイスケ at 01:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人