2014年02月10日

科博『大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異』 行きました

2月8日の土曜は首都圏ですごい雪が降りました。20年ぶりだか40年ぶりだか,深い積雪や正午での氷点下とか寒い1日で交通機関にも大きな影響が出ました。
ソチオリンピック,始まりました。ロシアの中では避暑地にあたるソチ,今の日本より暖かいと言っていい気候のようですがスキーなど問題なく行われているようですね。序盤戦,日本勢はちょっと苦戦している感じですね。モーグルの上村愛子選手がメダル圏の滑りを発揮しながら4位というのが惜しまれます。

さて,現在,上野の国立科学博物館で『大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異』が開催されておりまして,先日行って来ました。
テレビ局とかの協賛がなく大々的な告知もなかったので派手な盛り上がりはないですが,化石ではなくウシやウマの骨かと思うようなものもあるくらい,全体的に非常に状態のいい実物化石が目白押しで楽しんできました。

ハドロサウロイド 頭骨
140209 ハドロサウロイド頭骨.JPG

プロトケラトプス
140209 プロトケラ.JPG
140209 プロトケラ正面.JPG
140209 プロトケラトプス子ども頭.JPG140209 プロトケラトプス大人頭.JPG


ヴェロキラプトルと戦うプロトケラトプス(レプリカ)
140209 ヴェロキvsプロトケラ.JPG

サイカニア
140209 サイカニア.JPG

テリジノサウルスとディノケイリスの腕
140209 テリジノ&ディノケイリス腕.JPG

サウロロフス
140209 サウロロフス.JPG

タルボサウルス
140209 タルボサウルス.JPG
140209 タルボサウルス爪.JPG
140209 タルボサウルス頭.JPG
子どもの化石も見つかっており,だいぶ姿が違うんですよね。
(その両者が同じ種の恐竜だということを判断するに至った根拠も色々説明されていました)

観覧後は,今回も図録を購入(1800円)。羽毛の生えたティラノサウルスや
足のつき方に新知見の出た『恐竜博2011』のときと比べると科学的なトピックが少ないですが
実物を見て感じた立体感・スケール感を思い出しながら見るとやはり見応えがありますね。

こういうレポートって,たいてい開催スタートの早い時期にupするもんですが
私いつもこういうのが(そもそも行くのが)遅くって…
特別展「大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異」 今月23日までの開催です。

特別展「大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異」 (国立科学博物館 HP)
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2013/daikyoryu/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ドージマ・ダイスケ at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人