2013年05月03日

news◇カメはトカゲよりも恐竜に近い

ゴールデンウィーク,後半戦。
千葉県は幕張では「PET博」やってるそうで。
今年はその手のイベント,1度行ってみたいんですけど今回は他に予定がありまして。
年にいくつかあるみたいですけど,主催者によって色々違うんですかね

で,今回の記事ですが,
これはけっこうテレビ・新聞・ラジオニュースなどでも話題になっていましたね。

ゲノム解読から明らかになったカメの進化
−カメはトカゲに近い動物ではなく、ワニ・トリ・恐竜の親戚だった−

http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130429_1/
2013年4月29日
独立行政法人理化学研究所 プレスリリース


60秒でわかるプレスリリース

恐竜はワニに近いってのは,それこそ30年前には既に言われていて
恐竜の体重を求めるには,恐竜の復元模型を作ってその体積を測り,
ワニの比重をかけて推定する…ってのを,学研のひみつシリーズかなにかで
読んだ記憶があります。

まあ,今では鳥のほうが恐竜に近い,というか
鳥はティラノサウルス類の一派という位置づけになってますよね。

で,カメ。
記事でも書かれていたように,カメが爬虫類の進化のどの時点で
他の系統と分岐したのかは今でも諸説分かれていたんですね。
たしかに参考書を見ても,かなり昔に分かれたのは確かですが
ワニ・恐竜・鳥の系統に近いのはトカゲの系統かカメの系統か
本によって異なっていたりしますね。

一昨年に科博でやっていた『恐竜博2011』の公式ブックでも
カメは爬虫類進化の初期に分岐したように系統樹が描かれていましたが
今回,トカゲのほうが先に分岐したことになるんですね。



このほか,今回の研究発表では,
カメはヒトの3倍近く,イヌよりも多い嗅覚受容体の遺伝子をもっている
ことが判明,よりさまざまな物質を嗅ぎ分けることができる可能性があることが示されたり,
発生過程で発現する遺伝子の調査から
カメも胚発生の中期にほとんどの脊椎動物が似通った形態になる
ファイロタイプ(基本設計)の時期を経過し,このとき遺伝子発現も
鳥などと非常に似通ったものとなることが明らかとなりました。



その他ニュースいくつか。

細胞の「ひも」が織りなす新しい医療
−立体細胞組織構築の材料となる細胞ファイバーを開発−
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130401/
(科学技術振興機構(JST)・東京大学 生産技術研究所)

ジャワ原人が“フローレス原人”に進化した !?
http://scienceportal.jp/news/daily/1304/1304181.html
(サイエンスポータル 〜国立科学博物館・東大大学院)


赤ちゃんの脳はおむつ素材の違いを区別し“気持ちいい”触感を実感
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science51.html (長崎大学)
http://www.unicharm.co.jp/company/news/2013/1192440_1693.html (ユニ・チャーム)

発話リズムがそろうと脳波リズムもそろう
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130422_2/
(理化学研究所)  60秒でわかるプレスリリース

遺伝性リズム障害の原因を解明
http://www.hokudai.ac.jp/news/130412_pr_med.pdf
(北海道大学)

睡眠状態を全自動で判定できる「FASTER法」を開発
−動物を用いた睡眠研究がより大規模で定量的に−
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130425_1/
(理化学研究所)  60秒でわかるプレスリリース


魚津市沖で珍客「オンデンザメ」、水族館に保護
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130430-OYT1T00457.htm
(4/30 読売新聞) 富山湾では初とのこと。

「撮影の際に手が震える」ほど珍しい野鳥とは…
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130428-OYT1T00315.htm
(4/28読売新聞) メンガタハクセキレイ。ジェンツーペンギンみたいな顔ですね

彼女にギュッと後ろから…コートで味わうリアル
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130430-OYT1T00406.htm
(4/30 読売新聞) 「リア充コート」って…。筑波大学(;^_^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)
平山 廉 (著) 日本放送出版協会

posted by ドージマ・ダイスケ at 10:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生物番組・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人