2013年11月23日

【2015年入試情報】 新課程生物(「生物」)のセンター試験試作問題

前回のエントリhttp://ddaisuke.seesaa.net/article/380760358.htmlでは再来年から始まる新課程のセンター試験について考察を書いたのですが,
大学入試センターから,その新科目「生物」の問題例(試作問題)が公表されていました。

http://www.dnc.ac.jp/modules/center_exam/content0594.html

ほぼ必修に近い「生物基礎」(※実質上,物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎のうち3科目を必修という制度になっている)は旧「生物T」の代替という扱いで,その上位科目の「生物」だけが新科目として今回試作問題が公開されたわけですね。なので,今回は「生物」の範囲のなかから「生物T」と重ならない生態分野と進化・分類分野の問題が示されたということのようです。

しかし新課程センター試験で気になるのは,前回も書きましたように,
これまでの過去問の規格の範囲内にすぎない問題の内容や形よりも,
「生物基礎」が30分・50点という配分になるため,どんな構成(大問・小問の数など)に
なるかという点ですよね。

今の「生物T」(3単位)が,だいたい1時間100点の配分で,1つのマークが3〜4点
(2つで各2点というものもあり)で大問の数が5,マークの総数が32,33程度という形。
これが「生物基礎」(2単位)になって,時間・配点が半分になったそのままの比率で
マークの数が16程度になるのか,そうなると大問の数は3つなのか,それとも出題範囲に
ムラのないよう,もっと数を増やすのか?(生物基礎の範囲は大きく「細胞と物質」,
「恒常性(体内環境の維持)」,「生態の変化とバランス」の3つに分かれ,
さらに1つ目に「代謝(呼吸・光合成)」と「遺伝子の働き」が含まれるという構成になっています)
といったところがどうなるか。模試や問題集をつくる予備校などは情報収集と読みが
大変でしょうね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の参考書・問題集に関する記事
http://ddaisuke.seesaa.net/category/2899009-1.html
posted by ドージマ・ダイスケ at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人