2013年02月06日

それは確かに超新食感!浜辺で拾える深海魚・ミズウオ

なんか気象が荒れてますねぇ… (天丼)
週末からの予報通り,関東で雪ですかー。雪
積もらないとか,ずっと雨雨やみぞれ(霙)とかいうところも多いですが,
交通機関にはかなりな影響出ちゃいましたね。

そんなこんなで,前回の記事から「Z」つながりというわけではないですが
人気サイト『デイリーポータルZ』から興味深い記事があったので
久々の紹介。

ペン超新食感!浜辺で拾える深海魚「ミズウオ」を食べる
http://portal.nifty.com/kiji/130204159400_1.htm

静岡県の,超メジャーな景勝地・三保の松原周辺では,
潮の関係で,よく深海魚のミズウオが打ち上げられ,
その味は全く他に例を見ない珍しい味とのこと。

打ち上げられる確率の高い大潮の夜を狙って
数年越しの企画を今回ものにされたわけですが
1メートル級の大物ですかー。
これはすごい。

かつてお台場でカキ取り放題http://ddaisuke.seesaa.net/article/124274179.html
なんてこともやってる私としては
「ビーチコーミング感覚で漁」みたいな
けど厳冬の夜の浜辺でかなりハードな遊びに
ワクワク感が禁じえません(^_^)。

レストランそのお味のほうは…ミズウオってだけに
水っぽいというのは火を見るより明らかなオチですが
そのレベルが凄まじいんですね。霧霧霧深海魚おそるべし。
でもなんとかならないか工夫してみたいかなぁ…
というか最初から1m級で30cmくらいの魚だと思えって感じですかね。

手(パー)しかしこの記事を書かれた平坂 寛(ひろし)さん,
「1985年長崎県生まれ。幼い頃から現在まで、様々な生き物を捕まえる日々を過ごす。」(DPZ)
「面白い生き物を追いかけて日々生きています。最近はちょこちょこ文章を書かせていただいたりもしてます。」(twitter)
とのことなので本職のライターさんと考えていいんですかね。
「いきものいきもの」http://ikimono-ikimono.cocolog-nifty.com/blog/
というブログを見ると,年末年始にタイに生き物探しに出かけられたとのことで
12月中旬から1月下旬までぽっかり更新が空いているものの
11月末から2月初めの現在までで10本記事をupして,モチーフが
苔むすキセルガイとアオミオカタニシ,深海ザメ,深海アナゴ,オオゲジ,
ヤシガニ,オトシンクルス,コーンスネーク,オオトカゲ,ウツボ,食用サソリ

とバラエティ豊か。媒体に提供するネタは別に発表するわけですから
出不精で生き物を見に触りに出ないで日々週末を過ごしているうちに
忙しくなって余裕すらなくなっている自分からしてみると
ああ,いいなぁ…と後悔やら憧れやら感じる(暦の上は春の)某日でした。
今年28歳か…海外でも近所の海でもガンガン飛び回ってくださいノシ!

犬『Dr.スランプ』の千兵衛はかせが28の設定なんだよな…
うちの生物部の木原先生,もともとの設定はもっと上なんだけど
単行本での設定は下げようかな…20代にしてもいいよな…
閑話休題。


この夏は絶対時間とって新江ノ島と駿河湾深海生物館(沼津市立郷土資料博物館),
沼津港深海水族館(シーラカンスミュージアム)2つ以上行こう。



●過去の『デイリーポータルZ』関連の記事
そこらへんの枯れ草で納豆ができる!(2010年03月06日)
衝撃!◇「スーパーのうずら卵からひな鳥ピヨピヨ!」(2009年02月24日)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッド(下向き矢印)おもしろい,参考になったというかたはクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーくつろぐバナーWCRバナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本思わず話したくなる「深海魚」のふしぎ (宝島SUGOI文庫 ) 宝島社

本生物ビジュアル資料 深海魚 グラフィック社
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇生き物Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人