2014年01月06日

【参考書】驚きの(色々な意味で)『生物1合格39講 完全版』!

ペン年明け2連続投稿した勢いで3日連続更新してみよう!
ということで,超久しぶりに生物の参考書を紹介してみたいと思います。



本生物1合格39講 完全版 (東進ブックス)
田部眞哉
ナガセ
本生物2合格33講 完全版 (東進ブックス)
田部眞哉
ナガセ


ひらめき田部眞哉先生の「生物T合格39講」「生物U合格33講」の最新版が出ました!
2010年春に出たそれぞれの「パワーアップ版」の改訂版ということになりますが,
生物Tが270pから320pに! 生物IIが340pから384pに!
ものすごい加筆・改良を行ってます。具体的には,当ブログでも紹介した
『田部の生物1をはじめからていねいに 生命の連続性編―細胞・生殖と発生・遺伝』
http://ddaisuke.seesaa.net/article/73138063.html
『田部の生物Iをはじめからていねいに〜環境と生物の反応編』
http://ddaisuke.seesaa.net/article/109879477.html
で駆使されている図の解説力がこの本でも発揮されているというところでしょうか。
新しい内容のページは比較的洗練され,
ダジャレや漫画が詰め込まれた導入ページは荒削りという
テイストのばらつき,ごった煮感は「39講」「33講」らしさ健在です。

しかし驚かされるのが,この本の発売が昨年10月だということ。
もう対象は現高校3年生のみ,この春の大学受験が終わったら履修者のいない生物1と生物2の
受験対策参考書を,販売期間が約4ヶ月しかないこのタイミングで出すというのは不思議でしょうがありません。元取れるのかな…?
発行元が,「パワーアップ版」までの学研から,田部先生が講師を務める東進ハイスクールのお膝元・東進ブックス(ナガセ)に変わるところに関係があるのかもしれません。一度作ればそれを再構成して「生物基礎」と「生物」の「○○講」を作ることができるとはいえ,最初から新課程用を作ったほうが早いんじゃ…という気もしますし,ちょっと不思議・かなり不思議です。
今年春に出すつもりで進めてたのが遅れて秋になっちゃったのかなって気がしますけどね(;^_^)。

■関連記事
ペン新課程参考書・『チャート式』vs『シグマベスト』vs『マイベスト』(2012年04月23日)
ペン新科目「生物基礎」!『必修整理ノート』vs『書き込みサブノート』(2012年04月08日)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナー


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

本生物I 合格39講 パワーアップ版 (大学受験Vブックス)
田部眞哉
学習研究社
生物II 合格33講 パワーアップ版 (大学受験Vブックス)
田部眞哉
学習研究社


次項有「参考書・問題集」カテゴリの本

次項有「おすすめ本」カテゴリのほかの本
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人